FC2ブログ
 
■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

息子が引用した文 「世界の名著」ヴィーコの巻より
こんにちは。
蒸し暑かった数日から一転、肌寒い一日になりました。
今日も、見に来てくださってありがとうございます。


息子の様子を知りたくて、彼からの、ネットへの発信を時々見ているのですが、
昨夜書かれていた文章に、とても心動かされました。

息子からの発信
中央公論社『世界の名著』ヴィーコの巻
 清水幾太郎の「私のヴィーコ」という文章が入っている
>ヴィーコの生きた時代がカトリック教会による異端審問の時代であったことに触れて
 自分自身の体験と部分的に重ね合わせているあたりを読んでいる

として引用されていたのが、下記の文章


「私は,
今日とは違って,言論の自由の幅が狭かった時代,
それが日を逐って狭くなっていく時代に,
文章を書く以外に生きる道を知らぬ人間として暮らして来た

不注意に書いた一語によって,逮捕され,
生命は兎に角,職業,地位,前途の一切を失いかねない,
そういう時代を,
只書くことによって生きて来た

進んで権力者の欲することを書くのなら別であるが,
それから少しでも逸れたことを書こうとする場合,
どんなに一語一語を大切に扱わねばならないか

ヴィーコの気持ちが私にはある程度まで判る……

どんなラディカルなことでも,どんな破壊的なことでも,
平気で言える,書ける,印刷される今日の日本の尺度で
ヴィーコ――だけではない――の著作に接したら,
理解することも出来ず,また利益もないであろう

今日の私たちの手許にある自由は,
歴史的に見れば,極めて新しいもの,
地理的に見れば,極めて狭い地域にしかないもの,
全く例外的なもの,甚だ脆いものである

それに気づかぬ人々は,
言論の自由が失われ,万事が手遅れになった後に漸く悟るのであろう」
(pp.24-25)


ほんとに今、ありがたい時代に生きているのだなあ。
文学が、音楽が、美術が、こんなに身近に手の届くところにあって、
自分でも自由に創作が出来るなんて・・・
この自由を、大切に守らないといけないなあ。

丁寧に文章を綴っていきたい、と、改めて思った週末でした。
息子が好きなバッハのイギリス組曲。
少し前にグールドの演奏で4番を貼ったけれど、今日は2番(一部分)を、
若い頃のマルタ・アルゲリッチの演奏で。



これからも、ゆっくり、じっくり発信していきたいです。
宜しくお願いします。

猫バンバン

ヘルプマーク 5f520db01b5b5b2a724d218de4dff512271e4fef04b779b07cddbc3cfc6f1a1c_m


読んだ本・文章、見た映画・ドラマ、聴いた音楽 | 16:46:17 | トラックバック(0) | コメント(10)
コメント
こんばんは
>今日の私たちの手許にある自由は,
歴史的に見れば,極めて新しいもの,
地理的に見れば,極めて狭い地域にしかないもの,
全く例外的なもの,甚だ脆いものである

まったくその通りですね。
言論の自由がない国々のなんと多いことか。
ほんとにわたしたちは稀有の時代に生きてるんです。

アルゲリッチのプレリュードは活力を感じます。
2018-05-19 土 21:52:13 | URL | エリアンダー [編集]
おはようございます。
昨日の北海道は寒かったです。最高気温8度ですよ~。ベンチコート着て外に出ましたww

メモしたい箇所がいくつもある文章でした。
ささやかながら個人としてこうして発信・発言できる自由があるって本当に素晴らしいものですね。
せっかくの恩恵を、見知らぬ・悪意のある人に怯えて、みんなに好かれようとすることを書いてしまいたくなる自分に喝をいれたいです。
「みんな」という人間はいないんですもんね。
自分が大切に想う「あの人」に、こんなのあるよ~って伝えられたら。
これを忘れないようにしたいなと思いました。
2018-05-20 日 06:24:27 | URL | 馬場亜紀 [編集]
おはようございます
ほんとに、今の自由はつい最近のことなんですね。
日本でも戦時下では言論統制で多くの人が投獄されたと聞きます。
いま私たちがこうやって自由に発言でき、ブログで発信することもできるのは、とてもとても貴重なことなんだと思いました。
だからこそ、無責任な発言をしないように気をつけなくては。
一語一語を大切にしていきたいと思います。
改めて言葉と向き合うことの大切さを教えていただき、ありがとうございました(*^^*)
2018-05-20 日 06:42:02 | URL | かな [編集]
そうだねぇ
丁寧に前向きに
人を傷つけないように

。。言葉の世界は難しいから
2018-05-20 日 13:51:55 | URL | デコ [編集]
エリアンダーさんへ
こんにちは。
普段は特に意識せずに過ごしているんですが、
こんな文章に接すると、背筋が伸びる気がしました。
共感していただいて嬉しかったです。
マルタさん、お若くて綺麗でびっくりしました(失礼!)。
短いけれど、繰り返しが好きな曲です。
グールドとはまた違う趣で、こうやっていろいろ自由に聴けることにも感謝。
コメントありがとうございました(^-^)

2018-05-20 日 17:54:04 | URL | ナカリママ [編集]
馬場亜紀さんへ
こんにちは。
北海道は更に寒かったみたいですね。
体調管理に気をつけなければ!

息子は自分の関心のある分野で、いろいろ発信しているんですが、
私にも分かる内容で、共感できるものを見つけると嬉しくなって、
思わず引用を引用してしまいました。
読んでみて、改めて、今のこの自由のありがたさにハッとさせられる思いです。
発信の方法も、私が学生の頃は、
鉄筆で、ろう原紙にカリカリ書いて、ガリ版で1枚ずつ刷るか、
紙束を抱えて輪転機を借りに行って印刷、冊子にするときはそれを折って綴じて・・・
コピーだって、ブルーコピーが主で、ホワイトコピーはとても貴重、
少なくても済む時は2,3枚ずつカーボン紙を敷いて強い力で書いたものを配る、
といった感じだったし、
意見交換も、1冊の回覧ノートを使って、順番に気持ちを伝えあう、みたいな、
なんとももどかしいやり方しかなかったです。
通信印刷技術の進歩は、ほんとに革命的ですね。
これをどう生かすか、気持ちを引き締め直さないと、と思ってしまいました。
すべて「伝えたい思い」がスタートだから、地道にマイペースで丁寧に発信していこう、
と、勇気づけられた思いです。
亜紀さんの発信を楽しみにしている一人として、コメント嬉しかったです、
ありがとうございました(^-^)
2018-05-20 日 18:07:24 | URL | ナカリママ [編集]
かなさんへ
こんにちは。
ほんとに、振り返ってみたら、実はつい最近、ということがいろいろありますよね。
女性に選挙権が与えられたのだって、敗戦後のことだし、
私の祖父母の時代にはどんなに理不尽な婚姻制度だったか、とか、
この間、問題化している優生保護法だって、ほんの最近まで運用されていたし、
今の「あたりまえ」に慣れてしまってはいけないなと、
息子の記事を読んでハッとしたので思わず自分も記事にしてしまいました。
>一語一語を大切にしていきたい
まったく同感です。
簡単に書いたり読んだりできることに慣れて鈍感にならないように、
手書きのお手紙を書く、読み返して封をして切手を貼ってポストまで行く、
そんな感じで、ひとつひとつ手間をかける気持ちを持っていたい、と思いました。
こちらこそ、一緒に感じていただいてありがとうございました(^-^)
2018-05-20 日 18:14:51 | URL | ナカリママ [編集]
デコさんへ
こんばんは。
>丁寧に前向きに
 人を傷つけないように
これって、簡単なようで、実はとっても配慮が必要な大切なことですね。
大事な視点だなあと改めて思いました!
言葉にして伝えてくださってありがとうございました(^-^)
2018-05-20 日 18:26:29 | URL | ナカリママ [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-05-20 日 18:36:34 | | [編集]
鍵コメントさんへ
こんばんは。
今回の記事、ユーモアをとりまぜた、しっかりした風刺で、
とても感心して、思わずコメントさせていただいた次第です。
私自身、いろいろな事件や社会問題に接するたびに、
自分なりの意見をきちんと書けたらなあ~と思うのですが、
身近な話題中心で、踏み込んだところまではなかなか書けないでいます(汗)
良くないと思うことに対してしっかり声を上げていくことって大事ですね。
これからも、できる形で発信したいなと思いました。
コメントありがとうございました(^-^)
2018-05-20 日 19:14:51 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad