FC2ブログ
 
■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

落合恵子さんの介護体験小説 「泣きかたをわすれていた」
こんばんは。
見に来てくださってありがとうございます。

今日(日付変わってしまった・・・)も、昼間はものすごく暑かったですが、
仕事帰りに電車を降りたら、少しだけ夜風を気持ちよく感じて、
ああこんな夕べは何カ月ぶり?と、さすが「立秋」だと実感しました。
ご飯の後、ナカリとベランダに出て天体観測したら、
火星土星木星金星のそろいぶみ!
加えて、遠くに飛行機が着陸態勢で降りてくる様子も見ることが出来て、
「わ~~、夜景だね」「涼しいね」と、しばしの涼を楽しみました。
ここからなら、淀川の花火も見ることが出来たかも。

その淀川花火と同じ日に、愛媛の母の実家近くであった花火大会。
2年前には叔父が母の車いすを押して一緒に観に行った、と聞いていた、
愛媛の花火大会の写真が、叔父からナカリのスマホに送られてきました。

「今夜はおばあちゃんと見た花火大会です。
天国に届いているかな。写真送ります。
お母さんの風邪は?よろしく!またね」

2018年8月花火

そうだった、
2年前の夏、母は長期入院していた病院の看護師さんと折り合いが悪くなり、
無理やり退院して自分の実家(現在は叔父=実弟が住む家)に転がり込んで、
叔父の介護のもと、2カ月弱だったけれど、「家での生活」を堪能したんだった。

叔父は老々介護をほんとうに良く引き受けてくれて、
自宅の改装(手すり設置や段差解消)から、クリクラ(浄水器)のレンタルまで、
母主体の生活を組み立ててくれ、
その間、外食も含めて、母は好きなものを存分に食べさせてもらえたし、
昼間は、ベットに横になりながら懐かしい洋画のDVDを何本も続けて見ていた、と。
夏の花火を見に行けたのも、叔父のおかげ。
我慢ばかりだった母の、最期の楽しい思い出になったのだろうなあ・・・

秋に具合が悪くなって緊急入院してから、家での生活はやはり無理、と、
老人ホームにお願いする形になり、そのままホームで年を越し、
年明けから急速に認知症が進んで、
2月に緊急入院したあとは会話もままならないまま、月末に旅立って行った。

私がナカリを連れて、最期を看取ることが出来たことと、
母が亡くなる前日に日帰り帰省した息子(孫)と会うことが出来、
その息子のピアノ録音を聴きながら息を引き取ったことが、せめてもの慰め。

そんな風に、花火の写真に触発されて、次々と母の想い出が蘇り、
たまらなくなって、落合恵子さんの5月の新聞記事を引っ張り出してきました。
落合恵子 新聞記事 IMG_1947

落合さん21年ぶりの小説 「泣きかたをわすれていた」
新聞記事を読み返して、どうしても読みたくなって、電子図書で購入。
夜中かけて一気読みしました。

言葉って、どうしてこんなに人の心を揺り動かすのだろうか。
本当に私と落合さんは何の関係もないのだけれど、
私も落合さんと同じく、子ども時代から母が亡くなるまで、
「自分が先に死んではならない!」という強い気持ちに縛られていたんだった。
母の命も一緒に背負っているような気持ちで、密着して生きてきた母子関係だったのだなあ。
その母を失って、自分自身の行く先も少しずつ見えてきて、
久しぶりに、私も、「泣きかた」を思い出しました。

私は、落合さんのように、十分な介護が出来なかった。
母がどんな風にお姑さんの介護を取り仕切ったかは、少し前の記事に書いたけれど、
本当に何年にもわたって義母の介護をやり切った母なのに、
その母自身の介護を、
一人っ子の私は、
遠距離だったこと、と、ナカリが居ること=ダブル介護、を理由に
ほんとうに不十分な形でしかやりきれなかった。
ごめんなさい、おかあさん。
(母自身も、自分の実の母に介護が必要な時期は、
孫=私の息子、の出産を控えて、そちらのケアに尽くしてくれたので、
本当はもっと母の最期に寄り添いたかった、と、後から聞きました。
我が子と親の間に挟まれて、子どもをとらざるを得なかった気持ちが母と重なります)

落合さんのように、母一人子一人の強いつながりのもと、
在宅介護で7年もやり切った経験を読むと、
むしろ私は羨ましくて、「おかあさん」という言葉が出てくるたびに
涙がこみあげてくるのを堪えるのに必死でした。

そして私がやったことと言ったら、ナカリの名を呼んで抱きしめること。

いつか、私自身が介護の必要な状態になった時に、
ナカリや息子に「迷惑をかけたくない」という気持ちが一番。
でも、可能なら、人生の最期、
落合さんのお母さんのように、愛する娘に介護されながら、自宅で旅立てたなら・・・

電子図書の便利さは、この1年程で何度も実感しているのですが、
紙の本が大好きな私は、今日、我慢しきれずに出勤途中、本屋に駆け込んで
落合さんのエッセイを買ってしまいました。
落合恵子 文庫本 IMG_1948

「介護する側」「介護される側」の関係性を問い続けた落合さん。

私の父も母も病院で最期を迎え、安全のための「拘束」も経験し、
自分では寝返りも打てない状態で、日に何度も「体位」を変えてもらい、
紙おむつをして、会話もできず、口からの食事もとれず、
人としての尊厳のギリギリのところで、
それでも周りの介護者に支えられ、
命が尽きる時の姿をしっかりと私に見せてくれた・・・。
私は我が子にどんな姿を見せられるだろうか?

私より少し遅れて
今まさにダブル介護に苦労している友人たちの話を聞きながら、
また
早期退職して遠距離介護にいそしんでいる友人の話を聞きながら、
過去を振り返り、
この先を考える・・・

ブログを書いていて良かったなあ。
ほんとに偶然だけれど、
父を看取り、母を看取ったこの3年間余りが、
こうやって形に残っている。
読んでくださっている方たちにも、心から感謝です。

ヒロシマとナガサキの間のこの期間。
母の話でも、瀬戸内をはさんだ愛媛まで灰が降ったという・・・。
この酷暑の中で、あの日の被爆者の方たちの苦痛をどこまで受けとめられるだろうか?

落合恵子さんの存在と重なる、
森山良子さん(母と同じ名前)の「さとうきび畑」を聴きながらオキナワの人たちを想います。



もうすぐ、仏教でいう「お盆」。
キリスト教徒だった母が、毎年、迎え火と送り火を焚いていたことを思い出しつつ、
このお盆にちょっとだけでも一人帰省が出来たらな、叔父に会えたらなと、
そのためにも早くこの咳を治めないと、と思いながらの記事・・・で、
すっかり長くなりました。
読んでくださってありがとうございました。

猫バンバン img_download-logo

ヘルプマーク2 image





読んだ本・文章、見た映画・ドラマ、聴いた音楽 | 01:14:37 | トラックバック(0) | コメント(14)
コメント
こんばんは
ナカリママさん、こんばんは。

お久しぶりです。
記事を拝見し、あまり以前とお変わりなく過ごされている感じ。
安心いたしました。

今回の記事は、生と死がお題のような気がします。
人間誰もが死ぬのですが、その死に方も大切ですよね。
私もそうですが、後悔しながら死を迎えたいとは思いません。
あぁ~、いろいろあったけどまずまずの人生だったな!
そう思いながら逝きたいですね。

人生はいろいろです。
なかなか苦しいことが多いのが現実ですが、
苦しいまま生きていきたくはないと思っています。
小さな楽しみ、小さな幸せ。そういうものを感じながら
良い人生を進みたいものと思っています。

まだまだ暑い日が続くと思いますが、ナカリさんとともに
良い毎日をお過ごしください。
2018-08-08 水 04:09:35 | URL | うめぞー [編集]
涙は自然に出るものです
感情は自然と込み上げてくるものです

自然のままに流してくださいね
そして自分自身を包み込むのです^^
2018-08-08 水 04:13:52 | URL | ♪デコ♪ [編集]
おはようございます
お母様と過ごされた日々、そしてお別れ・・・
ドラマを見るような気持ちで読ませていただきました。
人は世代を通じてこれを繰り返していくのですね。
年老いた両親とは離れて暮らしているので、どのように介護に向き合っていけばいいのか。
さらに私は看取ってくれる夫も子どももいないので、その辺のことも考えておかなくてはいけないなあ。
難しい問題です(-_-;)

思い出は切ないけど、心を温かくしてくれますね。
そんな思い出を増やしていければと思います。
2018-08-08 水 06:19:45 | URL | かな [編集]
こんばんは
親の介護をし、今度は自分が娘や息子に介護を受ける、
これが日本の現状です。
欧米では親が子供たちとは住まないし、ホームに入ったり
尊厳死を選んだりします。
そのため寝たきりの人を目にすることが少ないとか。
映画などでも子供たちがホームに定期的に親に会いに行くという
シーンをよく見ます。
誰かが書いていました。
「理想の老後は、自分の家で最後まで生活し、食事が摂れなく
なったら(自然の断食)そのまま衰弱して亡くなることだ。
私は誇り高いライオン。仲間の世話にならずエサが摂れなくなれば
そのまま朽ち果てたい」
「アトウキビ畑」ザワワ~ザワワ~ 懐かしい曲です。
2018-08-08 水 17:28:24 | URL | エリアンダー [編集]
こんばんは♪
私の母が祖母の介護をしていましたが
私自身は手伝う程度でがっつりしたわけではないです。
いつか父と母を介護したいとは思うけど
この身体で思うようにできるかなって不安があります。
父は私たちに迷惑をかけたくないから
老人ホームにぶち込めって言うんですけど(笑)。
今まだお互いが元気で動けるうちに
いろいろお手伝いをして親孝行しなきゃなって
思っています。
母とは近すぎて口うるさく言っちゃう自分もいて
反省しています(笑)。
2018-08-08 水 21:04:37 | URL | ふたごパンダ [編集]
うめぞーさんへ
こんばんは。
お久しぶりです。
多少の上がり下がりはありつつも、なんとか穏やかな日常を送れています。
お気遣いありがとうございます。
ほんとうに、自分の「死に方」について考える年齢になってきました。
親二人の逝き方を見て、
後に遺される側に気持ちよく見送ってもらいたい、
と思っています。
自分に判断力がある間に、できれば言葉を交わして綺麗に逝きたいなーと。
でも、先のことはどうなるか分かりませんから、
とにかく、一日一日を、いい日だったと思いながら締めくくって次に進む、
そんな気持ちが大事なのでしょうね。
ナカリとの良い毎日を祈ってくださってありがとうございます。
うめぞーさんにも、小さな楽しみ、幸せ、がたくさんありますように。
2018-08-08 水 21:31:18 | URL | ナカリママ [編集]
♪デコ♪さんへ
こんばんは。
そうですね、自然のままに、
無理に抑えこまないで感情を解放してやりたいなと思います。
泣きたいときに泣けるありがたさを感じました。
>自分自身を包み込む
う~ん、あったかい言葉ですね、これもデコさんマジック。
ありがとうございました(^-^)
2018-08-08 水 21:35:01 | URL | ナカリママ [編集]
かなさんへ
こんばんは。
記事を丁寧に読んで、寄り添ってくださってありがとうございます。
ほんとに、どの人にもその人その人、人生のドラマがありますよね。
かなさんのドラマのほんの少しを聞かせていただくだけでも、
みんなそれぞれ自分の課題をで乗り越えていくんだなあ、と、
私もドキドキしてきました。
あまり先のことを考えすぎても苦しくなるだけなので、
いまここ、にできるだけ集中していかないと、とも思います。

>思い出は切ないけど、心を温かくしてくれますね
ほんとにそうですね、大切なことに気づかせていただけた思いです。
花火の写真から、一気にいろんな思い出があふれてしまいましたが、
思い出に癒されるところも多々あるので、これから先の未来でも、
そんな風に、思い出せる時間、を、大事に積み重ねていきたいと思いました。
ありがとうございました。
2018-08-08 水 21:57:51 | URL | ナカリママ [編集]
エリアンダーさんへ
こんばんは。
日本の介護の状況も、過去を思うと、ずいぶん変わってきたのでしょうね。
それでもやっぱり、親きょうだいが第一の担い手という現状は変わらないし、
この先、介護保険制度が破綻しないかも心配です。
「ホーム」の充実や、介護職の待遇改善など、
課題は多いでしょうが、取り組みが進んで行けば、
介護の現場ももっと変わっていくのでしょうか。

映画やドラマを見ていると、
欧米の親子関係って、日本とは違うところが多いなあ、と感じます。
高齢者の介護もそうだけれど、幼い子どもの育て方なんかも、
日本よりずっとドライな(悪い意味ではなく)気もして・・・。
いろいろな形、可能性、を視野に入れて考えると、
気持ちの煮詰まり具合も変わりますね。
ご指摘ありがとうございました!
「誇り高いライオン」を目指すというお話にも、共感しました。
野生動物って、自分の死期を悟ると身を隠してしまうと聞きます(ゾウの墓場とか)。
可能なら、「自然死(老衰)」の形が一番だなあ・・・

「さとうきび畑」は、やっぱり森山さんの声が好きです♪
一緒に聴いてくださってありがとうございました。
2018-08-08 水 22:21:54 | URL | ナカリママ [編集]
ふたごパンダさんへ
こんばんは。
ご自身のお話を聞かせてくださってありがとうございます。
先のことを考えたら、いろいろ不安や心配が出てきますよね。
親として子どもたちに迷惑をかけたくない、っていうお父さんのお気持ちが、
おどけた言い方の中に愛が詰まった想いとして伝わってきて、
ちょっとジーンときています。
ふたごさんたちが、明るく前向きに日々暮らしておられる姿が、
何よりの親孝行ですね!
お母さんと近すぎて口うるさく言っちゃう、というのも分かります(^-^)

かなさんのコメントから、
良い思い出をいっぱい作る、という気持ちで過ごそう、と考えさせられました。
ふたごさんたちも、いっぱい思い出を作って、楽しく過ごしてくださいね。
私も前向きにがんばります~!
ありがとうございました。
2018-08-08 水 22:33:54 | URL | ナカリママ [編集]
こんにちは
ご両親の介護・・・いろんな壁にぶつかりながら
ママさんなりに一生懸命向き合ってこられたように思います。

「死に様は生き様」という言葉が心の中にあるんですけど
その人が歩んできた人生がその人の最期って言ったらいいのかな
数々の別れを経験して当てはまることがあるなと感じています。

介護する側から される側へ立場が変わってきますが
これからの人生も 愉しみながら 自分に問いながら
元気で生きて行きたいですね。
2018-08-09 木 12:24:28 | URL | 花梨 [編集]
花梨さんへ
こんにちは。
このブログスタートの頃から見守っていただいた花梨さんに、
優しい言葉をかけていただいて、改めてつながりに感謝です。

「死に様は生き様」・・・って、深い言葉ですね。
父も母も、最期の入院から逝ってしまうまでの間が、本当に短かったので
「あとはよろしく~がんばれよ」と言って旅立って行ってしまったような・・・
私は一人っ子だからか、ぽつんと残された寂しさが強かったのですが、
こうやって世代が交代していくんだな、次は自分の番だな、と、
残りの人生、精一杯生きないと、という気持ちに移行してきました。
おっしゃるとおり、
「愉しみながら 自分に問いながら 元気で生きて行きたい」
です、一緒にがんばりましょう(^-^)
ありがとうございました。
2018-08-09 木 13:02:44 | URL | ナカリママ [編集]
天体観測と終末
こんにちわ。

天体観測、楽しそうに出来て良かったですね。
親子で楽しさを共有出来るって大切ですよね。
今更ながら、もっと子供と楽しさを共有出来ていれば
と後悔してばかりです。

終末ですか…
悩みどころですね。
自宅で最期を終えたいと思うけど介護を強いられて
しまう家族に引け目を感じてしまいます。
今はきっと答えは出ないかなぁ。

ポチ☆
2018-08-09 木 14:45:01 | URL | kaion [編集]
kaionさんへ
こんにちは。
今日は台風の影響か、大阪でもパラパラ雨?
湿度がすごく高くて扇風機だけだと少し辛い感じです。
陽が落ちた後、ベランダからの天体観測の頃には涼しくなっていたらいいなあ。
終末の迎え方は、準備していてもその通りになるか分かりませんよね。
介護される側になった時にどうするか、
今から考えすぎても答えは出ないので、
一日一日悔いなく過ごしていくしかないですね。
いつも応援&コメントありがとうございます(^-^)
2018-08-09 木 15:21:34 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad