FC2ブログ
 
■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

3月のお散歩
こんばんは、または、こんにちは。
来てくださってありがとうございます。

だいぶん暖かくなってきましたが、風が強かったりヒンヤリしたりで、
体調管理が難しい時期ですね。
明日は東日本大震災から10年。
振り返ると、ナカリの中学卒業式当日だったので、
それを避けるように、私たち母娘で私の実家に帰省中でした。
ナカリが15歳の頃です。

いつもナカリの家事ヘルプに来てくれている友人が、ナカリに教えてくれた歌。
「手紙~拝啓 15の君へ」
合唱バージョンです。よかったら、カラオケしてください。


実は私は小学校高学年の間、「合唱部」に所属していて、
四国大会までは出たことがあります。
結構歴史ある「合唱部」だったので、入部試験があり、無事活動に参加できるようになって、
母がとても喜んだ記憶があります。
その母が、亡くなる前に、
「私(母)が合唱好きだったから、あんたが入ってくれてほんとに嬉しかった」
と聞いて、大人になってから初めてそんな事情を知って驚いたものです。
夏休み中、毎日のお弁当づくりをはじめ、親にはいろいろ支えてもらったなあ。
子育ての苦労は、皆それぞれ。
しみじみしてしまいました。

その友人と少し遠方までバスに乗って出かけたナカリ。
お花畑が奇麗でパチリ。
2021年3月散歩6 
赤い矢印で示した方向で撮った写真がこれです。
2021年3月散歩7 
春の色がいっぱい!

週末には、久しぶりに親子で鶏を見に行きました。
以前、まだ小さいから、と抱っこして連れてきて見せてもらった烏骨鶏が、
1羽であちこち散歩して回っていました。
足が太くなって、とてもたくましい!
2021年3月散歩 
そして、鶏たちのエリアまでどんどん近寄って行って・・・
2021年3月散歩2 
一番大きな雄鶏が寄ってきてもへっちゃらな烏骨鶏。
2021年3月散歩3 
このあと、しばらく寄り添うように、網越しに2羽が一緒に動いていましたが、
雄鶏の方が、あっちへ行け、とばかりに「コケコッコー!!」と声をあげると、
烏骨鶏も少し驚いたように、距離を取り、元居た方へ戻っていきました。

鶏たちは、雛が随分成長して、もう、頭に赤いトサカが出始めている子も!
2021年3月散歩5 

生き物の成長に、時の流れを感じさせられ、命の不思議を想い・・・
帰り道に、野菜の直売所が目に入って、看板に
「おいしく食べてくださることがうれしいです!」と書いてあって、ほのぼのしました。
2021年3月散歩4 

おいしく食べる、いのちを美味しくいただく、そうやって、支えあって輪になっているんだなあ。

ナカリは落ち着いていますが、春のせいなのか、私の方がいろいろと感傷的になり、
感情の浮き沈みが大きいです。
逆にナカリに支えられている状態です。
10年前に思いを寄せながら、亡き両親を思い出しながら。
今日も1日無事であれたことに感謝して。

ありがとうございました。

猫バンバン img_download-logo

ヘルプマーク2 image


子どもの日常 | 18:09:32 | コメント(10)
医療サポートが必要な子育て
こんにちは、または、こんばんは。
来てくださってありがとうございます。

昨日は電話診療でなく、私だけ電車で通院してきました。
ナカリがドクター宛に書いた体調報告のメモをお渡しし、
私からも様子をお伝えしました。
喉が乾きやすいのは副作用もあるので、
引き続き、メインの薬の置き換えを進めていこうとのこと。
そのために、更にほんの少し減薬し、
今までに残ってる薬の数も確認した上で、
複雑な組み合わせの処方箋を出してもらいました。

強迫性の行動については、
ドクターからのアドバイスに従って、
タイマーで30分我慢してみるのをちゃんと実行し続けたところ、上手くいって楽になれた、ということが、
ナカリの報告メモに、
ありがとうございました、という言葉を添えて書いてあり、
私も感心したし、ドクターも頑張ってるねと褒めてくださいました。

通院や薬の管理など大変ですが、
他にも医療サポートが必要な子育て中のママ友たちがいて、
お互い話をしあうことで、心の支えになり助けられています。

上向いている調子を崩さず、前向きに一日一日。
医療ケアを受けている、ナカリの友だち皆の無事も祈りつつ。
スマホから近況報告でした。
コロナ禍が続く中、皆さんもご無事でありますように。


子どもの日常 | 11:23:12 | コメント(6)
自分視点の強さゆえの楽しみ方、それはそれで全くオッケー!
こんばんは、または、こんにちは。
来てくださってありがとうございます。

前の記事で予告していた「楽しみ方」の件です。
またまた、ナカリの方が先にブログ更新してしまいましたが、
この点も、私自身が変化した部分、なのです。
ナカリなりの楽しみ方について、それでいいじゃん!とまるごと受け止められた、
だから、今は全然気持ちが乱れなくなりました。

以前は、
小学校時代のナカリに対するいじめ言葉(「パクリ」)に、私自身も振り回されて、
外の世界を「模倣」「お手本」にすることについて、
個人で楽しむ分には著作権は問題ないとしても、あまりにも「まんま」なのはどうだろうか、
と、迷ったり悩んだりしてしまい、
ナカリの方からも「外の世界」や「役者さん」に対する攻撃、対抗心が強く出た場合、
それが原因でメルトダウンを繰り返したので、内心、ナカリの感覚を受け入れられずにいました。

それが、この間、いろいろ考える中で、
ナカリの「自分視点」の強さ、という特性に思い至り、
ナカリ自身も「自分と関係ないキャラには感情移入しにくい」と言葉にして伝えてくれたおかげで、
やっと、なるほど、そうか!、と膝を打った次第です。

ナカリから見ると、外の世界はそれなりに感動もするし、良いなとも思うけれど、
自分が良いなと思った外のキャラと、自分、との間に、邪魔な存在(別のキャラ)が関与すると、
ファンタジー(自分世界)がぶち壊されて、腹が立ってしまうのだ、と納得できました。
だから、外の世界からは、自分にとって心地よい部分だけ取り込み、、
表面上は「模倣」「お手本」から始まって、少しずつオリジナルに消化していってたんだなあ。

私自身がそうやって「ナカリ独特の楽しみ方」を受け止めてOKが出せたことで、
ナカリの気持ちも楽になれて、余裕が出た分、外の世界に向かう姿勢が変わった気がします。

他のみんなは外の世界をどう楽しんでいるのか知りたくて、
ナカリの友達のお母さんに、子どもさんの楽しみ方について質問した際、
本人がどう楽しんでいるのかは自分にはすっかりは分からないし、本人が説明するのも難しいだろうけど、
好きなことをしている時の本人の様子はとても楽しそうで、見ている側も嬉しくなる、
そんな本人の様子を見て、家族も不思議がったり面白がったりしている

というようなお返事をいただいて、何か吹っ切れたというか、光がさしたというか、
そうかー、ナカリが楽しかったらこちらも嬉しいし、
ややこしく考えないで、嬉しい気持ちをそのまま素直に味わえばいいんだ!
と、スッキリしたのでした。
(・・・うーん、うまく書けなくて四苦八苦。
ナカリのブログを読んでいただいた方が分かりやすいかもしれません…)

「鬼滅の刃」の映画を見に行った時も、マスコットカゲウラさんと一緒でした。
鬼滅の刃 映画 
(ショルダーバックには、ヘルプマークもしっかりつけてます)

ラストに近い、煉獄さんの場面に使われた曲を貼っておきます。
耳コピでこれらの曲を起こしてYouTubeにあげてくれている人たち、
何度も映画館に通って、楽譜にして、ほんとにすごいなと思います。



今日も最後までお付き合いありがとうございました。

おまけとして、アキちゃんの外遊びの様子も載せておきます。
アキちゃん300 
ナカリが横になっていると、手をかけて登ってこようとして・・・
アキちゃん301 
ぴょんと乗って、しばらくくつろいでいます。
アキちゃん302 
垂れ耳ちゃんの人懐こさに癒されています。
ちょっとダイエットが必要なアキちゃんですが、元気が一番。
これからも、モリモリ食べていっぱい遊んでね。

猫バンバン img_download-logo

ヘルプマーク2 image


子どもの日常 | 21:43:45 | コメント(6)
カウンセリングで整理できたこと 「私が変わればナカリが変わる」
こんにちは、または、こんばんは。
来てくださってありがとうございます。

少し日が経ちましたが、先日のカウンセリングのまとめをしておきます。
カウンセリングももう何回目か分からなくなってきましたが、
確定申告で医療控除の領収書を整理したとき見つけたものによると、
昨年の2月まではナカリと一緒にメンタルオフィスに通っていたようでした。
私自身が市の女性カウンセリングを利用するようになったのは、それ以前から…なので、
ほぼ2か月1回ペースで、かなりアップダウンの激しい状態を長く続けてきた気がします。

それが、前回以降、相談すべきことが当面見当たらない?くらい落ち着いて、
カウンセラーさんに話を聞いていただきながら、
なぜそんな風に変わってきたかを自分なりに整理しました。

結論は・・・
私自身の変化。
私の、ナカリに対する見方、接し方の変化。

それを改めて自覚して、ナカリに無意識のうちに「要求、期待」を押し付けていた過去、
を振り返ることになりました。
その節目には、ブログに対する気持ちの変化もあり、ランキングバナーを外し、
毎日チェックをしなくなり、私よりもナカリ自身のブログ更新の方が多くなりました。

ブログは自分のための遺言、後輩のために役立つことを、と言いながら、
私は、心のどこかで、ナカリの「強み」「良さ」に対する社会的評価を得られる場を求めていた、
(そのことはとりわけ、ブログ開始当初の記事に色濃く出ていると思います)
そして、ナカリ本人に対しても、
なにかしら形は不明確ながら、ある種の「期待」を寄せ、
それがなかなか叶わなかったときや、歯がゆい思いをするときに、勝手に苛立ち、
将来を悲観し、無意識のうちにナカリにイライラをぶつけていた、・・・かもしれないなあ。

先のことは何とかなる(心配してもキリがない)、
命の心配をしても仕方ない(人はそうそう死なない)、
いつかは子離れ子別れしないといけない(今は親子間の距離が近すぎる)、
・・・そういう意見を友人から聞かされる中で、
肩に入っていた力が抜けて、
自然体のまま、今居るままのナカリのことを受け入れられるようになって、
先のことはなるようになる、という気持ちで、今さらに振り返ると、
今までだってそのつもりだったのだけれど、
何かにつけてナカリが「ごめんなさい」を連発し、「在宅であること」に負い目を感じている様子なのは、
私の写し鏡の状態だったんだなあ、と…。


しんどかったね、辛かったね、ごめんね。

私が変われば、ナカリも変わる。
ナカリが夢のように、ほんとに落ち着いたのは、お薬のせいだけでなく、
私が彼女に負荷をかけないように力が抜けたからなのかもしれないなあ。

・・・というところで、カウンセリングも終盤に差しかかりましたね、と。

多くを望まない、
欲望に振り回されない、
ただそこにいる、ただそこにある、それで満足する・・・
そんな穏やかな気持ちに、還暦前になって、やっと辿り着いた境地です。


写真で知る、ナカリと友人のお散歩の様子。
2021年2月散歩5 
写真は全部ナカリが一人で撮ったもの。
2021年2月散歩6 
鶏たちも、雛から成長した子たちが加わって数が増え、にぎやかです。
2021年2月散歩7 
2021年2月散歩8 
2021年2月散歩9 
こういう風景を、親以外の人たちと一緒に眺めているナカリ、を想像して、
すごいなあ、親離れしたなあ、と感じます。

私は中身を全然知らないけれど、友人たちも、ナカリとのおしゃべりを楽しんでくれている。
年齢は随分離れているけれど、こういうのが「友人」なんだろうなあ。
憧れのガールズトーク。
叶ってよかったね。
同年齢の友達とも、親同士を介して少しずつやり取りを楽しめるようになって、
社会への窓が開きはじめた、だからこそ、映画館に行くことも可能だったんだろうなあ。


「自分視点」と「楽しみ方」については、また改めて書きたいと思います。

外は明るい日差しで、いい天気。
これからウサギのアキちゃんの爪切りに行ってきます。
体重がどうなっているか、ドキドキ・・・

今日も最後までお付き合いありがとうございました。

猫バンバン img_download-logo

ヘルプマーク2 image


未分類 | 13:16:33 | コメント(13)
2月のお散歩
こんばんは、または、こんにちは。
来てくださってありがとうございます。

寒暖差の大きかった今月。
春めいてきたなと思える日に、何度か外を散歩しました。

桃、梅、寒桜・・・
2021年2月散歩3 

2021年2月散歩2 

2021年2月散歩 

2021年2月散歩4 

自然に触れてエネルギーを補充できた数週間です。
今日は、思い切って、ナカリと、当事者会の後、歩いて映画館に行ってきました。
10年以上ぶりのドキドキ体験です。
詳しくはナカリが自分のブログに書きました。
外の世界のフィクションを、楽しむことが出来るようになってきたナカリ。
良かったなあ。良かったね。
「楽しむ」ことはとても大事だから、これkらも楽しい時間を大事にしよう。

アキちゃんは、長い留守番でも大丈夫。
よく食べ、よく飲んでいます。
アキちゃん299 
ごくごくとのどを鳴らせながら飲んでいる様子に、癒されます。

今日は、写真ばかりですが、またゆっくり書きたいと思います。
コロナの不安に加えて、花粉が飛び始めて辛い季節が始まりましたが、
皆さんご無事でありますように。

猫バンバン img_download-logo

ヘルプマーク2 image



子どもの日常 | 22:10:41 | コメント(12)
前のページ 次のページ