FC2ブログ
 
■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

九州大続報と「健康で文化的な最低限度の生活」
こんばんは。
見に来てくださって嬉しいです。ありがとうございます。

引っ張って申し訳ないですが、九州大の件で、新しい記事を読みました。

九大箱崎キャンパス放火・自殺事件~「貧困」という切り口から見えてくるもの

この記事で、「貧困」という視点からの分析がされていること、
生活保護という選択肢が機能しなかったことの意味、について、考えさせられました。

さらに、「人生の夢」という視点からのこの記事にも、考えさせられました。

九大「オーバードクター」の死にみる「夢のソフトランディング」の重要性

夢を追いかけること、と、現実に生きて行くこと、のすり合わせ、は、
ナカリにとっても、息子にとっても、大切な課題だなと思います。
とにもかくにも日々の生活の糧を得て、「健康で文化的な最低限度の生活」を維持しながら、
可能ならば、夢を少しでも現実に近づけて、後悔の少ない人生を送れますように・・・

そこで、ナカリが体調を崩す前に一緒に読んだマンガ
「健康で文化的な最低限度の生活」について記しておきます。

健康で文化的な最低限度の生活 index

ナカリは、自閉っ子の特性そのままに、目に見えない側面の理解に困難があるのですが、
このマンガを一緒に読んだことで、
人には、表で見えない「生活上の困難」という問題があるかもしれない、
という視点を学ぶことができました。

過去の傷がフラッシュバックするたびに「他の人には苦労がない!」「自分ばかり!」
という思考に陥ってしまうナカリですが、
このマンガのおかげで、「ちょっと待って!即断しないで」がストッパーとして働くようになりました。

日々の生活でいっぱいいっぱいな感じになる時には、
外からの情報、を上手く使って、視点を変えること、が大事だな、と思います。

子どもから学ぶことに加えて、世の中から学ぶこと、も、まだまだあり過ぎて、
自分の視野だけに閉じこもらないように、と、思ったので、
慌ただしくて申し訳ないのですが、取り急ぎ更新してみました。

いろいろな人の「夢」ということで、
ミュージカル「コーラスライン」から、One


なかなかゆっくり訪問できていなくて残念ですが、
いろいろな視点を与えてくださる皆さんへの感謝も込めて・・・

今日もありがとうございました。

猫バンバン img_download-logo

ヘルプマーク2 image





読んだ本・文章、見た映画・ドラマ、聴いた音楽 | 19:26:10 | トラックバック(0) | コメント(8)
コメント
こんばんは
コメントありがとうございます。
外からの情報、を上手く使って、視点を変えること・・・・。
ナカリさんのそばにいつもいて最高の理解者のママさんには
医師が及ばない視点もお持ちですね。
コーラスライン、懐かしい!
ラストのいつまでもいつまでも足を上げ続けているシーンは
目に焼き付いています。
役名も名前も覚えてないですが、真ん中の緑のコスチュームの
人のファンでした。
https://cinemore.jp/images/1972924b529c7cef24ed4f668b8239d72e55a1387a8e8064560f3f0cfb294080.jpg
2018-09-18 火 21:41:54 | URL | エリアンダー [編集]
エリアンダーさんへ
こんにちは。
身に余るコメントをいただいて、
とてもありがたく、元気づけられました。
ナカリは今日も朝から、
小学6年の時の記憶がフラッシュバックして苦しみましたが、
あれこれ話したのち、気分転換に散歩に出たおかげで
少し持ち直しました。
自然との触れ合いは必須ですね。
以前は選択肢に入らなかった、生き物を飼う、ということも
少し視野に入れることが出来るようになってきました。
いろいろ模索してみます。

コーラスラインは、長い間見ていないので、
私もまた観直したくなりました。
懐かしいです。
今は
ダコタ・ファニングが自閉症の主人公を演じている映画が
気になっていますが、劇場には行けないので、
DVD化を待ちます。
世界は広い、未来はまた長い、と、ナカリに伝えたいです。
こちらこそ、コメントありがとうございました。

2018-09-19 水 12:59:53 | URL | ナカリママ [編集]
こんにちわ!
「健康で文化的な最低限度の生活」
これ確かドラマでもやってましたね。昨日最終回でした。
最終回だけしか観てなかったのですが、役所と生活保護についてがこのドラマのテーマみたいですね。

生活が困窮しているのって、確かにその外からみてわからないことありますね。
なんか何の不自由もない生活ぶりなのに、なぜ生活保護を受けてるのか。
でも内面にはいろいろ問題あって、働けなかったりすることがあるわけで。

まさに視点を変えて物事を見る目が必要なんでしょうね。
難しいもんです。
2018-09-19 水 17:24:46 | URL | CLIMB_AGAIN [編集]
CLIMB_AGAINさんへ
こんばんは。
ドラマにもなっていたようですね。
昨日が最終回だったんですか。知りませんでした。
原作のマンガを、ナカリと一緒に読んだのですが、
外から見て分からない、それぞれの家庭の事情、というものを、
ナカリが考える材料になり、
「他の人の苦労が分からない!」という気持ちになった時に
思い出せる場面がいくつか頭に残って助かりました。
自分目線からだけでは分からないこともある、と納得することで、
煮詰まった気持ちが少しは軽くなる部分があって、
こういう外からの刺激は大事にしたいなと思いました。
コメントいただいて嬉しかったです。
ありがとうございました。
2018-09-19 水 19:40:45 | URL | ナカリママ [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-09-19 水 20:55:04 | | [編集]
鍵コメントさんへ
こんにちは。
そう!500ページの夢の束、それです。
アイアムサムで、ルーシーを演じた子役のダコタが、
今度は自閉症の主人公を演じるんだと思うと、
とても感慨深いです。
映画にはワンちゃんも出てくるのですね。
ドッグセラピーというのもあるくらい、
犬は人間の長い友人ですものね…。
以前、ホースセラピーに関心があって、
親子で無料体験に行った時の、
動物と接する心地良さと緊張感を思い出しました。
今、検討しているのはウサギです。
まずは小動物から、かつ、
ナカリの文通友達がウサギを飼っていて、共通の話題になりそう、
ということから、少しずつ情報集めをしています。
いろいろ調べながら、
イメージトレーニングだけで既にかなり緊張していますが、
実現に向けて気持ちを応援してやりたいです。
参考になる記事をご紹介いただいて、力づけられました。
いつもありがとうございます😊


2018-09-20 木 14:49:11 | URL | ナカリママ [編集]
こんばんは♪
「健康で文化的な最低限度の生活」のドラマを
観ていましたよ~。
脚本的にあれっと思うこともありましたが
今の時代に必要なドラマだったと思います(*´▽`*)
漫画は読んだことがないので
気になっています☆
2018-09-20 木 19:55:40 | URL | ふたごパンダ [編集]
ふたごパンダさんへ
こんばんは。
私は、逆に、原作の方だけ読んで、ドラマは見ていないんです。
原作も6巻までで、最新刊は読めていませんが、
ナカリと一緒にゆっくり読むことができる内容で、
いろいろな社会問題、人間関係、制度のことなどなど、
考える材料がたくさんありました。おススメです~~(^-^)
実は私もワンピースをずっと読んでいるクチなのですが、
こういう硬派のマンガも好きです。
(昔、馬場亜紀さんが紹介されておられた「家栽の人」とか「なにわ金融道」とか・・・)
日常でなかなか自分の目線から知り得ないことに接することができるので、
ナカリへの配慮もしながら、外の世界からの刺激も大事にしたいです。
コメントありがとうございました!
2018-09-20 木 21:06:44 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad