FC2ブログ
 
■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

火星大接近!に興奮
こんばんは。
見つけて、心にとめて、来てくださってありがとうございます。

薬が切れるので、朝一番で、ナカリと二人、内科に行ってきました。
診察前、受け付け開始後すぐくらいに入ったのに、すでに3人待ち。
診察を受けて薬をいただいて帰宅したら、家を出てから1時間15分くらい経っていました。
それでも、今日は二人とも熱もないし元気だったので大丈夫。
歩いて行き来して1時間なら、「待った」うちに入らないでしょうね(^-^)

ナカリが0歳の時から見てもらっている近所のお医者さんなので、
「一番古いお付き合いだよねー」と話しながら、
先生も年をとられたけど、患者さんの年齢もかなり高くなったねー、と、
車いすや杖の患者さんたちが多かったことに改めて驚き、
歳月の流れに感慨深い気持ちになりました。
(前回までの診察時は、私もナカリも熱で、
待合じゃなく、奥で寝かせてもらってたので、
待合室でゆっくり他の患者さんを見たのは久しぶり)

それにしても、「まちのお医者さん」の存在はありがたいです。
ナカリも私も、この先もできる限り長くお世話になりたいから、
先生、いつまでも元気で病院続けてください・・・と、
心で願いながら帰宅しました。

そしてそのあと
ナカリは一人留守番、私は仕事に出かけました。

仕事に出てしまうと、あれこれしているうちにあっという間に時間が過ぎます。
何日も間が空いて溜まりまくった作業に追われ、ぐったりした帰り道。
茜色の空と青空の境目あたりに、むくむくと白い入道雲が!
見ている間に、どんどん形が変わるのが面白くて、
自転車を停めて、思わずスマホでパチリ。
ヒヨコ雲 IMG_1910
アヒル?ひよこ?
雲っていろんな風に見えるから、楽しいなあ。

空を見ていたら、ラジオで聞いた火星大接近の話が思い出され、
今晩は忘れずに夜空を見なくっちゃ!と、ワクワクしながら帰宅。
8時ごろ、ナカリを誘ってベランダに出て火星をさがしてみました。

南東の空に赤い星が輝いているのがすぐに分かり、
「うわー明るーい、赤い~~!」と、二人してちょっと興奮状態。
肉眼で赤くはっきり見えても、写真に撮るのは難しかったので諦めて、
そうだそうだと、屋根裏から天体望遠鏡を引っ張り出すことに・・・
昔、息子と月のクレーターを見て興奮したのを思い出しつつ、
暗い中でなんとか設置はしたものの、
月と比べると対象が小さすぎて上手くとらえられず、
諦めて、双眼鏡での観察に。
(望遠鏡なら模様まで捉えられるかも、
とのことなので、後日リベンジできたらな。)

実は学生時代、少しだけ天文同好会に所属していた私です。
当時、天体観測のあれこれを勉強したノートが残っていました。
天体望遠鏡 IMG_1912
生まれて初めて、土星の輪を見た時の感動は今でも忘れられません。
「写真撮影」は観測に加えて大事な活動だったので、
先輩たちが撮った写真を記念にもらったものも、
スクラップブックに貼ってありました。
北アメリカ星雲、木星 IMG_1913
北アメリカ星雲(白鳥座)と木星。
木星の方は私がプリントさせてもらったとメモしてありました。
(プリントのやり方とか、すっかり忘れているけれど)

空を眺めて、星や月の話をするのは、母が大好きだったので、
今日の火星を眺めながら、
「おばあちゃんがいたら、きっと電話かかってたよね」
と、ナカリと話しました。
同じ夜空を一緒に見たい、と思う気持ちが、
離れていても何か繋がっている安心感を与えてくれたなあ。
母は入院生活が長かったので、見える空は限られた範囲だったけれど、
「今日のお月様はキレイよー、見てごらん」と、
電話がかかってくると嬉しかったのを思い出しました。
なので、夫にも息子にも電話したら、
二人とも無事に赤い火星を見ることができて、嬉しさも倍増。

帰り道にラジオで聞いた「西郷星」の話を息子に伝えると、
「偉人を空の星に例えるのは、カエサル彗星みたいやな~」と。
へえ~~、
カエサルの死後出現した彗星を、ローマの人々がカエサルに関わるものと見た、
という話は初めて知りました。
西郷さんと火星の話は、検索で、こんな動画(鹿児島市立科学館)を発見。


昔の人たちは、たくさんたくさん夜空を眺めて、
いろんなことを想像しながら星座や物語を考えたり、
実際に観測して地球の姿を明らかにしていったり、
なんか、ロマンとサイエンスが詰まってるなーと思うと、
もっとじっくり空を眺めないともったいない気もしてきました・・・。

ナカリと一緒に見た、大きな火星。
今回の大接近は15年ぶり、次回は2035年だそうです。
思い出とともに、未来も少し考えたりして。
ハフポストの記事「火星大接近のピークと見ごろは? 7月31日、地球に迫る」


いい一日でした。感謝です。
読んでくださって、ありがとうございました。

猫バンバン img_download-logo

ヘルプマーク2 image






思い出 | 01:07:11 | トラックバック(0) | コメント(14)
コメント
おはようございます
かなり体調も戻られたようで、安心しました。
私も昨夜はベランダに出て、火星をみましたよ(*^^*)
夜空には少し薄雲がかかってましたが、それにも負けない明るさでした。

天文同好会に入ってらしたのですか!
ノートに描かれた天体望遠鏡がとてもリアル。
きっと、充実した楽しい時間だったのでしょうね。
私は田舎育ちなので、よく姉と夜空を見ていました。
裏庭に床几を出して寝っ転がり、「あ、流れ星!」とか「あの星、明るいね~」とかおしゃべりしながら。
お盆には帰省するので、また夜空を見上げようと思います。

ナカリさんと観た夜空は、楽しい思い出として心に残るのでしょう。
天体ショーは、素敵なプレゼントになりましたね(*^^*)
2018-08-01 水 06:44:42 | URL | かな [編集]
火星
おはようございます。

かかりつけのお医者さんって大切ですよね。
うちはあんまりそんなお医者さんがいないのでちょっと
不安です。ナカリちゃん、ナカリママさん共に体調、大分
良くなったみたいで良かったですね。

火星が近かったんですよね。
ネットで知っていたものの結局外にも出ず見られませんでした。
赤く光っているのが判るくらいだったんですね。
天文観察って結構憧れを持っています(笑)

ポチ☆
2018-08-01 水 08:27:34 | URL | kaion [編集]
かなさんへ
こんにちは。
声はまだかすれていますが、ずいぶん元気になりました!
かなさんも昨夜は火星を見ておられたんですねv-354
天文同好会にはほんの数カ月しかいなかったんですが、
いろんな体験ができて思い出深いです。
星座をいろいろ教えてもらって、
夏に帰省した際、祖母の家の屋根に上って夜空を眺めたりしました。
かなさんのご実家でも、よく星が見えるのですね~
流れ星を見つける体験も貴重です!すてき・・・
お盆の頃には、どんな星空が見えるか、楽しみですね。
実は昨日が火星大接近だと知ったのは、帰宅途中のラジオで、
大慌てで見ることが出来た、という、にわか天文ファンです(汗)が、
風邪が回復してきたタイミングに、いいプレゼントになりました(^-^)
いつもありがとうございます。
2018-08-01 水 10:30:23 | URL | ナカリママ [編集]
kaionさんへ
こんにちは。
今のかかりつけの内科のお医者さんには、
引っ越してきてすぐから家族全員お世話になっています。
もう20年以上ということで、
他の患者さんたちも高齢化が進んでいるんだなーと実感しました。
近所の耳鼻科や産婦人科が次々と閉院していったので、
内科には可能な限りがんばってほしいなあ・・・
kaionさんも今日は通院なのですね。
良いお医者さんと出会えて良かったですよね。
お仕事の方も明日からフルタイムとのこと、
体調に気をつけて頑張ってくださいね。

火星はまだしばらくは赤く大きく見えるそうなので、大丈夫ですよー
天文・・・って、憧れがあるの、分かります(^-^)
私もちょっとだけ同好会に入って「その世界」を垣間見た程度ですが、
詳しい人はほんとに詳しくて、野外観察とかでパワフルな人が多かったです。
せっかく引っ張り出してきた望遠鏡なので、
なんとか上手く観察したいですが、どうなるかなあ。
今日も応援ありがとうございます。私もポチポチポチ!
2018-08-01 水 10:46:26 | URL | ナカリママ [編集]
こんにちは
昨晩、壮観でしたよ。
西から南へ、金星、木星、土星、火星のそろい踏み。
真っ赤な火星もいつもよりくっきり大きめに見えました。
天文部のノート、勉強ぶりがうかがえます。
星の色による分類や望遠鏡、架台、赤道義がノートに
丁寧に描かれています。
以前に近くの広場で観測していたら通報されそうに
なって、今では家の窓から木星や土星を撮影しています。
http://elleander.blog103.fc2.com/blog-entry-2555.html
今最高の125倍ズームをもってしても火星の模様は撮れないです。
私のケチ読み本は「マザリング・サンデー」です
http://abraxas.hatenablog.com/entry/2018/04/17/163642
2018-08-01 水 14:39:04 | URL | エリアンダー [編集]
火星人はいるのかしら?
いつの日か、未来の子どもたちが
火星に足を踏み入れる日が来るのでしょうか・・・なんて
考える時間もいいものですね~。

夏休み中は、いつもより午前中の病院が混んでいた記憶があります。
私もフランスに来る前は、産科、小児科、内科が同じ院内だったため
出産からずーっとお世話になっていました。
帰国しても、また診て頂けるとイイな~。

今週末はフランスも40度になるとか・・・!!
40度で冷房なしは本当に辛いです;;
外に洗濯干しを禁止したり冷房もダメなんていうパリ、
外観を気にし過ぎですよね。
窓も開けられないので、お月様も見れない(汗
2018-08-01 水 20:18:37 | URL | なつみ [編集]
町のお医者さん、その名前だけで安心しますね。
先生も看護婦(あえて士ではなく婦とさせてください)さんの姿が想像できます。

今の病院にはそんな情緒がないですよね。

まご達がどこからかウイルスをもらい、なかなか治らずに苦労した2か月をふり返って痛感します。

火星大接近、知りませんでした。
新聞をていねいに読んでいるつもりでも、見過ごしました。

余裕がない生活をしているなあと、これも反省です。

ナカリママさんは「文型リケ女」だったのですね。

精巧な天体望遠鏡のスケッチに驚きました。

都会の住宅地ではないので、いつでも夜空を見上げることができるのですが、
孫が引っ越してからは夜空も見ていませんでした。

天体望遠鏡はありません。
星の名前もはずかしながらよくわかりません。

でも、もっと見るようにします。

久しぶりに夜空を見上げる大切さを思い出しました。
ありがとうございます。
2018-08-01 水 23:47:41 | URL | mikitaka08 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-08-02 木 00:57:28 | | [編集]
エリアンダーさんへ
おはようございます。
昨夜も火星を見てみました。
西から、金星、木星、土星、火星・・・あれがそれだ、とナカリと確認しながら。
金星の明るさはまさに「明星」ですね。
惑星の動きが面白いらしいので、しばらくの間、続けて観察してみたいです。
エリアンダーさんが撮影された木星の4つの衛星、すばらしいです!
ナカリに、地球の衛星はお月様一つだけど、木星から見たら4つも見えるんだよ
と話しながら、SF世界にトリップしそうでした♪
ご紹介ありがとうございました(^-^)
ちなみに…
私の義弟も天文ファンで、自宅に天体望遠鏡を常設した観測場を作っています。
火星、見ただろうなあ~~

「マザリング・サンデー」は、なんだか不思議そうな内容ですね。
主人公が若い!ナカリくらいかなあ。
私のは、息子が紹介してくれた「ヘンリ・ライクロフトの私記」です。
こちらは私の年齢に近い主人公です・・・(笑)
http://juroujinn.la.coocan.jp/henry.htm

2018-08-02 木 09:37:56 | URL | ナカリママ [編集]
なつみさんへ
おはようございます。
火星、ってSF作品の王道ですよねー。
何かで見たんですけど、本気で人類火星移住に向けた準備中だとか。
いつか、と、未来に思いを馳せると、ちょっとワクワクします。
私は萩尾望都さんのコアなファンなんですが、
「スター・レッド」や「マージナル」なんかのSFが大好きです。
火星、というと、レッド・セイの真っ赤な髪と瞳を思い浮かべたりして。
なつみさんもSFを読まれるのでしょうか。

かかりつけの病院があると安心ですよね。
フランスの病院事情、生活情報、いろいろ教えてくださってありがとうございます。
観光で行くのと、実際に住むのとでは、ずいぶん印象も違うでしょうね。
40度で冷房無しは、どんなにお辛い事かと・・・
今年は日本に限らず世界各地で異常気象のようなので、
何とか無事に、この夏を乗り切られますように。
コメント嬉しかったです~ありがとうございました(^-^)
2018-08-02 木 09:48:12 | URL | ナカリママ [編集]
mikitaka08さんへ
こんにちは!
うかがって、いろんな音楽を聴かせていただいているんですが、
こちらからはコメントすることが出来なかったので、
mikitakaさんの方からコメントいただけたのが、とても嬉しいです~
うちの近所のお医者さんところは、
20年以上ずっと「看護婦さん」ですよー(^-^)
お医者さんだけでなく、なじみの看護婦さんがいることも、
ナカリにとっては大きな安心材料です。
お孫さんたちが小さいうちは、感染症にかかる度に大変な思いをされることかと。
うちの子どもたちも、小さい頃はほんとに祖父母の世話になりっぱなしでした。
親の助けなしに私が仕事を続けるのは無理だったと、今さらながら感謝です。
ダブル介護の頃は、新聞も十分目を通すことが出来なかったり、
自分の更年期に重なって体も心もヘロヘロでした。
今、夏風邪だ気管支炎だと言っても、
当時を思うとたいしたことないと言える気がします。
mikitakaさんも、慌ただしい毎日をお過ごしかと思いますので、
くれぐれもご自身のお体をいたわって、ご無事でいらしてくださいね。

うちの天体望遠鏡は、父が孫に、と買ってくれたものです。
ナカリは月のクレーターも見た記憶がないと言っているので、
せっかくの望遠鏡を、この夏には活躍させてやらないと、と出してきました。
星や星座の名前は私ももう曖昧になっちゃったので、
もう一度図鑑を見てみますね。
「リケ女もどき(憧れ)文系」なので、恥ずかしい限りですが、
中学の頃は図書館に通って、SF「ペリーローダンシリーズ」を次々読んでいました。
私も懐かしくいろいろなことを思い出しました、
こちらこそ、ありがとうございます。
これからも、mikitakaさんのところで、
懐かしの音楽を聴かせていただくのを楽しみにしています♪

2018-08-02 木 10:02:58 | URL | ナカリママ [編集]
鍵コメントさんへ
こんにちは!
こちらこそ、嬉しいコメント、ありがとうございます。
ほんとに
「この星に住まわせて貰っているという謙虚な気持ち」を忘れちゃいけない!
と、地球から警告を受けているような異常気象ですよね。
私は手塚治虫に憧れて大阪に出てきたくらいなので、
たくさんの手塚作品を読んでいますが、「ガラスの地球を救え」という、
教科書にも載ったエッセイを思い出していました。
鍵コメントさんの記事からも、強いメッセージを受け取ったので、
少しでも一緒に動いて行けたら、と思っています。
発信、ありがとうございます。

火星は今かなり大きいですが、
それでも周りが明るいと見つけにくいかもしれないですね。
電気を消して星空を見よう、というイベントがあったのも思い出しました。
こちらでは、夜8時ころ南東の空を見ると、低い位置で赤く光ってくれています。
まだしばらくは地球に近いみたいなので、うまく見つけられたらいいですね(^-^)
酷暑が続くので、くれぐれもお体に気をつけてお過ごしください。
2018-08-02 木 10:10:41 | URL | ナカリママ [編集]
今回もコメントとwebsiteを楽しんで頂いて本当にありがとうございます。天体観測の写真とノート凄いですね!星って壮大でなんだか嫌な事も忘れさせてくれる力がありますね。美しいし。最近とても暑いですが、体調を崩さないよう水分補給はしっかり取ってくださいね!またwebsiteに遊びに来てください!お待ちしております(^^♪
2018-08-02 木 15:00:18 | URL | srp [編集]
srpさんへ
こんばんは。
こちらこそ、見に来てくださってありがとうございます。
音楽と映像をどんどん創作されておられるsrpさんのエネルギーに
元気をもらっています。
ウェブサイトを自分で作成されるのって、すごいなあと感心します。
また遊びに行きますね♪
今年の暑さは半端ないので、srpさんもご自愛ください~
2018-08-02 木 19:23:40 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad