FC2ブログ
 
■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

14年前の貼り紙 「おちつけ体操」 を見て思い出したこと
ついに12月になってしまいました。
プロフィール写真を変更したのに気づいてくださって、ありがとうございます(^-^)
ponchさんからいただいた画像の背景を、
ペイントで四苦八苦してクリスマスバージョンにしてみました。
今月は、この雰囲気で明るく過ごせたらいいなあ。


このところ落ち着いているナカリですが、
数日前に、
友達のお母さんからペアレントトレーニングについて問い合わせがあったので、
小3の頃に療育に通った施設で保護者向けの研修を受けた際の資料を、
久しぶりに引っ張り出してみたら、
当時、壁に貼っていた「おちつけ体操」が出てきました。

おちつけ体操

学校では出さなくても、溜め込んだ気持ちを家で爆発させ、
かなり激しいパニックや暴言に悩んでいたのを思い出しました。
ドクターや療育の先生からは「言葉通り受け止めないで」と、
何度もフォローされつつも、
横で頻繁に耳にすると、どうしても聞き流せず、
いろいろ話して、書いて、貼り紙して、
過激な言葉を減らすべく、四苦八苦でした。

小3貼り紙

本人も、自分なりに噛み砕いて表現し直したものを、貼り紙にしていました。

小3貼り紙 その2

メモによると、
「〇〇死んじゃえ」
死んじゃったら、○○くん、お母さんやおばあちゃんと会えなくなっちゃうんだよ
「○○くんのお母さん、知らないもん」(=だから私は構わない)
・・・

うーん、今のナカリも、まだ近い発想はあるなあ。
自分が嫌だと思う相手、腹が立つ相手は、居なくなってほしい(死んじゃえばいいのに)、
というようなことは、時々口をついて出てしまいます。
直接相手に言うわけではないんですが、
聞いていると苦しくなります。

こういう「言葉」も、どこかで耳にする中で、学習したんだろうなと思い、
学校の授業として「チクチク言葉とフワフワ言葉」の学習もあったなあと思い出し。

当時のメモです。

「おかあさん、昔、って、行ったことある?」
「○○さんと、クラス、はぐれたね」
「あまい、と、さわやか、の違い、分かる?」
「派手って何? かっこいいこと?」
「うらみっこ、って何? まちぶせ、って何?」
「文句ってどんなとき言われるん?」
「ひそひそ、とか、どうやってするん?」
「なんで女の子、小さい声で言うの? ナカリ、よくわからない」



・・・日本語を外国語のように身につけてきた様子がうかがわれます。
友達文化、的なもの。
分からないなりにその中に身を置くことで体感しながら、
こういうこと、ひとつひとつ学んできたんだね。
いろんなこと、ひとつひとつ乗り越えてきたね。

あたたかい言葉をしっかり胸にしまって、
できるだけ落ち着いて、穏やかな時間を過ごしていこう。


「クリスマス」がある12月。
慌ただしいけど、静かにいろんなことを味わいたいな、と思った「1日目」でした。
14年前の小さなナカリを思い出しながら、おやすみなさい






猫バンバン



思い出 | 23:49:31 | トラックバック(0) | コメント(14)
コメント
これってさっ
当時のナカリちゃんの心の中が
素直に表現されていて

いけない言葉もあるけれど
口に出せなかった分
口に出しちゃった分

言葉に残し当時こうだった
ナカリちゃんもこのような心の中だった

たくさん闘ってたんだなぁって
しみじみ思いました

小さな心の中で
たくさん葛藤していたんですよね

だからこそ今がある
あったか~ぁい今
2017-12-02 土 03:29:33 | URL | ♪デコ♪ [編集]
最後の「ちくちく言葉とふわふわ言葉」に泣けてきました。
文句って?
なんで小さい声で?
辛かったやろうなあ・・・。
文句なんて、どんだけ自分ががんばってても言われるときは言われるもの。相手次第ですもんね。
ひそひそ話し、小さいときからやり始めますね。幼稚園くらいからかな?共有感を得られる反面、そこに入れない子の淋しさがあります。だからって悪いものとは言い切れないし。
日常の、普通に行われている疑問視されない疑問に気づける大人でありたいなと、こちらに訪問するたびに思います。
いつもありがとうございます。
2017-12-02 土 07:56:08 | URL | 馬場亜紀 [編集]
おはようございます
ナカリママさんとナカリさんが一緒に歩いてこられた道のり・・・
舗装されてなくてデコボコで、雨が降るとさらに歩きにくくなって。
でも、一緒に歩いてこられたのですね。
一歩一歩、一緒に確かめ合いながら。
深く…深く心に響きました。

「チクチク言葉とフワフワ言葉」、いいですね。
事業所に通う発達障害の人たちは、自分の言葉を探り探り話しています。
「今の言い方、大丈夫ですか?」と確認したり。
大人になっても、「チクチク&フワフワ」の発想は大切だなあと思いました。
ありがとうございます(*^^*)
2017-12-02 土 08:22:34 | URL | かな [編集]
昔の話
おはようございます。

ナカリちゃんの昔の話…
色々と大変な事があったんだね。
でも今となっては良い思い出になっているのかなぁ?

一歩ずつ前進ですね。
2017-12-02 土 10:16:18 | URL | kaion [編集]
こんばんは。
いつ寒くなるか、と構えていますがなかなか寒くなりません。
寒がりの自分にはありがたいことです(^^♪

おちつけ体そう、いいですね。
これを見て、当時かなりの葛藤があったのだろうなと感じました。
現在これらの事象が減ってきているのであれば幸いです。

なお、これらのことは自分が他の人と接する中でも起こりうることなので全部メモさせてもらいました。
一休さんも言ってましたよね。「あわてな~い、あわてない」

2017-12-02 土 20:51:35 | URL | ミドリノマッキー [編集]
♪デコ♪さんへ
こんばんは。

今、振り返ってみたら、本当に嵐の中を荒波に揺らされて、
何度も転覆しながら、ここまで来たんだなと思います。
うんと小さかった頃は、それでもまだあたたかい出来事が浮かぶけれど、
小中学校時代は、苦しいことの方が多かったなあ。

家の中、いろんなものを壊して、
心の中も、いっぱい傷つけあって、
よく生き延びてきたなあ~と思い返すばかり・・・。

でも、だからこそ今、穏やかな時間を過ごせてるのかも。
改めて感謝です。

ともに感じ取ってくださってありがとうございました。
2017-12-02 土 20:57:49 | URL | ナカリママ [編集]
馬場亜紀さんへ
こんばんは。

少し前に、テンプル・グランディンさんの文章を読んだら、
彼女も思春期に、周りの女の子の輪の中に入れない自分を自覚して、
一生独身でいよう、子どもは持てないと思い、仕事一筋の人生を選んだ、
というようなことが書いてあって、
思春期のナカリの心の中はどんなだったろうか、と改めて胸が痛みました。

小学校の頃のナカリの周りの女の子たちは、
多分、当人たちも、相手を傷つけているなんて意識しない程度に、
「当たり前に」「楽しく」やりとりしていたんだろうな、と思いつつ、
一方では、年齢が上がるにつれて、
ちょっとした「いじわる」が入った対応もあったかもしれないな、と
(実際、ナカリはそのことを訴えていたけれど、
「被害的な受け止め」と、十分共感しきれていなかった気がして)
今、思ってもどうしようもないけれど、
残念だなあと降り返ってしまいました。

>泣けてきた
そんな風に我が身に引きつけて受け止めてくださってありがたいです。
こちらこそ、ありがとうございました。
2017-12-02 土 21:25:37 | URL | ナカリママ [編集]
かなさんへ
こんばんは。

チクチク言葉とフワフワ言葉、の授業は、広がっているみたいですね。
実際に子どもたちの間で使われている言葉を拾って、
みんなで一緒に仕分けしてみて、フワフワ言葉の方が気持ちいい、
と実感することで、日常のやり取りを見直していこう、という取り組みみたいです。

家庭の中でも、イライラした時にはつい、チクチク言葉を発してしまうので、
今でも大事なことだなあと、振り返って気がつきました。

でこぼこ道を一緒に歩いてきた・・・
その経験を、ともに感じていただけて感謝です。
かなさんも、いっぱいいろんなでこぼこ道を乗り越えてこられたからこそ、
思いやってくださるのだろうな、とあたたかい気持ちになりました。
こちらこそ、ありがとうございました。
2017-12-02 土 21:31:06 | URL | ナカリママ [編集]
kaionさんへ
こんばんは。

まだ渦中のときに、ご訪問いただきありがとうございます。

振り返れば、あれもこれも今は思い出・・・なのですが、
学校時代の出来事は、なかなかセピア色にはならなくて、
今でもフラッシュバックするので、ケアが必要です。
でも、当時の嵐に比べたら、ずいぶん穏やかになりました。
時間が解決してくれること、
本人の成長が解決してくれること、
があるんですね。
こうして改めて昔の記録に触れると、感慨深い気持ちです。

コメントをありがとうございました。
2017-12-02 土 21:34:49 | URL | ナカリママ [編集]
ミドリノマッキーさんへ
こんばんは。

おちつけ体操、は、通っていた療育施設の先生とも一緒に考えました。
子ども向けの本にも同じような内容が載っていたので、
こうして描いて壁に貼って、いつも意識するようにしていました。

昔のことを思うと、今は本当に落ち着いています。
それだけでも十分感謝です。

一休さんの「あわてな~い、あわてな~い」は、いいですね!
アンガ―マネジメントでも、6秒ルール、とかもあるみたいです。
一呼吸おいて、数を数えるのは結構効くみたいなので、
何度も実践しましたが、それを上回る感情に飲み込まれて失敗・・・
ということも多々ありました(^-^;)。
たくさんの反省の上に今があるなあと思うし、
成長も実感しているので、
これからも、前向きに支えあっていきたいです。

コメントをありがとうございました。
2017-12-02 土 21:48:53 | URL | ナカリママ [編集]
ナカリママさんへ
こんばんは!

言っていいことと言ってはいけないこと
大人になっても
分からない人がいるような気がします(^^;;

私も時に夫に‥(^◇^;)ね。


ナカリちゃんが
書き出したものを読んでいて
私自身改めて反省もしました。

日本語って特に曖昧な表現があり
「いいです」などはどちらの意味にも
なってしまい、わかり難いですね。

ナカリちゃんは
ひとつひとつ学び努力されてきたのね!

私もまだまだ学びの途中です。
ナカリちゃんを見習わなくちゃ!
2017-12-03 日 00:57:58 | URL | iomama [編集]
iomamaさんへ
こんにちは。

小さい頃から、ナカリの感情の起伏は激しくて、
エネルギーいっぱいで、周りを巻き込んでしまう、
そばに居て全部受け止めたら大変ですよ、
と、ドクターや療育の専門家から何度も言われてきました。
ほんとに大変なのは本人なんですけどね。
こちらも忍耐が切れては、あとから反省の連続でした。

iomamaさんの寄り添い方をみて、反省、は、こちらこそなのです。

こうやって、お互いにぶつかったり、許し合ったりしながら、時間を重ねて、積み上げられる関係もあるんですよね。
反省もしながら、やっぱり前むきに関わり続けたいです。

ご自身に重ねてのコメントをありがとうございました。
2017-12-03 日 10:39:13 | URL | ナカリママ [編集]
ナカリさんはおちつけ体操なるものを実践してたんですねー。
自分はいつも頭のゆるゆる体操なるものを実践してます。
そのせいかブログの記事がときどきくだらない内容になります(^q^)
2017-12-04 月 17:48:22 | URL | ponch [編集]
ponchさんへ
こんばんは。

昔のナカリは、ほんとに活火山のように爆発すると大変な状態でした。
取っ組み合いになることも何度もあって、
怒鳴ったり、ものを壊したり、暴言吐きまくりで、
ご近所さんに虐待を疑われるのを危惧したほどです(^-^;)
苦肉の策での貼り紙でしたが、本人も一緒に作成できたので、
当時としてはある程度の効果を発揮したかなあ、と思い出しています。

ゆるゆる体操もいいですね!
むしろ、今はそれが必要かも・・・です。
ponchさんの記事は、ゆるめなのも硬派なのもいろいろあって、
いつも楽しく読ませていただいてますよ!
コメント嬉しかったです、ありがとうございました。
2017-12-04 月 21:21:47 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad