FC2ブログ
 
■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

イタリアのマンゾーニ「いいなづけ」 と、コロナウイルス
こんばんは、または、こんにちは。
来てくださってありがとうございます。

コロナウイルスの影響が、徐々に身近に感じられるようになってきたこの頃。
イタリアの校長先生が発信した内容がSNSで多く取り上げられていると知り、
ネットニュースをスクリーンショットで撮りました。(赤線は私が付けました)

朝日新聞デジタル 
朝日新聞デジタル2 
朝日新聞デジタル3 

ここで紹介されている、マンゾーニの「いいなづけ」は、
息子から教えられて昔読んだんですが、
今回改めて出してきて、読み直しました(そんなことしてる場合?と思いつつも・・・)
いいなづけ 

イタリアでは、ダンテの「神曲」と並ぶ有名な作品で、
この2作品は学校の教科書に載っていても、詩文選などには載っていない→
高校や大学文系に進む場合は買って持っているのが当然だから、とのこと。

日本ではあまり知られていない(私も知らなかった!)作品のようですが、
河出文庫版には、1840年刊のトスカーナ語版の版画がそのまま載っていて、
目次には概要が書かれ、登場人物や、舞台となる地域の地図などもあって、
あちこち、行ったり来たり、ページをめくりながら、作品世界に引き込まれ、
さすが「イタリア国民的文学」だなあと再認識しました。

コロナウイルスに関係する、ペストの描写は下巻の最初にあります。
いいなづけ 目次 
「ペスト塗り」「塗屋」と決めつけられた人たちが、
魔女狩り裁判のような冤罪被害者として拷問も含めてひどい目にあわされた、
という内容については、
マンゾーニの別の作品「汚名柱の記」でも、とりあげられているそうです。
(まだ翻訳が出ていないようです、出版が待たれます)

31章の最後の部分
>・・・ことの大小にかかわらず、この種の歪んだ長い道程は、
 たいていの場合、回避しようと思えば出来ることでもあったのである。
 それは前々から言われている方法であるが、
 話す前にまずよく観察し、よく聴き、比較し、考慮する、
 という手順をきちんと踏みさえすれば、それでよかったはずである。

>だがしかしこの話すということにかけては(中略)ずっとたやすく出来てしまう・・・
 だからその点についての・・・われわれ人間一般の咎・・・は、
 やはり多少大目に見てやらなければならぬものと思う。


ああ、こんな文章を読んだら、話すこと、言葉を伝えること、にも
ヒヤヒヤする気持ちが伴いつつも、やはり表現、意見表明って大事だなあと。

ともかくも
イタリアの校長先生が訴えられたように、
「冷静に、十分な予防をしたうえで普通の生活を送って」
ということが大事だなあと、改めて感じています。
歴史的作品から学ぶことは多いですね。

勢いこんで、本を読んだらブログに書く!と、息子に約束してしまったので、
大急ぎで走り読みして記事を書くまで辿り着きました。
マンゾーニの「いいなづけ」。
よかったら、この機会にぜひ、ググってみてください・・・

いろいろなスポーツが「無観客試合」になる、ということも、
なんだか心をざわつかせる一因になっていますが、
このピンチを何とかみんなの冷静な行動と助け合いで乗り切れますように。

今日はなんだかまとまらない記事でしたが、ちょっと書かずにはいられませんでした。
最後までおつきあいありがとうございました。

猫バンバン img_download-logo

ヘルプマーク2 image


読んだ本・文章、見た映画・ドラマ、聴いた音楽 | 00:21:33 | トラックバック(0) | コメント(10)
コメント
マンゾーニ「いいなづけ」のペストの部分を読んで
みたいですね。
流言飛語が飛び交い日常用品がなくなり外国人排斥などの
状態が16世紀のイタリアのペスト流行時の状態と酷似していて
人間に進歩がないということですね。
昨今話題になっている、
喘息治療薬が新型コロナウイルスに効いたという話がメディアに
登場していますがどうなんでしょうね。
この喘息薬を使っている患者さん、今後手に入らなくなりそう。

ナカリさん、苦手だったワンちゃんに近づけたのですね。
アキちゃんを飼った体験が彼女を一歩前に進めたのかも。
ワンちゃんは感情豊かで飼っている人たちに知らず知らずに
いい影響を与え家族の絆をも強固にしてくれます、
もちろんアキちゃんもそうですけど。
2020-03-05 木 14:14:51 | URL | エリアンダー [編集]
エリアンダーさんへ
こんばんは。
マンゾーニは、翻訳も素晴らしくて、引き込まれます。
権力者の理不尽な行いに振り回される若い恋人二人と、
その周りの人たちそれぞれの生々しい人生、
美しい風景描写、時代をこえた人情、
そんな中でのペスト禍の非情な描写に、
今イタリアから発信された教育者の想いが重なり、
深く心動かされました。

日本ではダンテの方は有名なのに、
マンゾーニはほとんど知られていない、と息子も嘆いていたので、
何とか記事にしたかったのでした。
コメントいただけて嬉しかったです^ ^

ナカリが生き物全般に抱いていた不安感、恐怖、が、
アキちゃんのおかげで、こんなに変わったとは、
私もナカリ本人も驚きでした。
習うより馴れろ、ですね。
でも、愛も学習するものなんだと考えさせられました。
ウサギさん、大好きですが、
ワンちゃんネコさんの魅力にも負けそうです。
また和みに伺います!ありがとうございました😊

2020-03-05 木 20:23:45 | URL | ナカリママ [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2020-03-06 金 17:05:33 | | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2020-03-06 金 19:27:54 | | [編集]
鍵コメントさんへ
こんにちは。
マスクももちろん、医薬品は、
もともと必要としている人にとって、無くなると死活問題ですね。
優先的に確保されているんでしょうか。心配です。
何も出来なくて歯痒いですが、無事を祈るばかり。
ペーパー類は戻ってきました、あちこちで目にします。
マスクの転売も禁止されるので、駆け込み出品が増加とのこと。
騒動に振り回されたくないものだと改めて実感しました。
にしても、やはり備蓄は大事だな、とも。
歴史に学びつつ、賢い行動を心がけたいです。
2020-03-07 土 11:07:52 | URL | ナカリママ [編集]
鍵コメント2さんへ
こんにちは。
災害救援ベンダーの自販機、というのは初耳です。
ピカチューがいっぱいの動画、可愛かったです。
大阪全体は分からないですが、
私の周辺ではまだ見たことないなあ。
あったら買ってみたいです。
情報ありがとうございました。
記事と関係なくても、お話できて嬉しいです。
これからもお気遣いなく、何でもコメントしてくださいね。
とりあえずマスクやペーパー類の不安は解消されてるので、
ご安心ください^_^

2020-03-07 土 11:14:35 | URL | ナカリママ [編集]
こんにちわ!
やはりデマに惑わされてはいけないですね。
一人一人が落ち着いた考えを持っていないと。

マスクにしてもトイレットペーパーにしても、大量に買うこともないんですよね。
そういう集団心理で結局本当に欲しくても手が入らない場合がありますからね。
2020-03-07 土 17:33:10 | URL | CLIMB_AGAIN [編集]
CLIMB_AGAINさんへ
こんばんは。
本当に、デマというのは怖いし迷惑だと実感しました。
ペーパー類はもう通常に戻りかけてますが、
息子がいる京都ではまだ品薄だそうです。
マスクや医薬品は深刻ですよね。
冷静な行動を呼びかけたイタリアの校長先生、
立派だなあと思いました。
コメントありがとうございました😊
2020-03-07 土 19:25:54 | URL | ナカリママ [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2020-03-10 火 14:12:29 | | [編集]
鍵コメント3さんへ
こんばんは。
災害救援ベンダーについて、追加の説明をありがとうございました。
知らないことばかりでした!

伊藤園の説明は分かりやすかったので、こちらにも貼りつけておきますね。
https://www.itoen.co.jp/news/detail/id=24969

停電していても動く自販機!しかも無料で提供してくれる!なんて・・・
災害時の水分補給は大切だし、
徒歩で帰宅しようとする人たちや、病院内の人たちにはありがたい限りでしょうね。

私の周辺ではまだ見かけたことはない(気づいてないだけかもしれませんが)ので、
これから意識して探してみたいです。

ポケモンゴーは私もやってませんが、夫のスマホにはアプリが入っています。
災害救援用の自販機が、ポケモンジム、だなんて、なんか、やるなあ!

おっしゃるように、ピカチューに、ほんわか和む、という時間も大事ですね。

ナカリは、いろいろあって「可愛い」という単語に過剰反応してしまって、
可愛いものを素直に好き、と言えない状態にありますが、
アキちゃんが、そういう屈折した気持ちも、まるっと引き受けてくれているみたいで。
生き物の力って大きいです。

ところで、ベンダーvendor って何か気になって調べたら、
供給業者、販売会社、売る人、という意味なんですね。
でも、災害時には無償で提供するから、「売る」訳じゃないような・・・。
とにかくも、
自分の知らないところで、こういう考え方で動いている仕組みがある、という事に
何だか勇気づけられるというか、人への信頼、が取り戻せて、
コロナウイルス騒ぎでささくれだったニュースばかりじゃなく、
こういう取り組みに光を当てて欲しいなあと、しみじみ思ったのでした。
教えてくださって、重ねてありがとうございました。
2020-03-10 火 20:47:26 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する