FC2ブログ
 
■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

息子から見たナカリ
こんばんは。
見つけて、心にとめて、来てくださってありがとうございます。

今日は良い天気になりましたが、明日からまた下り坂?
貴重な晴れの日でも、ナカリと家であれこれして過ごしました。
今月、私だけまた無人の実家に戻って
「家仕舞い」に向けた大掃除と片づけが控えているので、
この間、自宅でも、モノの片づけ→処分、にいそしんでいます。
今日は、息子が幼稚園の頃の水彩絵具なんかを捨ててスッキリ。
リコーダーや習字の道具は・・・まだ使うかなあ。
ピアニカは?う~ん、微妙(笑)

その片付けの中で、息子が描いた絵や、文章が出てきて、
「ナカリちゃんはいいなあ~、みんなに優しくしてもらえて」
という言葉に、記憶が鮮やかに蘇りました。

ナカリは、支援学級の中で、
より重度の子どもさんや、目に見える障がいの友達の方が大事にされている、と、
辛い思いをしたことを何度も書いていますが、
息子は知的な遅れが無い発達障がいだったので、小学校時代は全くノーマーク、
親の私自身も、不登校になって初めて「親に心配かけない良く出来た子」
として視界から消えていた息子のことが全面展開になったという状態だったくらいで・・・
彼が、「支援学級にいる妹」のことをどんな風に見ていたのか、
思い出すと胸が締めつけられます。

5年生からほぼ完全不登校になって、中学時代は命の心配をし続けた息子。
今も昔も、彼から学ぶこともたくさんあります。
ナカリと私のバトルを見る度に胸痛めていた彼が、
逆にそのおかげで「家を出たい」という気持ちから一気に一人暮らしに移行して、
今や私よりも家事能力が高いように思われるくらいに独り立ちしました。

うんと幼い頃、「お母さん、良かったやん、ナカリちゃんみたいな珍しい子産んで(^-^)」
とか、
「こっちが言ってることはナカリちゃん分ってるみたいなのに、みんなはナカリちゃんの言ってることを分かってあげられない」
とか、
ドキッとすることを何度も言っていた息子も、もう20代折り返しました。

このところ、よく聞いているNHKラジオで、あるパーソナリティーさんが
「僕もある時期、学校行ってなくて、ラジオばっかり聞いてたんですよ。
で、
「みんな今頃、学校で勉強してるんだなあ~、でも俺は今ラジオ聞いてる、なんか大人だよなー」
みたいな気持ちになった、という話をされて、
「今、ラジオを聞いてる方の中にもいろんな人が居ると思いますが、大丈夫です!」
と言ってくれて、息子も不登校の間、ラジオ(やテレビ)と嫌というほど付き合ってたなー、
と、思い出しました。

彼がほんとにしんどかった時期、何度も夫婦で教育委員会との話し合いに出かけ、
(当然、夜なので)ナカリを友達の家で預かってもらって、息子は一人家で留守番、
という日が続きました。
そんな話をナカリにしていたら、
息子が幼い頃に描いたぬいぐるみ(いつも連れ歩いていた彼の心の友。
今もボロボロになったそのぬいぐるみを残してあります)の絵を見ながら、
ナカリがぽろぽろと涙を流して泣き始めてしまったので、こちらが驚かされました。

私は一人っ子なので、きょうだいの気持ちが分からないのですが、
なんか、いいなあと。親がいつか先に居なくなってもきょうだいが居るじゃん!と。

まあ、当事者からしたら、そんな簡単な話じゃないでしょうが、
いろいろと胸打たれた一日でした。


前の記事に貼ったシーアの力強い歌が耳虫になっているので、
連続ですが、彼女のベストメドレーをピアノで。


息子にとっては、中学の時に出会ったピアノも心の友です。
まったくの独学でしたが、市の適応指導教室に通っていた時に、
施設のホールでの活動の際に置いてあったグランドピアノに触れたのが最初の原体験。
発達障がいの凸凹の突出した部分が、息子の場合は、語学と数学と音楽、だったので、
一人で楽典を読みこなし、作曲をはじめ、いろんな楽譜を手に入れては、
独り暮らしの今も、近くの貸しスタジオでピアノを弾く、という状況に至っています。

音楽は心の支え。
出会えて、ほんとに良かったね。


「支援学級の子だから」「重度の障がいがあるから」
とかいう「理由」を必要としないで、目の前の子どもに心から寄り添おうとする大人の存在が、
「誰も助けてくれない」と意識している子どもにとって、どんなに支えになるか。
同じく胸痛んだ東京の5歳の女の子の事件についてハフポストが詳しく記事にしているので、
貼っておきます。
一般のニュースで流れてこない内容まで深く取材した記事だと思いました。
今後の検証をしっかりしてほしいと願うばかりです。

「パパ、ママいらん」でも「帰りたい」 亡くなった5歳児が、児相で語っていたこと

最後悲しい記事ですみません。
ヘルプマークは、障がいの有無というだけでなく、
この事件の母親のように、どこにも相談にいけない追い詰められたママにも届いてほしい。
そんな気持ちでいます。
読んでくださってありがとうございました。


追記
最後の事件についての記事があふれていますが、
アエラの記事に、子育て中に追い詰められる親に対する言及があったので、
それも貼っておきます。

結愛ちゃん虐待死「ひどい親」と批判しても事件は減らない 「評価」に追い詰められる親たち


猫バンバン

今日は、ヘルプマーク普及ネットワークさんが紹介してくださった大阪トライ君です。
花園ラグビー場で活躍中のゆるキャラ?です。
ヘルプマーク14 images





思い出 | 22:03:32 | トラックバック(0) | コメント(16)
コメント
こんばんは
タイトルに「許して・・」というあの子供の文が
どこかに掲載されていましたが、読んでませんというか
私には読めません。
少し前に父子が登山に行って行方不明になった事件も
ありました。
6歳の子どもが、たぶん先に亡くなった父親の上に
かぶさって息絶えていたそうで、痛ましく腹立たしいです。
サファリパークのヒョウの件も併せて無責任な親に怒りが収まりません。
ナカリさんのお兄さん、寂しかった子供時代を乗り越え頼もしく
なられてよかったです。
2018-06-09 土 23:58:44 | URL | エリアンダー [編集]
エリアンダーさんへ
こんばんは。
親の責任、というところでいうと、
本当に大人として許せない態度の親が居て、
でもその親自身も誰かの子どもなんだと思うと、「子育て」の意味を考えさせられます。
子どもはどこまでも親を慕い、親を頼るしかないけれど、親の方はどうだろうか。
最近「毒親」という言葉もよく耳にするようになり、
傷ついた子ども時代の心を大人になるまで引きずっている人たちが
やっと重い口を開くようになってきた、という感じもします。
本気で叱ってくれる、心配してくれる第三者(行政も含めて)が必要、
「孤育て」にしないことが大事、・・・なように思います。

息子の成長に対して、あたたかい言葉で表現していただけて、ホロリです。
親なのに子どもから学ばされてばかりですが、
これからも親業を続けられることに感謝しつつ、頑張りたいと思いました。
早速のコメントをありがとうございました。
2018-06-10 日 00:24:42 | URL | ナカリママ [編集]
おはようございます
お兄さんの、ナカリさんへの愛情が感じられますね。
私には3つ上の姉がいますが、やはり大きな愛情で私を支えてくれています。
でも、同時に憎しみのような感情も感じます。
幼いころは「お姉ちゃんだから」という理由でいろんなことを我慢してたようです。
それにしっかり者の姉とは違い、私は自由に好きなように、浮草のように生きてきましたから・・・それは「せめて私は地に足をつけてないと」と、姉の足かせにもなってしまったようです。
愛情と憎しみ。
姉妹とは不思議なものですね。

お兄さんの昔話にナカリさんが泣き出してしまったというお話、兄妹の強いきずなを感じました。
うらやましいと思ったり、ごめんねって思ったり、ありがとうって思ったり
大変だったねと思いやったり、頑張れって願ったり
兄妹だからこそいろんな感情を抱くのでしょうね。

息子さんとナカリさんが兄妹でよかったと、そう思いました(*^^*)
2018-06-10 日 06:58:46 | URL | かな [編集]
親って兄弟がいると
みな同じ目線で接していると思いがちだけど

子供達にしたら
何気にそう思えない時もあるんだよなぁ

それが口に出せず幼少期を終え
大人になっても続く場合があって

しかし息子さん自立が早かったから
凄い大人だなぁ^^って

色々あってもさっ
親も子供達から学ぶこと多しだよね

いくつになっても^^
そうデコは思うなヾ(@⌒ー⌒@)ノ
2018-06-10 日 10:29:46 | URL | デコ [編集]
かなさんへ
おはようございます😃
きょうだい、って、複雑だろうけど、いいものだなぁ〜
と、なんだか親の私がとても慰められました。
読ませていただいて、
かなさんのお姉さんとの関係も、あったかくていいなあ、
と思いました。
幼い頃は、どうしても上の子が我慢する場面は多いだろうけど、
頼られる喜びもあるし、
下の子を可愛いと思う気持ちも、
親とはまた違う距離感で感じるものなのでしょうね。

ナカリと息子は、発達障がいという同じ特性を持っているので、
これから先、
その面で分かり合える部分が増えていくかもしれません。
学校時代を振り返って、
他の重度の友達ばかり構ってもらっていいなあ、
と言い続けてきたナカリが、
今回初めて、兄の気持ちを知って、
自分と重ね合わせることができたように見えました。
これからも、お互いに思いやり助け合える関係でいてほしいです。

かなさんとお姉さんも、姉妹で良かったですね( ^ω^ )
今日も優しいコメントをありがとうございました!

2018-06-10 日 10:34:50 | URL | ナカリママ [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-06-10 日 11:06:06 | | [編集]
ラジオ
記事の中でラジオのことが出てきましたが、ラジオのリスナーって、けっこういろいろ抱えている人が多いと思います。
自分も今年2~3月は休職していたので、昼間はFMラジオを聴いていました。
リスナーさんの投稿で、けっこうつらい思いをしているのは自分だけではないんだな、と励まされたこともあります。

息子さんも不登校の時には、そういう気持ちを持ったのではないでしょうか?
息子さん自身もつらい思いをしたからこそ、一人立ちできたのだと思います。
息子さんもナカリさんのことを大事に思っているのでしょうね。
2018-06-10 日 11:12:47 | URL | CLIMB_AGAIN [編集]
ナカリママさんへ
私は三姉妹で、二学年ずつ離れています
一緒に育っても、それぞれ受け止め方も
考え方も違うなって思うのです。

兄妹を思う気持ち‥
持てない人もいます。

ナカリちゃんを思うお兄さんの
心のあたたかさと大きさにほっとします♡

小さな体を守らなくてはならない親が
嘘までついて痛め続けるのは何故なのか‥

その親が子どもの時に何があったのか
その人の親はどうだったのか
考えていくと、過去に罪深い人が
他にも居たのでは無いかと
思ってしまいます。

結愛ちゃんが生まれてきた意味が
自分の体を使って
沢山の人の意識を変えることだとしたら
余りにも残酷だなって思いますが

そうでも思わなければ
結愛ちゃんは浮かばれない気もして‥

両親にはしっかり罪を償い
反省と後悔をして欲しいです。

あのメモを公表したことで
自分のしていることに気付く親が
いることを願います。

2018-06-10 日 13:22:37 | URL | いおまま [編集]
デコさんへ
こんにちは。
私の両親の世代は10人きょうだいとか珍しくなく、
上の子は半分くらい親代わりだったみたいです。
母方の祖母は、どの指切っても痛いやろ?と、
きょうだい全員大事と話していたそうですが、
末の妹(叔母)から見たら、心臓病の母が一番大事にされてた、
と、ずっと寂しく思っていたと聞きました。

> 子供達にしたら
> 何気にそう思えない時もあるんだよなぁ

ほんと、そうなんだなあと考えさせられます。
でも仕方ないですよね。
親も体は一つだし、
気持ちはあっても側にいてやれるとは限らない…
その、気持ちのところだけでも伝わってればマルかなあ。

> 色々あってもさっ
> 親も子供達から学ぶこと多しだよね

デコさんもそうなんですね。一緒だ!
うん、そう、親も学びながら、育ち直していきます。
がんばらなくちゃ。
コメントありがとうございました😊

2018-06-10 日 16:04:33 | URL | ナカリママ [編集]
鍵コメントさんへ
こんにちは。
事件自体は朝刊で知りましたが、
NHKや毎日新聞で、そういう報道がなされているのは知らなかったので、
先取りして心構えしておくことができました。
今のところまだナカリの目にも耳にも触れさせていません。
この後も注意しておきます、とても助かりました。
情報ありがとうございます。
鍵コメントさんも、どうか心落ち着きますように。
似たようなことが繰り返されていてほんとに残念だし悔しいけれど、
めげずにきちんと啓発が進むようにできることをやっていきたいです。
コメントありがとうございました。
2018-06-10 日 16:26:16 | URL | ナカリママ [編集]
CLIMB_AGAINさんへ
こんにちは。
以前、図書館の記事の時にも、
重なるご経験をお話しくださったのを思い出しました。
学校に行って決められた時間の使い方をするのではなくて、
一人で自分の一日を組み立てようとするとき、
場所やツールが重要で、図書館やラジオ(やテレビ)は、
外の世界との数少ない接点になったなあと振り返っています。
パーソナリティーさんが、いろんな状況にあるリスナーさんのことを、
しっかり頭に入れて話しかけてくれていたので嬉しかったです。
息子は、私とナカリの関係を、ずーーーっと側で見てきて、
彼なりにいっぱい思うことがあっただろうと、今さらながら胸が痛みます。
でもそれをバネにしてくれたことに、感謝・・・です。
お優しいコメントをありがとうございました。
2018-06-10 日 16:32:15 | URL | ナカリママ [編集]
いおままさんへ
こんにちは。
いおままさんのところは三姉妹でしたね。
異性のきょうだい関係とはまた違うところもあるでしょうね。
先に旅立たれたお姉さまのことや、
お母さまの近くで暮らしておられるお姉さまのこと、
ブログを通じて知ることが出来ただけでも思いいっぱいになるのに、
いおままさんの心の中にどんなにたくさんの感情が積み重なっていることかと、
・・・その上で、きょうだいの記事、に、
こうしてコメントをいただけたことが、嬉しくて、感謝でした。

そして、
結愛ちゃんが生まれてきた意味・・・無駄にしないように、
ほんとにその通りだと、胸つまります。
「たすけて」の声にきちんと応えられる社会にしていかないと、
出来ることを出来る限りやっていかないと、
と、改めて考えさせられています。
幼い弟さんも残されているので、これから先、
両親に事件の責任をどのようにとらせていくのか、
一時的に通り過ぎるだけの傍観者ではなく、
忘れないで、意識して「その後」を見守り続けたいです。
コメントありがとうございました。
2018-06-10 日 16:54:13 | URL | ナカリママ [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-06-11 月 21:36:49 | | [編集]
鍵コメント2さんへ
こんばんは。
いつも、深く考えさせられる記事をご紹介いただき
感謝です。
いろいろなことを、一緒に受け止め、
いろいろ感じていただけている心強さに、
励まされます。
コメントありがとうございました。
2018-06-12 火 00:09:51 | URL | ナカリママ [編集]
ナカリママさん、こんにちは^^

アスペルガー同士だと共感が生じるので、
アスペルガーには、共感性がないということはないようですし、
定型発達者でも、アスペルガーには共感が生じないので、
定型発達者が共感性が高いということもないようですね。
反対に、アスペルガーでも定型発達者に共感できる人は多いですね。

下の記事を思い出しました。
https://susumu-akashi.com/2015/01/neurotypical-syndrome/
2018-06-12 火 11:03:49 | URL | Korva [編集]
Korvaさんへ
こんばんは!
お久しぶりです、コメントありがとうございます。

ご紹介いただいた記事の中の「定型発達症候群」。
昨年度のNHKでの特集の際にも取り上げられていましたが、
記事を読んで改めて、
アスペルガーの人らしいユーモアのセンスに感心しました。
他の部分も(番外編も!)興味深くて、
そうそう、と共感しながらじっくり読ませていただきました。
ご紹介いただけて感謝です。

「共感」って、
同じ経験をしているかどうか、という問題だけでなく、
そうか~~そういう感じ方もあるのか!という驚き、発見、納得、も含めて、
相手に対してシンパシーをもって受けとめる感情かな、と思うので、
アスペルガーだからとか定型発達者だからとか、ひとくくりにはできないですよね。
ナカリの涙も、兄への想い、だけでなく、他者に対する場合もあるので、
親バカながら、個性として、共感性は高い方じゃないかなと思うんですが、
一方で、天然?というか、全く相手の心情に思い至らない場面も多くて、
そういう時は、やっぱり共感性ゼロじゃん・・・と思ったりもして、難しいです。

とにもかくにもKorvaさんがアスペルガーについていろいろご存知なのが、
なんだかとても嬉しくて励まされた私でした~~(*^-^*)
2018-06-12 火 21:28:27 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad