■プロフィール

ナカリ母

Author:ナカリ母
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「一緒に考える」カウンセリング
ご訪問ありがとうございます。

今日は、ナカリのカウンセリングの日でした。
母から最後の電話がかかってきてから3回目、の往路。
今朝もナカリは「おばあちゃんの夢を見た」と言ってくれました。
母が逝ってから、ナカリと一度も激しい言い合いになってないよ。
お母さん、ありがとうね。


前回、先生と二人だけで、いろんな話ができて良かったので、
今日は本人から先生に質問したいことを先にまとめて書きだして持って行きました。
そして、私は早々に退散して、二人だけの時間をいっぱいとってから、お迎え。

ところが今日は「前みたいにスッキリしなかった、上手くしゃべれなかった」
と、帰り道、今一つの表情のナカリでした。


んん~、それはさ、きっと、前の時、
たまっていた気持ちをいっぱい吐き出せて、すごくスッキリしたから、便秘が解消した感じだったのかもよ、
で、今日は、その時より今一つ力が入らなくて、出た~!感が少ないのかも(笑)
と、話し、
帰宅してから散歩に出て、歩きながらカウンセリングの続き?について、親子で話しました。

カウンセラーさんも、「これからも一緒に考えて行こうね」と声をかけてくださっていたので、
書きだしていった質問の未解決部分は、今後の宿題、ということで、一応、笑顔に。


ナカリの質問は・・・
「心の中に、他人の顔や嫌なイメージが思い浮かぶ、それは何でしょうか?」
「勝手に自分を傷つける方向に想像してしまう、想像が思う通り行かない時がある、それはどうしてかなあ?
思いたいように思ってくれない、それはなぜ?」
「いつも舌打ちが聞こえる、いつも悪く言われたり責められたりしているように思う」
「ドラマや映画は役者さんが自慢してるみたいに見えて好きじゃない、
ゲームのキャラやイラストも、人間みたいに感じる、自慢してるように思う(自分がしょぼく思える)」
「自分では心で思ってもいないことをしゃべっている人がいる、それは何者?」

これに対して、
先生は「イメージ(の正体)は、(良いものも悪いものも)『記憶』」という「答え」から説明してくださり、
「心の中に嫌な人は住んでいない」と明示、「記憶力がいい」という能力の表れとして「思い浮かぶ」と説明、
その後、
「頭が嫌な想像の方向に走り出した時にどう止めるか」の方法を聞き出してくださったとのこと。
ナカリのそれは・・・ 音楽を聴く、自分自身をイラストの姿にして想像する、のふたつ。
その確認から、「自分を傷つける想像は止めることが出来る!」と、強調。
また、
自分を傷つける想像の方向に行ってしまう時、というのは、
不安な時、頑張ってストレスが多い時、しんどい時、
一方、
しんどくない時、楽しい時、には、自分を傷つけない想像が上手くできる、
と、絵や字を書きながら説明していただいたようです。
人は誰でも自分を傷つける想像をしてしまう時があること、そして
「思ってもいないことを言う」時は、ナカリがきっと、すごく!!、ガマンしていた時、だろう・・・と。

そのあたりで時間切れ、でした。

想像のキャラや、モノに対して、過度に人格を与えてしまう、自分に対抗するものと感じてしまう、
そんな風に、自分で自分の感情を持て余して、うまく操作できない気がする、不安感に襲われる、
そのモヤモヤ感が、上手く表現できないもどかしさと重なって、ストレスになっている様子です。

来週は、アートの先生のアトリエを初めて訪問する、のと、
相談支援機関の当事者グループの活動(散歩)に初参加する、という「初」チャレンジがふたつもあるので、
無意識のうちに今から緊張しているのかもしれないです。

「自分の心の内を言葉にして伝える」という難しい課題に、
少しずつ、自分だけの力で取り組んでいるナカリに拍手。
一度に解決する問題じゃないのだから、焦らなくていいから、少しずつ練習していこうね。
先生と一緒に考えて行く、そんなカウンセリングを、これからも積み重ねていこう。

