FC2ブログ
 
■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

一人帰省の思い出
書いてる時間が真夜中なので、こんばんは。
はじめて来てくださる方、古くから見ていてくださる方、いろいろですが、
こうしてご縁をいただいて感謝です。

昨日は、ナカリは留守番、私一人でカウンセリングに行ってきました。
1時間近く、ひたすらしゃべるのを、(多分繰り返しの話も多いのに)
ひたすら共感しながら聞いてくださったカウンセラーさん。
結論的に、
今回の大きな地震にもかかわらずナカリがとりあえず落ち着いているのは、
支援者である私が、ナカリのメルトダウンに同調して崩れないでいられたことが大きい、
またそれは、先月私一人のカウンセリングで吐き出しが出来ていたからだろう、
ということをカウンセラーさんと私とで確認し合いました。

そして、カウンセラーさんも、ヘルプマークをご存じなかったのでご紹介。
カウンセラーさんは私の情報収集力をほめてくださり、
ナカリを物理的心理的に支える力になっていると評価してくださり、
今回も改めて労ってもらって帰りました。


私自身が「支援者」として安定していることが、
ナカリを支える一番「手っ取り早い」支えになる
ようで、
私のメンタルヘルス管理、が大事だなと再認識中です。


そこで、今日は地震の直前までの一人帰省の思い出記事です。


今年も父の居ない父の日でしたが、
両親が一番お世話になった母の弟(叔父)と二人で、ホテルバイキング。
リンク先のデコさんと繋がるきっかけになった萬翠荘を見下ろす窓辺の席で、
スペイン料理を含むランチをゆっくり味わいました。
叔父の娘さん(私の従妹)は若い時に病死してしまっているので、彼女の代わりに父親孝行。
2018年6月萬翠荘 IMG_1775
緑の中の洋館を見ながらの美味しい料理に、叔父も満足してくれました。

帰宅して、亡くなる直前に父か飾った雛人形を、叔父と一緒に片づけて、
3年間ずっと雛祭りだった実家が、やっとすっきり。
叔父の知人で古民家を人形や置物の展示場所にしている方に
引き取ってもらう手はずを進めました。

叔父が帰った後も、一人で片づけ。
両親の古い写真は布張りの「フォトアルバム」に貼ってあり、
これを処分するのは気が引けて、
見直しただけでまた元通り棚にしまいました。
2018年6月古いアルバム IMG_1780

若い頃の両親の写真を見ていたら、
母は私と違ってお洒落だったなあと改めて思い、
もっと早くきちんとした遺影を選んでおいてあげられなかった後悔で、少し胸がキュン。
まあ、でも許してね。
自宅に飾ってある写真は、母とナカリの笑顔のツーショットだから(^-^)

夜になると、猛烈にラーメンが食べたくなり、一人でお店へ・・・。
ついでにビールも頼んでしまいました。
2018年6月ラーメン IMG_1781
前の日は吉野家だったんですが、この日はとんこつラーメン。
う~~ん、こんなの何年振り?、と思いながら、
アツアツのラーメンをご馳走になりました。

そして、お湯の出ない実家で体を拭いて、
久しぶりにテレビで海外ドラマを見てバタンキュー。
翌朝にあんな大地震が大阪で起こるなんて思ってもみなかった夜でした。

地震の後はかなりのストレスが続いたけれど、
こういう「一人の時間」があったおかげで
なんとかやり過ごすことができたのかもなあ。

息子が言っていたように、「第三の場所」って大事だな。
彼にもそういう場所が出来ますように。

カウンセリングに行く途中にラジオで聴いたロビー・ウィリアムスの「Feel」
2003年にヨーロッパのラジオで最も流れた曲だそうです。

2003年、って、もう15年前の話。うーん、それだけで感慨深い。

今週もあと少し。・・・頑張りましょう!
今日もありがとうございました。

猫バンバン

ヘルプマーク17 o0487069514202949111


未分類 | 01:32:54 | トラックバック(0) | コメント(13)
コメント
おはようございます
布張りのアルバム、懐かしいですね~
私の子供の頃のアルバムもこんなのでした。
大人になって写真を撮らなくなりましたが、今は皆さん、どうやって保管しているのでしょう??

カウンセリングに行かれたのですね。
「支援者が安定していることが、当事者を支えることになる」というの、すごくよくわかります。
特に信頼している支援者の心に敏感に反応してしまうので・・・
私も大好きな福祉士さんが辛い状態にある時、それを感じ取って泣き出してしまったことがあります。
とはいっても、支援者も人間。
悲しかったり辛かったりへこんだりしますよね。
カウンセリングのような第三の場所があるって素敵ですv
頑張りすぎないように、息抜きしながらナカリさんとの時間を楽しんでください(*^^*)
2018-06-28 木 06:11:47 | URL | かな [編集]
カウンセリング
おはようございます。

カウンセリング行かれたんですね。
話をするって大切ですよね。
ためずに思ったことを話す、不安なことや確認したいことや…
病院が変わる前はカウンセリングをしていたのですが今は
していません。そろそろしたいかなぁって気持ちも…

一人の時間って大切ですよね。
2018-06-28 木 09:05:10 | URL | kaion [編集]
読み進めてみるとォ
んデコ??あっあそこだ^^

ローアングルでよこから写した(#^.^#)
わ~ぁい

上から見下ろせる場所でお食事ですか^^
すてきっ

昔のアルバムって味がありますよねっ
想い出と共に昔を思い出し^^

カウンセリングで全て吐きだせましたか??
ママさんのフォローでナカリちゃんもあんしん^^

また息抜き出来ますようにっ
2018-06-28 木 12:16:35 | URL | デコ [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-06-28 木 13:13:25 | | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-06-28 木 13:22:40 | | [編集]
大変な思いをされてらしたのですね。
支援者が安定していないと・・・って凄くわかります。
私は色んな方に「強い」とか思われていますが
支えてくれる人がいてくれるからなんですね。

今回の記事、母の遺品整理の時を思い出しました。
2018-06-28 木 15:24:38 | URL | ROUGE [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-06-28 木 16:37:44 | | [編集]
かなさんへ
おはようございます。
昨日はばたばたでお返事遅くなってすみません。
布張りのアルバム、手に取るとすごく重厚です。
昔は写真、ってそういう「記念品」「貴重品」だったんですよね。
両親が存命のうちに一緒に見て話を聞いてあげたらよかったな、と、
今になって懐かしさがこみあげます。

かなさんがおっしゃるように、自分が大好きな人を辛い気持ちにさせている、
と思うのは、よりつらい事だろうと、
ほんとに年を重ねてからやっと、思いやることが出来るようになってきました。
若い頃は、ナカリの目の前で、相談者さんにナカリの困ったことを聞いてもらったり、
ずいぶん申し訳ないことをしてしまったと反省しています。
第3の場所で聞いてもらうときには「一人で」を意識しないと。
自分がつぶれないようにしながら、かつ、相手に負担を与えないように気配りして、
親子で穏やかに過ごすコツを身につけていきたいです。
いつもコメントありがとうございます(^-^)
2018-06-29 金 08:54:32 | URL | ナカリママ [編集]
kaionさんへ
おはようございます。
お返事遅くなってごめんなさい!
ほんと、話をしてスッキリする、という実体験がなかったら、
カウンセリングの良さ、は分からなかったろうと思います。
なので、息子にもまたそういう場が出来たらいいなあと思っているところです。
(小中の不登校時代には教育センターの相談員さんたちがいたし、
大学にはこちらから特性を伝えて支援室の方がサポートしてくれてたんですが、
今は全くの自力生活。そろそろ家族以外にも「話を聞いてほしい」んじゃないかなあ)
kaionさんのコメントを読みながら、しみじみしてしまいました。
上手くカウンセリングが再開できたらいいですね。
一人の時間も大事にしながら、無事に過ごしていきましょうね。
コメントありがとうございました(^-^)
2018-06-29 金 09:01:11 | URL | ナカリママ [編集]
デコさんへ
おはようございます。
そうです、そうです、デコさんの、ローアングルの写真には驚きました。
普段目にしない形で、見慣れたはずの洋館がへんし~~んという感じでした。
とても新鮮だったので、あの記事の写真は忘れられません。
「父の日」ランチは、お向かいの高いビルの上のレストランだったんですよ。
上から見たのも初めてでした。
食べながらデコさんを思い出してましたよ♪
一人帰省は、ちょっと寂しい気持ちもあるけれど
(今回みたいに地震があったりしたら慌てたりもするけど)、
そういう時間も必要だなあと、感じました。カウンセリングも、そうです。
意識して、息抜きしますね。デコさんもご無理のないように!
コメントありがとうございました(^-^)
2018-06-29 金 09:06:02 | URL | ナカリママ [編集]
鍵コメント1,2さんへ
おはようございます。
鍵のつもりが公開になってしまった!んじゃなくて、逆で良かったです。
メルトしなくても、どんよりは出来る、なるほど!
心の中で他の場所に行ってしまう、という形で、「気分転換」できますね。
自分自身が追い詰められて「鬼の形相」になっちゃうと、いい結果につながらないので、
心を落ち着けられるものになるべくたくさん触れるようにして、過ごしたいです。
今回のヘルプマーク、確かに、ぼや~っとしてますね。
文字の解析度を上手く調整できなかったみたいで、画像処理はまだまだです(汗)
ポスターも探していただいて、嬉しかったです。
ご紹介いただいた絵には私もじーんときました。
いろんな方の想いの詰まった裏面が、ネット上でいろいろ読めて、
親の集まりでも感心していたんですよ。
今日、これから集まりに行くので、また紹介してきます。
連続コメントありがとうございました(^-^)
2018-06-29 金 09:13:14 | URL | ナカリママ [編集]
ROUGEさんへ
おはようございます。
ROUGE さんのご体験を考えたら、自分では大変なんて言い難いですが、
比べるものでもないし、それぞれに共感できることはあるので、
そんな風に言っていただけるなんて、とても嬉しく励まされました。
支えてくれる人が居ることで強くなれるのは、支援する側だってそうですよね、
私もいっぱい支えてもらっています。
一人ではくじけそうになっても、繋がっている人たちから元気をもらえる、
そのことを実感します。
ROUGE さんのところでも、それを強く感じることが出来て、ご縁に感謝です。
お母さまの遺品整理を思い出されたのですね。
私もまだまだ整理しきれなくて時間がかかりそうですが、
少しずつ両親の思い出の品を片づけていきます。
コメントありがとうございました(^-^)
2018-06-29 金 09:20:09 | URL | ナカリママ [編集]
鍵コメント3さんへ
おはようございます。
もう~~、鍵コメントさんの一言一言が胸に沁みてウルウルな私です。
ご自身が大変な中、来てくださって、思いを伝えてくださって感謝でした。
鍵コメントさんも、少しでもストレスが軽減されますように。
前の記事のナカリのデジ絵は、
テキストを見ながら、基本のポーズを描きました。
レイヤーを使うと、まず先に骨格を描いて、その上から服を着せる、
・・・なんていうことが出来るんだと初認識!
手足の位置やバランスも、そうしたら不自然さが減るみたいと分かって、
とっても納得でした。
鍵コメさんからの言葉をナカリにも伝えたら、ニコニコいい笑顔でした!
これからも続けてチャレンジしたい意欲につながりました、
ありがとうございました(^-^)
2018-06-29 金 09:27:27 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad