■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

2回目の当事者会
ご訪問ありがとうございます。

昨日、相談支援センタ―の当事者会に、1カ月ぶりに親子で参加してきました。
1回目の時に自己紹介しあった方が3人と、今回初めてお会いする方が1人、
あと、スタッフの方が1人に私たち親子2人、合計7人で、
七夕飾りを作りました。

本を見ながら、折り紙を折って切って、こよりをつけて、笹の枝に括り付ける・・・
その作業の合間に、名前でからかわれたことがあったか、とか、
転勤族で言葉をちゃかされた、とか、一番辛かったのは物を隠されたこと、とか、
子どもの頃の昔話をしながら、「私って天然だと思います?」と突然聞く方がいたり、
ミスチルのコンサートに行ったという話や、好きなミュージシャンが誰かとか、
他愛ない会話をはさみながら、あっという間の1時間半でした。

この間、私は会話に入りましたが、ナカリは一言も言葉を発せずじまい。
なかなか顔も上げられず、他の人の顔を見ることができなかったようです。
でも、折り紙で、飾りはしっかり作り、自分で括り付ける作業も出来ました。
次回は暑中見舞いはがきづくり、ということで、三々五々解散・・・。

その後、私には何も言わなかったのに、
夫宛のメールで「しゃべれなかった、仲間に入れなかった」
と訴えていたようで、
夫が気にして私にメールをくれて初めて、
そう思っていたと知りました。

仲間なんて言葉に振り回されなくていいんだよ、
まずは「顔見知り」になって、名前を憶えて、そこまで進んできたんだから、
これからも、ちょっとずつ、だよー、と、なるべく「軽く」対応する私。

自分から話せなくても、
次、何か聞かれたら、分からない、でもいいから答えたらいいし、
何も話せなくても、別に誰も怒らないし、嫌なこと言われたりしないと思うよ
(ナカリの固い気配を察して、今回は誰もナカリに話を振りませんでした。
そのあたりの「空気」は、皆さん読んでくださったみたいです
=この子に何か質問したら、かなりプレッシャーになりそうだから遠慮しよう、と。
さすが、当事者会、です。)

出来上がった七夕飾りはこちら。
七夕 IMG_0168
「万馬券が当たりますように」という願い事が面白かったです。
ナカリは「毎日平和に過ごしたい」と書きました。

いろんな当事者の方たちと出会えて、まだ会話は出来ないけれど、
外に出ることができていることに感謝です。

今日は、お友達のお母さんが、久しぶりに室内プールに連れて行ってくださり、
水中歩行したり、浅いプールで浮かんだり泳いだり、ジャグジーであったまったり、外に出て日光浴したり、
夏休み前で大人ばかり(どちらかと言うと高齢者中心)のプールを楽しみました。
そのまま外食して、ペットショップに寄って、いろんな動物や鳥や魚を見て帰宅。

連日の外出で、少し疲れたか、ナカリは今、夕方寝をしています。

昨夜は、「話せなかった」ダメージからなかなか回復できなくて、
また、イライラし始めたので頓服を飲んだけれど、
「生きていてもいいことなんにもなさそう、おばあちゃんみたいに死んで楽になりたい」
発言が出てきて、これは困ったと思い、
「思ったことを紙に書いたら?」と、私はスル―して、
なるべく距離を取って過ごしました。

あとで、ナカリが書いた内容を見てみると・・・
(書いた紙を机の上に置いたままだったので)



>人とうまくしゃべれない。
 言葉がでない。
 かたまってしまう。今日、言葉がでなかった。
 人の顔が見れない。

 (中略)

 前みたいに、はじけたりしゃべったり、にはなりたいとは思わない。
 しゃべらなすぎ、大人しすぎの状態。
 もう少し、りんきおうへんにパッとしゃべれたらいいのにと思う。
 それが出来ない。

 大丈夫だよ、僕は君の味方だよ、という言葉は、私が言ってるが、
 パラレルキャラのセリフなのか、あれ、よくわからなくなってきた。
 
 なかなか周りとなじめない。
 周りの人、すぐ仲良くなるなあ。
 周りの人はすぐ仲良くなっていたよ。
 私はどこへ行っても孤立したよ。
 孤立しやすいタイプなのかなー??

 (中略)

 毎日平和に過ごしたいと願った日に、ねがわなかった・・・(←叶わなかった)。
 怒ってしまった。
 怒りっぽい。なぜか?
 
 とてもムズかしい私。
 こんな私とそばにいたい人なんて、パラレル以外出会わないんじゃないか。
 ずっと一人かも。
 ずっと一人+想像かも。
 それでいいじゃん!!
 そうだね、他の人、他の人カンケーないし!!



書きながら、自分で自分の気持ちに折り合いをつけて行った様子が伝わって、
がんばったなー、ナカリ、と、感じました。
最初は怒ってたけど、だんだん冷静になれて、
私にも「ごめんなさい」をくり返したのは、
こういう振り返りの時間が持てたからなんだ・・・

これはいい手だ。
ブログを書くみたいな感じかな。

怒りそうになったら、この手で行こう、「書く」「書きながら考える」
うん、がんばろう!

今日は七夕。
私の願い事は、「みんなが無事に、穏やかに、毎日過ごせますように」
今夜は曇りだけど、ナカリと一緒に夜空を見上げようかな。

SMAP『夜空ノムコウ』


ナカリが保育所で「○○お母さん」と名前を呼んで、
よく、おんぶやだっこをして、大事にしてもらっていた○○先生が、
若くしてガンで亡くなられた際、
お通夜の席で「故人が好きだったSMAPの曲です」とアナウンスされ、
明るい曲、しっとりした曲などなど、SMAPの曲が次々流れたのが忘れられません。
SMAPを聴くたびに、亡くなられた先生のことを思い出します。





子どもの日常 | 18:45:21 | トラックバック(0) | コメント(8)
コメント
ナカリさんの言葉は 素直で正直で心に響きます。生きることに一生懸命に向き合っていることが 強く深く伝わってきます。なんて素晴らしい方なのでしょう。
2017-07-07 金 20:32:21 | URL | クリボー [編集]
クリボーさんへ
コメントありがとうございます。
ナカリは、自分の文章を私がブログに書いちゃっていい?と聞いたのに対して、
恥ずかしいー、とばかり言っていましたが、
こうやって、心に届いたと言ってくださる方がいる、ということを伝えると、
照れながらも嬉しそうです。
私も、彼女の文章は、正直で、真っ直ぐだな、と、いつも感じます。
それは、自閉症による部分もあるだろうし、彼女の個性という部分もあるでしょう。
面と向かって、お互いに言葉の暴力をふるいあったことも何度もあるけれど、
嵐の後に、こうやって、心の内を文字にして、気持ちを伝えあうことで、
傷を癒し、お互いを育むことも出来てきたので、
文字を綴る大切さを改めて実感しています。
文字や言葉を大切にする詩人のクリボーさんからのコメントは、
私たち親子にとって大きな支えになっています。
重ねて、ありがとうございました。
2017-07-07 金 21:28:49 | URL | ナカリママ [編集]
おはようございます。
ナカリさんの言葉、真摯な心が伝わってきました。いいですね、書くことで自分の心の折り合いをつけていく。
人はみんなその作業をすることを人生と呼んでいるだけだと思います。
私も大勢のなかにいたら、ほぼしゃべりません。こないだもPTAの集まりがありましたが、遅れていったこともあり、誰ともしゃべらず帰ってきましたよ~。
昔の私ならそれをくよくよくやんでいたところもあります。今は、
「そんなことは私にとって大したことじゃない。もっと大事なことがあるし、そのことに心を使いたい」と思えるようになっています。
ナカリさんも、自分のダメだと思っている感情をきっとこれからも、もてあましていくとは思うけれども、「それでいいじゃん!」と思える回数や時間が少しずつ増えていく、それがその人らしい生き方なんだと伝えたいです。
2017-07-08 土 07:44:00 | URL | 馬場亜紀 [編集]
馬場亜紀さんへ
コメントありがとうございます。
ナカリの一生懸命さに共感していただいて嬉しいです。
学校のPTAって、私も苦手でした。見知った人がいたら、側に寄って、そこで固まってたんですが、一人でも堂々としている亜紀さんのような方は憧れです。
書くことで、自分の気持ちに折り合いをつける、というのは、良い発見でした。
出来ごとは変わらなくても、自分の気持ちが変われば楽になることってありますね。
亜紀さんの、書く力、伝える力、に学んでいきたいです^_^

2017-07-08 土 09:15:09 | URL | ナカリママ [編集]
ああ、そういえば私も、周りになじめない自分を悲観し、責めていたなあと思い出しました。
小学校では、先生から「もっと友達と遊びなさい」と言われたり・・・でも、なじめないし面白くないし疲れるし。
広い世界に出てたくさんの人と出会って、「あいさつ」「笑顔」で乗り切ることを覚えたけど、今でもコミュニケーションは多大なエネルギーを必要とします。

それでも、これが発達特性なのだとわかった今は、捉え方が変わりました。
うまく溶け込めなかったときも、「人付き合いが苦手なのに、良く参加したね!」と、自分をほめてあげることができるようになりました。
今も事業所で会話のキャッチボールが上手くいかなくて落ち込むのですが、「それなりに頑張った!」と励ましたり。

ナカリさんも、文章に書くことでご自身と向き合われたのですね。
とっても素敵なことだと思います。
出来なくても頑張った自分、振り返ることのできた自分、そしてそれを受け止めることのできた自分、いっぱいご自身をほめてあげるポイント発見ですね!
そして、ナカリママさんの距離の取り方も素晴らしいなと思います。
ご心配なことも多いと思いますが、ナカリさんの成長を一緒に喜び合ってくださいね(*^^*)
2017-07-08 土 16:29:09 | URL | かな [編集]
かなさんへ
ナカリの気持ちを分かって下さってありがとうございます。
「馴染めない」ということが、今も大きなプレッシャーになっているようで、
ひとり、疎外感を感じるみたいです。
でも、考えている内に、それでもいいんだ、と肯定できたら楽になれる、
というか、人は人、自分は自分、と割り切れたら、上手くいくようです。

これも、書くことで発見できたのが大きいです。
私との言葉でのやりとりだと、どうしてもお互いに興奮してしまい、
良くない方向にテンションが上がるので、
いったん離れて、それぞれ一人で考える方がいい、と分かりました。

ナカリの成長を喜んで・・・というお言葉に、嬉しくなりました。
優しいコメントをありがとうございました。

2017-07-08 土 18:08:57 | URL | ナカリママ [編集]
僕なんか普通に所見の人とは話せないですけど
でもしゃべる時は半ばやけくそで勢いつけてしゃべるもんだから元気がいい人って見られます。ほんとは全然そうじゃないんですけどね
2017-07-08 土 19:54:42 | URL | sukunahikona [編集]
sukunahikonaさんへ
そうなんですね!
当事者会でも、よくしゃべるなあ~元気な人だな~、と思う人もおられましたが、もしかしたら、そんな風に、やけくそで勢いつけてしゃべってらしたのかもしれないですね。
ナカリは自分が話せなかったことが気になって、他の人同士は、お互い、なじんでいた、と思っちゃってますが、案外みんなドキドキだったのかもよ、と話してみたら、うん、うん、となんだか納得して聞いてくれました。
通信制高校のスクーリングの時にも、すごく賑やかな子が居て、ナカリは苦手だと思ったそうだけれど、先生から、あの子は緊張するとテンション上がりすぎて多弁になるんだよと説明されたことがあったのを思い出してました。
ある側面だけを見て一方的に決めつけない、って大事ですよね。
大事なこと、気づかせて下さって、ありがとうございました!

2017-07-08 土 21:26:11 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad