FC2ブログ
 
■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「友達のつくり方」が分からない!
こんばんは、または、こんにちは。
見に来てくださってありがとうございます。

先の記事をアップしてからの後日談、になるのですが・・・

ナカリは私のブログを読もうと思えば読めるものの、
読むのがこわい、という感じで、チラチラッと単語を追う程度の見方をしているので、
私が悲観的な内容をアップしたからと言って荒れるわけではありません。

が、「地雷」的な単語や表現は確かに有って、
それが絡んでくると、我を忘れるくらいにメルトダウン
全否定に向かう白黒思考で、いわゆる「橋を焼く」一歩手前まで突っ走ってしまう。
回復までの時間は短くなったものの、
「友達」を巡るあれこれは、やはりデンジャラスゾーンだな、と再認識しています


学校時代に、「いわゆる友達」が自分にはできなかった、ということが、
ナカリ本人のトラウマになっていて、
その理由の一つに、自分の「自閉症」という特性がある、と認識すると、
(自閉症は一生の問題なので)これから先の希望も否定される・・・。
確かにこれは、何とも辛い展開です。
「友達はいなくて構わない」と言う息子の境地に至れたら、少しは楽になるだろうけれど、
思春期の乙女心も含めて、揺れる気持ちがあるのは当然よね


小学校高学年、周りで何となく女子のグループが出来ていった頃、
入りたいけど入れてもらえない、どうやったらその「なかま」に入れるのか方法が分からない、
何とか他の子のやり方(交換ノートや手紙の内容)をお手本に「模倣」してみるも、
それが逆効果で、否定され距離をとられ、本人の弁によると露骨に「いじめられた」・・・
だから、その子たちのことを思い出すだけでも、怒りがこみあげて、「なんでよ!」と叫びたくなる。
この繰り返しループから、なかなか抜け出せない苦しさがあります。

親の立場で振り返っても、
学校以外=療育関係の場で、他市他府県の「友達」が出来た時期はありましたが、
年賀状やメールのやりとりも徐々に途絶え、
当時の「友達」で、今も連絡し合えているのは一人だけ。

そして、学校時代の繋がりとして続いているのは、
支援学級の親同士や、卒業後も親同士連絡をとり合えている家族、と先生方・・・で、
親の私抜きにナカリだけ(子ども同士)繋がり続けているという関係は、
残念ながら、皆無、というのが実情です。

(ただ、今、
年上だけれど自分と似た状況のメル友さんや、教会の牧師先生、
家事指導をしてくれた私の友人、絵の先生、相談機関のスタッフさん、など、
「大人の友達」が増えてきたのは救いだし、感謝しきりです。)


今日のナカリの結論。
他の人たちが、一体どうやって「友達」になっていくのか、不思議だし、謎だ。

このグルグル回り、自問自答、行ったり来たり、の繰り返しから自由になるためには、
「自己肯定感」をしっかり上げていくこと!なんだろうなあ。
遅ればせながらでも、気づいた時がスタート、と思って、
「今の自分を好きになる、がんばりを認める」を繰り返し伝えていくしかない、
そして、
私自身、自分の中にある否定的意識を振り解いて、心の底から希望を見いだし信じること!

2020年は自分のしたいことを見つけよう、と、「自分」に目を向けたスタートでしたが、
やっぱり、ナカリとの関係抜きには「1年の目標」にしきれない・・・と痛感した一日です。
共依存関係を脱するように気をつけながら、
未来に目を向けて、彼女に対して、正直に、肯定的な言葉を送り続けられますように。


まとまらないまま、今の心境を備忘録にした記事になってしまいました。

先週くじいた足首に貼ったシップにかぶれて、足を引きずりながらの移動が続いています。
(特に、階段の下りがキツイ!)
不自由なく歩けることのありがたさも改めて痛感中。
皆さんも、お体に気をつけてお過ごしください。
今日も最後までありがとうございました。

猫バンバン img_download-logo

ヘルプマーク2 image


思い出 | 22:26:27 | トラックバック(0) | コメント(6)
コメント
こんばんは
友達って何なんでしょうね。
人生で生きていく過程で交差し交わる人たちです。
その人達はやってきては去っていきます。
今そばにいる人こそ友達です、リアルであろうとネット友であろうと。
名前も年齢もお顔も住所も知りませんが長年お付き合いしているネット友
はたくさんいます。ナカリママさんもそのおひとりですね。
ナカリさんが過去にとらわれず前に進むためには今いる「友人」を
大切にすることではないでしょうか。
2020-01-12 日 22:58:42 | URL | エリアンダー [編集]
エリアンダーさんへ
こんばんは。
素晴らしいアドバイスで、思わずナカリに読み上げて伝えました。
ナカリも、なるほど、と納得の表情でした。
そして、紙に書いて、と。
大事なことは、忘れないように書いておきたいのです。
今いる友達を大切にする!
過去にとらわれず前に進む。
しみじみ繰り返して言葉にして、安心した様子です。
心なしか明るい表情になりました。
私も、エリアンダーさんはじめ、
たくさんのブロ友さんに助けられているなあ、と、
とてもありがたく、心強く思いました。
早速のコメント、ありがとうございました😊
2020-01-12 日 23:20:34 | URL | ナカリママ [編集]
こんにちは。

ナカリさんの気持ちはいくらか分かります。
私も、この年齢で友達がつくれるようになったわけではありません。
私の場合、一生変わらないだろう言語障害の問題もありコミュニケーションが取れない面があるので、「一生変わらない」と感じる時は何とも言えない感じです。

お兄さんのように悟るのは、能力の違い的にもなかなか難しいと思います。
私でさえ、知的な障害がなくても1人で生きれない程度に言語の障害を抱えています。
コミュニケーションの障害でも種類などがあると思いますが、コミュニケーションに障害があっても、社会で何かをするのに必要な方法を自分で調べたり必要な手続きなどを自分でできる能力があるのとないのとでは大きな違いがあります。

私も、自分で社会で最低限必要な事を出来たなら、孤独でも1人で構わない(独身で友達が特別にいなくても構わない)と思っていた時期があります。
けれど私は、実際に自分で出来ないことが多いので、誰かと深く関わらないことなく生きていけません。
社会福祉などを頼るにしても、私は簡単に自分で調べて頼れないから、1人ってわけにはいきません。

人間の能力には様々なものがあり、能力差も様々ですが、現代の日本で生きるのに必要な能力がどういう風に、またはどれぐらい足りないかの違いは、形作れる人生が変わります。


私も知的な障害がない分それなりに考えて自分なりにたどり着ける思考があるだけマシですが、私には親のおかげで存在する知り合いや歳の離れた友達、頼れる人は存在しません。
(ひがみや嫌味は一切入ってないので、不快に感じないで頂けると助かりますが…。)

能力って年月をかけた努力で多少は変わるものや成長できるものもあるかもしれないけれど、大きくは努力で変わらないものってあると思います。
形は違えど、私も大きくかけた部分があるので、知的障害を抱えて多くを学び悟って生きるのは大変なんだろうな…と勝手に感じたりします。
だから、簡単ではないかもしれませんが、ナカリさんにはナカリさんで自分にも特別にある物があるって気づけるようになるとよいですね。

ナカリママさんも完璧でないだろうし、ナカリさんと壮絶な喧嘩などをすることもあるでしょうけど、だいぶナカリさんは両親に恵まれていると思います。
親が完璧でないのは誰でもだと思うけど、本当に親や環境に恵まれない人も多いのがこの世界と思います。

そう気づけて思えるのとそうじゃないのでは差が大きいから、障害や友達が簡単に出来ないのは変わらなくても、ナカリさんもより自分にあるものは特別と思えて満足感を感じることが増えると良いですね。

自分と違いのある人たちが傷つかないように言葉を選ぶって難しいですが、それぞれの違いをなるべくくみとって否定してるつもりはないです。
より自分の人生の良い面に気付けて、それぞれに今よりこれからが楽しい人生になると良いなと思います。


2020-01-14 火 13:41:40 | URL | ぽかぽか [編集]
ぽかぽかさんへ
こんばんは。
お返事が遅くなって、ごめんなさい。
ナカリの立場に重ねてコメントをいただけて、とてもありがたかったし、
嬉しく思ったので、早くお伝えしたかったんですが、
きちんとお返事したいと思うとゆっくりパソコンに向かう時間がとれなくて、
お待たせしている間、ご心配をおかけしたかも、と思うと申し訳ないです。

私自身は、一応、定型発達、という評価で、
昨秋の入院時にしていただいた心理検査で、生い立ちから来る傾向や、
共依存関係に陥っていることなど、
私側が「変わる」ことで、ナカリのサポートに繋がる部分も多い、
と認識しました。

また、ちょうど今日、障害区分認定の面接が3年ぶりにあったので、
緊張しながら親子で臨みましたが、
「社会生活」という面では、まだナカリは一人で買い物が出来ない、
一人で乗りものに乗れない、他の人と会話することが難しい、など、
多々困難を抱えていることがよく分かりました。

ナカリには知的な遅れというハンディキャップもあるので、
ついつい親が過度に干渉してしまうのですが、
これから彼女の「自立」に向けて、少しでも条件を整えてやるのが親の務めか、
と、認識して、子離れも含めてがんばりたいと思います。

ぽかぽかさんが書いてくださったご自身のことについては、
全く悪意は感じていませんし、不快感もありませんよ^^
こうやって、一緒にいろんなことを、深く考えてくださることに、
心から感謝しているのです。

実は私自身「なきむしでいいじゃん」のむーにさんのアメブロを、
今でも時々のぞいているのですが、
生まれながらの発達障がいに加えて精神疾患も患って入院する、
という難しい状況にあるぽんたちゃんのことが、
直接のやりとりは出来なくても、ずっと気になっています。
もしかしたら、ぽかぽかさんも、
ナカリのことをそんな風に気にしていただいているのではないかな、
なんて思ったりしながら、
コメントをいただけて、なんとなく元気が出た私です。

ナカリにもこの思いを伝えたいなあと、
ぽかぽかさんからいただいたコメントの内容をかいつまんで話し、
ナカリに話しながら、そうだ!私自身だって、
自分の親つながりの友達とか年齢の離れた友達なんていないじゃん!
と、改めて認識して、ナカリにそう説明しました。

ほんとうに、おっしゃるとおり、ナカリが今手の中に持っているもの、
に目を向けて、それが大切なものだなあと感じることが出来たら、
過去の嫌だったことを思い出した時の気持ちもまた違うかもしれないな、
と思います。

そして、自力で友だちを作ることが難しい分、
彼女の周りにそういう、親主導のつながりを作れたんだな、と、
自分自身でも振り返って、
なんだか、ちょっとホッとする気持ちになれました。

お伝えしたい気持ちはもっともっとあるような気がするのに、
上手く言葉になりません。

初場所、始まりましたねー。
お相撲さんの話を伺ったことを思い出しながら、大相撲中継を見ています。
こうやって、覗きに来てくださって、時々コメントをしていただけることに、
改めて感謝の気持ちいっぱいです。
時間がかかった割に、全然まとまらない返信になって、すみません。
コメント嬉しかったです、ありがとうございました^^


2020-01-15 水 23:35:33 | URL | ナカリママ [編集]
読んでて自分のことかと思ってしまいました。
自分もどうやって友達を作ればいいのか、どうしたら友達になれるのかわからなかったけど、定型発達者は誰にも教わらなくても自然に友達ができるみたいなんですよね。
自分はツイッターで相互フォローしてたブログ仲間からツイッターブロックされたことがあるので、リップサービスでも他人のことを気軽に友達というのはやめた方がいいなと思いました。
2020-01-21 火 01:31:44 | URL | ponch [編集]
ponchさんへ
こんばんは。
ナカリの気持ちに共感していただき、励まされる思いです。
ナカリは、自分だけ…と悩みがちなので、
他のASDの人たちも同じような悩みやしんどさを感じている、
と知ることで、立ち向かう力になっているように思います。
おっしゃるように、友達、という言葉は、
簡単に使えるものではないなあ、と考えさせられました。

ナカリはリアルの世界での人間関係に悩み尽きずですが、
ponchさんはじめ、
ネットでの出会いや繋がりには恵まれています!
ponchさんの部屋に、マイメロのぬいぐるみを見つけて、
ほのぼのしているナカリです。
これからもよろしくお付き合いくださいね。
コメントありがとうございました😊
2020-01-21 火 20:45:26 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する