■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

お騒がせしました
寒波と低気圧で、愛媛でもブルブルの毎日でしたが、
何とか無事に帰宅出来ました。
留守中にもご訪問いただいていて、ありがとうございました。


ひとつ前の記事では、
スマホからの実験が上手くいかなくて、巨大画面がいきなり・・・で、
一部、スマホユーザーの方にはウケていただけましたが(笑)
パソコン画面は更に謎な状態になってしまっていて、ご心配おかけしました。

ん~~、まだまだネットの奥深さに翻弄されています。
(というか、パソコン入力の基礎が分かってないので、
横文字が並ぶともうアウト状態で、お恥ずかしい限りです)



帰省中に、ナカリは本当に良く頑張りました。
サンちゃんとカゲウラさんの大冒険第3弾も、
ナカリのブログにそのうちアップされると思います…(^-^)

でも、
人混みの中を移動することは、私が考える以上にナカリには苦行のようで、
そのことも、今回改めて認識させられました。

休憩が必要、無理は禁物、これに尽きますね。


ところで今回、両親の昔のアルバムをじっくり見てきましたが、
帰る直前に、叔父と一緒に見た写真を2枚だけアップさせてください。
どちらも、母方の親族の集合写真です。
母が、写真の裏に名前を書いてくれていたので誰が誰か分かりました。
2枚とも、昭和20年春、と記されていました。
リンク先のmikotoさんが、時々昔の写真をアップされておられるのが、
いいなーと思っていたので、私も少し真似してみます(^-^)


ルーツ1
前列真ん中あたりで、はだしでモンペをはいて座っているのが母です。
後列真ん中に、母の両親、母から見た父方の祖父母、が写っています。
私のルーツになります。
明治生まれの祖母(後列左から3人目)は、叔父によるとかなりハイカラだったそうで、
当時としては珍しい「恋愛結婚」で、長男の嫁になりました。
若い時の祖母の写真はあまり見たことがなかったので、
これを見て、ほ~~確かにちょっとハイカラじゃん、と思ってしまいました。

ルーツ2
こちらでは一番左端のセーラー服姿が母、隣が祖母、真中が曾祖母です。
祖母の弟が、航空隊の特攻に行くことになったので、
最後の写真として集まれる親族で撮ったそうですが、
その本人は無事に生き延びて、
祖母のきょうだいの中で、ただ一人、今も存命だそうです。
人生分かりませんね。


自分につながるルーツ、ということでは、
お墓参りで、父方の先祖の墓も一緒に見てきました。
江戸時代のお墓から、明治大正の年代が記されたお墓まで、
「ご先祖様」が眠る石碑は、字が消えかけたものが多く、
会ったこともない人たちですが、自分に繋がる過去の人たちということで、
なんだか不思議な気がしました。


これから少しずつ、日常に戻っていきますね。
見てくださってありがとうございました。

皆さんも、どうか寒さに気をつけてお過ごしください。


猫バンバン



未分類 | 20:48:44 | トラックバック(0) | コメント(18)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-12-10 日 00:10:27 | | [編集]
おはようございます
いやあ、昨日は驚きました。
いきなり巨大な画面・・・(笑)
私は機械音痴なので、ブログは基本の文書作成しかできません(^^;
ナカリママさんはチャレンジャーですね。

昔の写真・・・ナカリママさんのルーツ。
命がこうやって受け継がれ、今ここに自分が存在していると思うと、不思議な感じがしますね。
そして、その命はナカリさんへ。

時々、私という命は、生かされているのだなあと感じることがあります。
私は子どもがいないので次の世代へつなぐことはできませんが、私がかかわった人たちの人生に痕跡が残っていれば、わずかでも受け継がれていくのかもしれません。
受け継ぎ、かかわり、未来へとつながっていく命。

今の命を大切に生きようと思いました。
ありがとうございました(*´ω`)
2017-12-10 日 07:27:09 | URL | かな [編集]
お帰りなさい。思い出と最後の対面、きついところもあるでしょうが、区切りをつけるということですよね。
家族・親族の集合写真。そういや、ウチなんてそういうのないんじゃないかと・・・。こういうの、昔の習慣なんでしょうね。今、なさそう。
多くの人とのつながりで命がこれからもつながっていく・・・。
大切に、大切に・・・。
まだまだ疲れがでてくるかもしれませんので、ゆっくりお過ごしくださいね~。
2017-12-10 日 07:45:40 | URL | 馬場亜紀 [編集]
ここまで勢ぞろいしているお写真貴重ですね^^

デコ母とかの写真でも親あたりで終わってるもの
先祖代々受け継がれて今自分があるのよねっ

絶やしていけないルーツ
これからも繋がるものっ

ナカリちゃんお疲れさま^^
ゆっくりおやすみっ
2017-12-10 日 07:58:59 | URL | デコ [編集]
おはようございます。
うちは親せきが少なくて東京にいるときは全くと言っていいほど付き合いがありませんでした。唯一付き合いのあった父方のおじは今は行方不明、いやな奴だったからどうでもいいんですけど。
こちらに引っ越して今まで知らなかった血縁者と初めましてしているような感じです。
いろいろあったのでしょうけど、昔の写真って幸せそうに見えますね。
2017-12-10 日 09:21:27 | URL | すくなひこな [編集]
鍵コメントさんへ
こんにちは。
こちらこそ、いつも嬉しい情報をありがとうございます。

特攻には、海軍と陸軍とがあったのですね。
元職場の上司も、父と同い年で、少年航空兵の特攻部隊生存者でした。
命を落とした人、生き残った人、それぞれに家族の物語があったのだろうと、
昔の写真を見ると考えさせられます。
次の世代に引き継ぐことを考えて、今を生きないといけませんね。
今後ともよろしくお願いします。
2017-12-10 日 12:58:33 | URL | ナカリママ [編集]
かなさんへ
こんにちは。

それはそれは驚かれたことでしょう!
ビックリさせてしまって、すみませんでした。
私も昨夜パソコンから自分のブログを見て、初めてコトの次第を知り、
ええ~~、ナニコレ?状態(爆笑)でした…。

パソコン操作には私もあまり自信がないので、
まだSSL化にチャレンジできてないんですが、
実家に帰ってスマホだけの状態が、
かえって、やる気スイッチを押したみたいです(^-^;)
結果はさておき、
「コード変換」という仕組みがあることを、
ちょっと理解できた気がします。
なにごともプラス思考で行かなくちゃ!ですね。

昔の写真も見てくださってありがとうございます。
我が家でも、子どもたち二人とも「孫は諦めてね」と言っているし、
私自身もこれ以上の子(孫)育てはとても無理無理なので、
子孫に何か残すという感じではありませんが、
もっと大きな視野で、人類全体から考えて、
後の世代に何らかのプラスを残せたら、という気持ちはあります。
いのちがつながっていく、って、
具体的な「血筋」とは別問題だと思います。
かなさんに強く同意!共感します。

こちらこそ、あたたかいコメントをありがとうございました(^-^)

2017-12-10 日 13:10:54 | URL | ナカリママ [編集]
馬場亜紀さんへ
こんにちは。

「片づけ」といっても、実質、廃棄していく作業なので、
想い出とサヨウナラをする、軸足を過去から未来に移す、という感じで、
たしかに辛いものもありますが、
いつかは誰かが処分しないといけない、ということを実感できて、
自分自身の終活についても考えさせられる作業になっています。
これからも時間をかけて、ゆっくり進めていきますね。

家族(親族)の集合写真、って、冠婚葬祭の時にしか撮らないものと思っていたので、
祖母の世代が、戦時中にこんな風に写真を残していたことに改めて驚きました。
私から見た祖母の思い出、ということが、
ナカリから見た「おばあちゃん」つまり私の母の思い出になるんだな、と、
感慨深い気持ちでした。
いのちのつながり、を、大事にしたいです。

いろいろお気遣いもありがとうございました。
亜紀さんところも、寒さ厳しいことと思いますので、
気をつけてお過ごしくださいね(^-^)


2017-12-10 日 13:18:30 | URL | ナカリママ [編集]
デコさんヘ
こんにちは。

そうなんですよ!よく見たら3世代集合のにぎやかな写真でした。
だいぶ前に、この写真を見つけた、ということで、
母と叔母が昔話に花を咲かせていた記憶があるので、
その時に話に入って一緒に聞いておけばよかった、と、残念に思いました。
昔の話を聞けるうちにいろいろ聞いておく、って、
(自分も忘れちゃうかもしれないけど)大事なことだなーと思う・・・ようになったのは、
年をとった証拠なのかなあ(^-^;)

ナカリもほんとにお疲れさまっ、でした。
人混みが苦手なのに、がんばって一緒に行動してくれたので、
成長を感じると同時に、ありがたく思いました。
あ、
萬翠荘にもナカリ&サンちゃんたちを連れて行きましたよ!
また報告します~
コメントありがとうございました(^-^)
2017-12-10 日 13:28:04 | URL | ナカリママ [編集]
すくなひこなさんへ
こんにちは。

すくなひこなさんのところでパソコン指南記事を読ませていただいているのに、
まだまだSSL化をためらっている状態の私です・・・(笑)。

今回はユーチューブのコード変換、というのをやりかけて、
何故だか巨大画面になってしまい、
それを修正するには、
ある程度プログラミング言語が分からないと無理っぽい、
と思って、そこまでで、チャレンジ終了となりました(^-^;)

常々、
息子から「パソコンは魔法の箱じゃないで」と言われ続けながら、
ナカリと一緒に通信制高校の授業でかじった程度の基礎知識オンリー、
かつ、既存のフリーソフトに頼りきっているブログライフです~

でもこれからも、おっかなびっくり、
ちょっとずつチャレンジしていきますので、
よろしくお願いします。


親戚づきあいは、私も遠慮したい方なので
(特に父方とは御免こうむりたい!)、
冠婚葬祭以外で一緒に写真、とか、考えられません~。

祖母の世代には、「写真」って貴重だったと思うので、
それだけ横のつながりも強かった、ということなんでしょうね。
人間関係では、いいことも、つらいこともいろいろあったみたいです。

年代的には無理だったけど、
もう少し大人になってから祖母の話を直接聞きたかったな、
と、写真を見て、しみじみなつかしく思いました。
母にとっても大きな支えだった祖母に、改めて感謝しています。

>幸せそうに見える
と言っていただいて、なんだかホッとしました。
ありがとうございました(^-^)
2017-12-10 日 13:49:54 | URL | ナカリママ [編集]
こんばんは。
先ほどはコメントをありがとうございました。
お庭のお掃除もされるとありましたので
今頃お疲れになっているのでは?
大丈夫ですか?

昔の集合写真の子供たちはとても可愛いですね。
とくにナカリママさんのお母様たちの
おかっぱが可愛いですね。

特攻隊員の方たちは特攻前には
家族と記念写真を撮られたのでしょうね。
皆さんどんな想いを胸に写真におさまったのでしょう。
まっすぐにレンズを見つめる曾祖母様が印象的でした。
貴重なお写真をありがとうございました。

2017-12-10 日 17:14:58 | URL | mikoto [編集]
mikotoさんへ
わあ、こちらこそ、早速お返事ありがとうございます。

庭の枯れ葉はかなりの量で、袋いっぱいになりました!
でも、たいした広さでないので、疲れるほどではないのですよ(笑)
前の台風の時、外の溝掃除の際に指を挟んで爪が黒くなってしまったので、
外回りの掃除の方を気をつけて行いました。
(特に、落ち葉は隣のお宅のガレージに舞い散ってしまうので気を遣います)

昔の写真、mikotoさんに触発されてアップしたので、
見ていただけて嬉しいです。
たしかに昔はみんなオカッパ、そのあとは三つ編み、でしたね。
同じ髪型なので、誰が誰やら状態ですが、今見たらなんだか可愛いです。

母から見た叔父が特攻に行ったという話は、
子どもの頃からよく聞いていました。
その時がいつなのか、という話は、たとえ家族にも出来ないので、
「出立の際には、故郷の町の上を旋回してから敵地に向かう」
そういう言葉だけ残して行ったそうです。

母方の直系の曾祖母になる人のこと、私はあまり話を聞かないままでしたが、
この写真を見て、
自分の息子が特攻に行くということを真正面から受け止めた女性の厳しい表情、
を見て取って、会うこともなかった曾祖母に、
平和を誓い直す思いでいっぱいになりました。

mikotoさんの昔のお写真も、また見せてくださいね。
コメントありがとうございました(^-^)
2017-12-10 日 17:45:26 | URL | ナカリママ [編集]
白黒の写真、珍しいというか懐かしいというか。
自分の小さい頃の写真はこんなのばっかしでしたよ(^^♪
久しぶりにアルバムをひっくり返してみました。
懐かしいものを有難うございました。
2017-12-10 日 18:24:11 | URL | ミドリノマッキー [編集]
ミドリノマッキーさんへ
こんばんは。

そうですね、私の子ども時代も、まだ白黒写真でした。
アルバム自体、糊で貼って直接書き込む形(両親は万年筆)で、
表紙も布製だったりして、手に取るだけで懐かしさがこみあげました。
ミドリノマッキーさんのアルバムもそんな感じでしょうか。
時にはゆっくり想い出をたどる時間も必要ですね。
こちらこそ、嬉しいコメントをありがとうございました(^-^)
2017-12-10 日 18:46:13 | URL | ナカリママ [編集]
ナカリママさんへ
昭和20年‥
8月15日は終戦記念日ですね。

その前後は
一番貧しい時のような気がしますが
お写真を見ますと
なるほど!ハイカラですね!

写真を撮る余裕があったことで
素敵な御一族だということがわかります。

昔のお写真っていいですね!
私も母のところに行った時にでも
数枚貰ってこようかな?

何だかご先祖様を
ゆっくり見て見たくなりました。
2017-12-11 月 00:17:36 | URL | iomama [編集]
iomamaさんへ
こんばんは。

そう、敗戦の少し前ですよね。
母からは、空襲でみんなで逃げた話や、真近から機銃掃射を受けた話も聞いていたので、それなりの覚悟の集合写真だったのかもしれません。
戦時中に満州からみんなで引き揚げたとか、母や叔父叔母は疎開させられたとも聞いているので、どういうタイミングだったのかなあ。
今となっては、幼かった叔父の記憶に頼るしか、知りようがないですが。

聞けるうちに、いろんな話を聞いておくのがいいなあと思いました。
iomamaさんのお母様からも、お話伺ってくださいね(^-^)
懐かしい写真が見つかるといいですね。

コメントありがとうございました。

2017-12-11 月 00:53:34 | URL | ナカリママ [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-12-11 月 06:14:45 | | [編集]
鍵コメント2さんへ
こんばんは。

ほんとに、今回もシンクロしましたね。
なんだか不思議で、嬉しいです。
コメント欄が上手く復旧しますように(^-^)
2017-12-11 月 20:40:39 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad