FC2ブログ
 
■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

否定文は苦手 & 九州大火災
おはようございます。
来てくださってありがとうございます。

昨日、ナカリとの会話で、なるほど、と気づいたこと。
自閉っ子に話しかける時は、否定文より肯定文の方がいい、
ということは意識していましたが、
ナカリ本人から「否定文は苦手」と聞いた内容が、
私が思っていたのと少し違ったので、備忘録に。

ナカリ「言わない、と、言うはずない、と、言うわけない、って同じ?
    なんか同じと思えない

母 「ああ、そうだねえ。微妙に違うかもだけど、だいたい一緒と思っていいかな。
  言わない、は、単に言わない。
  言うはずない、は、言う可能性がない、だから、絶対言わないって感じ。
  言うわけない、は、言う理由がない、だから、理屈で考えてあり得ないって感じ」
ナカリ「・・・。否定文は苦手」
母 「そうねえ、否定文より肯定文の方が聞きやすいよね」
ナカリ「・・・。好きじゃない、とかも苦手」
母 「?」
ナカリ「好きじゃない、っていうと、好き、って方が強く残る。
    言うはずない、は、言う、の方が強く残る
母「あっ!そうか!先に耳に入った言葉が強く残っちゃうのね」

なので、
否定の形にも気をつけながら、
なるべく否定文オンリーで返さないで、
別の肯定的な言い方を加えて考えるように意識することにしました。

< 誰も嫌なことは言いません、嬉しいことを言います、安心しましょう >

貼り紙しておかないと。

まだまだ学ぶべきことがたくさんあります。
こちらの思い込みで満足しないで、
ナカリの気持ちにしっかり耳を傾けていかなくちゃ。


あと、息子が、
九州大箱崎キャンパスで起きた火災についての記事を取り上げていました。
九州大火災 201809160008_000_m
卒業生の46歳男性が火災で亡くなった福岡市東区の九州大学箱崎キャンパス=7日午前

「男性と長年交流のあった元九大教授の木佐茂男弁護士は,男性の心中をこう推し量る.『彼は純粋に研究する場が欲しかったはず.労働と研究の両立が困難で,思いあまったのかもしれない.(学舎と)一緒に灰になってもいいと思っていたのではないか』」

九大箱崎キャンパス火災 元院生の男性 放火し自殺か 身元判明、福岡東署|【西日本新聞】


2018/09/16付 西日本新聞朝刊の記事(↑クリック)を読んで胸が詰まりました。
放火という形をとった社会的な責任は問われなければならないけれど、
亡くなった元院生さんの冥福を祈らないではいられません。

来年も大学院に残って、博士論文に取り組む息子の心中を思いながら、

>「院生はみな厳しい現実を共有していた。私が彼だったかもしれない」。男性をよく知る研究者は声を落とす。

という一文に、
ナカリのことも気になるけれど、どこかで彼の話も聞きたい、と思っています。
いつまでたっても、子どものことが気がかりでならない母です。

今日もがんばろう。
ありがとうございました。

猫バンバン img_download-logo

ヘルプマーク2 image



子どもの日常 | 10:09:15 | トラックバック(0) | コメント(16)
コメント
否定
こんにちわ。

否定形からはいると健常者でも拒否しやすいですよね。
やっぱり肯定形から入っていくのが安心かもしれないですね。
ナカリちゃんも…

ナカリママがかなりいっぱいいっぱいになっていないか心配です。
頓服を服用しつつという事で…ご自愛ください。

ポチ☆
2018-09-17 月 11:58:09 | URL | kaion [編集]
こんにちは
肯定を否定で切り抜ける方法も。
どこだったかの教授が「わが校の生徒の半分はバカである」と
いって大騒ぎになり、教授が訂正文を出して騒ぎが収まりました。
「わが校の生徒の半分はバカでない」
人生相談の新聞記事もあったし、火災の件や院生の件、
心配が絶えないですね。私も子供に心配させられた口です、
誰もが通った道です、お覚悟を。(笑)
コメントありがとうございます。
コメントいただいた人のなかには正解がいませんでした、よかった。(笑)
首咥えは移動の際、子猫が動かないように眠らせる、メカがあるらしいです。
2018-09-17 月 14:52:49 | URL | エリアンダー [編集]
心の痛みも体の痛みも辛いですね
ちょっとお久しぶりです。
無事に手術も済み、ブログも少しずつ再開したいと思っています。
(まだ背中の方に切らないといけない腫瘍もあるんですけどね)
入院中も、ナカリママさんのこと、ナカリさんのこといつも想っていました^^
ベッドの上で、ナカリさんのイラストも思い浮かべて癒されていましたよ~。
辛い時はもちろん、楽しいときも心の中にナカリさんのキャラたちが笑顔を届けてくれるのですv
ありがとうございます^^

いろいろな気苦労がありますよね。
いい母でありたいと、構えてしまう…でも私は、神様じゃなくって、
女神様でもなくって、ただの、ふつうの人間なんだから。
こんなんで、まぁ、いいか、と
大きな荷物をおろしたような気持ちでした。
これからは、もうちょっと、なんでも、肯定して、 「これでよろしい」と、言いながら、生きたいなぁ。

イギリスのお店では、照明が苦手なお子さん、BGMが苦手なお子さん、知らない雰囲気
そのものが駄目なお子さん、そういったお子さんを持つ親御さんに少しでも買い物しやすい環境をということで
開店1時間前からゆっくりと気兼ねなくお買い物していただける時間を提供しているそうですね。
杖だけで歩けるようになるまでは、そういうお店があると有難いです。
それでは、また^^
2018-09-17 月 15:57:21 | URL | なつみ [編集]
こんにちわ!
否定文は、幾種類も表現がありますね。
「言う」に関しては
「言わない」
「言うべきじゃない」
「言うはずない」
「言うわけない」

同じような意味のようで、ニュアンスが違ったりします。

ただそういう否定文をひっくるめて、ナカリさんは、あまり好きではないということなんですね。

言葉って、話しをしたりすると、肯定、否定織り交ぜて会話することがほとんどなので、
肯定だけで会話するのって、ちょっと難しいかもしれません。

それでもナカリさんの気持ちを意識して、話すことがすごいと思います。
どうしても何の気なしに、否定文を言ってしまうことがありますからね。
2018-09-17 月 17:37:36 | URL | CLIMB_AGAIN [編集]
kaionさんへ
こんばんは。
否定でなく肯定で、
というのは、例えば、子どもへの声かけで
走らないで!じゃなく、ゆっくり歩いて
のような形を心がける、
というような内容と理解していました。
今回ナカリの話を聞いて、
内容面だけでなく、表現の難しさ、を感じたので、
そこを意識して会話しないと、
と、改めて身が引き締まっています。
たしかに、おっしゃるとおり、
気持ち的にいっぱいいっぱいに近づいてる感じもあるので、
頓服だけでなく、私自身の環境調整も必要と思いました。
自分ではあまり自分自身をいたわっていなかったので、
お気遣いいただいて感謝です。
気をつけます。
コメントありがとうございました。
2018-09-18 火 00:16:36 | URL | ナカリママ [編集]
エリアンダーさんへ
こんばんは。
否定と肯定は、ある意味、コインの表裏というか、
同じ水の量を、まだある、と見るか、もうない、と見るか、
のような側面もありますね。
ナカリは否定方向に引っ張られやすい、
ネガティヴ思考に陥りやすい、ので、
配慮が必要なんだなあと痛感しています。
子どもへの心配が尽きないのは、誰もが通る道なんですよね。
自分も親に心配をかけたかな、と振り返ると、
順送りなので覚悟しないといけない気がします。
なるべく建設的にポジティブに、と意識していますが、
一緒に否定方向に引っ張らる危険性もあるので、
気をつけないと、と、改めて思いました。
気分転換させていただける記事に、
いつも感謝しています。
ありがとうございます。
2018-09-18 火 00:25:21 | URL | ナカリママ [編集]
なつみさんへ
こんばんは。
入院、手術、と、ご自身が大変な中、
私たち親子を想っていただいていたことに、
心から感謝します。
まだこの先にも手術を控えておられる状態で
どんなに落ち着かない日々をお過ごしかと…
そんな、なつみさんからのお言葉に、
私もいろいろ考えさせられています。
今の自分をありのまま肯定する気持ち、って
大事ですね。
とても励まされました。
イギリスのお店の話にも希望を感じます。
スミソニアン博物館でも、開館前に同様の取り組みをしている
という記事を、過去に紹介したことがあり、思い出しました。
今、公開中の自閉症の少女が主人公の映画でも、
東京と大阪で、感覚過敏に優しい上映が行われるそうです。
そんな風に少しずつでも、
バリアフリーの取り組みが広がっていきますように。
どうかお大事になさってくださいね。
パラレルキャラたちに癒されたというお話に、
ナカリがとても喜んでいます。
重ねてありがとうございました。
ではまた!


2018-09-18 火 00:46:26 | URL | ナカリママ [編集]
CRIMB_AGAINさんへ
こんばんは。
日常会話では、どうしても否定文が出てしまいますよね。
この間、ナカリと話す時は、
かなり慎重に言葉を選ぶように意識していますが、
何度も失敗してハラハラしながらです…
また、過去の出来事へのこだわりが出てくるたびに、
自分の心も一緒に傷ついていますが、
以前のような苛立ちは感じないので、
なんとかがんばれています。
それでもやっぱり、時にくじけそうになるので、
肯定的なコメントにとても励まされました。
いつもありがとうございます。
引き続きがんばります。
2018-09-18 火 00:58:13 | URL | ナカリママ [編集]
おはようございます
言葉って、難しいですね。
ちょっと語尾が変わるだけで全く別の意味になってしまったり、そこに発言した人の気持ちも乗っかってくるから千差万別。
「先に耳に入った言葉が強く残る」のですか。
好き・・・です。
好き・・・じゃない。
好き・・・かもしれない。
好き・・・になりたい。
日本語って、最後まで聞かないと言いたいことが分かりにくいのかしら。
なぜこんな文法なのでしょうねえ。
これではナカリさんも、お話するときに相手の意図を読みにくいですよね。

同じことを伝えるにも表現方法はいろいろあると思いますが、身についた癖はなかなか修正できません。
発言してから「しまった」と気が付くのですが、時すでに遅し・・・
きっとその繰り返しの中で、徐々に慣れていくのでしょうね。
意識しながら会話をすることは非常に疲れると思いますが、どうかナカリさんとの会話を楽しんでくださいね。
2018-09-18 火 06:12:55 | URL | かな [編集]
かなさんへ
こんにちは。
日本語、たしかにその通りですね!
最後まで聞かないと、否定か肯定か、分からないので、
最初の印象に引きずられると、え?あれ?という感じで混乱してしまいそうです。
言われるまで私も気づかなかったのですが、
ありえない心配をしてしまうくらいに不安の固まりなので、
前後の脈絡から、とか、相手との信頼関係から類推して、とかが出来ないんだ、
と、改めて分かりました。
なるべく不安を増幅させないように気をつけていきたいです。
>発言してから「しまった」と気が付く
これ、私もたくさんあります・・・失敗しながら、何度も訂正、修正をして、
ナカリに安心してもらえるようにがんばりますね。
気を遣うことも多いですが、楽しく会話できる時もあるので、
笑顔でお話しできるように、こちらの心のゆとりを大事にしていきます。
コメントありがとうございました。
2018-09-18 火 16:29:18 | URL | ナカリママ [編集]
こんなの見つけました。
こんばんは。


https://www.amazon.co.jp/ホークアイ-【のびパス-ヘルプマーク】光に反射するパスケース-オリジナル商品-ヘルプカード付属/dp/B079SFN1PW/ref=sr_1_173?s=home&ie=UTF8&qid=1537361243&sr=1-173

ご存知か分からないので、見つけたのでお知らせです。

防災グッズを見てました。
まだきちんと防災バッグを用意してないので、市販のリュックより自分に合った物を用意した方が良いよな…って。

そしたらヘルプマークがありました。
反射するみたいです。
ケースになってるみたいです。

ブログの内容と関係ない内容ですが、失礼しますm(._.)m
2018-09-19 水 21:56:57 | URL | ぽかぽか [編集]
ぽかぽかさんへ
こんにちは。
ご紹介いただいたヘルプマーク、見たことがある気がします。
ヘルプマークは無料配布なので転売は禁止されていますが、
JIS規格に合う形で製作されたものは販売OKみたいですね。
これは光ったり伸びたりの工夫がされているんですね。
アマゾンで扱っているとは知りませんでした。
教えてくださってありがとうございます😊
これだけ自然災害が続くと、防災グッズの備えを、
と、我が家でも点検中です。
ご自身に合った防災バックが見つかるといいですね。
季節が一気に進んだ感じの秋雨です。
体調など崩されませんように。
コメントありがとうございました( ^ω^ )
2018-09-20 木 15:28:52 | URL | ナカリママ [編集]
あっ、ちょっと文が変でした。

普通のリュックを買って、自分に合った中身を考え個別で用意して…防災バックを準備しようと考えてます。

少し前までは余裕がなかったけれど、北海道地震の後に一時的にパニックになって、でも落ち着いた時には前より気持ち的に対応出来るようになったみたいです。

大阪の地震の時は、その時もパニックになって、日常生活に集中するのを優先してニュースなどの地震の話は見ませんでした。

さらに、2年ぐらい前は、地震があっても避難しないで家にとどまる(命つきてもよい)…て思っていて、主人とも地震の話題でギクシャクなる事ありました。

今はとりあえず、生きてる限りはいざという時は避難する気満々です。
実際は、1人だと動けなくなる可能性ありますけど(脳みその活動が麻痺気味になりそう)、焦らず出来ることを少しずつやります。
物質とメンタルの準備です。


私は、普段はヘルプマークは必要ないですが、非常時は身につけようかなと考えています。
まだ用意してないですが。

ナカリママさんのブログでヘルプマークを知りましたが、その後は他の方のブログでもちらほら見かけますね。
2018-09-21 金 20:55:36 | URL | ぽかぽか [編集]
ぽかぽかさんへ
こんにちは。
あ!私の方が勘違いでした。すみません~!
市販のものではなくて、ご自分仕様の詰め合わせを考えておられるんですね。
一般的なニーズ以外に、非常時に自分に必要なもの、
というのがあるでしょうから、なるほどと思いました。
私も、ナカリのヘルプカードを非常時用として用意していますが、
大切な「モノ」、についても考えておかないと、と感じました。

この間のナカリの不調のきっかけは大阪北部地震だったようなので、
その後もいろんな自然災害が続いていますが、やっぱり「地震」が一番怖いです。
ナカリも刺激になるニュースや映像からは距離を置いています。
不安を増幅させないように気をつけることも大事ですね。

ヘルプマークは、他の方たちも常時掲載していてくださったり、
毎回の記事に貼ってくださったりで、私も目にすることが増えて、
心強いなあと思っていました。
マタニティマークのように「知っている人が増えること」で、
広く社会に浸透していけばいいなあと期待しています。
コメントありがとうございました(^-^)
2018-09-22 土 11:09:57 | URL | ナカリママ [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-09-22 土 15:59:21 | | [編集]
鍵コメントさんへ
こんにちは。
とても参考になる記事をご紹介ありがとうございました!
なんだか目からウロコです。
携帯用トイレ、という発想は無かったです。
防災士、という資格があるんですね。
重いリュックでなく、いつも身近に置いておけるポーチ、
なるほどなと思いました。
わがやでは、市から配布されたリュックを
外の物置に入れ、水や缶パンなどの非常食を台所で保管、
というだけで、持ち出せる形の用意が出来ていません。
ナカリの薬や貴重品など、
いざという時に迷わず手に出来る準備が大切ですね。

ヘルプマークは、今朝の朝日新聞、声、の欄に
マークのイラストと共に投書が載っていました。
少しずつ普及してきていて心強いです。

またいろいろ教えてくださいね。
コメントありがとうございました。
2018-09-22 土 16:32:46 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad