■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

発達障がいを抱えながら(そうでなくても)、それぞれの道を行く
ご訪問ありがとうございます。

連休で、息子が帰宅しました。
昨夜、初めて、名刺をもらいました。
感動~
亡くなった両親にも見せてやりたかったな。

今朝は久しぶりに息子のピアノを聴けて幸せ。
楽譜が無いので、スマホを見ながら弾いていたヴィターリのシャコンヌ。
ユーチューブで検索していたら、「グリュミオーのが良いんだよ」と、
さささっと英語入力。おー、もう母にはできんことばかりだ。
同じ譜でも、弾く人によってバイオリンの音色が違う、くらいは、聴き比べて分かりました。

アルテュール・グリュミオー

すでに亡くなられているバイオリニスト、ピアニストです。

この間、リンク先の馬場亜紀さんのブログで、仏像修復師のコミックを知って読んだよ、と報告。

吉報配達ブログ「過去の思いを継ぎ、未来へ思いを託す」

話をしたら、うんうんと頷きながら聞いてくれて、それ、本も音楽も同じやな、と。
短いスパンでものを考えるのでなく、3ケタ以上の年代=100年、1000年単位で考える、というのは、奥深いです。

今、彼が弾いているピアノも、私が子どもの頃に買ってもらったものだから、彼よりも長生き。
本も楽器も、たいてい、自分より長生きだよね、と。
外国から古書を取り寄せたら、つい最近亡くなった学者さんの所有物だったりして、
欄外に書き込みがあったり、線が引いてあったり、それがすごく勉強になる、とも言ってました。

私はほとんど詳しくないのですが、彼は数学も好きなので、
「フェルマーの最終定理」みたいに、本の余白に書き込まれた中に大発見があったりする、そうで・・・。
余白が足りなくて、書かれてない部分に謎が残ったらしい。
うーん。

あれやこれや話す中で、
「ものすごい長い時間の一瞬を、自分が借りている」と思う、と言う息子に、
親ながら、ほほう、と、感心させられました。

大学院での最近の様子を聞くと、
やはり、指導教官の影響は大きいなと感じる、と言っていました。
文献を読む時の視点や方法が、先生のやり方に沿ってきたなと思う、とのこと。

大学時代は、研究に関しては割と放任、自由にさせてもらって、
発達障がい学生支援は事務方が行ってくださり、
本人もそれでとても助かってましたが、
大学院になると、メインの研究面で、指導者の役割が大きいみたいです。
本人の困り具合が減ったので、院からは、大学に本人の特性を伝えないまま、
成り行きに任せて、何とかやりくりできています。
直接の指導教官ではないけれど、「僕は発達障がいだから」と公言されてる先生もいらしたりして、
環境的には過ごしやすい中で、
自分の興味関心に沿った研究ができていることは、何よりありがたいことです。

よもやま話の中で出てきたのが、
学内では、中高生が学生にインタビューして回る場面も時々見かける、ということ。
先日、自分も質問された、と言うので、興味津々!
どんなこと聞かれたの?
「なぜ、この大学で勉強しているんですか?」
ここで、ハッと自分の過去を振り返ったそうで、
気がつくと暗い森の中にいるような・・・云々、思いは駆け巡ったけれど、
そんなことを中高生に話しても仕方ないので、
「ここへは大学院から入学したけれど、それは、やりたい研究ができるところだったから」
と答えたそうです。
さらに「おすすめの勉強法はありますか?」という問いに、
「図書館をたくさん使ったらいいと思います」


図書館!
魅惑的な響きです。
彼の原点は、不登校時代に通い詰めた図書館だものね。

でも、彼曰く、
「馴染みのある場所へは行きやすい。
自分にとっては図書館はそうだったけど、
あまり行ったことのない学生にとったら、行きにくいかもしれない。
それは、自分が、マクドナルドやスターバックスに入りにくいのと一緒と思う。
選挙も、投票場に行ったことが無ければ、なかなか行きにくいだろう」 と。

環境や経験、って大きいな。

それに、やっぱり、個性もあるよね。

ナカリは、
図書館、空いてれば、そこそこ楽しんで本をめくっていられるけれど、
自分から出かけていきたい場所、ではないかな。
美術館も、興味があれば一緒に出かけられるけれど、ハードルが低いわけではない。
「外出」全般が苦手なので、ネットサーフィン・・・
それも、刺激になる時は、外の世界をシャットダウンして、
自分だけの空想の世界に入り込む。
イマジナリ―フレンズ、ラバーズに囲まれた世界。

来週、アートの先生のアトリエに初めて行くから、
そこが、居心地のいい場所になればいいな。

マイペース、マイペース。

息子、がんばれ。
ナカリも、がんばれ。
母も、がんばる。
みんな、我が道を行こう。
そして、(家族とか我が子とかいうだけの意味ではなく) 未来へ、つないでいこう。



子どもの日常 | 13:23:13 | トラックバック(0) | コメント(10)
コメント
名刺
子供から名刺をもらうと感慨深いんでしょうね。
うちの息子の場合は、自分で手配しなければいけなかったので、
私が発注・受取をして息子に渡したので・・・なんとも(笑)

長い時間の一瞬を・・・って言葉、ドキっとしました。

ナカリファミリーいつも応援しています。がんばれ~~!!
2017-07-16 日 15:46:31 | URL | せいあ☆けろ [編集]
せいあ☆けろさんへ
息子さんの名刺、手配されたんですね!それもまた楽しみかも…。

いつも応援ありがとうございます。あたたかい目で見守ってもらえて、とても心強いです。がんばります〜〜(^^)
2017-07-16 日 17:11:52 | URL | ナカリママ [編集]
初めて名刺を手にしたときはカッコいいなと思ったのを思い出します。
今思うと野暮ったいデザインですけど、社会人としての自覚を促してくれました。名刺の受け渡しの作法なんかも合わせて学びました。今となっては自己流になってしまっていますけど・・・(笑)

図書館。
いいですよね。私も学生時代、通いつめました。
その時は誰がいようとも、共有スペースでありながら自分のスペースを保持していたのかもしれません。というのも、こないだ、図書館でちょっと勉強しようと、わざわざ、足を運んだのですが、勤勉な学生たちがちらほら見えて、空いてる一番端っこでちょっとだけやりましたが、何とも居心地がしっくりこなかった(異物感というのでしょうか(笑))。
夕方の3時間くらい過ごそうと思っていたのを、30分程度で早々に切り上げてしまいました。なので、ナカリさんの気持ちも多少分かるかな?
2017-07-17 月 03:36:28 | URL | 節約ドットコム [編集]
ありがとうございます
おはようございます。
息子さんとの一時の休日、いい雰囲気が伝わってきました。そしてさらに「長い時間のなかの少しの時間を借りている」と言える息子さん、素敵です。
またまた拙ブログ記事の紹介をしていただいて・・・感謝です。ナカリママ様のブログから訪問してくださっているかたもいらっしゃるようなんです。こうして縁が広がっていくんですよね。大切にしていきます。
2017-07-17 月 07:19:00 | URL | 馬場亜紀 [編集]
節約ドットコムさんへ
おはようございます。
初めての名刺、なんか嬉しいですよね。
私は社会人になっても、今も、名刺が必要でない仕事なので、自分では一度も作ったことないんです。障がいを持つ子の親の集まりで、行政や議員と会うのに要るかな、と、他のお母さんが集まり全員分を作ってくれたのが唯一です、それが嬉しかったですね〜

図書館も久しく行けてません。残念。
勤勉な学生に囲まれたら緊張しそう(^^;)

いつもありがとうございます。

2017-07-17 月 09:15:41 | URL | ナカリママ [編集]
馬場亜紀さんへ
こちらこそ、ありがとうございます。
まだ記事の余韻を楽しんでます(^^)
他の方にも紹介したい!と思ってて、息子も反応してくれたから、記事に出来て嬉しかったです。
見た方が、リンク先まで見てくださるのも、私も嬉しいです。
自分も、他の方の記事から、さらに世界が広がることが多くて、楽しいなあと思っています。こういう繋がり、嬉しいですね。
これからもよろしくお願いします〜
2017-07-17 月 09:21:28 | URL | ナカリママ [編集]
ナカリママさんへ
こんにちは。

初めての名刺..ウレシイですね!

息子が名刺を渡した初めての人は
ベッドでもう起きあがれない姉にでした。

誰が声をかけても目を覚まさずにいました。
なのに、息子が姉に声を掛け
名刺を差し出した時
身体をお越し両手で受け取ったのです^^;

それには本当に驚きましたよ。
そのあとまた
パタッと眠りについてしまったのですけどね。

息子さんの素晴らしさ!
いろんなことが親を超えていく..

これってウレシイことですよね!

>マイペース、マイペース。

>息子、がんばれ。
>ナカリも、がんばれ。
>母も、がんばる。
>みんな、我が道を行こう。

それぞれに
目指しているものがあるから素敵です!

ナカリママさんのご家族の笑顔が
ずっとずっと溢れますように!
2017-07-17 月 14:33:31 | URL | iomama [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-07-17 月 14:35:12 | | [編集]
iomamaさんへ
こんにちは。
iomamaさんの息子さんの名刺のお話…胸に沁みました。病床のお姉さまが、両手で受け取られたのですね。息子さんも、まわりの皆さんも、きっと深く心動かされたことでしょう。
今も、お姉さまは天から息子さんを見守ってくださっているのでしょう。思いやりに満ちたお姉さまのエピソードを、ありがとうございました。

力をいただいた気持ちです、それぞれの道で、私たちもがんばりますね。
2017-07-17 月 16:04:09 | URL | ナカリママ [編集]
鍵コメントさんへ
こんにちは、コメントありがとうございます。馬場さんの記事も見てくださって嬉しいです。
改めて古典の力みたいなものを感じました。保守、って、マイナスイメージが強かったのですが、先人の遺したものをきちんと受け継ぐことも大事ですね。

息子と話していると、ルネサンス、にも興味が湧きました。知りたいことはたくさんあるのに、残された人生では足りないと思うと、今さらながら、若い時にもっと‥ と後悔してしまいますが、年をとったからこそ分かることもありますものね。悲観しないで、前向きに、と思います。

また、いろいろ教えていただきに伺いますね。よろしくお願いします(^^)

2017-07-17 月 16:13:39 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad