FC2ブログ
 
■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「限界状況における人間の存在」 神谷美恵子氏のことばから
こんばんは、または、こんにちは。
来ていただいて、ご縁をいただいて、心から感謝です。
ありがとうの気持ちが伝わりますように。


この間の不穏な記事に、コメントをくださった皆さま、読んでくださった皆さま、
重ねてありがとうございました。
回復してきました、申し訳ない気持ちについても、やっと自分を許すことが出来ました。


実は、一時期、「にほんブログ村」のバナーをすべて外した時もありましたが、
そちらで出会える記事もあるので、
今は「自閉症スペクトラム」バナーを貼ったままにしています。
でも、「発達障がい児育児」「いじめ・登校拒否」ジャンルからは失礼したっきり、です。
それは、そのジャンルの記事を自分が読んで、辛い、と感じることが多くなったからで、
もう、その当時には戻りたくない、という気持ちの表れなんだなと、改めて思いました。

自分の経験が、「渦中」にある後輩の方の助けになれば、と思った時期もありましたが、
昔と違って、今はありとあらゆる情報がネットの世界には溢れているし、
発信も受信も様々な形があって、もう自分が出る幕はないなと言うか、
自分自身も過去には戻れないし、戻らなくていいんだ、
自分と家族のこれから、を、まず一番に考えたんでいいんだ、
と、
ここでも自分を許す?ことが出来た気がします。

なので、「未来志向」で、
このあと、寿命が尽きるまでしっかり前向いていきたいと思います。


前置きが長くなりましたが、
神谷美恵子氏の「ケアへのまなざし」を読み進めています。

まだ、半分です。
やっと、第2部に入りました。
しょっぱな、が、タイトルの「限界状況における人間の存在」です。

あの、「ちゃぶ台返し」的心理状態に陥った週末に、
この言葉を思い出せていたら・・・


>一生のあいだに人間はさまざまな状況に直面するが、
>時には極度の逆境におちいり、
>これを避けることも操作することも変えることもできないような、
>せっぱつまった事態にみまわれることもある。
>こうした逆境は人間のまえにきびしい壁のように立ちはだかり、
>その忍耐力はぎりぎりまでためされ、
>まったく歯が立たないことも少なくない。
>不治の病を宣告されること、
>死を宣告されること、
>耐えがたい苦しみを負わされること、
>愛する者に死なれること、
>自己の存在ゆえに他人が苦しむのを見なくてはならぬこと、
>自己の生が全く無意味であると感じること―――
>こうしたものが上にいう状況の例であって(中略)
>ヤスパースはこれに「限界状況」という名をつけた。

先の記事にあげた、レーヴィが巻き込まれた大量虐殺という「限界状況」
と比べうる言葉などないけれども、
もう終わりにしたい、と発作的に願う人がとる行動に対する予防策として、
ナカリが保護入院になった際、刃物系はもちろん、
パジャマのズボンの紐からヘアクリップまで事務所預かりになったことの意味が、
今更ながら身に沁みました。


人間に絶望したり、希望を見いだしたり・・・過去の多くの人たちも、
とりわけ「人間の可能性」が問われる場面として、
そういう「限界状況」を考えたんだろうなあ。

暑い暑い8月が始まって、
いつにも増して平和を考える月、「限界状況」を考えずにいられない月、
ということで、自分自身にも「人間の存在」を問い続けたいなと思います。

アキちゃんが居る毎日、が、
初めてのペットホテル体験で、
どんな変化、として、ナカリの心に残るのか?
今からドキドキです。

アキちゃん155 
ナカリと一緒にのんびりしているアキちゃん。

アキちゃん156 
背中の毛もすっかり生え変わって、大人の毛に統一されました。

アキちゃん154 
額の模様も、もう分りません。
大人?なアキちゃん、家族と離れても、ホテルで無事に過ごせますように。

来週は帰省のため、しばらく更新も訪問も滞ります。
熱い最中ですので、皆さんお体に気をつけて、どうぞご無事でありますように。
今日も最後までありがとうございました。


猫バンバン img_download-logo

ヘルプマーク2 image



読んだ本・文章、見た映画・ドラマ、聴いた音楽 | 22:04:54 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
fluctuat nec mergitur たゆたえども沈まず
「揺れはするが、沈没はしない」
ナカリママさんは、ナカリさんにとって唯一無二の存在ですー。
誰の代わりでもありませんからね…前向きに明るく、
今日を生きたかった人の分まで、人生を愛し人生を謳歌されてくださーい。

もうすぐお盆ですね。
人間は誰しも生まれたときから死を宣告されている・・・カミュの一節。
いつかは誰にでも巡って来る人生の終焉ですが、見送る側はいつだって切ないですね。
お盆は、父の魂だけじゃなくて自分自身の心の喪失感も
一緒に供養するような気持ちになる日だと思いながらも。
父の事を思わない日は殆ど無いですけどね。
この先、子供に何を残せるのか分かりませんが
何も残せなくてもいいので悔いのない人生を送りたいな。
それがこの世に生を受けたものの本当の恩返しなのかも…

アキちゃん、初めてのペットホテル体験なんですね;;
初めてのお泊まりは、アキちゃんもナカリママさんご一家も不安でしょうけど
きっとこれからに活かせる、大事な経験になりそうですね。
アキちゃん、ファイト(U・x・U)
病気で入院するわけじゃないので、うんうん。
我が家のロップイヤー「ヒナタ」も、体重が2㎏超えて大きくなり
よく食べ元気ですよー。
ウサギ三兄妹の中で、好き嫌いしないのがヒナタちゃん。

今日は好きな曲、HANDSIGN「僕が君の耳になる」を聴きながら
コメント打っています♪
それでは、またです^^
2019-08-03 土 17:02:16 | URL | なつみ [編集]
アキちゃんもふもふ(´ω`)
まだまだ一緒にふれあえるのが楽しみですね
2019-08-04 日 01:54:34 | URL | みけねころんそう [編集]
なつみさんへ
こんばんは。
お盆が近づくと、
クリスチャンでありながら長男の嫁として仏壇を守り続けた母が、
限られたスペースで、迎え火や送り火を焚いていたのを思い出します。
生きているものが、この世を去った人たちに思いを寄せる、
大切な機会ですものね、宗教を超えて・・・
父と一緒に近所のお寺に塔婆を持って行って、あれこれ話を聞いたこと、
今も忘れられません。

アキちゃん、今日、ホテルに連れて行ってきました。
直前まで、いつも通り、ご飯や牧草を食べたりウンチしたり、
で、突然キャリーに入れられて運ばれたので、きっとびっくりしたでしょうね。
外はものすごく暑かったですが、冷却材を使って何とかしのいで連れて行きました。
今のところまだ電話が無いので、このまま無事にホテルで過ごしてくれますように。

ヒナタちゃんも元気そうで、ほんとに良かったです。
HANDSIGN「僕が君の耳になる」、検索して、見て聴いてみました♪
ナカリの昔の友達にも、聴覚障害のことが居て、
指文字で名前をどう表現するかとか、簡単な手話も習ったんですが、
卒業後お手紙を出しても、なしのつぶてで、寂しがっています。
いろんなハンディがあって、それぞれに辛さがあって、
なかなか、分かりあえるところまで近づくのは難しいけれど、
「希望」を失わないで前に進んで行かなくちゃ、ですね。
コメントありがとうございました^^
2019-08-04 日 23:46:10 | URL | ナカリママ [編集]
みけねころんそうさんへ
こんばんは~~
アキちゃん、モフモフなんですよ。ほんと!
そのアキちゃんを、今日、ホテルにお預けして、ケージから何から、
何もかもを丸洗いしてお日様に干しました。
アキちゃんの産毛があちこちから出てきて、それだけでウルウルでした。
夜になってもホテルからの電話が無いから、無事に過ごせているかなあ。
大阪を離れるけれども、どうかこのまま無事で居ますように。

みけねこさんちのイラストにも癒されています、いつもありがとうございます^^
2019-08-04 日 23:49:34 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する