FC2ブログ
 
■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

無事に家まで帰り着かなくっちゃ!!
こんばんは、または、こんにちは。
早くも1月最終日。
いろいろお忙しい中、見に来てくださってありがとうございます。

実は今週初めに、また1泊で弾丸帰省してきました。
ナカリが留守番に慣れてくれて助かっています。
引き続き、ひたすら実家の中のモノの断捨離を行っていますが、
今回、目に入ったのは、母の洋服ダンスの上に積んであった紙箱。
松山母の衣装ダンス 
母の字で、ナカリの小さい時の服が入っていることが書かれています。
母は洋裁や編み物が得意な人だったので、
幼いナカリのための服を、何枚も縫ったり編んだりして作ってくれました。
箱を開けてみると、それらの小さい服たちがきれいに畳まれていて、
懐かしさに胸が締めつけられ・・・
行きの飛行機の中のWi-Fiで聴いた、マル―ン5の「メモリーズ」を思い出しました。

帰宅後ネットで検索すると、
マネージャーさんが事故で亡くなられたことを悼んで作られた曲、とのことで、
大切な人を亡くしたすべての人へ、という思いが込められているそうです。
歌詞付きバージョン。


最初はカノン進行だなあ~くらいの気持ちで聴いていましたが、
Memories bring back, memories bring back you
という歌詞が繰り返し耳に残り、ほんとだなあ~、と、しみじみしています。


で、留守中のナカリは、友人と一緒に、初めての「餃子づくり」に挑戦。
餃子づくり 
材料を切って
餃子づくり2 
皮に包んで
餃子づくり3 
綺麗に出来上がり!
父娘の二人で焼いて食べたけれど、私にも残してくれていたので、
翌日、帰宅したあと、焼いて食べました。
餃子づくり4 

美味しかった~~! ありがとう。
ナカリ自身も自分のブログで報告しています。

アキちゃんも、留守中は元気でいてくれて助かりました。
ねんねの様子。いつ見ても可愛いです。
アキちゃん211 
アップでも、ねんね・・・
アキちゃん210 

そんなこんなの、穏やかな時間。
でも、合間に、やっぱり、不安定になる時はあって、
親子とも、頓服を頼りに、何とか乗り越えています。

昨日今日、続けて仕事に出かけると、
都会では半数近い人たちが白や黒のマスク姿。
花粉症にはまだ早い季節なのに、マスク品薄のニュースも耳に入り、
なるべくナカリが不安にならないように気をつけています。

帰りの満員電車では、3週間前に痛めた右足首をかばいながら、
電車を降りて、駐輪場から、暗くなった道を自転車で走る間、
「気をつけて走らなくちゃ」「焦らず、ゆっくり、無理せず」「信号をちゃんと守って」
と、何度も自分に言い聞かせながら、兎にも角にも「無事に家に帰り着くこと」
を考え続けていました。
これも、私が家を出る時のナカリのおまじない言葉「無事にね!」のおかげです。
いつも、ありがとう。

そして、読んでくださった皆さんにもありがとうございます。
世の中には不安もいっぱいありますが、皆さんも、どうかご無事で!

猫バンバン img_download-logo

ヘルプマーク2 image



子どもの日常 | 23:38:22 | トラックバック(0) | コメント(6)
コメント
こんにちわ!
ナカリさん、餃子作るなんてすごいですね。
自分も一人暮らしの時は、料理しましたが、餃子はチルド食品を買って、そのまま焼くだけでしたからね。
皮を包む作業が何かできなさそうで(悲)

アキちゃんのねんね姿が本当に癒されますね。
ネコのように眠ってますね。
2020-02-01 土 11:05:04 | URL | CLIMB_AGAIN [編集]
CLIMB_AGAINさんへ
こんばんは。
餃子の皮は、ミニピザに使うくらいで、
私も包む作業に自信がなくて自宅では滅多に作らないんです。
今回、ナカリがこんなに上手く作れたのにビックリ!
本人もとても嬉しかったみたいです^_^
友人に感謝〜

ねんねのアキちゃん、たしかにニャンコに近いかも。
体の動きや、顔を洗う仕草も似てます。
ナカリもブログに書いてましたが、実物が一番可愛い💕です。
嬉しいコメントいつもありがとうございます😊

2020-02-01 土 23:18:07 | URL | ナカリママ [編集]
こんにちは。

弾丸帰省お疲れ様でした。
ブログ記事は拝見してましたが、間隔をあけてコメントします。

お母さんの話を拝見していて、私も自分の親のことを思い出せるのでよいな…と思います。
ちょうどよい言葉が浮かびませんので…よいな…って感じなんですけど。
私は以前母に言って子供の頃のものを処分したし、以前母も家中の古い物を処分したと電話で言っていたのですっかり昔の物はないと思いますが、親の手作りって愛情こもっていて時が経ってから見るとしみじみですよね。

私の母も、私の兄弟の子ども(母の孫)が保育園や小学生の小さい内は、いろいろ作っているようでした。
私の実家の場合、私の妹たちが母に作ってとお願いしてた時もあるようですけど(母が手芸を好きなのも知ってるし、妹たちより母の方が上手だから)。

この前、たまたま観たキルト展の放送で、三浦百恵さん(山口百恵さん)の30年近くのキルト作品の話がありました。
お子さんさちが小さい時にパッチワークで作った、クリスマスのデザインのベストや、学校に持って行く鞄などが紹介されてました。
私も、同じようにパッチワークで鞄を作ってもらったことがあり記憶にあるんですよね。


ナカリさんのブログを拝見しました。
私はセルフレジが苦手で、2人の時にセルフレジだと主人に頼むし、1人だと店員さんがいる所に並んでしまいます。
セルフレジもお店によって機械が変わるし、お店によっては何かあっても店員さんを呼びにくかったり、慣れるまでが大変なのにセルフレジは慣れるまで練習するのが難しいです。
1番よく行くお店はまだセルフレジはないですし。

私は、入ったことがない飲食店も、最初に入ってから出るまでの流れがイメージ出来ないので1人ではほぼ入れません。
イメージ出来ても、慣れないともたつくから、新しいことってなかなか始めれないんですよね。

ナカリさんも新しいことを練習したりと頑張ってる様子が凄いなと思います。
積み重なって大きいですからね、助けを得つつ回復可能な負担の範囲で、一つ一つ経験を重ねると大きな変化に変わると思います。

ナカリさんのブログの写真みたいなお洒落な感じのお店は私は行く経験がほとんどないんですよね。
主人は友達が都会っぽい人やお洒落なお店に行く人もいて、友達とはお洒落なバーにも入ることがあるようです。
でも、主人自身はそういうタイプでないし、私とだとお洒落なお店には入りません。

いろんな経験を積むにも、一人で行動できない場合は側にいる人のタイプで行動範囲が変わるので、ナカリさんの練習できる経験の内容は見ていて私にはない経験の練習だなって感じること多いです。
私は私で自分のできる経験は特別とも思いますけどね。


2020-02-03 月 09:55:53 | URL | ぽかぽか [編集]
こんにちは。
タンスの上の紙箱を見て懐かしくなりました。
うちにもありますよ。母の字で「お父さん浴衣」
(祖父です)と書かれたものなどが押し入れに。

紙箱に大きく書かれた「ナカリちゃん」の文字
に、お母さまのナカリさんへの想いを感じました。

それからマルーン5のメモリーズは優しい曲ですね。
とても感慨深いものがありました。
ご紹介ありがとうございます。

ナカリさんの餃子、美味しそうですね。
皮を包むのもお上手!私はこれが苦手で…。
今度は何を作るのかな?楽しみです。

ナカリママさん、足首のお怪我お大事に
なさってくださいね。
2020-02-04 火 16:20:36 | URL | mikoto [編集]
ぽかぽかさんへ
こんばんは。
いつも見守ってくださっていて、感謝です。
ぽかぽかさんのお母さまも手芸がお好きだったのですね。
「手作り」の衣類は、思い出もあって、手放しがたいものがあります。
(私自身の場合は、母の手編みの赤いオーバーパンツが恥ずかしくて、
文句を言ってしまうという小学生時代でしたが・・・💦)

セルフレジのお話も、なるほどと感じました。
対面接客レジの方が安心な場合もありますね。
とにかくも、まず少しずつ慣れてくれたらと思うのですが、
一緒にスーパーに行ったら、家族連れやカップルが目に入って、
もう一刻も早く帰りたいモードで、買い物もそこそこに、
今はまだレジの練習もろくに出来ない状態です。
まあ、焦らずゆっくり、少しずつ、を心がけます。

一人で出来ない場合、側に居る人によって経験が変わってくる、
というお話にもなるほど、と感じ、ナカリにも伝えました。
「おしゃれなお店」に連れて行ってくれた友人にも感謝だし、
そこで一緒に食事できたナカリにも感心しています。
(本人によると、緊張であまり食事自体は楽しめてなかったようですが)

この最近は、大きく崩れる一歩前くらいに頓服を飲んでやり過ごす、
という感じが続いていますが、
穏やかな時間が長く続く、とまでは至らず、まだまだ不安定なナカリです。
思春期のあいだは仕方ないですね。時がたつのを待ちたいと思います。

ぽかぽかさんも、ご自身にしかできない特別な経験、を大切に、
ご無事でお過ごしくださいね。
思いに寄り添ってくださるコメントをありがとうございます。
2020-02-04 火 17:54:16 | URL | ナカリママ [編集]
mikotoさんへ
こんばんは。
紙箱に洋服をしまうこともほとんどなくなっている私ですが、
実家には、あれこれの紙箱があって、そこに母の字で、中身が記されています。
mikotoさんのお宅でも一緒だったんだなあと、感慨深いです。

マル―ン5も聴いてくださってありがとうございます。
行きの飛行機の中で初めて聴いて、帰りにも何度も聴きました。
曲が作られた背景は、帰宅してからの検索で知ったのですが、
大切な人を亡くした時の気持ち、というのは万国共通なんだなと実感しました。

その後、ナカリのおかげで私も餃子にチャレンジ。
アンが残ったので、次の日も餃子の皮を買いに行くと売り切れ!で、
シュウマイの皮で代用しました。
そうしたら、今度は皮が余って、いつものミニピザになりました(笑)

足首は、何と、捻挫ではなく剥離骨折だったことが分かり、
今、強めのサポーターで固定しています。
もっと早く整形外科に行くべきでした
(混んで待たされるのが嫌で先伸ばしたのを反省)。
完治まで1ヶ月以上かかるそうなので、気をつけて過ごします。
お気遣いありがとうございました。
2020-02-04 火 18:02:54 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する