とにかくも、
あまり、がんばらせ過ぎないで、出来るだけ気を楽にさせて、平穏を心がけたいです。


心を穏やかに保つためのバッハ 「無伴奏チェロ組曲」
ピアノもいいけれど、チェロの響きも、心に優しく届きます。






子どもの日常 | 21:07:48 | トラックバック(0) | コメント(6)
名古屋大学学生寮での事件を思いやる息子
ご訪問ありがとうございます。

庭ではユキヤナギがすっかり散って、今はコデマリが満開です。
コデマリ CIMG0778


息子が語学学校の授業のため、今日、下宿に戻って行ってしまいました。
夫もまた風邪をぶり返して布団で休んでいます。
連休中、ナカリと、ぬいぐるみの追加を何人か作成し、人形遊び?を楽しんできましたが、
家の中で一緒にいる人数が減ると寂しいなあ、と、胸がキュン、です。

きょうは「子どもの日」
いくつになっても、親から見たら、子どもは可愛いものです。
(亡くなった父も、逝く少し前に私の名前を呼んで、可愛い、と言ってくれました)


そんな中、名古屋大学の学生寮で留年が決まった学生さんが自死の疑い、というニュースに触れて、
息子がしきりに気の毒がっていました。
理科系の学生さん・・・1回生で留年ということは、残る3年間で単位がそろわない見込み、ということで、
先の1年間に単位がほとんど取れなかったか、学校自体に行けてなかったのか、
詳しい事情は分かりませんが、まだ20歳という若い命が絶たれたこと、
親御さんのお気持ちを考えると、私も一緒に辛くなりました。

息子の後輩も、ひとり、この春から休学しているそうで、
他にも、「あの人は大丈夫だろうか」と思われるくらい、学校に来ていない学生さんが居るようです。

「大学生にもなって」と言われるかもしれないけれど、
悩み多き時代だからこそ、心に傷を負うことも、学業そのもので行き詰ることも、あるでしょう。
若い時は若い時で、それはそれは、ほんとにいくつものハードルを越えないといけない日々だろうと思います。
息子が、中高時代に「生きているのが辛い」と自死をほのめかし、毎晩遅くまで親子で話し合った頃の事を思い出すと、
それが「独り暮らし」の時に当たっていたら、と、身がすくむ気持ちです。

幸いにして、がけっぷちを何とか歩き終えて、希望、を少しでも見出すことが出来た彼は、
今、日本学術振興会から研究費の支給を受けることもできるようになり、
「学生」であると同時に「一人の研究者」として認められ、社会人への第一歩を踏み出すことが出来ました。
でも、文系の大学院(しかも文学部)で博士号をとるのは至難の業。
先のことはまだ全く分かりません。
大学院に進学する前、大学からの説明会で卒業後の進路が示された際に、
「不明」の割合が多いことに衝撃を受けたのが、ついこの間のことのように思われます。

この間、
ネットで「博士が100人いる村」という創作童話を見つけて、息子と一緒に見ました。
それによると(博士号をとれた後でさえ、という話ですが)、

>日本の自殺率は10万人当たり24人程度です。
  でも博士たちは、100人のうち8人が行方不明または死亡です。
  10万人当たり8000人です。
  東京都だったら人口1200万人ですから、96万人です。
  中央区、台東区、港区、文京区、荒川区、渋谷区の人口を合わせた人数と同じくらいになります。
  これが毎年毎年のことです。大事件です。

  実際に、毎年1000人の博士が死んだり行方不明になったりしています。


・・・

息子が高卒認定試験で資格を取り、通信制高校を退学して自宅に居た頃の話。
朝日新聞の「声」欄に、大学院生の息子さんを自死で失ったお母さんの投稿が載っていて、
それが、極力感情を押さえた表現で淡々と書かれていて、とても胸に響いた、と、
彼の方から話題に出して、言っていたのも忘れられません。

若い人たちが、希望を見つけられる社会でありますように。
日常生活に困難を持つ若い人が、少しでも生きやすくなる世の中でありますように。
「子どもの日」に願うのは、こども、の先に居る若者の未来です。


息子が帰宅していた間に良く弾いていたバッハ「平均律クラヴィーア」の2巻3番


音楽は癒し、です。
辛いことや不安なことがあっても、生きぬいてほしい!
ふんばれ、若者。




子どもの日常 | 15:11:21 | コメント(12)
運動する、笑顔で過ごす、を日課にしよう
ご訪問ありがとうございます。

連休ですが、夫が風邪をひいて寝ています。
明日からまた仕事なので、少しでも休息して回復してもらわないと。

ということで、昨日、今日、連続してナカリと二人で午前中、散歩に出かけました。
昨日は、途中で雲がむくむく広がって雨が降り出し、慌てて走って帰りましたが、
今日は雲もなく、安心して布団を干して出かけられました。

少し山に登ると、大阪平野が一望できます。
大阪平野 image1
向うの方にかすんで見えるのが、梅田あたりの高層ビル群。
空気が澄んでいる時には、瀬戸内海まで見渡せます。
散歩の途中、一人でジョギングしている男の人に何人も会いました。

休憩をはさんで、1時間半くらい、歩くだけでも少し汗ばむ季節になってきました。
以前紹介した「137億年の物語 ホームティーチングのバイブル」を翻訳した親友が、
ナカリのために、別の翻訳本を送ってきてくれています ↓ 
脳を鍛えるには運動しかない index

この本を送ってもらった頃は、まだ少しナカリが外に出にくかったりしたのですが、
本の中に、ゲーム「ダンスダンスレボリューション」のことも出ていたので、
良い機会!と購入して、Wiiで、ナカリと一緒にチャレンジしていました。
ただ、やっぱり、室内で出来る運動もいいけど、
外に出て、太陽の光を浴びることはほんとに大事だと思います。
可能なら、薬に頼らないで、健康を維持していきたい。

私が仕事に出る日は、ずっと留守番、という形でいたけれど、
早起きして(早朝覚醒は続いているので)、少しでも一緒に散歩してから仕事に行くようにしよう。

それから、できるだけ、笑おう。
笑顔になろう。

見て、思わず笑顔になる、というか、踊り出したくなる動画として、
過去記事「通信制高校の英語の授業」で紹介した、
Where the Hell is Matt?
という有名な動画がありますが、
何度か演奏動画を紹介しているピアノガイズの「ドッキリカメラ」風動画も素敵なのでアップしてみます。

Can't Stop The Feeling - Dance Like Nobody's Watching - The Piano Guys


私が学生の頃には「ディスコ」が流行っていて、踊りに行ったことも何度か。
踊るってこと、久しくしていないけれど、こんな動画を見たら、体がウズウズしてきますね^^
出ている人たちの笑顔がいいなあ~。
「運動」と「笑い」を心がけたいと思った、連休前半です。
(あ・・・「食事」も大事だ!)






子どもの日常 | 14:23:49 | コメント(10)
「私の中に誰か違う人がいる!?」と感じる不安
ご訪問ありがとうございます。

お薬のおかげか?親子とも、夜は割とスムーズに眠りにつけるようですが、
早朝覚醒が続いていて、今朝ナカリは5時ごろに目覚めてしまったそうです。

で、
想像しようとしてもうまくいかない、自分じゃない誰かがいて邪魔する、
想像の中で自分が拒絶されているようで辛い、
私の中に違う人がいるみたい、それは誰?
私は多重人格なの?統合失調症なの?また入院しないといけない?
・・・と、どんどん頭が過活動。

寝言じゃなく、「そんなこと言わないで!」と、布団の中で何度も叫ぶので、
大丈夫、大丈夫、と、話しているうちに私も目が覚めて、少し不穏な感じにドキドキ。
でも、頓服を飲まないでも、話しているうちに何とか落ち着いて、
そのまままたウトウトしてくれました。

小中学校の頃、集合写真を撮るとき隣に立つのを嫌がられた場面が浮かんでくるみたいです。
「近づかないで」と意思表示されるトラウマ。

EMDRで、だいぶやっつけたはずなんですが、
カウンセラーさんも「0にはならない。嫌な気持ちを減らすことが出来るだけ」
とおっしゃっていたように、
「自分は避けられている」という辛い記憶が強く刷り込まれているようで、
この悩みは、やっぱり、継続的に心の専門家の助けを得ないと、解決軽減しなさそうです。

集団で動くことから外れて、一人で歩くことを選んできたナカリ。
ひとつ前の記事のコメントで紹介した過去記事に、成人当事者の方が共感してくださったので、
再度、掲載してみます。
不登校CCI20150406_0000

こんな風に、小さな幸せ、を見つけて、傷ついた心を癒して、
前に向かっていく元気を出してくれたらいいな。

心の中で、想像したキャラが自分を拒絶する、なんて、ありえないよ、と話すのですが、
パラレルワールドのキャラクターたちに過度な「人格」を与えてしまうみたいで、
自分が生み出したキャラ達なのに、思うように動かない、とか、思ってもいないことを言う、とか、
心の中が、ぐるぐる不安な状態になるみたいです。
想像の世界に浸って、独り言を言っている様子は、
起きている間も、ずっと「白昼夢」を見ているみたいな感じに見えて、
リアルに引き戻そう、と、今日も散歩に連れ出しました。

日中、太陽の光を浴びて、
少し汗ばむくらいに運動して体が疲れて休息を求めたら、
夜もしっかり眠れるかなあ。

週末のジョギングコースを散歩したら、池で亀がゆったりと泳いでいました。
しかも、親亀の後ろに子亀がくっついて!
可愛い~と、二人で携帯カメラを向けたら、潜って消えてしまいました。残念。
池 image1

昨日の雨から一転、いいお天気になり、風が気持ちよくて、
歩いているうちに笑顔が戻ったナカリ。

そう、そう、大丈夫、大丈夫。
まずは、自分で自分を好きになろうね。
嫌なことを思い出しても、蹴っ飛ばせるくらいに、自分に自信を持てたらいいね。

今朝は、入院の頃のドキドキが思いだされ、
改めて、「現状維持」がどんなにありがたいことか実感しました。

昔、
「何したらいいか分からない」と言うナカリに
「お母さんは、することいっぱいあるのに時間が無い!
ナカリは時間はいっぱいあるのにすることが無いの?!」
と、苛立った自分が思い出され、反省中。
今は、そんなひどい言葉、とても投げつけられない。
「何したらいいか分からない」くらいに、心が疲れてしまって辛かったのに
共感してあげられなかったこと、ごめんなさい。

一緒に考えて、一緒に「不安」に立ち向かっていこうね。
心地よい風に吹かれながら、散歩できる幸せを噛み締めた一日でした。
明日はまた留守番だけど、がんばって一人の時間をゆっくり過ごせますように。







子どもの日常 | 16:53:30 | コメント(4)
同級生は就活、でもマイペースで大丈夫。
ご訪問ありがとうございます。

今日は、月1回の親の集まりの日で、
年少さんからナカリの同級生(大学4回生学年)まで、幅広い年代のママたちが20人近く集まって、
ワイワイガヤガヤ、おしゃべりで発散しあいました。
若い世代のママさんたちのエネルギーに、こちらも元気づけられます。
あんな風に、学校や社会に対して働きかけて、状況を改善しよう!と熱くなっていた頃を思い出し、
今はとてもそんなパワーが無いなあ、年とったなあと、おばさん目線になっている自分にハッと気づいて、
改めて「年とった」と実感(^^;)

同級生の一人のママとは、会うのが8年ぶり?で、お互い積もる話いっぱいでしたが、
二人とも、この間に親を看取って、子どもたちの自立が近づいて、自分自身の老後を考えるようになった、
云々・・・話す内容も、昔とずいぶん変わりました(笑)。

彼女の息子さんの大学での様子を聞いていると、上の息子と重なる部分がたくさんあり、
見た目では分からなくても、本人が対人関係でとても苦労しているのが伝わってきました。
<同世代との交流>は、本当に苦手な人たちです。
「生真面目」「かたい」と言われながら、「標準語」で話し、なかなか打ち解けられない。
息子と同じく、彼も多分結婚しないだろうなあ、と話しているそうです。
似てるなあ・・・

でも、この厳しい就職活動を無事スタートさせ、早くも内定を一つもらったそうで、
母としては一安心、とのこと、良かった!
勤務先が決まるのはもっとずっと先だから、一人暮らしになるかどうかはわからないけど、
とにかく、社会に向けて一歩踏み出した同級生に拍手、です。


それにしても、まだ4月なのに、4回生はみんな就活なんだ、と、びっくり。
(いや、3回生からもうスタートしてるのかな?)

そういえば、
昔、小学生の頃に一緒に遊んだことのある近所のお友達がバイトしているお店でバッタリ出会って、
「ナカリちゃんのお母さんですよね?」と、覚えてくれていたので嬉しかったのを思い出し、
そのあと、その子のお母さんと偶然お会いした時に、お礼を言ったら
「就活中だけど、まだ時々バイトしてるんですよ。」と、おっしゃってました。

・・・たくさんの同級生が、就活しているんだなあ~

何が「普通」かはわからないけど、とりあえず、高卒後、大学や専門学校に進学した子たちは、
こうやって「就活」を経て社会人になっていくのかー、と、何となく一緒にソワソワしてきました。


社会に出る、って、ナカリには、まだまだ遠い道のり。
でも、焦らなくて大丈夫!
マイペース、マイペース。

今日も、午後、散歩に連れ出して、お話ししながら歩いている時、
ナカリが
「イメージだけ、って寂しいかな。役者さんとかは幸せかな」と言うので、
幸せかどうかは自分が決めることで、無いものを考えるより、今あるものへの感謝をしようよ、
家族が健康で、こうして一緒に散歩出来て、親子で話ができて、お母さんは幸せだと思う、
と、話すと、なんとなく納得してくれました。

今日の散歩コースには、可愛い花壇が・・・。シバザクラが見事でした。
シバザクラ image1

綺麗なものを見て、自然に触れて、心をゆったりさせて。
「現状」を維持すること。後退しないように、だけ、心がけて、まずは安定。
<ナカリを引っ張るんじゃなくて、ナカリについて行く>
これをしっかり心がけます。

夕方には、私自身もメンタルクリニックでお薬を処方し直してもらってきました。
これで少し楽になるといいなあ。
ドクター曰く「喪の儀式には時間がかかります。自分だけ弱い、とか考えなくていいですからね」
はい、そうですね。
誰でも「時間」は必要だろうから、この苦しい気持ちとも、うまくつきあっていこう。


今夜遅くから明日は雨模様。
ちょっと残念だけど、雨の日もあれば晴れる日もあって当たり前。
昔の人は、天気予報なんてなかったから、その時々の自然の変化に合わせて生活していたんだろうなあ。
「月や星の話」で、夜空には尽きない魅力があることを書いたけど、
自然と共存するために空を見、風を感じ、生活の工夫をする、そういうことって大事だ、と、しみじみ。
とにかく、心のゆとりを失わないでいよう。

いつもながらですが、皆さんもご無事でありますように。




子どもの日常 | 18:58:36 | コメント(10)
前のページ 次のページ

FC2Ad