■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

変化を受け入れようとする涙
夜中に目が覚めて眠れないので、携帯からの記事アップに初挑戦してみます。


先週水曜に帰省して木曜に父を見送り、友引の金曜に葬儀の準備。前夜祭無しで土曜に教会で告別式を行い、一晩実家で娘と私で遺骨と共に過ごして、私だけ昨日の礼拝に参加。教会に遺骨を預けて帰宅してから、ふとしたはずみに一気に想いが溢れて昨夜は私も泣き腫らしてしまいました。

先の記事のコメントで報告したように、この間、日中、娘はほぼ私と別行動で、心臓病で入院中の母に付き添って動いてくれ、私より一足先に、おばあちゃんと孫と二人で過ごす間に泣き腫らしながらも、祖母の支えとして十二分な働きをみせて私を助けてくれました。


昨夜、私と一緒に睡眠導入剤を飲んだだけで頓服も必要なく(私の方は飲み続けてますが)、適度に気分転換ができている姿には驚かされています。


人が苦手で、初めての場所や人の前ではうつむいて祖母から離れず、遺体に会いに行った際、葬儀社の方に「お嬢さん具合悪いの?」と心配されましたが「お名前は?」と質問されたら単語でですが答えることができていたそうです。

母と娘は遺体が安置された聖えんに昼間少しだけ会いに行ったのと葬儀に参加するだけしかできませんでしたが、怖がることなく遺体の顔を撫でさすり、遺骨を持ち帰った際にも、まだあたたかい骨壺を膝に抱き、夜には中も見たい、と、お骨を一緒に確認しました。

父の死に立ち会い、目前で看取ったところから、お骨になって帰ってきたところまで、ほぼ一部始終を経験して、苦手な「変化」を必死で受け止めてくれたように思います。

初日
「おじいちゃん死んじゃったよ」
「死んじゃうと苦しいこともない?」「私も死にたい」「私も、おじいちゃんみたいな死に方したい」
「くちハアハアしてたのにしなくなった、死んじゃうとこ初めて見た」
「おじいちゃん、もう居ない?」「お父さんお母さんが居なくなると嫌だよ」
「思い出すと悲しいよ」「涙が止まらないよ」
というところから、まだ貴女はこれからいっぱい生きてね、生きてると苦しいこともあるけど、嬉しいこともあるから、とか、お父さんやお母さんはまだ大丈夫だから、とか、やりとりしながら、
昨日には
「おじいちゃん、居なくなってしまったん?」
「どこに行ったん?」
「もう居ないなんて認めたくないよ」
「もっと居てほしかったのに、もう会えないの?」
と、私の気持ちを代弁するような言葉が大粒の涙とともに次々出てきて、一緒に「悲しいね」と抱き合って泣きました。


今は遺された母の体調と気持ちが心配で、「おばあちゃんの支えになってくれてありがとう」「これからもお母さんを助けてね」と話しながら、娘と一緒に帰省できて良かったと心から感じています。


とはいえ途中、自分自身について
「言葉が出ないんだよ!」「私みたいに、しゃべれない人、他にもいるの?」「私、場面かんもくかな!?」「もっともっと普通の人みたいに、それなりにやりとりできるようになったらいいのに!」「しゃべれないねん、言葉が出ないねん!」「こんな変な子いないよ」
と、歯がゆさをぶつけたり、
大学院生の兄について他の人が話すのを聞いて、
「兄はすごいね、優秀やね」「お母さんは一人っ子だから分からないんだ」「みんな冷たい」「お母さんはイライラを全部私にぶつけるんだ!!」
とメルトダウン寸前で押しとどまったりすることも…。

こちらに余裕がなく、なかなか受け止めてあげられなくて申し訳なかったけど、この数日を何とか乗り越えられた経験は大きいです。


苦手な「変化」を実感し、一日一日が移り変わっていく、過去には戻れないから先に進むしかない、ということを、穏やかに受けとめる練習の機会になり、私にとっても大きな学びになりました。

母が落ち着くまでしばらく帰れず、仕事やあれこれ気になることもありますが、娘や亡き父の頑張りを支えに、もう少し実家で諸々の整理をします。


携帯からで、まとまらない文章を長々読んでくださってありがとうございました。
引き続き、皆さんもご無事でありますように!



子どもの日常 | 06:19:16 | トラックバック(0) | コメント(5)
コメント
こころも体もおつかれさまです
お父様の優しさがナカリちゃんを成長させてくれていますね
悲しみの中おばぁさんを気遣う またひとつ階段を昇ることできたこと
言葉にできない悔しさを感じたこと
こころが健全な証しですね

お父様を思っていっぱい泣いてください
泣けないことほど辛いことはありませんから・・・

ままもお体気をつけて乗り越えて下さい
どうかご無事にね^^
2015-05-25 月 08:59:09 | URL | K's [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015-05-25 月 20:22:07 | | [編集]
K'sさん、鍵コメントさんへ
お気遣いありがとうございます。

役所関係の手続きがあれこれあって、感慨にふける間もないという、ここ数日ですが、1週間を前にして、少しずつ気持ちは整いつつあります。
まだ半分夢の中のようでありながらも、認めるべき事実を受け入れて、一日一日前に進んでいます。

無事を祈っていただけることに感謝しています。

ヒナがそろそろ孵っているかなぁ…鳥たちも元気だといいんですが。
2015-05-27 水 19:25:43 | URL | ナカリママ [編集]
お疲れ様です。

気が紛れれば、と思いましたが
必要以上に紛らわす必要もないのかななんて。
しっかり向き合っているご様子なので大丈夫だと思いました。

人生の後輩がなんか言っても何にもならないな〜と苦笑しながら書いてます(笑

とはいえ無事にね、ということで。
2015-05-28 木 11:35:43 | URL | そうまとう [編集]
そうまとうさんへ
ありがとうございますm(__)m
気が紛れたら、というお心遣いが、とても嬉しいです。

朝に一気に更新したあと、携帯からは、なかなかログインする気力がなく、コメントの書き込みが精一杯な状況ですが、リンク先の皆さんのブログを見て回り、まさに気持ちが紛れて助けられた感じがしました。
適切な言葉が出なくて、もどかしいですが、無事です、娘に助けられてます。
また、改めて…
2015-05-29 金 01:13:49 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad