■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

お気に入りのマスコットと遠出、がんばりました!
ご訪問ありがとうございます。

今日のカゲウラさんです(^-^)
お散歩カゲウラさん

朝がんばって起きて、バスと電車を乗り継ぎ、
途中のハプニング(人身事故で電車がストップ)も無事に乗り越えて、
遠くの病院まで辿り着いた…ところが、私が日にちを間違えていたことが発覚!
前回の受診の際、次回日程として手帳にメモした時点で間違えていたのに、
今日の今日まで気がついていませんでした。
ナカリには、「おかあさん、大丈夫?」と、逆に心配されてしまいました。
う~ん、思い込みって怖いなあ。年とったかなあ。
でも、ナカリが優しかったよ~、お母さんはそのことが一番嬉しかったよー。


また、ちょうど自立支援医療の更新時期だったので、
すでに出来上がっていた診断書をもらって帰り、
帰宅後その足で市の窓口に行って手続きを済ませてきました。
予定していたことが前倒しにできたので、良し、とします!

この更新手続きは、今までは毎回病院がやってくれていたのですが、
今年から、各自で市町村の窓口に手続きしに行かないといけない、
かつ、同じ健保の家族分全員のマイナンバーが必要、と、
ややこしくなりました。
でも、そのおかげ?か、2年ごと提出書類の「診断書」を見ることができ、
年金手続き以降、ナカリの最新の評価を文章で知ることができました。
⇒ IQは境界線上、広汎性発達障害関連症状は3項目とも該当、
具体的症状として「人との信頼関係を作りにくい」
「人との距離感が掴みにくい」「変化に対する柔軟性が乏しい」など、
これらの症状は重度で、計画的・集中的な通院医療が必要との判定。

…ということを考えると、
日常のナカリは本当に、よく「頑張って」いるんだと、改めて思いました。

ナカリをひっぱらず、後ろからついて行く、
これを支えの信条にして、寄り添っていかなくちゃ!


今日嬉しかったのは、ナカリが怒らなかったことと、マスコットを連れて行ったこと。
カゲウラさんは、たくさん作ったマスコットの第1号!
2回目のショートステイに行くときに、大急ぎで作り上げ、
母の代わりに一緒に連れて行ってね、と持たせたものです。
こんなに馴染んでくれるとは…


嬉しい気持ちを心に刻むために
「この素晴らしき世界」ルイ・アームストロング



明日はマスコットたちと一緒に留守番デーです。
明日も落ち着いて過ごせますように。



追伸)鶏ささみさん、コメントの件、どうか気になさらないでくださいね。
   まじかさんも、別件なんです~、と心配されてます。私も大丈夫ですから。
   …お伝えする手段が無いので、ここにて失礼します。
   もしまだ気にかけていらっしゃったら、と気がかりで、書いてしまいました。
   (余計な気遣いでしたら、ごめんなさい。)




子どもの日常 | 23:46:57 | トラックバック(0) | コメント(17)
明日は受診日。今日は緊張ほぐして、お散歩&外食
ご訪問ありがとうございます。

先週は、ナカリが月曜から不調、と言いだし、火曜に私が爆発・・・という嵐の週明けでしたが、
今週は穏やかにスタートすることができました。
近所に100円ショップ「ダイソー」がオープンしたので、白地のノートを買いに、散歩がてら外出、
さらにそのついでに、野菜と豆を使ったヘルシーランチのお店で外食!
おお~~、よく頑張った!
散歩には、一番最初に作ったマスコット、カゲウラさんを連れて行きました。
お店の料理とも一緒にパチリ

ヘルシーランチ

自家製のお豆腐が、デザートみたいな感じでついています。
ご飯は、半分、五穀米。
これにあとからポテトコロッケが出てきました。
ご夫婦で経営されている、こじんまりしたお店で、
「大豆由来のベジミートをはじめ、
魚・肉・卵・乳製品・白砂糖を一切使わないマクロビにヒントを得た
野菜中心のヘルシーな料理を提供する店」…だそうです。
ナカリも、隅っこの席で落ち着いて食事できました。

この調子で、明日、遠方の病院まで、道中、がんばろうね!



ところで…
昨夜は、ナカリのお友達の音楽発表会に、私だけ参加してきました。
心臓のカテーテル検査の際に、脳に酸素が回らなくなり、
片方の手足にマヒが残ってしまったお友達です。
でも、片手でピアノ。先生との連弾で、ハリーポッターのヘドウィグのテーマ他を演奏し、
そのあと、綺麗な歌声を、3曲も聴かせてくれました。
疲れただろうに、ずっと笑顔で、ホッとさせてくれました。
その中の1曲、AI の「Story」 
AI の「ハピネス」はナカリもお気に入りで、よく聴いているので、知っていましたが、
「Story」の歌詞をじっくり聞いたのは初めてでした。
この間のブログコメントで、私自身「一人じゃないから」と励まされた思いと重なって、じーん…
ナカリにも聞いてほしくてアップしておきます。




再び、心からの感謝を込めて。




子どもの日常 | 19:11:29 | トラックバック(0) | コメント(8)
息子からのメッセージ
ご訪問ありがとうございます。

昨日の記事がかなり重かったのですが、
書くことで、自分自身はスッキリすることができました。
コメントによる意見交換についても考えさせられ、
良い経験になりました。

スッキリ・・・とか言いながら、
いろいろ考えて眠れないので、起きてきてしまいました(^-^;)


重い記事のまま終っておくのが何となく落ち着かなくて・・・



息子は今、泊りがけで学会に行っていますが、
無事に着いてる?とメールしたら、タイトルなしで返ってきたメールは
「スカイツリーだよ」と一言。そして写真が1枚。
スカイツリー

ああ! この、夕暮れ時の空の色は大好きな色です。
他に何の文章もないのは、向こうでの様子に触れたくないから?
・・・まあ、いい大人なんですから、干渉するのは止めにします。

娘の記事が続いたので、今回は、彼が昔、作曲したフーガをもう1曲。


オルガンの音色に癒されて、眠れるかな?
明日(今朝)は笑顔で目覚めたいです。

あと、息子が好きなグールドの超・個性的な映像。


ピアノの椅子の高さにこだわったり、握手を嫌がって手袋をしたり、マイペースの「変人」ピアニスト。
神業的な演奏技術に、突出した才能に恵まれた、発達障がい当事者・・・ですよね。
彼も独身を通しました。それだけで、なんとなく、心強いです。

今日は息子の話題で、明るく締めて、
前向き前向き。口角上げて「ステイヘルシー」でいきましょう。

読んでくださってありがとうございます。
感謝を込めて。



子どもの日常 | 02:56:23 | トラックバック(0) | コメント(12)
当事者会に参加・・・ピアサポートっていいな
ご訪問ありがとうございます。
昨日(6月1日深夜)の記事に、たくさんのコメントをありがとうございました。
弱音を吐いたときに声をかけてくださる方々のあたたかさに、しみじみしました。
最後のコメントにうまくお返事できなかったのが気になっているので、
この記事の終わりに貼りつけますね。変な形になってすみません。


さて・・・
前回、ナカリが風邪をひいて参加できなかった当事者会。
今日は、親子で初参加してきました。
ナカリの感想は、リンク先の「ナカリのブログ」にありますが、
穏やかで、何かしら不思議な空気が流れる空間でした。
誰に聞かれたわけでもなく、嫌だったこと、を誰かが語ると、
続けて他の人も自分の体験を語る・・・
話の途中「トイレに行ってきます」と、誰かがすっと出て行っても違和感なく、
しきりに「ごめんなさい」と手を合わせる男の人の姿に、心の中で、いいのよ、いいのに、とつぶやきながら、
最初だけのぞいて途中で失礼するつもりが、1時間半近く、最後まで参加しました。
さようなら、と、ナカリが部屋を出る時に、にっこり笑顔が出て、嬉しかった!

一人じゃない、という事を実感してくれたのかな。

帰り道は、バスじゃなく、散歩がてら1時間近く歩いて、途中でお昼ご飯も食べて、
帰宅後は疲れて横になったけど、そのあとの留守番も問題なく、
昨日よりぐっと落ち着いたナカリ。良かった・・・

散歩の途中、樹のトンネルを通り抜けた公園
公園の木のトンネル


夜、感想かいてみたら?と、声をかけたら一人で黙々とパソコンに向かい・・・
書かれた内容を読んで、改めて、ピア(同じ立場の人同士)サポートっていいな、
と思った私でした。



で、
あとの方に、「おかあさんになってみたい」という文章があるのを見て、
数日前の会話で初めて言葉として聞いた時以上の衝撃!
娘が「おかあさんになりたい」気持ちを表明したことを、
母親としてどう受け止めたらいいのか動揺中です。
ずっとずっと、孫は諦めてね、と、子ども二人ともに言われ続けてきたから、
考えの外に追い出していた問題だったので、これは不意打ち!

10代からずっと飲んでいるメンタルのお薬。
婦人科で一時診てもらったこともあるけれど、まだまだ生理不順が続いていて・・・
考えたら、不安もいっぱい。
いつか機会に恵まれるとして、ナカリは、おかあさんになれるんだろうか。
あたまぐるぐる。

先の記事にいただいたコメントへのお返事で、
「子をもって知る親の恩」という言葉を書いたばかりだけど、
親になる大変さを思うと、我が子がいつかそんな体験をするのかと思うと、
嬉しさや期待よりも、不安が先立ってしまう・・・
でも、自分が先立つことを考えたら、子どもに家族がいてくれた方が安心には違いない。

ふう~
ちょっと深呼吸して、ゆっくり落ち着いて、先走らないで、
まずはナカリの「気持ち」だけを受け止めよう。
あれこれ考えなくていいから。
そうなんだね、そうなんだ、と、やさしくあたたかく見守っていこう・・・
ほんとに、心も体も大人になったね。
じーん。





追記)前の記事へのコメントのお返事です。

節約ドットコムさんへ

心にしみるコメントをありがとうございました。

自分のせいにしてしまう、とか、感情を飲み込んでしまう、とか、
性格的な部分は、大人になってしまってからは修正がききにくいです。
父の我慢強さに比べたら、私なんか足元にも及びませんが、
己の感情を押し殺す傾向は、親の姿を通して刷り込まれた気がします。

ナカリは今回、声を荒げることなく、ただただ涙にくれながら
自己否定し、上手く生きられている人を羨ましいと言い、
出来ない自分を哀しみ、生まれたことを残念がり続けたのでした。
それを見聞きしている間に、私自身の感情が限界を超えて爆発、
あとから後悔した次第です。

「子どもに対する苛立ちや破壊衝動が消えてきたことに気づく」という
4月21日の過去記事を読み返して恥ずかしい思いをしています。
やっぱり、人生、そんなにすんなりはいかないものですね。
行きつ戻りつ、迷いながら、悩みながら、紆余曲折しながら、生きていくしかないです。

私も自分に言い聞かせるようなお返事になってしまいました。
上手く言葉にならなかった気持ちを表現してくださって
重ねてありがとうございました。



子どもの日常 | 23:35:12 | トラックバック(0) | コメント(12)
一番ツラいのは本人なのに、親がキレてしまった・・・
ご訪問ありがとうございます。

ナカリが少し回復して持ち上がった、というのに、
今夜は久しぶりに、破壊衝動が抑えられなくなり、頓服をがぶ飲みしました。
母が亡くなった後、すっかりおさまったと思っていたこの衝動が、再びこんなに激しく襲ってくるとは。
まさに「頭に血が上る」状態になってしまいました。
結果、自分を責めてしまうのは、ナカリと同じです。

少し前に、友人と話をした際に、
「しょうがいだからしょうがない」と夫婦で話しながらも、時々雷を落としてしまう・・・
そんな言葉を聞きました。
親だって人間だもの。分かるよ、雷・・・。
私自身、ダメと自覚しながら、今日は、泣いている娘に優しい言葉がかけられなかった。
ナカリに怒ってるわけじゃない、ナカリに対して苛立つ自分自身に怒ってるんだ。
刺激が嫌ならテレビなんか捨ててしまえ!ゲームもみんな処分しちゃえ!
自分はずっと一人だって言うけど、出会う場も機会もなかったら仕方ないじゃん!
「お母さんはこんな子、嫌だ、と思ってるでしょ」と言われる母の気持ちなんか、分かるものか!
「生まれなければ良かった、何で生んだんよ」と言われたって、今さらどうしようもないじゃない!
怒鳴り過ぎてノドがガラガラ・・・何をそんなに興奮してるの、私。
自分で自分が抑えられない・・・
亡くなった母も、きっと今の私を見たら怒るだろうな。
(ごめんなさい)

こそっとリンク先に増やした、ナカリのブログ。
本人の思いが言葉になって溢れているけれど、
私はそれに応えてやることができない。
「しょうがいだからしょうがない」としか言えない。

映画もドラマも、何度「嘘」「フィクション」だと説明しても、全部「本当の事」と感じてしまい、
ゲームのキャラも、何度「データだから、ドット絵と同じだから」と説明しても、「生きている」と思ってしまい、
自分以外の世の中の人は「みんな」幸せな人生を送ってる、と「確信」している、
そして一人ぼっちの自分は「みんな」から「かわいそうで残念な人と思われている」、と「確信」している・・・

「一体、誰が、いつ、何て言ったのよ!?具体的に名前を挙げてお母さんに言ってみ!」
キツイ言い方で問い詰めても、空しくスル―されるばかり。
繰り返されるのは、世の中に対する羨み、恨み、そして自己嫌悪。
すべてガンとした思い込みだろうけど、そうした負の感情に翻弄されて、
ナカリは今回泣くばかり・・・
ただ、すぐに頓服を飲んだおかげもあってか、暴力的なことは一切起こさず、
破壊衝動はもっぱら私だけに現れて、
私ばかりが怒鳴り続け、ナカリは「ごめんなさい」の繰り返し。
「お母さんを怒らせてる、私は悪い子だ、兄とはこんな風にならないのに、私はだめな子だ」
ここでまた更に私のスイッチが入ってしまう・・・「兄と何の関係があるねん!」
「ごめんなさい、お母さんのこと、嫌いじゃないよ、好きだよ」
・・・

嵐がおさまったあと、
ナカリは一人でお風呂に入って、一人で静かに寝に行きました。
外からは雨の音。

残された私は、パソコンに向かって半分意識朦朧の状態で書いています。
ほんとに私、ダメダメじゃん。
頭でわかってるつもりでも、全然行動に移せてない。
自分自身が心底嫌になって、やり場のない憤りを持て余している。

この間、ぽかぽかさんのところで何度も聴いている「シンドラーのリスト」
これ↓は、ワンサイクルだけだから短いけど、このメロディーが心にしみて忘れられません。
今は、哀しいというよりも情けなくて涙も出ない、という状態で、音の海に沈みこんで深く深く落ちていく感じ。



明日、ナカリと一緒に相談事業所の当事者会を見学に行く予定だけど、
どうなるかなあ・・・

落ち着かない記事になって、しまってすみません。
朝陽にせかされそうだな・・・。
前の記事のamazarashi「ナモナキヒト」も、頭で鳴り続けています。
この悲しみに、名前をつけなければ。







子どもの日常 | 00:47:04 | トラックバック(0) | コメント(13)
前のページ 次のページ

FC2Ad