■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

扶養家族から外れた息子、に、グールドのチェンバロ協奏曲
ご訪問ありがとうございます。

日本学術振興会の特別研究員になって収入超過が確定したので、
息子が夫の扶養家族から外れる手続きをしないといけなかったのに、
あれやこれやで後回しになっていて、
年金事務所から扶養状況確認届の提出を求められてから、
慌てて手続きをしました。
確認届で削除の手続きをすると、1カ月くらいかかるので、
急ぐ場合は直接管轄の事務センターに変更届の提出を、
と書かれていたので、そうしました。
保険証が途切れている間に何かあったら自費&後ほど清算になるので、
出来るだけ早くお願いしたい、と切手を貼った返信用封筒も入れて、
資格喪失証明書の到着を待ちました。
一昨日やっと届いて、すぐに市役所で国民健康保険に入りなおした次第です。
(夫は自営業ですが、私の実家の事業も引き継いでくれたので、一旦、国保から外れています)
保険証は即日交付されて、一安心。
明後日、帰宅するので、持ち帰ってもらうのに、間に合ってよかった。

今年は個人で確定申告もしないといけない、ということで、
やっと独り立ちしたんだな、と話していましたが、
今回の手続きで改めて実感し直しました。

ここまでよくがんばったなあ・・・。
昨日の記事で、ナカリの頑張りをカウンセラーさんが沢山認めてくださった記事を書いたけれど、
診断は受けながらも、大学までほとんどサポート無しで頑張った息子も改めて褒めてやりたい。


記念に・・・私の好きな、バッハのチェンバロ協奏曲。
バーンスタイン指揮でグールドが弾いている動画をいくつか見つけたのですが、
途中からの短いバージョンで、音質が良いものを貼りつけます。
徐々に小さく弾いていく、聞こえなくなりそうなくらいに細い音量で丁寧に鍵盤をたたいていたのが、
また一気に盛り上がって、力強く、最後はオーケストラと一体化してる感じです。
バッハの存命時には存在しなかったピアノという楽器で、チェンバロ協奏曲をこんな風に弾きこなすなんて。
わずか3分ほどだけれど、何度も聴き返してしまいます。
なんとなくだけれど、息子が歩んだ人生の波、にも重なる気がして、聴き込んでしまいました。
グールドの力強いタッチから、この先、厳しい壁も乗り越えて行ってほしいというエールも込めて。

まずはお疲れ様の想いだけでも、息子に届けばいいな。






読んだ本・文章、見た映画・ドラマ、聴いた音楽 | 23:31:20 | トラックバック(0) | コメント(8)
コメント
ナカリママさんへ
こんばんは。

息子さんが扶養家族から
ひとり立ちされたのですね!

おめでとうございます㊗️

子供の頑張る姿は
親にとってはとても眩しいものです。

手を掛けたくなる気持ちを抑えるのも
簡単ではなくて
でも、本人のためには見守ることが
大切なことをナカリママさんは
ちゃんとわかってらして凄いと思います!

子どもって
親から信じて貰っていることが
何より嬉しくて
励みにもなるのだと思います。

親ってありがたいと
心の中でも思われたら
それだけで本望ですね!

うちの子は‥
有難いと思ってなさそう?(⌒-⌒; )


2017-07-14 金 00:01:09 | URL | iomama [編集]
おめでとうございます
おはようございます。そして、心から拍手も。
息子さんも、ナカリママ様も、頑張ってこれたからこその独り立ち。子育てがうまくいったと言えますね。
私も見習いたいところです。
見守る。そして、いつでも帰ってきていいよという港になってあげること。
簡単なようで実はとてつもなく難しいことだったと思います。
ひとまず、お疲れ様でした。
2017-07-14 金 06:29:56 | URL | 馬場亜紀 [編集]
おめでとうございます
独り立ちおめでとうございます♪

サポートを受けず、悩み、立ち止まり、まわり道したり・・・
親子で辛い日々も過ごされた事でしょうが、
きっと、それがあったから今の息子さんがあるのでしょうね~。
これからの息子さんのご活躍を楽しみにしています♪



2017-07-14 金 16:44:17 | URL | せいあ☆けろ [編集]
iomamaさんへ
こんばんは。
コメントありがとうございます。

親が二人とも居なくなってから、
改めて自分が独り立ちした時の親の気持ち、を考えたりしています。
20歳になる前から故郷を離れて下宿生活、そのまま就職、結婚、と、
親に寄り添う気持ちの余裕もあまり無かった気がします(申し訳ない)。
そんな我が子を、ハラハラしながらも、親はずっと見守ってくれていたんだな、と。

親の立場になって、改めて子どもを信じる大切さを感じます。
手を出さないで、見守るということ・・・これからも心がけたいです。

iomamaさんの息子さんも、きっと心の中は感謝で一杯だと思いますよ。
親子登山のご様子からも、それが伝わってきます。
がんばっている、親孝行な息子さんだと思います(^-^)
2017-07-14 金 20:33:25 | URL | ナカリママ [編集]
馬場亜紀さんへ
ありがとうございます。
やっと少し手を離れたなあと、寂しいような嬉しいような。
心の中ではまだ小さな息子だけど、もう四捨五入したら30代なんて!
親離れ、子離れをスムーズに進めるためにも、
この先も、適度な距離を置いて応援していく心づもりが必要だと実感します。
親を超えて、遠くまで、行けるところまで、自分の足でどんどん進んで行ってほしい。
もう、置いていかれてるなあ、と、背中ばかり見つめているけど、
目の届くところに居てくれていることを、ありがたいと思います。
でも、いつかは、さらに離れていくだろうと覚悟を固めて・・・

亜紀さんのところは、まだまだこれからが楽しみな時期ですね。
いっぱいお話聞かせてください。楽しみにしています(^-^)
2017-07-14 金 20:38:44 | URL | ナカリママ [編集]
せいあ☆けろさんへ
コメントありがとうございます。
ほんとに、振り返ったら、よく生き延びてこれたものだと(T T)

好きなことに向かって、とにかく自分を信じて突き進んだから、今に辿り着けた・・・
もちろん周りの支えがあってこそですが、マイペースで「好き」を大事にしたことが、
道を開く大きな力になったんだなあ、と思います。
苦悩を通じて歓喜へ、でした。

せいあ☆けろさんのところでも、いろいろあったと思いますが、
息子さん、立派に独り立ち、すごいです、拍手!
私も、これからも楽しみにしています(^-^)

2017-07-14 金 20:46:49 | URL | ナカリママ [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-07-15 土 22:44:50 | | [編集]
鍵コメントさんへ
わあ、シンクロ、嬉しいです。
バッハは、どの曲もいいし、グールドときたら、また、さらに、迷います。
今回は、ちょうど息子の波乱万丈に合ってるみたいで、チェンバロ協奏曲にしました。
鍵コメさんのチョイスも、ナイスです!
さすが、お洒落だなぁ〜、と聴きいりました。

扶養は外れましたが、2年後からあと、どうなるかは未知数で…
でも、その時はその時で、考えますね。とりあえずは、良かった!
貯金もしておくようにアドバイスしておきます(^^)
ありがとうございました。
2017-07-16 日 01:55:47 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad