■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

自閉っ子がハマるおもちゃ、ハンドスピナー
ご訪問ありがとうございます。

先日の親の集まりは、夏休み中の子どもたちも一緒に参加してにぎやかでした。
学生ボランティアさんたちに保育をお任せして、母達はおしゃべりしていましたが、
小学生の男の子たちに、お気に入りのおもちゃ、ハンドスピナーを見せてもらいました。

回るものが好き、という自閉っ子が多いので、確かに、このおもちゃ、ハマりそう・・・



他のママたちも「どこで売ってんの?」「いくら?」と興味津々。
買ったお母さんが「500円やで~」と言うと、
すかさず横からお子さんが「498円!」と訂正(さすが数字に細かい!)
手のひらサイズなので、どこにでも持って行けるし、一人遊びできるし・・・
ということで、重宝しているそうです。

検索してみると、もともとは筋力が弱い病気の子どもさんのために開発されたとか。
自閉症の子にも人気というのは、先に流行しているアメリカでもそうみたいです。

ちょっとしたことだけど、
子どもが小さい頃、外出先での「待ち時間」をどう持たせるか、
昔も、みんなそれぞれ、いろんな工夫をしていたのを思い出しました。
常に迷路と鉛筆を持ち歩く、と言ってた人や、折り紙や、携帯ゲーム機や・・・
当時、こんなおもちゃがあったら、きっと大活躍したんじゃないかと。
ああ、小さい頃の子どもたちと一緒の夏休みって、ほんとに毎日が大変だったなあ。


私たちが通った施設の同窓会として始めた、この、親の集まり。
1回目が1999(平成11)年の11月11日だったので、
この秋で18年になります・・・
18歳というと、障がい「児」が障がい「者」、に変わる年。
ほぼ毎月1回のペースで、我ながらよく続けてこられたと思います。
会費も会則も役員もなにもない、出欠連絡も必要ない、ただ集まるだけの場、
なので、参加者も入れ代わり立ち代わり・・・とにかくホッと出来る時間、を心がけ、
行きたい、行ける、人だけで、毎回、なんとなく、それなりに、しゃべって過ごしています。
言い出しっぺの私が都合つかない時には、誰かに頼んでやってくることができました。
感謝です。
略称「あいあいママの会」と呼んでいる、この会に、情報提供に来られた
放課後デイサービスを運営されておられる方が、「習字が趣味なので・・・」と、
プレゼントしてくださった額です。

額


ものすごく幅広い年代の子どもたちの親が一つの場に集まって話せる、って、
お互いに刺激になってありがたいです。
今回も、昔を思いだして懐かしい時間を過ごすことができました。
小学校低学年男子のエネルギーって、すごい! ママたち負けずに頑張って~!


追記

ナカリにもハンドスピナーの映像を見せたけど、
彼女はあんまり興味なさそうでした(^-^;)

でも、後輩ママの参考になれば、と記事にしてみました。
結構、大人がハマったりして(笑)






未分類 | 16:40:07 | トラックバック(0) | コメント(10)
コメント
はじめまして。
コメントありがとうございます(^_^)
僕は今、うつで通院してまして自宅療養中です。社会復帰できればと思ってますが中々難しいですね。
自宅で過ごすだけだと体に毒だと思ってカメラを始めた次第です。
良かったらまた遊びに来てください!
2017-07-26 水 17:08:36 | URL | 和尚 [編集]
和尚さんへ
こちらこそ、コメントありがとうございます。

自宅でずっと過ごすのは、なかなか辛いですよね。
我が家の娘(ナカリ)も、退院後、まずは留守番できるように・・・から始めて、
少しずつ外へ、と再チャレンジしてきました。
今は、だいぶ出られるようになって落ち着いています(^-^)

私も写真を見るの好きなので、また、伺いますね。

2017-07-26 水 19:24:01 | URL | ナカリママ [編集]
こんばんは。
先日はいろいろとご心配をおかけしました。申し訳ございません。

ハンドスピナー、わたしもハマっています。
ゲームセンターで見かけて、見本を回してみたら
勢いよく「くるくるーっ」と回るその姿に魅了されてしまって。
必死でいろんな種類を5つほど、獲得しました。
手持ち無沙汰なとき、家でひとり回して暇つぶしできますし
PSWが訪問看護で、一緒に家へきたときに見せたら
とても気に入って、ひとつ持って帰っていきました(笑)
後日きいたら、知り合いの子にあげたそうです。とても喜んでいたとか。

技もいろいろあるようで、本当に大人も子どもも楽しめるものだと思います。
2017-07-26 水 19:35:44 | URL | k.s. [編集]
k.s.さんへ
コメントありがとうございます。
大人もハマりそう、と思ったら、既にご存じだったんですね!
私も初めて見て、ちょっとワクワクしてしまいました。ユーチューブを見たら、いろんな技も投稿されていてビックリしました。光るのもあるし、形もいろいろで、k.s.さんが5つ入手されたお気持ちが分かります!
ナカリはさほど反応してくれなかったけど、私が欲しくなってます…^_^
2017-07-26 水 22:04:41 | URL | ナカリママ [編集]
こんばんは。

ハンドスピナー…自分も思わず映像の回ってる所を「じー…」と見つめてしまいました(笑)
どういう仕組みになってるのか興味湧きますね。お子さん達に人気出るのもわかります。
話は変りますが、お母様方で集まって何となくお話をするってのは良いですね。
僕は外野なので大層には言えませんが、何と言うか「自分は独りじゃない」と思える空間という感じがします。

それにしても思うのですが、最近は昔に比べると多少は障害を持つ人達に優しい社会になってる…ようないないような。
身体的バリアフリー化はゆっくりですが進んでいると実感出来ますが、精神的なほうは今ひとつでしょうか。
自分が子供の頃はダウン症の幼馴染がいましたが(もう亡くなりました)、
彼と遊んでると他の子達からここで言えない様な差別根性丸出しな侮蔑を情け容赦無く浴びせられたり、他にも色々ありましたが、
今でも世の人々の考え方捉え方ってあまり変ってない気がします。
ネット掲示板等でも酷い言われようですよね。ああいう所って本音が出るんでしょうけどやっぱり心の汚い人が多くて疲れるので僕は殆ど見ません。
心身ともに健常者扱いであろうとそういう手合いは言葉が悪いですが性格的障害者だなと思います。

そんな事がまかり通ってしまう嫌な世の中ですが、やはり僕は心の汚い健常者よりは何かしらハンデを負った人の味方で居たいです。
僕自身がとてつもなく世の中生き難いと感じているのもありますし…。
2017-07-26 水 22:33:15 | URL | いぬふりゃ☆ [編集]
いぬふりゃ☆さんへ
こんばんは。いっぱいコメントありがとうございます!

ハンドスピナー、面白そうでしょう?子どもだけじゃなく、大人も楽しめる感じでした。これで夏休み対策になるご家庭もあるのでは…と(^^;)

生きづらさを抱える方たちが、ハンディのある子どもたちを理解してくれるのは、とても嬉しいです。世の中全体でも、そうなればいいのになあ。
昔、ナカリが書いた作文を読んでくれた、友達のお父さんが、ナカリのことを、とてもほめてくれて、逆にナカリを外す子の方が心の障がいがある、と、一緒に憤慨してくれたのを思い出しました。

人としての優しい気持ちを持っているかどうか、大事なのはそこだと思います。
思いやりのある世の中になってほしいです。心強く思えるコメントを、重ねてありがとうございました。

2017-07-26 水 22:54:16 | URL | ナカリママ [編集]
実は俺も持ってたりするww
2017-07-27 木 00:27:09 | URL | K's [編集]
K'sさんへ
え!えぇ〜っ!? …いいなあ〜〜
ますます欲しくなっちゃいました!
2017-07-27 木 06:00:37 | URL | ナカリママ [編集]
ハンドスピナー・・・、先日久しぶりに本社に立ち寄ったら、私の机に誰かが置いていました(笑)
何ナノ?
コレハ?
とそこで初めて知りましたが、一体何を目的にやればよいのか・・・(笑)

しかも大人でもハマっている人が多いようなのでちょっと驚きでした。

ナカリさんの、流行なんかに流されない的な姿勢、高感度大ですよ。
私のあまのじゃくな捻くれたものじゃなく、純粋にピンとこなかったのでしょうね~?

あいあいママの会、こうした集いはいいですよね。
月1のペースとはなかなかだと思いますが、参加者が続くということはやはり皆さんもそうした場を必要としているのだろうと感じました。

そうした集いの場・憩いの場・情報提供の場を作り上げたナカリママさんの手腕、恐れ入りました。
2017-07-27 木 13:31:53 | URL | 節約ドットコム [編集]
節約ドットコムさんへ
ハンドスピナーは、私も思わず回してみたくなりましたよ(^^;) 大人もジーッと見てると魅惑されるものがありそうで、ハマる気持ち、分かります。

ナカリは昔から回りものにはあまり関心なかったですね。丸いもの、特にマンホールは大好きでしたが…(笑)

親の集まりは、こんなに長く続くとは思ってませんでした。だんだん参加者が減って、そろそろ止めようか、と思い出した頃から、次の世代の若いママ達が来初めて、クチコミで人数が増え、今は、主に成人前後の親と、小学校入学前後の親が集まってます。この中間の年代は、親自身が仕事に出たり、学校のPTAで忙しくなったりして参加出来ない場合が多いんです。子どもが高等部卒業して就労、となる頃、また懐かしくなって覗きに来てくれ、そこで若いママ達と出会う、というパターンから、新たな関係が生まれてます。

子どもへの支援は充実してきてるけど、家庭で四六時中向き合う母たちがホッと出来る場は少ないみたいなので、ニーズがあるのかなあ…。
このボランティアは、自分自身の癒しにも勉強にもなるから、人が集まる限り続けていきたいです^_^

コメントありがとうございました。


2017-07-27 木 19:35:56 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad