FC2ブログ
 
■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

べてるの本「治りませんように」
涙もろいナカリとの閉じこもりの日々が続いています。
今の私の社会への窓はブログ。
見に来てくださる方がおられることを励みに、ノートから更新します。

1週間くらい前(2018年2月7日)の朝日新聞「折々のことば」に、
北海道、浦河のべてるの家からの言葉が載っていました。

「今日も、明日も、明後日も、順調に問題だらけ  向谷地悦子」
ああ、これ。
この、逆説的な表現が、べてるらしい。

べてる関連の本は何冊か読みましたが、
「治りませんように」について書いたかどうか気になって、ブログ内検索してみたら
2年前の今日に、息子と向谷地さん(夫)のお話を聞いた記事を書いていてびっくり。

「浦河べてるの家」の向谷地さんのお話

2年前のことが、もうはるか昔のことのように思われます。
そして、「治りませんように」が出版されたのが8年前の2010年2月17日。


ナカリは今、何かにつけて、自分の「脳の特性」を悲観して泣いてしまうんだけれど、
「それ」を自分とは切り離せない個性として、
良い悪いの価値観抜きに丸ごと受け止められたらいいのになあ・・・
と思う気持ちが強くて、
「治る、治らない」という二者択一的な発想ではなくて、
今の自分のままで大丈夫と思ってほしくて、
この本を再度手に取りたい! なのに、本は箱詰めした段ボールのどこかに・・・
う~ん、悔しい、悔しいからブログを書いています。

出版社はみすず書房、なんですよ。
私の一つの原点、アウシュビッツ、を描いた「夜と霧」の出版社です。
クリスチャンだった母を思い起こさせる「べてる」の文字にも惹かれます。

病との共生を目指した「べてるの取り組み」に、
希望を見出した人は多いんじゃないかな。

ナカリの後輩のママからもらった小さな額にも
「そのままのあんたでええ」と書いてあります。

母も聴いてくれていたビリー・ジョエル
「素顔のままで」の歌詞を見直して、心にしみています。
リンク先のponchさんが、コメントで
「だって、はったつしょうがいだもの」と書いてくださいました。
そうよ、はったつしょうがいのままのナカリが大好きだからね。
無理しなくてもいいんだよ。
おしゃべりできない自分を否定しないでほしい。
「私、変かな」と気にしなくていい。
「治りませんように」と願う気持ちが分かる気もする・・・だから
素顔のままで、一緒に生きていこうね。



猫バンバン



読んだ本・文章、見た映画・ドラマ、聴いた音楽 | 23:44:55 | トラックバック(0) | コメント(16)
コメント
ずっと過去ブログを分析したら、この時期は落ち込みやすい、この時期は調子が良いなどが見えてくるかもしれませんね!
ずっと続けて書き綴る凄さを感じています。ぜひぜひ、続けてください。毎日じゃなくても。思ったときに、書きたいときに。
会いたいと思ってる状態が一番いいのかもしれませんね(笑)。
私も実際の自分がうまくしゃべれるかどうかまったく自信がない!という自信がありますので。おしゃべりしてるつもりでコメントのやりとり、喜怒哀楽を味わいながら、どうぞよろしくお願いします☆
2018-02-16 金 07:51:54 | URL | 馬場亜紀 [編集]
自分自身の嫌な部分を受け止め受け入れる事って
とても辛い事なんですよ

デコもナカリちゃんとは違うけど
身体の一部として受け入れがたい自分がいました(全摘2回でね)

自分の身体をスマホで撮影し
保存してたまに見ています

醜い身体これを含めて自分自身なんだと
ちょいと落ち込んだ時
その写真を見て心を奮い立たせる

決して消える事のない傷跡

ナカリちゃんにも心の傷がいっぱいあると思う
色々考え乍ら悲観的になるかも知れないけど

徐々に受け入れて他の事に目を向け
日々の中で自分自身に自信が持てるようになればなって思います

いい所たくさん伸ばしてくださいね^^
2018-02-16 金 10:19:45 | URL | デコ [編集]
ナカリママさんへ
こんにちは。

浦河のべてる‥知っています。

夫が心の病になった後に
異動になった場所が浦河でした。

今はわからないのですが
浦河には心療内科がまったく無くて
調べているうちに
べてるの存在を知ることになりました。

浦河はとてもゆっくりと時間が流れる
町でした。
本当にカメさんになれる
町かもしれません。

山があり海があり馬がカッコ良く走り
夏涼しく雪はあまり降りません。

今思えば‥心療内科が無いのは
ココには
必要ないからなのかと思いました。

心がちぎられることなく
自然体で暮らせるから
ここにべてるが出来たのかもしれません。

不思議と接した方々が
本当にあたたかかったのです。
よそ者などと
思われることもありませんでした。

だからか‥
飾ることのない自分で暮らせて
とても居心地が良かったのかなぁ‥

私の第二の故郷です( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )੭⁾⁾

2018-02-16 金 13:36:00 | URL | iomama [編集]
馬場亜紀さんへ
こんにちは。

会いたいと思ってる状態が一番いいのかも、そうかも!
しかもそれがお互い、という状態って最高ですね(笑)
なんか嬉しいです♪ 元気が出ました。
こちらこそどうぞよろしくなのです。

自分で過去記事を読み返すこと、結構多い方かなと思うんですよ。
自分で書いておきながらすっかり忘れちゃってる記事もあれば、
ほぼ内容を覚えている記事もあって、
検索もできるし、読み返しが楽、というのはブログの強みですね。
(ツイッターやフェイスブックは更新しやすいし、拡散力があるけど、
どんどん過ぎ去っていくので、じっくり読み直すには不向き、かと。)

書き綴ってきたといっても、
たかだか3年ほどの期間で、お恥ずかしいです・・・
20年前にこのツールがあったら、どうだったかなあ。
まあ、たられば話はやめて、今後を大事にしよう!
今日の亜紀さんの記事のように、「今」はプレゼントですものね。
コメントありがとうございました!

2018-02-16 金 14:29:40 | URL | ナカリママ [編集]
デコさんへ
こんにちは。
自分の心を奮い立たせる・・・デコさん、カッコイイです。
まだまだ悲観的になりがちなナカリだけど、
いつか、傷をバネに変えてジャンプできるようになれたら・・・
そう思わせてもらえました。
たとえ弱気になる時があったとしても、
じっとうずくまっていると、自分がどんどん小さくなってしまいますよね。
自信をもって、ありのままの自分を受け入れて笑顔でいられるように。
親子で支えあってがんばろう!
デコさんから、いつもパワーをいただいて、感謝です。

いい所をたくさんのばす、はい、そう思って前進あるのみです~
過去記事で、北海道は日本のイタリア?とか書いたけれど、
私自身にとって、北の国の人たちからのメッセージは、
ほんとうにあたたかい光に満ちています。
今日もありがとうございました。

2018-02-16 金 14:39:29 | URL | ナカリママ [編集]
iomamaさんへ
こんにちは。

そうだったんですね!
本当に、不思議なご縁を感じます。
iomamaさんの第二の故郷、
私もいつか行ってみたいなあ~~

それから
カメの散歩の過去記事まで見てくださって
ありがとうございました。

>心がちぎられることなく
 自然体で暮らせるから
すてきな表現です、胸が熱くなってしまいました。
苦境を笑い飛ばす、逆転の発想、
弱った人の心をちゃんと尊重しながら、
同時に、笑顔のパワーも注入・・・
これって、iomamaさんのブログみたい。
べてるに惹かれるのと同じ感じだったんだ、と、
「大好き」の理由が改めて分かって、
なんだかとっても納得した私です。

嬉しいコメントをありがとうございました。

2018-02-16 金 14:51:27 | URL | ナカリママ [編集]
ナカリママさん、こんにちは^^

昨日は拙ブログへのコメントありがとうございました。
今回のナカリママさんのYouTubeもですが、字幕がついていると歌詞を楽しめたり、外国語を確認できたりしますね。
「素顔のままで」は良い曲ですよね。
ビリー・ジョエルは、ストレンジャーとか、アレンタウンとか、懐かしい曲が何曲となくあります。

無理しなくていい、頑張らなくていいって言ってもらえるのは、嬉しいですよね。
うちは主人が、私が失敗した時に笑ってくれたり、私のダメなところを面白がってくれたりする人なので、助かっています^^;
だとか、日本ではお化粧をしないといけない気になってしまうのですが、昔ちょっとフランスに居た時、ノーメイクで小汚くして歩いていても人々が親切にしてくれて、そういうのが、すごく居心地いいなぁ~と感じました。
それでずっとフランスが好きですね。
2018-02-16 金 17:22:40 | URL | Pénélope [編集]
こんばんは
「精神病院を捨てたイタリア・・・」読んだ記憶があります。
その関連の映画もいくつかあったような気がします。
妄想・幻覚などの緊急時の入院期間も短時間に決められて
いるとか。
ベテルの家の妄想・幻覚に対する取り組みも面白く感じました。
急性期の異常体験は深刻なものでは暴力的にもなりますので、
慢性期の妄想・幻覚に限られるのでしょうけど。
ナカリさんには、人すべてなにかしら弱いところがあるということを
理解させてあげたいですね。
2018-02-16 金 19:45:23 | URL | エリアンダー [編集]
自分のことブログで取り上げてくれてありがとうございました(^-^)/
ビリーの歌は40年近く前に聞いたストレンジャーでビリビリした記憶があります。
当時は発達障害の概念なんて日本ではまだ誰も知りませんでしたが、
ストレンジャーってまさに発達障害者の歌なんですよねー。
ビリーの歌だとストレンジャーが一番好きなんですけど、
素顔のままでもいい歌ですよねー。
思えば自分はどこにいてもストレンジャーだったように思いますが、
ストレンジャーの自分は常に
If onry had the words と自問自答してるように思います。
自分の人生はだいたいビリーの歌で語れてしまうように思います。

何かストレンジャーの話ばっかになってしまって済みませんでした(;^_^A
2018-02-16 金 22:05:30 | URL | ponch [編集]
おはようございます
べてるの家のことは、バリバラだったかハートネットTVだったか・・・
テレビで知りました。
みんな、大変そうで楽しそうで。
全部ひっくるめての私なのだと。

発達障害じゃない私って何だろう?
それはもう私じゃないような・・・
全く別の人間のような・・・
でも、障害を抱えて社会で生きるということはなかなかハードで・・・
環境に恵まれれば受け入れやすくなるのでしょうか?
私は「かなさんは私が出会った中で一番不思議な人です。不思議で、とっても素敵です」という福祉士さんの言葉が、大きな支えになっているのかもしれません。
信頼している人の言葉だから。

事業所にも、まだ障害を受け入れられずクローズでの就職を目指している人もいます。
みんなが笑顔になれるのなら、どんなカタチでもいい。
ナカリさんにも、笑顔の人生が訪れますように(*^^*)
2018-02-17 土 07:17:50 | URL | かな [編集]
ペネロープさんへ
こんにちは。
すっかりお返事が遅くなり、ごめんなさい。
久しぶりにノド風邪をひいて、丸まっています。
ビリーの曲は思い出深いのがたくさんあります、リアルタイムで追っかけてたから、今のおじさんビリーの姿を見るだけで感慨深いです。

私もノーメイクなので親近感!
フランス、いいですよね。語学の勉強はなかなか進みませんが、歌なんかで音の響きを聴くと、喋れるようになりたい気持ちが湧いてきます。
またいろいろな曲を紹介してくださいね。
これからも楽しみにしています♪
コメントありがとうございました😊
2018-02-18 日 15:44:39 | URL | ナカリママ [編集]
エリアンダーさんへ
こんにちは。
久しぶりの風邪にダウン中です、やっぱり元気が一番!
イタリアのバザーリア法についても、いろんな本が出ているし、映画もありますね。
対照的なのが、カッコーの巣の上で、かなあ。
急性期の大変な時以外には、幻覚や妄想と上手く付き合っていけたら、無理に治さなくても生活していけるんだ、という実践に希望を感じます。
ナカリにも、いろんなことを知って感じて、自分を受け入れていってほしいなと願っています。
コメントありがとうございました😊
2018-02-18 日 15:52:25 | URL | ナカリママ [編集]
ponchさんへ
こんにちは。
遅い返信で、ごめんなさい🙏
ビリーを初めて知ったのは、ストレンジャー、でした。若かった当時の自分にも、歌詞が響いたのを忘れられません。
そうですね、発達障がいを持つ人の感覚も、あの歌詞に近いかもしれないと、今更ですが、ハッとさせられました。
息子は、よく異文化だと表現するんですが、
多数派と少数派という形だと、単なる違い、というだけでなく、生きにくさになってしまいますね。
改めて考えさせられます。
ponchさんからのメッセージをしっかり受け止めたいなと思うことがたくさんです。
こちらこそ、いつもありがとうございます、これからも、いろいろお話聞かせてくださいね( ^ω^ )
2018-02-18 日 16:02:44 | URL | ナカリママ [編集]
かなさんへ
こんにちは。
久しぶりにノドがヒリヒリ、熱はないけどフラフラになって寝ています。
お返事遅くなってごめんなさい。

不思議だけど素敵、って、とても嬉しい言葉ですね!そして、その気持ち、なんだか、よく分かる気がします。
まるごとの自分を受け入れる、って、障がいの有無にかかわらず、大切で、かつ、難しいことですよね…。
でも、ナカリや息子と一緒に生きてきて、本人はほんとに大変だろうけど、この特性、なんて素敵なんだろう、と思うことがたくさんあります。
そのままでいいよ、と思います…

なので、病とうまく付き合っていこう、障がいを否定しないでありのまま受け入れよう、という実践には、とても励まされる気がします。
かなさんや他の当事者の方たちの言葉から学ぶこともたくさんあります。
コメントしてくださって、本当にありがとうございます。また体調が戻ったらゆっくり伺いますね。

2018-02-18 日 16:15:51 | URL | ナカリママ [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-02-19 月 17:54:02 | | [編集]
鍵コメントさんへ
こんばんは。
お気遣いありがとうございます。
今朝あたりからノドの痛みが少しましになってきたので、
峠は越した感じです。
記事が少しでも役に立てたかと思うと嬉しいです。
元気が出ました。
鍵コメントさんのところへも、またゆっくり伺いますね。
取り急ぎですみません。
ご自愛下さい。

2018-02-19 月 21:09:40 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad