■プロフィール

ナカリ母

Author:ナカリ母
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

視線をあわせるのは苦手だけれど・・・
娘が「顔を見る」ことができる数少ない相手が、私や祖母です。
祖父とは、元気な時にはなかなか視線を合わせることができませんでした。
それが、今回、弱った父を見舞ったときには、しっかり顔を見てあげることができました。

4月の記事 「謎のこだわり行動」 に祖父と孫の写真を載せた際、
それぞれのご家庭の「おじいちゃん」の姿に重ねてくださった方達がいて、
孫に対する祖父の想い、は共通なんだなと感じましたが、
孫から祖父に対する想いもまた、あったかいものだなあと、今、感じています。

亡くなる10日ほど前、前回の帰省の際の2人の様子です。

祖父との対面 CCI20150603_0000


孫を見てにっこり「いい顔」の父です。

祖父の笑顔 CCI20150603_0000

最期に息を引き取る瞬間を看取ったのも、母と娘と牧師さんの3人だけでした。
ちょうど病室を離れていた私が戻った時には、父の目がまだ開いたままだったので、
(母が閉じようとしてもなかなかできなかったそうです)
「閉じてあげて」との叔母の言葉に私が目を閉じさせてもらいました。

いろいろなことを娘や私に残してくれた父に感謝とともに、
母が父の分も少しでも長く孫たちを見守ってやれるよう、時間をください、と改めて祈ります。

「謎のこだわり行動」から16年を経た後の2人の姿と父の「いい顔」をぜひ見ていただきたく、
無事アップできたので、切り替えて仕事に行ってきます~!






思い出 | 10:57:22 | コメント(6)
コメント
お父さま、ナカリママさんをひと目見たかったんじゃないかなぁ^^

帰ってくるまで、待ってたのかもですね(*^^)v

ちなみにうちの母は、夜中にひとりで旅立ちましたよ(苦笑)たぶん泣かれるのが嫌だったのかも(笑)
2015-06-03 水 19:30:16 | URL | 真知子 [編集]
真知子さんへ
お母さま、おひとりで逝かれたんですね。

私も直前まで近くにいたのに、
「その時」「その場」に立ち会えなかったのを悔いましたが、
私が居ない時に旅立ったのも、
目を閉じないで待っていてくれたのも、
父の思いやりだったのかも・・・と思いました。

ありがとうございます(^-^)

2015-06-04 木 00:04:52 | URL | ナカリママ [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015-06-04 木 01:52:25 | | [編集]
鍵コメントさま
お別れしたくなかったんだな・・・というお言葉がじいんと胸に沁みました。

その瞬間、そばで見送る形だけがお別れではないと思いながらも、
その場に居たことを想像したら、やっぱりきっとかなり動揺しただろうと思います。

父も、父なりの気持ちを伝えた逝き方だったんだろうなあ・・・

ありがとうございました。
2015-06-04 木 02:42:08 | URL | ナカリママ [編集]
病床にありながら・・・
お父さま 本当に良い笑顔をされていますね。
ナカリさん、ママさんに会うことができて
「良かった」と思っていらっしゃるのでしょうね。

この笑顔を胸に抱いて、歩んでいただきたいなと思いました。
2015-06-04 木 06:40:08 | URL | 花梨 [編集]
花梨さんへ
あたたかいコメントありがとうございます。

昨夜も「おじいちゃ~ん」と、笑顔を思い出して頼りにしてしまいました。
かっとなりそうになった時に自分を押しとどめるためにも、
この笑顔をいつも胸に抱いておこうと思います。

2015-06-04 木 09:29:42 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad