FC2ブログ
 
■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

地域子育て支援センターにて
こんばんは。
FC2の足あとで分かる以外の方たちも見に来てくださっていると思うと、
こちらから伺えないことが申し訳ないのですが、
改めまして、来てくださってありがとうございます。

昨日は、19年前から毎月続けている、
療育施設の非公式同窓会(言い出しっぺは私)に行ってきました。
場所は、最初からずっと、地域子育て支援センターです。
子どもたちが大きくなってからは、虫を飼うこともなくなりましたが、
「さなぎがいる!」という後輩ママの声に、
部屋の一角に置いてある虫かごを見て、
まさに「ポケモン」のキャラクターそのものの姿に、思わずパチリ。
(虫が苦手な方もいらっしゃるかも、なので、小さめの画像にしました)

芋虫 IMG_1709
さなぎ2 IMG_1708
さなぎ IMG_1711

きゃあ、キャタピーだ、トランセルだ、と、興奮してしまいました。
羽化予想までできるとはすごい!見に来たくなったくらいです。

別の虫かごには「でんでんムシムシかたつむり」
かたつむり IMG_1710

う~ん。
最近、ジャポニカ学習帳の表紙からも、虫の写真が無くなったらしいけれど、
やっぱり身近な生き物、って、なんだか幼心を刺激されますね。

とかなんとか言いながら、あとは大人同士、あれこれおしゃべりして過ごしました。

この「地域子育て支援センター」
今は各地にありますが、
市ではちょうど、ナカリが療育施設に通い始めた頃に1か所新設されたばかりで、
日中の居場所を探して親子で自転車に乗って放浪していた頃に、
すがるような気持ちで訪れたものの、
「初めての場所は苦手」なナカリが、どうしても自転車から降りてくれず、
当時2階にあったセンターにヘルプ電話をしたら、
支援員さんが外階段を下りて、1階入口まで見に来てくれたことがありました。

ですが、自転車のかごの中でギャーと暴れるナカリを見て、
うーん、これは無理に連れて入るのは出来なさそうね・・・と諦め、
ちょっとずつ慣れたらいいね、また来てね、と、泣く泣く「さようなら」。
そのまま近くの公園に行き、
せせらぎの中に浸かってビショビショになったナカリを再び自転車に乗せて
泣きべそかきながら帰宅した思い出があります。
当時のナカリは、
図書館でも市役所の児童福祉課でも、とにかく床に寝転んだり走り回ったりで、
療育施設のない日は(週3日しか通えなかったので)どうやって過ごしたらいいのか、
毎日がストレス限界いっぱいいっぱい、という日々でした。
保育所に通えるようになって、夢のように自由な時間が(わずかでも)戻ってくるまで、
24時間子どもに振り回され寄り添いながら、
クタクタのヘロヘロだったのを思い出します。
一般の他の人が見たら、
単なる「躾のできてない子ども」としか受け止められなかったでしょうが。
自閉症の子どもたち特有のパニック!こだわり!は、
母親からしたら理不尽極まりなく、
育児ノイローゼ、虐待、にまでつながるほど深刻なものでした。

・・・なので、もし、当時「ヘルプマーク」があったら、
きっと自分のカバンにつけてただろうな
(笑)
そういう気持ちもあって、
支援センターの職員さんたちに「ヘルプマークご存知ですか?」
とお尋ねしたけれど、皆さん知らない、とのことで、
妊娠初期の方も使えるので、是非ここでも広報して~と、
こちらから、チラシや現物をお見せしたのでした。
(このあと、市長に状況報告ツイートして「認知度UP」をお願いしたら、
初めてリアクションをいただけてホッとしています)

自分たちの頃よりも、
少しでも子育てしやすい環境が整ってきていることを喜びつつ、
それでもまだまだ奮闘中のママたちがいること思うと、応援しなくちゃ、と実感中です。


最後、話が飛びますが
この春退職した友人が「一緒に歌おう」と誘ってくれた「ピアノマン」♪
弾き語りは難しいので、歌と伴奏を分担して練習中です。
「歌詞、良いね~」と友人。
なので、歌詞付きバージョンを、練習用に貼っておきます。
自分の時間も大事。楽器を演奏したり歌ったり、を、何かの励みに出来たらいいな。


今日もありがとうございました。
猫バンバン

ヘルプマーク9 DWPdh1cU8AAM_lv


思い出 | 02:58:38 | トラックバック(0) | コメント(8)
コメント
こんにちは
こんな会合はいいですね。
大変な時は助け合えるし、大変な時期が
過ぎていればあんなことがあった、こんなことがあったって
懐かしく話し合いできますしね。
しかし人生って照る日曇る日が次から次にあって気の休まる
暇がないですね。(笑)
2018-06-01 金 08:23:46 | URL | エリアンダー [編集]
エリアンダーさんへ
こんにちは。
なんと、気がつくと19年目なんですよ。
後輩も出たり入ったりで、いろんな繋がりが出来ました。
場所を貸してくれる子育て支援センターにも感謝です。

ほんと、照る日曇る日嵐の日…気の休まる暇がないです(笑)
でもそれが人生なんですね。しみじみ。
いつもコメントありがとうございます😊
2018-06-01 金 10:52:02 | URL | ナカリママ [編集]
ナカリママさんへ
こんばんは。

私は虫がまるでダメなのですが
ポケモンのキャタピーとトランセルは
大丈夫でした。

子どもは虫が好きですね。
保育園の子がワラジ虫を
私の目の前に差し出したとき
驚いて大泣きしたことを思い出しました。
何という大人でしょうε-(´∀`; )

キレイな色なのにね。
何でも‥徐々に慣れるように
なるのかも知れませんね。



2018-06-02 土 00:02:56 | URL | いおまま [編集]
いおままさんへ
こんばんは。
私も虫は全般的に苦手なんですが、
この虫かごを見て、ちょっとワクワクしちゃいました。
キャタピーからトランセル、の次はバタフリーですものね!
よく見たら、なかなか可愛い動きをしているし、
色も綺麗だし、見ていて飽きないものだなあ~と。
大好きな手塚治虫氏は、虫が好きすぎて名前に虫をつけたくらいだから、
そう思って見たら、大丈夫なところもあります(笑)
でも、カタツムリはいいけど、ナメクジは苦手です。
Gはもちろん・・・ううう~これからGの季節ですね、
ホウ酸団子を配置して、しっかり床掃除して、撃退せねば!

コメントありがとうございました(^-^)
2018-06-02 土 00:12:16 | URL | ナカリママ [編集]
「ピアノマン」、英語がわからないので日本語訳があって助かりました。
なんだか哀愁を感じますね。
私がもしそこにいたら・・・お店の隅っこの方でひっそりと聴いているだろうなあ。
そして一人、涙する。
――と、空想が暴走しちゃいました(^^;

本題に戻りまして
地域子育て支援センターができたばかりの頃は、ナカリさんもナカリママさんも大変だったのですね。
“大変”という一言で片づけられないくらい・・・
当事者だけでなく、その家族にも支援が必要だとつくづく実感しました。
ナカリママさんたちのような体験者の声が、世論を動かしてくれるといいなあと期待してます。
あ、私は当事者として頑張ります!
2018-06-02 土 07:00:22 | URL | かな [編集]
かなさんへ
おはようございます☀
ピアノマン聴いてくださったんですね♪
友人は英語が得意なので歌ってくれます、
私は伴奏担当、繰り返し同じメロディーなので、
ノリで何とかついていけそうだけど
間奏でコケコケです(@_@)
楽しみながら練習がんばろ〜〜
どっぷり空想に浸れそうな、哀愁たっぷりな歌詞だから
少しの時間でも異空間にトリップ出来そうです(笑)

かなさんところ、ちょっと覗いてきました。
当事者のご苦労を痛感して、
応援したいけどすぐに言葉が出なくて戻ってきました…
またゆっくりコメントしに行きますね。
私も、家族としての発信を引き続きがんばります。
人生はワンツーパンチ!水前寺清子です、
一緒に進みましょう\\\\٩( 'ω' )و ////
コメントありがとうございました!

2018-06-02 土 08:21:21 | URL | ナカリママ [編集]
繋がりは大切ですよね。
こんにちは。

あっ、Kei's EchoさんのYou Tubeだ!!
僕は洋楽が大好きなくせに英語がダメで、
和訳ブログを見に行く事が多いのですが、
納得の行かない和訳が多いです。
そんな中、Kei's EchoさんのYTに出会った時は嬉しかったです。
心の響く、届く、納得の行く和訳だと思いました。
僕の「和訳ヘルプマーク」に応えてくれてます。(笑顔)

僕が子供の頃のイモムシと言えば釣のエサでした。
竹を切って釣り竿を作り、釣糸を付ける。
浮きも重りも付けずに、釣針にイモムシを引っ掛ける。
欄干の無い橋に寝そべって糸を垂らすとハヤが飛びついて来る。
入れ食いでした。

ブログを読ませて頂いて、
ナカリママさんのご苦労が伝わって来ます。
頑張って下さいと、言うのは簡単ですが、
笑顔の時間が少しでも長い事を願っています。(笑顔)
2018-06-02 土 13:29:46 | URL | kotobuki [編集]
kotobukiさんへ
こんにちは。
keiさんの和訳洋楽、今までにも何回かアップさせていただいてるんです。
とてもステキな訳をしてくださいますよね♪
kotobukiさんもお気に入りとのことで、
一緒に嬉しくなりました( ^ω^ )

そうですね、いも虫って、釣りの餌になりそう。
息子は、あの柔らかくてすぐ潰されそうな感じがダメ!と、逃げてますが、
ゲームのキャラクターなら大丈夫でした(笑)
まさにキャタピー!と、私も食いつきましたよ〜

ナカリも息子も非定型発達っ子なので、
子育てはなかなかハードでした…し、今も進行形かなあ。
でも、おかげでたくさんの出会いに恵まれて感謝もいっぱいです。
kotobukiさんともこうやって繋がれたのは、ナカリが居てくれたからこそ!
これからもよろしくお願いします。
応援コメントありがとうございました。
2018-06-02 土 14:41:53 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad