FC2ブログ
 
■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

東日本大震災9年
こんにちは、または、こんばんは。
見つけて、心にとめて来てくださってありがとうございます。

今日は、当事者会の日でした。
このところ、私以外の人との接点を積極的に増やしているナカリ。
自宅に来てくれる友人が、当事者会の送迎もできるかも、と、
待合のロビーまで、お弁当を持って、のぞきに来てくれました。
私とナカリは、作業所のお弁当を頼んでいたので、それをもらって、
3人で一緒に調理室の机を囲んで食べました。
別の机には、スタッフさんや、他の利用者さん。
食べ終わってから、ゆっくりスペースでしばらく休んで、絵を描いて、
バスの時間に合わせて出ました。

私自身は気づかなかったのですが、待合に居る時に、
友人が「半旗になってるね」と、施設の窓から見えた国旗と市旗を指さして教えてくれました。
そうやんか、今日は3・11だからだ!
帰り道のバスの中から見えた市役所の屋根の上の旗も半旗になっていました。

そして、帰宅してからしばらくして、サイレンの音。
黙祷の放送。
ナカリが、悲しいね、と振り返り、
9年前にはおじいちゃんもおばあちゃんもまだ生きていたね、と。

ブログを確認したら、2018年と2016年に記事を書いていました。
2018年3月11日 追悼 東日本大震災
2016年3月11日 5年前の今日

9年になるんですね・・・
「想像ラジオ」を読んだ時の心のドキドキを思い出し、
いろいろな映像がフラッシュバックして、「平穏な日常」は決して当たり前じゃない、
「忘れない」と言っていたのに、
この日を特別に意識していなかった今日の自分を改めて振り返らせられました。
ごめんなさい。

今はアキちゃんも家族の一員として一緒に暮らしています。
災害時のペットの問題についても、
以前より、身近に考えることが出来るようになりました。

友人に指摘されなければ、半旗になっていることに気づかなかったけれど、
サイレンには気づくことが出来ました。
この9年間を振り返りながら、静かに日々の平穏無事を祈ります。


今、冬毛がどんどん抜けている最中のアキちゃん。
アキちゃん228 
少し撫でるだけで手にたくさん毛がついてきます。
相変わらず、もふもふですが、空中に舞い上がる毛の量を見ていると、
これからちょっとずつスリムになっていくのかなーとも。
アキちゃん227 
赤ちゃんの頃に額の模様の変化でよく分かった毛の生え変わりですが、
今は額の部分はほとんど変化がなくて、背中、お腹からどんどん抜けている感じです。

ナカリが撮った、アキちゃんのド・アップ
アキちゃん230 

外遊びのときに私が寝転がると、お腹の上に乗ってきます。
アキちゃん231 
そして、背伸び
アキちゃん232 

外遊びの際には、この、背伸びの姿勢を何度も見せるアキちゃん。
外の世界が気になるのかな、興味津々なんだろうなあ。

普通の背伸び
アキちゃん233 
そして、さらに、うーんと伸びた背伸び
アキちゃん234 
おっとっと、と、こけそうになりながらも、精一杯体を伸ばして遠くを見ようとします。
どんなことを考えているのかなあ…

外遊びは、短い時間でも、しっかり相手してやることが大事、と、
ウサギ屋さんに教えられました。
じゃないと、ただ単にケージが広くなっただけ、という認識になっちゃうから、だそうです。
アキちゃんと遊ぶ時間を、ゆとりを持ってキープできるように、
ちゃんと生活を組み立てなくちゃ、と思っています。

今日も最後までありがとうございました。

猫バンバン img_download-logo

ヘルプマーク2 image


思い出 | 16:21:51 | トラックバック(0) | コメント(13)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2020-03-11 水 21:07:53 | | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2020-03-12 木 08:08:48 | | [編集]
おお、もう9年になりますか。
この時期になるとこの子を思い出してしまいます。
https://elleander.blog.fc2.com/blog-entry-6637.html

新聞に裏紙や切込みの印刷があるのは彼らのユーモアですよね。
病院や診療所も患者さんが減っています。
こんなの初めてですよ、病気が流行っているのに患者さんが減っているのは(笑)。
最近のナカリママさんの記事を拝見しているとナカリさんとの
関係がいい方向に向かっているようでなんだかいいです。
ナカリさんも人との向かい合いが前よりも余裕がでてきたように感じます。
2020-03-12 木 13:17:41 | URL | エリアンダー [編集]
鍵コメント1、2 さんへ
こんばんは。

たくさんたくさん思いを伝えていただいて、応えきれるか自信がないくらいですが、
書いていただいて、読ませて下だくだけで、まず、気持ちや状況の交換が出来て、
「ほかのひと」の存在を身近に感じることが出来ます。
それって、とても貴重なことだなあと、ありがたく感じています。

災害関係のニュースは、ナカリも敏感なので、なるべく取捨選択して、
無難な話を無難に伝えるコト、を意識していますが、
親も子も一緒になって感情の渦に巻き込まれてしまうことも多々あり、
ある程度の距離感を保つことも大事だな、と
読ませていただきながら振り返っていました。

大変な生活を送っているのは、被災者の方たちだけではなく、
幅広い意味で、社会的「弱者」と言われる人たちも必死に生きていることを思うと、
複雑な気持ちになってしまうことも理解できます。

いろいろな経験、実体験のお話を伝えていただきながら、
ひとつひとつに応えきることが出来ませんが、
ヘルプマークがあって良かったなあ、とか、
基本、前向きに生きておられるご様子にこちらが励まされる、とか、
頼れる人が家族以外に居ないとどんなに不安かはナカリに重ねて実感する、とか
断片的な感想だけでもお伝えしたくて書いています。

自分の力量以上のことに押しつぶされないように、という事は、
私も、自戒を込めながら、深く頷くところです。
自分が壊れないように、折り合いをつけながら、罪悪感を感じずに過ごす、
これ、私自身に対しても、力強い助言だと感じました。

押し付け、とは感じていないので、お気遣いありませんように。

雪柳、我が家でも咲き始めました。
でも、一時期もりもりにたくさん咲き誇っていたのを、
生垣の整理と同時にバッサリと切ってしまったので、
今年の雪柳は少しすくなくて寂しげです。
またそのうち元気に伸びて来るだろうと思いますが。
植物も含めて生き物には本当に癒されます。
雪柳で、昔のコメントのやりとりを思い出していただけたのも嬉しいです。
私も覚えていますよ。

いろいろと不安に襲われて苦しくなるナカリも、
ウサギのアキちゃんが来てくれてから、ずいぶん癒されています。
綺麗な風景や、草木、花々に癒されながら、明るく過ごしていきましょうね。

何だか中途半端なお返事になって申し訳ないです。
またいつでもお話聞かせてください。
連投コメントありがとうございました。
2020-03-12 木 23:03:06 | URL | ナカリママ [編集]
エリアンダーさんへ
こんばんは。
この記事の子どもさんの寝姿と作文。
私も忘れられません。
何度見ても胸が詰まります。
ナカリも覚えていて、二人で抱き合って「生きてるってありがたいね」
と、亡くなった「おばあちゃん」に重ねながら、涙してしまいました。

病院、うちの近所でも空いていて、ビックリしました。
(ちょうどナカリが尿路感染症の疑いで内科を受診したばかりです)
これから先、どうなっていくんでしょう・・・

ナカリは、私以外の第三者との関係が広がるにつれて、
少しずつ「自信」をつけてきているのを感じます。

親離れ、子離れ!
この課題を意識しながら、福祉サービスを上手く利用しつつ、
早期退職した友人にも助けてもらいながら、
何とかいい方向に進んできているのは確かです。感謝!

ただ、時々まだ嵐は訪れます(涙)
ナカリの方の回復は、より早くなり、
頓服2回で、ほぼ落ち着きますが
私の方が引きずってばかりで、
昨年秋の入院前の感覚に近い状態になることもあったので、
先週末、息子の忠告を受けて、
「入院しているつもりの生活」を心がけるよう、
再度、誓い?(断酒する、自傷しない)を立て直したところです。
どこまで頑張れるかなあ・・・

ちょうどいい節目になったので、
弱気になった時には、あの女の子の記事を思い出すようにして、
「生きる」方向から逸れないように、
自分自身をしっかり見つめていきたいです。

助けになるコメントをありがとうございました。
2020-03-12 木 23:19:57 | URL | ナカリママ [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2020-03-13 金 16:24:20 | | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2020-03-13 金 19:10:17 | | [編集]
こんにちわ!
自分は今週会社を休んでしまいました。2日間ほど。
3/11も休んでいて、ラジオとともに、黙とうしました。
震災のその時間、FMラジオでは、「わが美しき故郷よ」が流れてました。
おそらく会社でも黙とうしたと思います。

アキちゃん、だんだん冬毛が抜けてきたんですね。
暖かくなってきましたからね。
アキちゃんにとっても気持ちのいい季節になってきたのではないでしょうか。
2020-03-14 土 10:20:33 | URL | CLIMB_AGAIN [編集]
鍵コメント3さんへ
こんにちは。
鍵コメさんも私も、書きながら考える?タイプかもしれないですね。
私自身、あれこれ考えが広がって、書く文章が長くなってしまい、
読み返し書き直し、うんうん唸りながら書く方なので、
鍵コメさんのコメントがたくさんになるのもわかるなあ、
と思いながら読んでいます。


自分ごと、なのかそうではないのか、という点。
考えさせられます。

過去記事にも書きましたが、
発達障がいの特性が、私自身にも認められるかどうか、
昨秋の入院時に、その可能性を考えた検査を提案されました、
でも、私自身振り返って、
自分のは「発達障がい系」の生きづらさではなくて、
別の問題に起因しているものだと認識していたので、
「発達検査」ではなく、
生い立ちや親族がらみの人間関係でのしんどさについて、
カウンセラーさんに心理検査をして分析していただきました。

その結果を踏まえて考えたら、
脳の特性としての発達障がいを持つ人抱える問題と、
後天的な環境に起因するの問題と、
それぞれ違いはあっても、
「生きづらさ」という点で共通する部分もある気がしました。
生きていれば、誰ににだって、
何かしら苦しいこと、上手くいかないこと、があって当たり前ですものね。

なので、「自分ごと」でない問題に対処する、
という意味での難しさはありますが、
特別な困難を伴うか、というとそこまでではないようにも思います。
ただ、ナカリに対して、私は、
仕事として接する関係ではなく、
共に暮らす家族、将来を託す親子、という関係なので、
「投げ出す」「切る」選択肢は除外した上で、
なんとかかんとか「関わり方」を考えてきました。


ただこれが、夫婦、という「元」第三者との関係、となると、
話が複雑になってくる気もします。
ナカリは「結婚」に夢見る年頃なんですが、
親としてはもっとシビアに、
結婚生活を維持するにあたっての困難性、の方が見えてしまって、
あまりおススメしていません・・・
ということは、お一人様での人生設計が必要なわけで、
そのためのスキルや環境を整えるのが、生きている間の宿題、
というか。
・・・何だか変な方に話が進んですみません。


『いつも空が見えるから』 
ご紹介いただいたこのページ
https://yumemana.com/labs/dialect-2/
興味深く読みました。
私が共感したのは、
>自閉スペクトラム症の人たちは、身の回りの隣人が話すような自然言語の習得が難しく、逆にメディアや教材を通して入ってくる学習言語の習得は得意なので、結果として方言は学ばず共通語だけを選択的に身に着けていってしまう
・・・
という部分です。
ナカリが日本語を習得するにあたって、
外国語学習をするように「学んで」身につけていった様子を見て来たので、
この説明を読んで、とても納得しました。
(周囲の環境に馴染めばバイリンガルになれる?という理屈の正反対です)

そしてこれは、
「言語」に限らず、生活上のいろんな行動パターンについても、
当てはまる気がします。
ひとつひとつ、パターンとして「学習」して理解することはできるけれど、
「自然と」「なんとなくそういうもの、と身につける」
というようなことは苦手です。
なので、周りの人とは違う、とっぴな解釈をしたり、
「作り物」「演技」という概念が理解しにくく、何でも真に受けてしまったり。


話が行ったり来たりになりますが、
鍵コメさんの個人的な体験を読ませていただきながら、
人は一人一人違うんだなあと、改めて思いました。
違う人同士が、生活を共にする大変さも、改めて伝わってきました。
ほんとによく努力なさっていると思います。

なんだかまとまらない返信になってしまいました。
自分とは異なる存在としての相手と一緒に生きていく難しさ、は、
同じ立場で共感できるかどうか、だけに左右されるものではない気がします。

ナカリとの毎日は、引き続き、結構難しい状態ではありますが、
お互いに折り合いをつけながら、将来に向けて少しずつ前進、
どいう気持ちで、これからも頑張ります。
見守っていてくださってありがとうございます。
上手くお返事できなかったんですが、懲りずに、またいらしてくださいね。
2020-03-14 土 15:04:09 | URL | ナカリママ [編集]
鍵コメント4さんへ
こんにちは。
いつも速報ありがとうございます。
あと一歩及ばず、で、涙をのみましたね・・・
来年こそは!と信じて応援します。
A級は10人(でしたっけ)なので、日本のトップテン、なんですよね。
夢に向かって頑張ってほしいと、家族ぐるみで応援しています。
社会全体落ち着きませんが、くれぐれもご自愛くださいね。
コメントありがとうございました^^

2020-03-14 土 15:07:00 | URL | ナカリママ [編集]
CLIMB_AGAINさんへ
こんにちは。
CLIMBさんは、ラジオで黙祷なさったんですね。
「故郷」という言葉が、改めて重く感じられます。
お体の具合はいかがでしょうか。
この機会に在宅ワークが広がってくれたらいいなあと思いながら、
自分の在宅ワークは全然進まないんですが(汗)

アキちゃん、冬毛が抜けて、あたたかくなってきて、
運動量も増えてきた感じです。
外遊びの時に、足の周りをクルクル回ったり、
地面からすごい高さまで一気にジャンプしたり、
目が離せない可愛さ(危なっかしさ)です。
とにかく、人間もウサギも元気でいるのが一番!
うがい手洗いして、ウイルスに負けない抵抗力免疫力をつけたいです。
CLIMBさんもご自愛くださいね。
コメントありがとうございました^^
2020-03-14 土 15:13:58 | URL | ナカリママ [編集]
林檎の花
読ませていただきました。ある通りすがりの父親です。
上の子が自閉、下の子はあの3.11に産まれました。
上の子はこの4月から中学生(特別支援)です。
災害時の障害者の支援について、職場で勉強させていただいています。ウチのことを思い直すと涙する時もありますがお互い頑張っていきたいですね。
2020-03-27 金 02:58:36 | URL | ken [編集]
kenさんへ
はじめまして。
見つけて読んでいただけて嬉しいです。
下の子どもさんが、あの3.11にお誕生、とは…!
そして上の子どもさんが、来月から中学生なのですね。
この間、コロナ問題で、先行き不透明な中、
予定がたちにくく不安を募らせておられなければよいのですが。
こちらでも、災害時の薬の備蓄について、
鍵コメントさんとやり取りしたところでした。
親の立場で備えないといけないことがたくさんありますが、
悲観的にならずに頑張りたいと思います。
コメントいただけて励まされました。
ありがとうございました😊

2020-03-27 金 10:53:51 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する