FC2ブログ
 
■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

今回も弾丸帰省 母の本棚から本を持ち帰りました
こんばんは、または、こんにちは。
見つけて、心にとめて、来てくださってありがとうございます。

九州南部の豪雨被害を受けておられる方々に、お見舞い申し上げます。
今日は、大阪では朝には雨が止み、飛行機がそんなに揺れないで、
愛媛まで飛んでくれました。
ウサギのアキちゃんが来てくれてから、
実家の片づけ帰省は、私一人で日帰り弾丸の連続です。

今朝の曇り空の下、リムジンバスからいつもの角度の松山城をパチリ
2019年7月松山 jpg

そのあと、昼食に入った喫茶店の壁に、昔の松山の写真が展示されていて、
思わずパチリ
2019年7月松山2 

そうしたら、その中の1枚が、なんと、今朝バスから撮った写真と、
ほぼ同じ構図で、、どちらも松山城と市内電車が写っていたのでビックリ!
2019年7月松山3 jpg

あとで写真を見比べて初めて分かったことですが、
こんな偶然、…ちょっと鳥肌モノでした。

そのあと、ひたすら無人の実家の掃除と片づけ。
今回は、母の本棚から、ナカリ関係の本を持ち帰りました。
母の本棚 jpg

母の字で書き込みがあったり、線が引かれていたり・・・
母なりに、一生懸命、孫のことを理解しようとしてくれていたこと、
今更に胸いっぱいで、亡くなって2年経ってもなお、やはり、寂しさは募るばかりです。

いくつになっても、親は子ども(孫)のことを分かろうと試みるんだなあ、と、
実は今回、私自身も、息子が自宅に置いて行った文庫本を持っての帰省で、
往復の道中で読み終えてしまいました。
喜嶋先生の本 

この本の中で、思わずドッグイヤーしてしまったページから

>学問には王道しかない。
>それは、考えれば考えるほど、人間の美しい生き方を言い表していると思う。
>美しいというのは、そういう姿勢を示す言葉だ。
>考えるだけで涙が出るほど、身震いするほど、ただただ美しい。
>悲しいのでもなく、楽しいのでもなく、純粋に美しいのだと感じる。
>そんな道が王道なのだ。


人の生きる姿に対する言葉として「美しい」という表現は、
読んだだけで、こちらまで身震いしてしまう感動がありました。
研究者の道を目指す息子が、日常囲まれている世界を理解したい、と
そういう今の自分の気持ちが、
孫の自閉症について理解したいという母の気持ちと重なって、
ああ、こうやって時が流れていくのかな、と、
片付けの手がふと止まってしまい、感傷的になった帰省でした。

もう1か所、引用
>経験を積み重ねることによって、人間はだんだん立派になっていく、
>でも、死んでしまったらそれで終わり。
>フリダシにさえ戻れない。
>だから、こういったことを真剣に考えると、涙が出るほど悲しくなる。
>なるべく考えない方がきっと良い。
>たぶん、これは感情というものだと思うけれど、できるだけ自分をコントロールして、
 こういった気持ちを野放しにしない方が生きていくために必要だ、と思う。
>それに失敗した人たちが、今もどこかで泣いていて、酷いときは死んでいくし、
 運が良ければ去っていく。
>いずれにしても、この怖ろしさから逃げるしかなくなるのだ。


私には「大学院」や「研究者」の世界は未知のものですが、
いろいろな困難を伴いながらも、人類の知の発展と継承のために、
「仕事(労働)」としての研究活動をする人たちの世界を垣間見ることが出来た、貴重な小説でした。
未来は不透明だけれど、がんばれ、息子!

過去記事 100年先の世界のために

そして、帰りの飛行機の中で、WIFIを聴きながら、スペイン語の響きと、リズムに、
思わず、何度もリピートしてしまった曲。
息子のことを考えていたら、何となく、ラテン系の言語に惹かれてしまうこの頃です。
「MIA」Bad Bunny ft. Drake


留守中、ナカリは、
洗濯物を干して、お風呂を洗って、アキちゃんのお世話をしてくれました。

帰宅してから、二人でまた「おばあちゃ~~ん」と、懐かしんでいます。
ちょっと体調が心配だったナカリも、なんとか落ち着いて留守番できたので感謝です。
アキちゃんも、思春期ながらも、なんとか少しずつ落ち着いてきている感じ。
また、報告しますね。

今日も最後までありがとうございました。

猫バンバン img_download-logo

ヘルプマーク2 image


読んだ本・文章、見た映画・ドラマ、聴いた音楽 | 23:33:35 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
ナカリママさん、こんにちは。
弾丸帰省お疲れさまでした。ナカリさんの体調も落ち着かれて
ホッとしました。

お母さまのお話を拝見して、以前ご紹介されていたお母さまの
ノートを思い出しました。
綺麗な文字で丁寧に書き込まれていて、これから生まれてくる
ナカリママさんへの温かい想いを感じました。
今度はお孫さんのことを理解するために学ばれていたのですね。

母もよく机に向かって調べものをしたり、ノートに書き込んだり
していました。そんな懐かしい姿をナカリママさんのお母さまの
お話に重ねて思い出していました。ありがとうございます。

「MIA」Bad Bunny ft. Drake、いいですね♡私もラテン音楽
に惹かれています。スペイン語とあのリズムを聴いていると
気持ちが軽くなるような気がします。あの音楽には太陽のパワー
も籠っているような…。

今日はお疲れだと思います。みなさんでごろごろごろ、まったりして
元気を充電してくださいね。
これから気圧がどーんと下がるそうです。みなさん体調を崩さない
ようになさってくださいね。(私はすでに影響を受けています…)
2019-07-05 金 14:41:24 | URL | mikoto [編集]
こんばんは
松山城、偶然でしたね。なんか超自然的な介在が
あったような・・・、お母上からのご褒美かも知れない。
いつも来てくれる上に、思い出の品を手にして思いを
巡らせてくれるママさんに対して。
王道が美しいってもうそれ自体美しい言葉ですね。
まあ、たまには王道も外ずさなきゃいけないんですけどね。(笑)
2019-07-05 金 17:17:01 | URL | エリアンダー [編集]
mikotoさんへ
こんばんは。
ナカリの体調をお気遣いいただき、ありがとうございます。
前日までヒヤヒヤしましたが、無事に日帰りで行ってこれました。

私が生まれる前の母の日記を紹介した記事を覚えていてくださったことも、
とてもありがたく、嬉しく思いました。
実はまだまだ整理できていない母の日記や覚書がたくさんあって、
ゆっくり目を通すことが出来ないまま、実家に置いたままになっています。
mikotoさんのお母さまのお姿に重ねていただき、
私の方こそ、ゆっくり時間をとって母のノートに向き合いたい・・・と、
背中を押していただいたような気持ちです。

MIA は、帰りの飛行機のWIFI番組「ビルボードヒットチャート」で知りました。
書いていただいたように、何か太陽のパワーを感じるリズムで、
元気をチャージ、という気持ちで、繰り返し再生して聴き、
帰宅してからYouTubeを検索して、動画からもエネルギーチャージ、でした。
(若者だけでなく、年配の方たちも登場していましたよね!)
一緒に聴いていただけて嬉しいです(^^♪

梅雨入りしてから、息子もナカリも頭痛に悩まされるようになりました。
きっと、気圧が関係している気がします。
mikotoさんもお大事になさってくださいね。
除湿や冷房を適宜使いながら、なるべく快適な状態を維持して、
来たる猛暑に備えておきましょう・・・
コメントありがとうございました^^
2019-07-06 土 00:20:08 | URL | ナカリママ [編集]
エリアンダーさんへ
こんばんは。
曇り空のもと、バスの中から、たまたまうまくお城が見えたので、
思わずスマホで1枚だけ撮ったもので、
そのあとバスを降りて食事に入ったお店で見つけた昔の写真も、
よくよく眺めないでとりあえずスマホで撮って帰り、
実家に着いてから並べて見て初めて、これ、って同じ構図?
と、とても驚きました。
母からのご褒美、メッセージ・・・そうですね!そうだったのかも。

実家の片づけは、ほんとに亀の歩みですが、
帰る度に、いろんな発見があり、感謝です。

一人帰省なので、道中よく本が読めて、
(少し前には、馬場亜紀さんご紹介の本も読みました)
読み終えた後も、しばらく余韻に浸る時間を持つことが出来ます。
>・・・それ自体美しい言葉ですね。
そうなんです!「美しい」という言葉そのものに、心動かされました。
エリアンダーさんが紹介してくださるジョークや動画も、
「美しい」と感じるものが多いです、かつ、思わず笑顔になっちゃうものも!
意図的に「外す」、というチカラの抜き方も必要だな~と、
王道まっしぐらの息子にも、ちょっとアドバイスしたくなってしまいました(笑)
すてきなコメントをありがとうございました^^

2019-07-06 土 00:34:02 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する