■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

メルトダウン
実家に戻って十日、ついに娘がキレてしまいました。
我慢を重ねて、内心の思いをぶちまける機会がなかったから、いったん口に出すと、はたから見たら自己中の暴言としか思えない表現の連続となり、聞くのも辛く、こちらの嫌な気持ちが伝わると益々ヒートアップ、露骨にぶつかり合うと双方消耗して、頓服のお世話になりました。


自分以外は苦労がないと思える、みんなコピーみたい、みんな良いことばかりで自分は結婚もできない、子どもは嫌いだ、周りの人みんな死んじゃえばいい、母は周りにいいカッコして自分にだけキツイ、と、ひととおり吐き出してから、母を傷つけた自分は悪い子だと責めて落ち込む…という状態です。

昨日、あれだけ栗原さんの話をしたのに、人が羨ましくなると、自分は自分、人は人、という考え方がぶっ飛んでしまいます。

難しいです。

相田みつおさんの、

だれにだってあるんだよ
ひとにはいえないくるしみが

だれにだってあるんだよ
ひとにはいえないかなしみが

ただ、だまっているだけなんだよ

いえば、ぐちになるから

…という詩を読んでやったのですが、人のくるしみやかなしみを想像する力には、やはりハンディがあると痛感して、そのことが悲しくなりました。
良い子なんだけれど、複雑です。

明日目覚めて穏やかさを取り戻せていたら良いのですが
信じる気持ちが大事ですよね
近いからぶつかるのだと思って、寄り添う気持ちを振り絞ります。


長々すみません。
だまっていられなくて、ぐちになってしまいましたm(__)m



子どもの日常 | 00:48:03 | コメント(8)
コメント
溜め込むとさ 苦しくなって破裂しちゃうんだよね
でもね たまにはそうしないとさ
ほんとに爆発しちゃうよ
こころはそんなに強くできてないんだもん。。。

明日を信じて今を生きましょう^^
2015-05-31 日 01:30:30 | URL | K's [編集]
お久しぶりです
娘さん よく頑張りましたね。
そして、とっても素直なお嬢さんだと思いますよ。
自分が言ったことを反省して、ママさんのことを思う優しい心も持ち合わせてるし・・・
頭ではわかっていてもつい言葉に出してしまうことって
誰にでもあることなんじゃないかなぁって思います。私もそうですよ。
冷静ならきっと言わないだろうと思うことでも カーッとなれば口から出てしまうことがあります。
自己嫌悪に陥ってしまうことも・・・
でも反省して次のステップへ進むことが大事なのだと思うのです。

ママさん、愚痴でもなんでも ここで吐き出してくださいね。
少しでも気持ちが軽くなれば幸いです。

ツバメ 朝早くからさえずっています^^

2015-05-31 日 07:12:53 | URL | 花梨 [編集]
K'sさんへ
確かに溜め込むとしんどいです…で、一番出しやすい関係の中で吐き出してしまうんですよね。
気持ちを聞いていただくだけで随分楽になりました。

嵐のあとは、穏やかな時間が戻ってきました。
ご心配おかけしてすみません。ありがとうございました。
2015-05-31 日 17:23:40 | URL | ナカリママ [編集]
花梨さんへ
ぐちを受け止めてくださって、ありがとうございましたm(__)m

親子は距離が近いだけに、ぶつかり方も激しくて、お互い傷ついてから再び和解…の連続です。
でもそうやってケンカできること自体に感謝しないといけませんね。
冷静になれたら、気持ちの切り替えも出来るんですが…この年になっても、まだまだです。

投げ出さず、関わり続けてこその葛藤だと思ってがんばります。
これからも溜め込まずに出していきたいと思うので、よろしくお願いします。
2015-05-31 日 17:39:29 | URL | ナカリママ [編集]
キレてぶちまけちゃうのって、お嬢さんだけではなく、私もやった事があるし、大勢の人がやったことあると思います(^-^)

私は、『怒り』のその奥には、悲しみや苦しさや自分ではもてあましてしまうほどのしんどい思いそして不安などが源としてあって、その源を見られたくなくて、『怒り』の衣をまとってしまうのだと思っていて、

『怒り』はものすごいエネルギーですから、ママさんもそれを直接ぶつけられたら、しんどいですよね。

ナカリさんが『ひととおり吐き出してから、母を傷つけた自分は悪い子だと落ち込んで』いらっしゃるのですから、状況は充分理解しているけど、どうにもうまく発散させるのがたぶん難しかったのですね。

ナカリさんなら『絵』を描いて発散させるというのはどうかしら?誰かに何かを怒っている時、なにか言いたい時、まず絵を描いて、そこで一旦吐き出してもらい、それから話をするっていうのは、むずかしいかしらん^^?

ネガティブな絵でもいいと思うんです。そのままの思いを絵にぶつけることで、少しその感情から離れてみる事ができるような気もするんですけれど・・・

お二人とも消耗してしまうのが一番しんどいですね。

喧嘩のようになっちゃっても、ちょっと落ち着いて和解したら、『愛してる』って充分伝えて、それが伝わっていれば、けっこうどんなことがあっても大丈夫なのではと思います。

穏やかな時間が戻ってきてよかったです(*^^)v

ママさんが消耗しすぎて倒れないようにそれだけ気をつけて下さいね。
2015-05-31 日 18:45:02 | URL | 真知子 [編集]
真知子さんへ
コメントありがとうございました。

振り替えると、娘は父の葬儀のあとに、泣いているキャラクターの絵をたくさん描いていました。
ご助言いただいた通り、言葉で表現する以上に絵で思いを伝える方が本人にとっても適切な方法だと思うので、また今度ぶつかりそうになったら、絵でのやり取りを心がけてみますね。

娘自身もて余すほどの大きなエネルギーなので、上手くガス抜きさせながら、私も煮詰まらないようにしながら、お互い傷を癒しあえる関係を目指します。

いろいろとお気遣いいただいて本当に感謝です。
疲れがたまると相手を思いやる余裕が失われるので、少し心身を休ませないと、とも思いました。

真知子さんも、どうぞご自愛くださいね。
2015-05-31 日 21:10:13 | URL | ナカリママ [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015-05-31 日 22:38:32 | | [編集]
鍵コメントさま
はじめまして、コメントありがとうございます。
同じ思いで涙するお母さんの存在に救われたり励まされたりするのは私もです。こちらこそ感謝です。

我が家も昨年の今頃は、娘も私もかなり緊迫した状況で、6月中頃に救急入院するまで毎日が緊張と疲労の連続でした。

中学頃から体格も上回って、パニックの時には取っ組み合いながら「誰か助けて!!」という思いで親子泣き叫ぶ場面を何度も経験しましたが、とりわけ昨年は、メンタルの病気を発症しているのか、二次障害がきつくなっているのか、の見極めが難しく、苦しい日々でした。
無事退院して徐々に落ち着きを取り戻し、今年こうやって親子で父を穏やかに看取ることが出来て夢のようです。

鍵コメントさんのお宅でも穏やかな毎日を過ごされますよう、どうかご無事でありますよう、お祈りしています。
ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

2015-06-01 月 23:19:51 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad