■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「なんか悲しい」
訪問してくださり、拍手やコメントをくださる方に、
丁寧に向き合えているか、自分の気持ちも点検しながらの更新です。
来てくださって、ありがとうございます。


今日は、今年初めての当事者会。
バスに乗って出かけたものの、到着してから、なんとなく気が進まなくて、
部屋に入れず、ロビーのソファから立ち上がれなかったナカリ。
帰りたい、わけではないけど、みんなの中に入りたくない、
声も聞こえるし様子が見えるからここでいい、と、動けません。
相談員さんに、その旨伝えると、「こっちで話そうか」と、
ロビーに出て来て、ナカリの横に座ってくださいました。
ナカリが抱きしめて持ってきたぬいぐるみを
「見てもいい?」と、優しく尋ねてくださり、
ぬいぐるみの話から、少しずつ気持ちもほぐれた様子でした。

ちょうど、市の障害福祉サービスの更新手続きが重なっていたので、
その書類を点検してもらいながら、
「みんな何してるか見てこようか?」と、
時々中の様子も見に行って伝えてくださり、
「書初めやってるよ~。みんなの作品、見るだけでも見に行かない?」
と、うまく声をかけてくださったので、
ナカリも腰を上げ、ぬいぐるみたちをソファに置いて、
身ひとつで相談員さんと一緒に部屋に入っていきました。

ドアが開いていたので、
ロビーに座って待っている私とちょうど向かい合う席に座ったナカリの様子が見えたし、
他の方たちのお話しされる声も聞こえてきて、
書初めと言っても、字だけでなく、犬の絵など描いているんだなあと伝わってきました。

途中でギブアップすることもなく、
そのまま、最後までみんなと一緒に過ごすことができたナカリ。
解散の後、相談員さんと一緒に、作品を手に戻ってきた時には、笑顔も出ていました。

半紙に習字の筆で描いた作品が2枚。
パオ書初め1
パオ書初め2
火曜日のアトリエの待ち時間と今日の待ち時間に、私が編んだモチーフ
(糸が足らなくなってチェンジしました)
2018編み物


相談員さんにお礼を言って、
その足で隣接する建物の中の、市の障害福祉課窓口へ。
歩いて向かう途中、ナカリから「それ(書類)何?」と質問。

今、こうやって当事者会に参加したり、
支援計画をたててもらったり、ショートステイを利用したりする、
そういう支援を受けるために必要なお金を、市が税金から出してくれてるねん、
その必要がほんとにあるかどうか確認するために年1回手続きするねん、
本人が窓口に行けない時には「委任状」なんかがいろいろ必要やねん。
書類はややこしいけど、お母さんが書いたし、相談員さんにも見てもらったから、
窓口では別に何も聞かれないと思うし、心配ないよ。

黙って聞いていたナカリが、ポツリと「なんか悲しい」


・・・どきん。


ナカリは、窓口で手続きする間も、
横に座ってずっとぬいぐるみを抱きしめていました。

そして、終わった後、「疲れたから、もう帰りたい」
(誕生日ではないけど、帰り道にケーキを買って帰ろうかと話していたので)
そっかあ、疲れたね。
よしよし、まっすぐ帰ろう!と、バス停へ。
そこでまた歩きながら、「その紙、なんか悲しい」

ええ?なんで?
「私、ぬいぐるみ抱いてて、変かな。 窓口の人、こっち見てた」
「障がい者、って、かわいそう、と思われてるのかな」


そんなことないよー。
ぬいぐるみ、かわいいなあと思って見てたのかもしれないよ。
障がい者は、かわいそう、なんかじゃないよ。

・・・

いろいろ考えこんでいる様子のナカリ。
難しいね。
悲しくなったりもするだろうね。
お母さんも、一緒に悲しくなっちゃったよ。
でも、大丈夫だよ。


なんか上手く言えないけど、
こんな風に揺れ動くナカリの気持ちや、
障がいをもつ人の心の内を、周りの人に伝えたいね、
だから、ブログも書いているし、
一緒に考えてくれる人たちがいる。
同じように、
障がいを抱えながら生きている他の人の気持ちも知ることが出来るよ。
一人じゃないよ。


「なんか悲しい」と言うナカリが、愛おしくてたまらなくなった一日でした。


猫バンバン



子どもの日常 | 20:28:51 | トラックバック(0) | コメント(16)
コメント
家庭内の事で 多忙で中々コメント出来なくてゴメンナサイです。

ナカリちゃんが 障がい者への目で見られたと感じたことが 悲しかったのかなぁ~。。

私も 普段は健常者に思われるけど、障がいがありまして、昨年、年金やら自律支援の手続きを完了しました。

色んな病気がありますが、ナカリちゃんだけではいよ。って、伝わるといいなぁー。
2018-01-18 木 21:05:42 | URL | おこちゃん [編集]
おこちゃんさんへ
こちらこそ、なかなかコメントできなくてゴメンナサイです。
おこちゃんさんからの、メッセージ、
一人じゃないよって、ナカリに伝えますね。
ちゃんと伝わると思います。
私もちょっと涙もろくなってしまって、じーんじーんです。
ありがとうございました(涙)
2018-01-18 木 21:18:05 | URL | ナカリママ [編集]
こんばんは
書類をいろいろ書かされてみんなと違うと、悲しく
感じたのでしょうか。
その気持ちは分かるような気がします。
子供が苦しんだり悲しんだりするとき親はその何倍も
悲しいですね。
子供が小5のとき、努力したのに塾で上のクラスに入れなくて、
声を立てずに泣いていたのには私も胸がつぶれる思いでした。

墨で書いた絵の中にちゃんとカゲウラ君がいました!
2018-01-18 木 23:18:01 | URL | エリアンダー [編集]
エリアンダーさんへ
こんばんは。

そうですね、みんな(普通)と違う、という「自覚」は、
ナカリにとっては結構キツイみたいです。
(この点、息子の方はマイペースでOK、なんですが)
でも
「悲しい」という気持ちを言葉で表現してくれるようになっただけ、
幼い頃のパニックに比べて、本人も少しは楽になったかな・・・と。
感情を言葉で表現できる、って大事なことですよね。
息子さんが、声を立てずに泣いている姿を見て胸がつぶれる思いがした、
というエリアンダーさんのお気持ち、すごく分かります。
同じ親としての気持ちは、一緒ですね。
なんだか励まされました、ありがとうございました。

カゲウラさん!発見してくださって嬉しいです♪ (サンちゃんもいますよ~)
2018-01-18 木 23:30:32 | URL | ナカリママ [編集]
そういう場での家族の言葉じゃない一言
たった一言で輪の中に入れ笑顔で戻ってくる(#^.^#)
良い事ですよね^^

書類を見て悲しいと思ったのは
ナカリちゃんの心の中に何か自分は違うんだ
普通じゃないんだとどこかで感じてしまって悲しかったんだろうと思いますが

後はママさんがその書類に対し
違う例を取り上げてナカリちゃんに説明するのもありじゃないでしょうか?

例えばデコの様に児童扶養手当(母子家庭)に高校生まで支給される制度
他にも色々あるでしょう?

ナカリちゃんだけじゃないんだよって教えてあげたら
少し気持ちが楽になるかもしれませんね\^^
2018-01-19 金 14:44:46 | URL | デコ [編集]
デコさんへ
こんばんは。
いつも親身になって一緒に考えてもらえて、
ほんとに、じーん。
ありがとうございます。
いろんな人が、いろんな違いを持っていて、
いろんな制度があるってこと、
上手く伝えられたらなあ。
ご自身に重ねてのアドバイス、助かります!
悲しくても、荒れなかったことを褒めてます(^-^)
これからも見守ってやってくださいね。
2018-01-19 金 18:50:41 | URL | ナカリママ [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-01-20 土 01:29:51 | | [編集]
おはようございます
「なんか悲しい」というナカリさんの揺れ動く心・・・

みんなと違うということ
みんなに迷惑をかけてるんじゃないかと思うこと
“ここ”にいていいのだろうかと不安になること

いろんな思いを抱えて生きる障害のある人たちのこと、世の中の人に知ってほしいですね。
自分の存在に不安を感じながら、生きることに悪戦苦闘していることを。
これからも、ブログで発信し続けてくださいね!
2018-01-20 土 07:59:05 | URL | かな [編集]
鍵コメントさんへ
寄り添ってくださってありがとうございます。
うまく軽く受け流せるようになればいいんですが、
なかなか生真面目なのは変わりません・・・
せめて、少しでも気が楽になれるように声をかけ続けたいです。
2018-01-20 土 20:29:50 | URL | ナカリママ [編集]
かなさんへ
こんばんは。

ナカリの揺れ動く表情と話を聞いて、
周りの人に理解してもらえたらなあ、という気持ちで、
記事にしたくなりました。
当事者(特に知的な遅れのある本人)の気持ちって、
なかなか伝わりにくいだろうから・・・
少しでも通訳が出来たらいいなと思って。
かなさんの言葉に励まされました。
自分自身もちょっと息切れ気味なんですが、
マイペースで頑張ろうと思いました。
優しいコメントをありがとうございました。


2018-01-20 土 20:33:32 | URL | ナカリママ [編集]
ナカリママ、こんばんは

ナカリちゃんの絵とても素敵です^^
2018-01-20 土 21:28:03 | URL | 薫子 [編集]
薫子さんへ
こんばんは。
ナカリの絵をほめてくれてありがとうございます!
薫子さんも、いろいろ大変でしたね。
お互いゆっくり行きましょうね(^-^)
2018-01-20 土 22:12:52 | URL | ナカリママ [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-01-20 土 22:35:26 | | [編集]
なんか悲しいって、そういう瞬間は誰にでもありますね。でも、私たちはうまくできていて危ないものは無意識に忘れることになってます。そういうものがどんどん積み重なっていったら大変だろうなと想像するより仕方ありません。
2018-01-21 日 17:37:45 | URL | sukunahikona [編集]
鍵コメントさんへ
まだ本調子でないのに、お気遣いすみません。
どうか、ご無理のないように、
みなさんお大事になさってください。
コメントありがとうございました。
2018-01-21 日 18:21:07 | URL | ナカリママ [編集]
sukunahikonaさんへ
こんばんは。
私たちの脳がオートマで適応していけるのと違って、
自閉っ子や、知的な遅れのある子の脳は、
マニュアル操作が必要な感じです。
その辛さは、想像するしかないんだけれど、
出来るだけ、寄り添っていけたらと願っています。
一緒に感じ取ってくださって、ありがとうございます。
2018-01-21 日 18:26:02 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad