FC2ブログ
 
■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

何て答えたらいいのだろう
今日も来てくださってありがとうございます。

先の記事に関連して、ママ友から聞いた後輩たちの近況
(遠方の就労支援施設に通う帰り道に、親に干渉されない一人の時間を過ごしている、など)
をナカリに伝えたら、
彼女の心を騒がせてしまったようで、
今日、仕事中に何回かメールが届きました。

「周りの障がいの子たち、みんななんでそんなにお気楽なんだろう?
外に行って遊んだり、、なんでそんな、ノーテンキなのかな?
私は考え過ぎたり、悩みすぎたり、たくさん傷ついたりしているのに・・・」


この問いに対して、みんなそれぞれなんだよ、と、
それぞれのペースで人生進んでるから、躓く時も違うし、
今は平気なことでもいつか怖くなることだってあるかもしれない、
と答えたら、時間をおいてこんなメール。

「お母さんは、他のお母さん友達とよく会ったりおしゃべりしたり仲良しだね。
私は周りの障がいの子たちが苦手で気が合わないから好きになれない」


うううう~~~~~~~ん
めいっぱい、比べてるじゃん!
凹みました。

やっぱり、私は定型発達で、
それなりに家庭環境に苦労しながらも「自力」で生き延びてきた「強者」なのかな。
ナカリの悲鳴を受け止めるには、
自分自身の心の余裕が必要になります。
お地蔵さんになろうとしても、自分の心が悲鳴を上げてしまう。

友達を作るのって、ナカリにとったら、ほんと、難しいんだな・・・

仕事から帰宅したら、ナカリは自分で頓服を飲んで、
時間と、その時の状況をメモしていました。
「周りの障がい者が嫌い。何も苦労なさそうでイライラしてしまった。
他の人も障がい者も、なんでそんなに無神経なん?」


また少し、行き詰っています。
そんな中、ナカリが最近気に入って聴いている Nulbarich(ナルバリッチ)

>Nulbarich(ナルバリッチ)という名前には、
 Null(ゼロ、形なく限りなく無の状態)、but(しかし)、Rich(裕福、満たされている)から作られた造語であり、
 形あるものが全てではなく、
 形の無いもの(SOUL、思いやりや優しさ含めた全ての愛、思想、行動、感情)で満たされている
 「何も無いけど満たされている」という意味が込められている。
(オフィシャルビデオの解説より)






こういう音楽が大丈夫になっているだけ、
彼女のメンタルも強くなってきたと感じるんですが、
「外へ」のキーワードには過剰反応します。

この状況で、上の息子が紹介してくれた「ひきこもり名人」の言葉が思い出され、
彼女の今後は、この方向で「名人」を目指すことかなあと思ったりも・・・。

働かなくても親孝行する方法 ひきこもり名人・勝山の「生存戦略」とは?


うーん。
いいのか?ほんとに??
生真面目な友人は、年金も含めて、税金で医療費を補填してもらっていることにすら罪悪感を感じている。
ナカリはこの先、年金をもらいながら、ずっと家で絵を描いて過ごす、・・・で、いいんだろうか?

まだまだ迷いの只中にある私の心の揺れが、ナカリ本人をも揺り動かしている。
そう自覚しつつも、「頑張る」を手放すつもりが、まだまだまだまだ。


明日はアートの先生が訪問してくださいます。
先生のアトリエ周辺では、大雨の後の避難指示が継続していて、心配。
明日は様子をお聞きしてみよう・・・

なんだか自分の心が不安定で、書いて落ち着けよう、という気持ちで、アップしました。
親子といえども、性格や特性の違いで、うまくやり取りできない場合だってあるから。
私が私で友達を作ることと、ナカリの状況とは分けて考えないと。

まだまだ悩みや迷いは続きます。
聞いてくださってありがとうございました。

猫バンバン

ヘルプマーク3-承認済み-1024x724





子どもの日常 | 00:01:24 | トラックバック(0) | コメント(8)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-07-10 火 17:19:09 | | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-07-10 火 20:48:08 | | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-07-10 火 20:50:40 | | [編集]
鍵コメントさんへ
こんばんは。
悩みを聞いて、一緒に考えてくださってありがとうございます。

「他の障がいの子が嫌い(自分とは合わない)」という話は、
ナカリから夫にも話したりメールしたりしているんです。
「お父さんに相談してみる」と言って、父親とやりとりすること、が、
ナカリにとって、私以外の大事なはけぐちにもなっています。
そのおかげで、
時々、私が戦線離脱して夫に丸投げ、ということも出来るんですが
日常的に気持ちをぶつける量や表現方法としては、
圧倒的に私に対する方が多くて激しいので、
私が一番の「甘え・試し・はけぐち」対象であることは確かです。
なので、私が一緒にテンションを上げてしまわないように、
私自身の感情のコントロールをすることが不可欠で、
それが時々苦しくなってくると、こうやって書いて整理したくなるのです。
(以前ご提案いただいた独り言ブログ=下書き、をヒントに、
スマホのメモ帳機能を使って吐き出しているんですが、
今回、ブログの方に書いてオープンしてしまいました)

ナカリの友達作りに向けて、ブログをツールにする、ということは、
リアルの出会いより大きな可能性を持っている気がします。
カウンセラーさんからの助言もあって、
ナカリのブログは発信限定、私のブログが仲介役となり、
情報チェックして本人とつなぐ、というやり方にしていますが、
実際、このブログに寄せていただくコメントをナカリに伝えることで、
彼女の「対人関係」の幅が広がって、本人も喜んでいるのは確かなので、
もう少し積極的にチャレンジしてみることも有り・・・かもしれないです。

ただ、彼女が今、どんな友達関係を求めているか、と言うと、
リアル面で、思春期真っ只中の「異性」志向、かつ、
全面的に自分を受け入れてくれる関係でないと安心できない、
→ファザコン→カゲウラさんなどのイケおじキャラクターが実在したら・・・
という気持ちが強くて、
「女の子の友人」のイメージがしにくい状態です。
ハリネズミのジレンマのように、友達欲しいけど傷つくのが怖い、と、
縮こまっているような感じが、もどかしいというか痛々しいというか・・・。
難しいです。

デジ絵を始めた機会に、以前登録していたピクシブへの投稿を再開したので、
そちらの方でも、もう少し模索してみますね。
いろいろなご提案、重ねてありがとうございました。
2018-07-11 水 01:17:10 | URL | ナカリママ [編集]
鍵コメント2さんへ
こんばんは。

コメントしにくい記事だったのに、お気持ちを伝えてくださってありがとうございます。
ひとつ前の記事で、私自身の友人関係について語ってしまったあとから、
「友達欲しいけど出来ない」ナカリの気持ちを考えて、ちょっと凹んでいました。
自分を責めないで、と気遣っていただいて、
ナカリの気持ちも私の気持ちも両方受けとめていただいて、
一言一言が身に沁みて何度も読み返しました。
私も同じです、ただ頷いて聴いてほしい、誰かに分かってほしい、
そんな気持ちでブログを書いているなあ、と自分自身を振り返りました。
なので、「読んでますよ」というお言葉に癒されます。
私も、鍵コメント2さんのブログ読んでいます、
なかなかコメントできていないけれど、
私も他人事とは思えない気持ちでいます。
これからも読ませていただきますね、うちにも来てくださいね。
変なことなんて全然ないです、ありがとうございました。
2018-07-11 水 01:30:15 | URL | ナカリママ [編集]
鍵コメント3さんへ
こんばんは。

「普通」という言葉、ナカリも過敏に反応します。
「普通になりたかった」「こんな大人になるはずじゃなかった」と、
何度も泣いてきたナカリですが、
冷静に考えたら、やっぱり「普通って何?」という疑問にぶつかります。
「みんな(多数派)」と同じように出来ないといけない、
という呪縛で、自分自身を縛ってしまうと、
出来ないのはダメなこと、と自分で自分を傷つけてしまうから、
「(前提になってる)普通って何?」と問い直すことって、大事ですよね。

みんなそれぞれ違うんだから、出来ること出来ないことがあって当たり前、
多くの人にとって問題にならないことが、大きな困難になる人だっている、
それは、苦しいことだし大変なことだけど、悪いことではない・・・
どんな自分でも大丈夫、という「安心感」が大切、そして何より「笑顔」!

今日、先生と一緒に絵を描いている時、ナカリはいい笑顔を見せてくれました。
やっぱり、こういう時間が大事だなあ、ありがたいなあと思いました。
そして「言えるだけでも安心」というお言葉を読んで、
問いに答えられなくてもいいんだ、と、気持ちが楽になりました。
ご自身に重ねながらのあたたかいコメント、ありがとうございました。
2018-07-11 水 01:51:05 | URL | ナカリママ [編集]
おはようございます
昨日、事業所で一番元気印の女性が心のバランスを崩してふさぎ込んでいました。
その原因は私です。
午前中、私が企業見学に行ったこと。
ほとんど同じ時期に入所したので、まだ動き出せない自分と比較してしまったようです。
将来への不安。
彼女の気持ちが手に取るようにわかりました。
私も、不安だから。

本当に、生き方も歩くペースも人それぞれですね。
どんな歩き方が正解なのかわからなくて、不安でいっぱいです。
正解は後からついてくるのでしょうか・・・

ナカリさんも大きな不安の中にいらっしゃるのでしょうね。
寄り添うナカリママさんも、試行錯誤でお辛いことでしょう。
よりよい生き方が見つかりますように・・・
2018-07-11 水 06:18:39 | URL | かな [編集]
かなさんへ
こんにちは。
昨日そんなことがあったんですね。
なんだかとても人ごととは思えません。
ふさぎこんでしまった女性の不安も、かなさんの不安も、
どちらもすごく伝わって来て、
「それぞれのペースでそれぞれの道を行く」ことの難しさと大変さを実感しています。

今朝、いつもより早起きして、
NHKあさイチの、ヘルプマーク特集を親子で見ました。
見ているうちに、ナカリの学校時代の傷がフラッシュバックして、
次第に興奮してきてしまいましたが、
今回、メルトダウンまでは至らず、
冷静に話をすることが出来ました。
その後、思ったことを絵や文章で、思い切り表現し、今は落ち着いています。
これも試行錯誤、模索のひとつだなと思います。
過去と他人は変えられないので、未来と自分に向かうしかないですね。
がんばろうというエネルギーが、少しずつチャージされてきました。
コメントありがとうございました。
2018-07-11 水 10:57:00 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad