■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

息子のメモ書き
前の記事が重たかったのに、
いろいろな方からコメントをいただけて感謝でした。
見に来て、読んでくださった方たちにも感謝です。
今日もありがとうございます。

慣れないノートからの入力は、スマホ入力以上にストレスフルなんですが、
普段使わない机で作業していて、
ふと見ると、
机のデスクマットに挟んであった息子のメモ書きに気づきました。
おそらく、小学校高学年か中学の頃に書かれたものです。


>「明日できる仕事を今日するな
 他人ができる仕事を自分がするな」

 古代ローマ人の言葉・格言
 本を読んでいて

 至極もっともで意味が分かりやすく目標になる。

 「話すことの二倍、人から聞くべきである」

 ギリシャの政治家デモステネスの言葉。

 似た言葉に、シェイクスピアの
 「誰の言葉にも耳をかせ。
 いろんな人に口を開くな。
 みんなの意見は聞いて自分の判断は控えなさい」
 というのがある。


そして、この紙には息子と話していて私が覚えておこうとメモしたであろう文字も。

>maybe, someday  かもしれない、いつか

生きるのに苦労していた頃の息子の文字。
彼と向き合って一緒に苦闘していた時の自分の文字。
・・・思いがけず再対面となりました。
ノートを使ったおかげです。

工事のために自宅に閉じこもっているこの間、
ナカリと日光浴したり、マスコットを作ったり、
合間に編み物をしたり、本を読んだり、の毎日ですが、
今日は、2年前に急逝した漫画家、吉野朔実さんの代表作
「少年は荒野をめざす」を電子図書で一気読みしました。
自殺を試みる主人公たちの姿に思春期の危うさを改めて実感。
ウィキでも見てみたら
「青年期のアイデンティティ・クライシスを描く」という言葉に突き当りました。 

学校、という集団生活に馴染めずに、はみ出してしまう子どもは必ずいる。
息子は、特別支援という枠に守られた娘と違って、
小学校低学年から過酷ないじめの目撃者でもあり、当事者でもありました。
「死にたいわけじゃないけど、生きているのがしんどい」
「こんな世の中に自分の子孫を残そうという気持ちが分からない」

と、過激な言葉を聞くたびにハラハラしながら眠れない夜を過ごしました。
よく生き延びてこられたものだと、今も振り返るだけでドキドキします。

西洋古典文学に救われて、今は研究の道に邁進する息子に、
ナカリが好きな曲を贈ろうと、中島美嘉(カラオケカバー)を貼ります。
いじめを題材にした漫画「ライフ」の映画主題曲だそうです。
(私もナカリも、漫画も映画も見てませんが、歌詞がいいです)


元気を出して、
生きていたら、今日とは違う明日が必ず来るんだから。

今日もありがとうございました。

猫バンバン



 

思い出 | 23:37:12 | トラックバック(0) | コメント(14)
コメント
息子さんのメモ
おはようございます。

息子さんのメモ書きを読んで納得…
小学高学年から中学生の頃のメモですか
難しい本を読んでいたのですね。凄いですね。
2018-02-10 土 07:43:05 | URL | kaion [編集]
おはようございます
中島美嘉さんの曲、素敵ですね。
私もドラマは観ていないので、よく知らなかったのですが・・・
「はてしなく遠い明日」という言葉が今の私の現状を表しているようで。
でもそれは、試行錯誤する時間があるともいえますよね。
明日への準備だってできる。

息子さんも、メモを書かれたころは、「はてしなく遠い明日」に向かってどう生きればいいのか、生きる意味はあるのか模索されていたのでしょうね。
私も、考えてました。
そして今もまた、考えてます。
そうやって何度も何度も繰り返しながら、明日に向かって生きてます。
もうちょっと気楽に生きることができればいいんですけどね~(^^;
でも、現実の明日はすぐに来てしまうけど、未来はまだまだ先にあるから。
「はてしなく遠い明日」って、未来のことなのかな?
それなら、何度だってやり直せるし、試行錯誤して準備する時間だってある!
息子さんが西洋古典文学に出会われたように、私もまた何かに出会えるかもしれない!
朝からちょっと気持ちが前向きになりました。
ありがとうございました(*^▽^*)
2018-02-10 土 07:45:35 | URL | かな [編集]
いじめは・・・つらいですよね。
そのうち死んじゃうんだから、今死んだっていいんじゃないの?という問いに、私はその気持ちを変えるほどの言葉をもてないです。
それでも、生きることを選ぶ、一緒に考えよう・・・。

「おもしろいと思ったら、心をひかれたら、そこに、きみにとってほんとうのことがうまれるんだよ」

これは岡田淳さんという児童文学作家の「フングリコングリ」というお話のなかに出てくる文章です。このお話を読んだとき、まっさきにナカリママさんの息子さんのことを思い出しました。研究の道を歩んでいる息子さん。息子さんはほんとうのことを生み出しましたよね。
そしてナカリさんにもそれがあると信じています。
2018-02-10 土 08:56:12 | URL | 馬場亜紀 [編集]
こんにちは
息子さんも大変な時期があったんですね。
でもそんな時でもこうやって内省的だったんですね。
私の高校時代と大違い。(笑)
シェイクスピアの
「みんなの意見は聞いて自分の判断は控えなさい」は
う~んちと引っかかる。
自分の中に賢者がいて、右に行くか左に行くか
迷ったとき教えてくれるといいのに。
チンギス・ハンの言葉も有名ですね。
「勝者に聞くことは誰でもする。
敗者に聞くことこそ強者の道だ。
みんなに勝ちたい者は、みんになに聞かねばならぬ」
2018-02-10 土 15:19:13 | URL | エリアンダー [編集]
kaionさんへ
こんばんは。

息子は小学校の中ごろから不登校、
学校に行かない代わりに図書館で時間を過ごしました。
やたら本ばかり読んでいる大人びた子どもだったので、
同世代からは浮いていて、はっきりイジメの対象にもなりました。
先生にも好ましく思われていなかったようでした。
なので、人生の先生は「書物」だったんです。
その後、文通相手の学者さんや、作曲の先生など、
高齢の方と人間関係ができて救われたような感じでした。
これを書いた頃は、まだまだ精神的に不安定だったと思います。
生き延びられてよかったです・・・
コメントありがとうございました。
2018-02-10 土 18:26:33 | URL | ナカリママ [編集]
かなさんへ
こんばんは。

この曲はナカリが気にいってiPodに入れて聴いていたので、
私も耳馴染んでいたんですが、
調べてみて、いじめの映画の主題歌と知って驚きました。
聴いてくださってありがとうございます。

思春期から青年期を過ぎても、
なかなか思い描く未来に手が届かないことってありますよね。
人生、模索の連続、ずっと明日にむかって走り続けているような・・・。
そんな時、こういう歌に出会うと、力づけられる気がします。

息子の10代はほんとに、暗闇のなかで、
なかなか先が見えなくて、明日どころか今日一日で精一杯、
ということが続いていたので、こうやって今、道を開けて本当に感謝です。
かなさんも、いったん仕切り直しで、
落ち着くまでしばらく苦しい時間が続くかもしれませんが、
一緒に前向いて歩いていきましょうね。
ご自身に重ねてのコメントをありがとうございました。

2018-02-10 土 18:40:32 | URL | ナカリママ [編集]
馬場亜紀さんへ
こんばんは。

「少年は・・・」の漫画を読んでいたら、
思春期の子どもにとって、死が生の延長線上、すぐ身近にある場合があるんだ、
下手したら、ほんとに、ふっと自ら命を手放してしまうこともあるんだ、と、
今になって改めて怖い気持ちでいっぱいになりました。
(怖い事件も実際にありましたしね)

岡田淳さんの言葉で、息子を思い出してくださったとのこと、
何だか気恥ずかしいけど嬉しかったです。
そうですね、
彼はずっと、自分にとっての「ほんとうのこと」を追い求めていた気がします。
それがなかなか身の回りの現実の中には見つからなくて、
時空を超えた「書物」の世界に探索の旅に出ていたような・・・
よくぞ無事に現実に帰って来れたと思います。

ナカリもまだまだ模索中ですが、時間がかかっても、
彼女もまた自分にとっての「ほんとうのこと」を捜して旅を続けるだろうな。
一緒に寄り添って生きてやりたいです。
すてきなコメントをありがとうございました。
2018-02-10 土 18:47:41 | URL | ナカリママ [編集]
エリアンダーさんへ
こんばんは。

そうなんです、息子自身が自分でもよく生き延びられたと振り返るくらい、
崖っぷちをソロソロと手探りで歩いてきたような10代でした。
現実の人、ではなく、過去に生きた書籍の著者を追いかけて、
格言の類をノートに書きぬき、何冊も大事に持っていました。

シェイクスピアの言葉は私もちょっと?だったんですが、
息子のメモそのままを書き写したので、改めて検索してみました。
>誰の言葉にも耳をかたむけろ。誰のためにも口を開くな。
 他人の意見に耳を傾け、他人に忠告はするな ...
というような翻訳もありました。
ちょっとニュアンスが違う気がしますね。
息子が何の本から書き写したか、原典はハムレットみたいですが、
原文に当たれていないので、何とも言えなくてすみません。
エリアンダーさんのポケットからも、
ジョークに限らず名言がいっぱい出てきそうで、
またいろいろ教えていただきたいです。
コメントありがとうございました。

2018-02-10 土 18:58:44 | URL | ナカリママ [編集]
千田君は遂にB2組に昇級して7段になりましたよ・・☆
藤井5段より強いと思います。期待のできる岸です。☆!今日は暖気でしたねー。
2018-02-10 土 23:11:13 | URL | 荒野鷹虎 [編集]
荒野鷹虎さんへ
こんばんは。
速報ありがとうございました!
我が事のように嬉しいです。
引き続き応援しますね!
いつもありがとうございます😊
2018-02-11 日 00:36:51 | URL | ナカリママ [編集]
おはようございます。
今日は曇っていますが、暖かい朝です。
ほんの少し、春の気配がしているような…

息子さんのメモの古代ローマ人の格言
「明日できる仕事を今日するな。他人ができる仕事を
自分がするな」は、今の私にとって目から鱗…でした。
最近は気ばかり急いて、ひとりでドタバタして疲弊し
ていました…。

古代ローマ人やギリシャ人の…と言うと敷居がかなり高い
ような気がしていました。巷の自己啓発本を読むのもいい
けれど、先人の格言はダイレクトに、ずっしりと胸に響く
ような気がしました。
これからも先人の知恵をお借りしたいな、と思っています。

良いお話を聞かせていただき、ありがとうございました。
息子さんにも「ありがとうございます」…です。

先日は優しいお心遣いのコメントをありがとうございました。
(気持ちがふっと和らぎました)

p.s.編み物、のろのろ進んでいます。
2018-02-11 日 09:10:12 | URL | mikoto [編集]
mikotoさんへ
こんにちは。
昨日の雨が上がって今日はまた太陽の光が届き、
おっしゃるように少し季節が移りかけている気配を感じました(^-^)

…って書いたあとに雪が降ってきて、慌てて洗濯物を軒下へ!
でも今また日が差してくれています☀️
季節も進んだり戻ったり、ゆっくり、ですね。

息子はもともとはドイツに惹かれていたんですが、
いつのまにかギリシャラテン方向に転換しました。
現実が生きにくい分、古代や中世の世界に目が行くようになったのかなあ。
最初ちょっと敷居が高い感じはありますが、
私も一緒に、西洋古典の世界をかじってみたら、
現代にも通じる先人の知恵がたくさんあって、
なるほど〜〜、と感心しきりでした。
昔のメモですが、少しでもmikotoさんのお役に立てたみたいで嬉しいです。
息子にも伝えますね( ^ω^ )

それと
mikotoさんのお気持ちを知って何か言葉を…と
コメントさせていただいたので、
お返事を読んで私も気持ちが和らぎました。
こちらこそありがとうございました。
編み物は私ものんびりペースです、ぼちぼち進めましょうね(๑˃̵ᴗ˂̵)
またいつでもお待ちしています💕
2018-02-11 日 13:45:41 | URL | ナカリママ [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-02-12 月 20:54:20 | | [編集]
鍵コメントさんへ
こんばんは。
こちらこそ、早速のあたたかいコメント返信、嬉しかったです。

いろいろ模索しながらで、まだまだ傷が癒えるのに時間が必要かと思いますが、
良い出会いや繋がりを信じて、少しずつリハビリしていけたらいいですね。

息子の10代は、本当に不安定で先が見えず、
命のギリギリラインを踏み止まった感が強いので、
振り返るだけで冷や汗が出そうです💦
でも
若い頃のエネルギーは、あとあとに生きてくる場合もあるなぁと。
おかげで、こんな形の繋がりも出来て、息子に感謝です。彼が居なければ、母とのクラシックの接点もうやむやだったかもしれません。
音楽、これからも楽しみに伺いますね。
コメントありがとうございました😊
2018-02-12 月 22:27:08 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad