FC2ブログ
 
■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

1年前の今日
見に来てくださってありがとうございます。

今日は阪神大震災から23年目。
市の防災訓練のサイレンが鳴りましたが、
ナカリには「訓練だから」と前もって話しておいたので、
大きく動揺することなく、やり過ごせました。

ちょうど1年前の記事が「阪神大震災22年」で、
その翌日にアップした、病院の礼拝堂で撮った写真が、
母の遺影になりました。

1年前もそうだったけれど、
新聞の特集記事を読むと、生きていることだけでまず感謝、
という気持ちでいっぱいになります。

あの朝、大阪河内地方で親子3人暮らしていたマンションでも大きな揺れ。
とっさに息子に覆いかぶさった私。
「電車が走ってるんだよ」と、半分寝ぼけながら言う息子。
東京で地震に慣れている夫は、いったん起きたけれど、
ベランダに出て周辺の火災の有無だけ確認して再び布団へ。
私はただ事でないと思って、そこから眠れず、
たまたま有休をとっていた日でしたが、朝一番で職場に向かうと、
途中、たくさんの人を乗せたままの電車が線路上に止まっていて、
ますます嫌な予感。
職場に入ると、部屋中の机の引き出しがみんな開いていて、
壁の一部が剥げ落ちており、電話がじゃんじゃん鳴り続け、
交通機関が乱れて動きが取れない人が多数いることを、知りました。
一通り対応してから自宅に戻ると、夫も起きてテレビを見ていて、
大変なことが起こったと・・・。
幸い、我が家では、土鍋が割れただけですみましたが、
マンションの上階では、揺れも大きく、食器がたくさん割れたと聞きました。

あれから23年。
近しい人を失った人たちの悲しみは、
何年たっても癒えることがないだろうと胸が痛みます。


ブログを書いていたおかげで、1年前を振り返ることが出来、
私は改めて母に申し訳なく、心の中で謝りました。
そして、1年前にもナカリと揉めていたのを振り返り、
今を落ち着いて過ごしていられることに感謝です。

ナカリは昨夜から、動悸や幻聴で、いまひとつの様子ですが、
音楽を聴いたり、小さな独り言を言いながら自分の世界に浸ったりして、
この嵐を乗り越えようと頑張っています。

彼女へのエールを込めて
日本語訳付きの Avril Lavigne 「Keep Holding On」


お母さん、優しく対応できなかった私を許してね。
ナカリにしっかり寄り添っていくから、お母さんも見守っていてね。

震災で失われた多くの命に思いを重ねた一日でした。


猫バンバン




思い出 | 20:26:19 | トラックバック(0) | コメント(10)
コメント
こんばんは。

23年…もうそんなに経つんですね。
あの日の朝の事はよく覚えています。
僕は朝6時に起きる予定でしたが、そのちょっと前にすごい地鳴りで起こされ、
裏山に飛行機でも落っこちたか?とか思ってるうちにすっごい揺れて…
まだ学生だった姉が頭に枕乗せて僕の部屋に気て、えらい冷静に「大丈夫か?」って言ってました。
母がいちばんオタオタしてましたそういえば。家もひびが入ったりいろいろでした。
予定通り出かけようにも電車も止まってて大変でしたね…。
実は僕も知人をあの時なくしております…。

そういえばあの前日、犬の散歩中に山の中で沢山のネコの集会に出くわしましたが…
ネコとかにはわかってたんですかね。
2018-01-17 水 21:49:00 | URL | いぬふりゃ☆ [編集]
ナカリママさんへ
こんばんは。

阪神淡路大震災‥
あの日、私は朝のニュースで知りました。
大変なことになったと
テレビに釘付けでした。

職場でもずっとテレビをつけたままで
仕事にならなかった記憶があります。

同じビルで働く女性たちに
1ヶ月後のバレンタインデーには
今回チョコを買わず
それにかけるお金を
全て寄付しませんか?と
声掛けをしたところ
快く賛同してくれました。

男性たちには2月14日
ピンクの便箋に🌁
今年の愛は神戸へ‥
お返しにかかる分を寄付して欲しいと
ラブレターのように書いたことを
思い出します^^;

居ても立っても居られない気持ちって
みんな同じなんだと思いました。

それもあって
同じビルで働く女性たちが仲良くなった
きっかけにもなりました。
2018-01-18 木 00:24:08 | URL | iomama [編集]
いぬふりゃ☆さんへ
いぬふりゃさんも、大変な思いをされたんですね。
亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

23年というと、自分の人生後半のかなりの部分を占めます。あの怖かった思い、しばらくの間はヘリコプターの音ばかり聞いていた、そんなあれこれを、記憶に留め続けたいです。
振り返ると、神戸方面に向かう電車からブルーシートが見えなくなるまで、かなりの時間がかかりました。

あの時どうしてたか、話せないままの人もいると思いつつ、記事にせずにいられませんでした。
ご自身の経験を教えてくださり、ありがとうございました。

自然の動きは動物達の方が察知するのかもしれないですね。
もしも、への備えについて、考えさせられます…

2018-01-18 木 00:40:31 | URL | ナカリママ [編集]
iomamaさんへ
居ても立っても居られない気持ち、まさにそうでしたね。
それにしても、いい取り組みをなさったのだなあと、改めてあたたかい気持ちになりました。

私の職場からも、順番にボランティアを派遣したり寄付を集めたりしましたが、
あれからもう23年、とは…。

一緒に思い出していただいて、感謝です。
私は、東北の時に、使っていない口紅やコットン、綿棒を集めているという記事を見て、かき集めて郵送しました。
ご遺体のお化粧のためとのことでした。
ボランティアの方々に頭が下がります。

出来ることを何か、という気持ちで、たくさんの人が動いてきたのだなあと、しみじみしました。
ナカリを怖がらせてはいけないけど、備えは必要、と思う一日でした。
コメントありがとうございました。

2018-01-18 木 00:59:29 | URL | ナカリママ [編集]
あれから23年
デコ息子が生まれた次の年の正月過ぎだったのよねっ

時の流れは早いけど
風化させてはいけない出来事

ところでナカリちゃん動悸があるとの事
デコは中年期の仕業でたまに動悸になるのですが

この時呼吸が浅くなるのよっ
きっとナカリちゃんもそうじゃないかなぁ??

なのでそんな時はわざと深呼吸して少しの間呼吸するの
そしたら少し和らぐんだなっ
2018-01-18 木 13:32:08 | URL | デコ [編集]
こんにちは。
あれから23年も経ったのですね。
あの朝の、テレビの衝撃的な映像が忘れられません。
私の住む所は昔から東海大地震が心配されています。
この阪神大震災をきっかけに我が家は防災準備を始めました。
(東北の震災でさらに加速しました)

Avrill Lavigneの曲、心強い応援ソングですね。
ナカリさんも嵐を乗り越えて、早くお元気になってくださいね。
(私もこの曲に励まされました。ありがとうございます)

それと、ナカリママさんは何を編まれていらっしゃるのでしょう?
楽しみですね。私の方はやっと3枚目が出来ました…。
2018-01-18 木 14:46:31 | URL | mikoto [編集]
デコさんヘ
こんばんは。
デコさんも動悸があるんですね。
ナカリは要観察の不整脈もあるんですが、
昨日のような息切れはメンタルが原因だと分かるので、
こちらが動揺しないで、デコさんと同じく、深呼吸~~と、
なだめるようにしています。
亡くなった母が、深呼吸のポイントは「吐くこと」と教えてくれたので、
吸う、より、まず、思い切り吐き出すことに集中して、
落ち着けるよう応援しています。
バッチリアドバイス、ありがとうございました!
2018-01-18 木 19:32:22 | URL | ナカリママ [編集]
mikotoさんへ
こんばんは。
東海大地震も、南海大地震も、心配ですね。
防災準備は大事だな、と我が家でも、
モノの置き場所など見直しているところです。

Avrill Lavigne、
聴いてくださって、励まされたと言ってくださって嬉しいです。
ナカリは、結構洋楽も聴くので、元気の源になればいいなあ・・・

編み物は、私も、モチーフ編みです(^-^)
アトリエの待ち時間と、今日の当事者会の待ち時間に、
1枚ちょっとできました。
あとで写真をアップしますね。
私の方こそ、mikotoさんのコメントに励まされました。
ありがとうございました。
2018-01-18 木 19:37:58 | URL | ナカリママ [編集]
自分は当時東京郊外の実家にいたので、阪神淡路大震災は一連の報道を見て知りましたが、ナカリママさんも被災されてたんですね。
当時は地下鉄サリン事件とかいろいろあって、不穏な空気が流れていましたが、事件や災害の当事者にとっては何年経っても忘れられるもんじゃないですよね。
阪神淡路大震災は当時大阪から都内に出稼ぎに来てた大坂人にいちゃもんつけられたり蹴り入れられたりしてすっかり大坂人が嫌いになりましたが、阪神淡路大震災が無ければバイト先の大坂人にいちゃもんつけられたり蹴り入れられたりすることもなかったと思いますね。
そういった意味では自分も阪神淡路大震災の被害者だと思います(´・ω・`)
2018-01-18 木 22:48:35 | URL | ponch [編集]
ponchさんへ
こんばんは。

当時、大阪でも、北部と南部とでは温度差がありました。
今住んでいる辺りは北なので、周辺で被災した方たちも多かったみたいです。
地震の際は河内だったので、とても被災とまでは言えないですが、
余震の怖さや、四六時中大型ヘリを見かける不安な日々は、忘れられません。
そういえば、地下鉄サリン事件も同じ年でしたね。
ponchさんは東京におられたので、その方が身に迫る恐怖だったかも・・・
と、改めて振り返りました。

大阪人もいろいろですが、ponchさんにいちゃもんつけたり蹴り入れたりした人、
残念というか、腹立っちゃいます、ひどい目にあいましたね、お察しします。
腹立たしいことを思い出させてしまってごめんなさいね。
ナカリとも何度も話してるんですが、嫌な人は居るので、
今更過去には戻れないし、自分自身で気持ちを立て直すしかなくて苦しいけど、
ponchさんも、少しでも穏やかな気持ちを維持できますように。
コメント、ありがとうございました(*‘ω‘ *)


2018-01-18 木 23:22:18 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad