■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

幻聴(舌打ち)が無くならない
ご訪問ありがとうございます。

今回、少しマイナス思考に引っ張られた記事なので、
その手の記事が苦手な方、意見したくなる方、はスル―してください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

週のはじめは不調になるナカリですが、
昨日、私が仕事に出る前に「幻聴が聞こえる」と言い、
いつ?どこで?という問いに、人混みの中だけでなく、自宅でも、と言うので
じゃあ、舌打ちしてるのはお父さんやお母さんってこと?!と思わず聞いてしまうと、
だから幻聴なんだと思うけど・・・と、萎れてしまいました。

このところ忙しくて、「遊んで」というナカリの要求に応えきれていない結果だろうな、
と思いながら、雨の中を出勤しました。
「遊べなくてごめんね」に
「もういい、二度とお母さんに遊んでって言わない」と答えるなど、
一体あなたは何歳ですか?と聞きたくなるような状態で、
少し疲れています。

なおかつ、
仕事中にメール「○○おばさんは舌打ちしないですか?私の聞き違いかなぁ・・」
・・・!?
○○おばさんというのは、母の妹で、クリスチャンで、
母の最期を一緒に看取ってくれた叔母です。
誓ってする訳ないよ!と、返信メールを打って、心がざわついていたら、
夫からも「不安の表れだけなんだから、そんなに怒らないで」とたしなめられ、
私にとっての地雷は「幻聴」なんだと再認識しました。
ああ、もうこの言葉、聞きたくないっ!


昔、ナカリが通学していた専門学校高等部でも、
ナカリが「舌打ちされた」と訴えた時、
その場面を実際見ていた教員が「ありえない状況です」と、
ナカリの「幻聴」の方に問題あり、という態度で、
なぜそうなるのかという背景の部分には無関心なまま、ナカリを否定的に評価された・・・
それにも親子で傷ついたことがあったのですが、
今回も、
同じように
「ありえない」状況で、敢えて「舌打ちされたのでは?」と訴えるナカリの「不安」を、
私はどう受け止めたらいいのだろう?
心のざわつきを通り越して、苛立ちになり、怒りのスイッチが入らないように・・・。

本人は
「私、統合失調症かな」
「病院で、先生に(幻聴が聞こえると)言わなくてごめんなさい」、と、
確かに、不安がっているのはわかるけれど、
こちらも心が傷つくと、優しく対応するのが難しい。

EMDRで幻聴をやっつけてほしい、と、
前回、本人の希望をカウンセラーさんにはお伝えしたけど、
まだ具体的には話が進んでいません。

困ってる 8 CCI20150319_0001
昔、ナカリが作ったWatashi という冊子の「困ってる」ことの一部です。

これが、「人とすれ違うとき」だけでなく、
家の中に居る時にも外の音が気になる状態、から始まって、
舌打ちしてくる相手が、両親や叔母さんにまで拡大している・・・、
それって、「不安の表れ」と夫は言うけれど、
本人や関係者に真偽を確かめる?ように聞いてくるのは、
聞かれる側の気持ちを考えることができない=そのくらい自分のことで一杯一杯
ってことだよね。

こんな人 3 CCI20150316_0002
同じ冊子の「私ってこんな人」の一部です。

こうやって、同じことを質問して、同じ答えを確認して安心する。
この繰り返しを20年近く重ねてきて、
私も何度もキレながら、一応学んできたつもりだけど。
今回の「○○おばさんは舌打ちしないですか?」に、
私は勝手に傷ついてしまった。
(母=私も舌打ちしてるのでは、と問われた以上のダメージ)

それは、○○おばさんとナカリが会ったのが、母の看取りの時が最後で、
ということは、あの渦中で、
最も母の支えになってくれていた叔母に対してさえ「不信」を持っていた、
ということだから。
そこから、母の死、の前後の場面を思い起こされ、
一緒に看取ってくれた叔母を傷つけたような気持ちにさえなったから。


疑心暗鬼・・・
不安が不安を呼び、被害妄想が膨らむ、
相手に心を許せない、それでいて、一人は寂しいとも思う、
矛盾だらけの心の内を、そのまま言葉にしてぶつけてくるナカリ。
こういう愚痴記事は、読み手にもマイナス感情を引き起こしてしまうから良くないなあ、
と思いながら、
今日の雨のように私の心でも雨が降っているので、
溜まってしまう前に、少し水を抜いてみました。

ナカリの予期不安に似てるかもしれませんが、
前に「死んでしまいたい」愚痴記事を書いたときについたコメントの中の、
「誰にでもあることを・・・ものすごく大層に捉えて(悲劇のヒロイン風)」という言葉に、
私自身、深く「傷ついた」(腹が立った、ではありません)ので、
この記事を書くにあたっても「不安」があります。
そういう風に受け止める方には記事を読んでいただきたくなくて距離を取っていましたが、
もしかしたら、また目にされてしまうかもしれません。

誰にでもある経験、かもしれないけれども、
経験の中身も、心の状態も、一人一人違います。
同じ人間でも、その時々の状況で、受け止める心のダメージは違います。
こう書きながら、
ナカリの心の不安や、
思ったことを正直に口にしてしまう(嘘がつけない、内心ダダ漏れ)特性、
を、
客観的に、第三者として冷静に受け止めてあげなければ、
と、自分を振り返らされる状態です。

コメントを書いてくださる方は、それぞれに思いがあって書いてくださるのだから、と、
ここでは承認制にしないで、全部オープンにしていますが、
批判したり意見したりしたくなる方は、
どうか、見なかったことにしてスル―してください。
(一時的にコメント欄を閉じる、という手もあるようですが、
やり方が分からないので、そのままにしてあります。)


自分の心の整理のための記事を、長々、
読んでくださってありがとうございました。



子どもの日常 | 12:07:20 | トラックバック(0) | コメント(27)
コメント
ナカリママさんへ
こんにちは。

幻聴がどんな風に聞こえるのか
聞こえない人にはわからないけれど
もしも本当に舌打ちが聞こえたら
それは嫌な気持ちになりますね。

ナカリちゃんには
それが聞こえてしまうのですね。
行き交う人が舌打ちをしていなくても
ナカリちゃんには聞こえ‥
そこで行き交う人が舌打ちをされたと
言われれば、どちらも嫌な気持ちに
なってしまいますものね。

聞こえないものが聞こえる
見えないものが見えてしまう

私は子供のころ
霊を見たことがあります。
誰にも見えないのに私にだけ見えた‥

嘘ではないのに嘘と思われる。

そこで私は
これは特殊能力と自分を褒めました。
そしてそれを信頼している人以外には
話しませんでした。

ナカリちゃんも特殊能力‥
私にはそう思えるのです。

私の経験を話すと
そんな訳無い!と真っ向から
否定されることもありましたが
私は心の中で「もう教えてあーげない!」
と、思ったものです。

幻聴を否定するよりも
そういう風に聞こえる人もいるのねと
思えば不快にはならずに済むのかな?と
思いました。

大切な人を誤解され悲しい気持ちになる
ナカリママさんのお気持ちは
とても良くわかります。
でも、ナカリちゃんの中でも
それは嘘をついていることでは
ないのですものね。

ふたつの世界を跨って生きている‥
そんな風に思えたらいいのになって
ちょっと思いました。

長々とごめんなさいね。
2017-07-05 水 13:02:07 | URL | iomama [編集]
こんにちは。
ブログを拝見する前にメッセージを送っていました。

コメントしたいので改めてコメントします。

私は、やっぱり、ナカリさんの気持ちがよく分かる部分あります。
私も同じ事を繰り返してます。
私は幻聴ではないですが、表情や雰囲気に敏感で…もとが被害妄想が酷かったので(不安が強いというか、自信がないので、視線恐怖も昔は酷かったし)、さいさん相手に口に出して聞くなどして相手を傷つけてました。

でも、ナカリママさんの気持ちも分かります。
長くなるので改めてにします。


最後に、最初に注意書きをされているので配慮はじゅうぶんと思いましたが、

《もし、コメントを受け付けしない設定にする場合は》
ホームの『記事の管理』のページから、
1.コメント欄を閉じたいブログを選んでチェックを入れます。
2.“設定した項目の一括設定” という場所があると思いますが、
『コメント/トラックバックの受け付け状態』という部分から『コメント×トラックバック○』または『コメント×トラックバック×』を選んで『適用』をクリックします。

多分、私みたいに共感してコメントしたい方もいるかと思いますが、もし心配でコメントを受け付けたくない場合は試してみて下さい。

iPadでの画面でのやり方になりますが…。
2017-07-05 水 15:27:37 | URL | ぽかぽか [編集]
iomamaさんへ
コメントありがとうございます。
頂いたお話を、ナカリに分かりやすく伝えて、
見えないものが見えたり、聴こえないものが聞こえたりすることは、
ある意味「特殊能力」かもね、と話すと、「見えないものも見えるよ!」
と、嬉しそうに反応しました。
イマジナリ―フレンズ、ラバーズ、が、彼女には見えているんです。
居る「つもり」じゃなくて、本当に「居る」んだよ、と強調します。
そこでは、私も引っかからなくて、そうだね~ろ話を合わすことができるんですが。

少し、冷静になって、「統合失調症の場合の幻聴」について、
松本ハウスの加賀谷さんの幻聴体験(新聞記事)を読んでやりました。
それ、とは、違うな・・・、と納得。
ドクターも、ナカリは統合失調症ではなくて自閉症です、と言ってらしたでしょ、
と、確認したうえで、それでもやっぱり幻聴とのつきあい方は難しいね、と。
適度に聞き流して、相手をしないように、できるだけ気にしないように。
その程度のアドバイスしかできないけれど、聞こえるものは聞こえるのだから、
辛いよね、と、そこには共感して、少し落ち着いた感じです。

いろんな気持ちを察してくださって、力づけられました。
一人で行き詰った時には、違う角度からの見方をしてみると、
肩の力が抜けることもあるんですね。
改めて、ありがとうございました。
2017-07-05 水 21:42:06 | URL | ナカリママ [編集]
ぽかぽかさんへ
ナカリと私と両方の気持ちに寄り添ってくださってありがとうございます。

いろいろお忙しくされてらっしゃるときに、コメントしたい、と、
お気持ちを伝えてくださったことに、お礼を言わせてください。

コメント欄の閉じ方についても教えてくださってありがとうございます。
ぽかぽかさんや他の方のように、力づけてくださるコメントも多いので、
閉じてしまうのは、よほど心が弱っている時になりそうですが、
やり方を知っておくと安心していられます!

以前にも、スマホからのユーチューブの貼り方を教えて頂いて助かりました。
いろいろお世話になっています、心強いチューターさんです(^-^)

ぽかぽかさんも、過敏さや不安と向き合いながらの毎日で大変でしょうが、
ご夫婦二人で力を合わせて乗り越えていかれますよう、ご無事をお祈りしています。
2017-07-05 水 21:51:49 | URL | ナカリママ [編集]
やっぱり心ないコメントもらうと凹みますよね。
正直自分もあのコメントはいただけないと思いました。
スピ系の人って皆あんなに上から目線なんですかね。
オカルトとか心霊話は結構好きなんですけど、スピ系の人って苦手なんですよねー。

自分もコメントをいちいち承認するのは面倒なので、※欄は全面開放してますが、最近本当に些細なことで互いに険悪になってしまって絶縁してしまった人がいるので、自分がいわれたらイヤな言葉ははっきりと明文化することにしました。
2017-07-05 水 22:22:21 | URL | ponch [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-07-05 水 22:40:59 | | [編集]
私の場合、どうしても私自身とその周りのことを(言葉は悪くなりますが)比較して読んでしまいます。私自身のことをいうと、それなりの苦労(体調面の)をこれも人と比べてはいけないのですが、してきたと思っています。

私は自分の不調を言いたくても言えない、本当は立っているのもつらく息するのもつらいという状況の時(例えであって例えではありません(笑))、家族であっても周囲の人は私の辛さが見えないものです。どんなに険しい顔をしていても人の心や体の不調というのはやはりわからないようです。

ちゃんと話せばそれなりに分かるのでしょうが、例え話しても本当のところは多分理解できないのだろうと感じています。

そういったところ、ナカリママさんはナカリさんのことを理解し、また理解できないところがあった場合、それを理解しようとされているように思えます。当たり前のようですが、それってなかなか難しいことをされているように思って励まされています。

幻聴というワードを見たとき、統合失調症というワードが連想されましたが、ナカリさんのブログを拝見し、ナカリさん本人は、意外にも(すみません失礼な言葉で・・・)とても自分のことを理解し、把握し、コントロールしようとされているように感じました。そのコントロールができないのがお互いツラいところなのかもしれませんが、あれだけ自分の心情を素直に吐露されていると、見たこともないのに、ナカリさんのイメージが勝手に出来上がってしまうようです(笑)

話が前後して申し訳ありませんが、ナカリママさんの優しさと(これは親として当たり前と言われるのかもしれませんが)不安、そういった言葉だけでは表せないあらゆる資質がいくつもあるからこそ、自分では手に負えない気持ちが表れるのかなと想像します。

変な言葉になりますが、大きな障害を持つ子の面倒を見る親を何人か知っていますが、ナカリママさんのように深く考えない人の方が多いです。

もし私が同じ立場だったら、私は圧倒的にナカリママさんと同じような対応になるような気がしますが(ナカリママさんより神経質かもしれませんから(笑))、こういう場合に限っては、深く考えないタイプの方がいいのかななんて思ったこともあります。やはりどんなものであろうとも障害と付き合うのは外でみる以上に大変なのは想像に難くありませんが、単純明快な、ゴッドマザーみたいな感じな方が多いです。
ふだん、そういう人を見ると、「はぁ、もうちょっと考えて行動しなさいよ」なんて心で思ってしまいますが、気軽にそう思うのも罪だなと思います。

私は、子供の頃から鬱が激しく、自傷行為さえしませんでしたが、死ぬ場所と、死ぬ道具だけはいつも用意していて、家族を悲しませてはいけないという思いだけでそうした行為は起こさずに済みましたくらいの経験しかありませんが、ただの鬱でさえ人にはわからない、例え家族であっても分かり合えない、仮に「もう死にたい」と切実に告白したとしても、マトモに取り合いようのない、なぜそうなるのかというこちらの気持ちが理解できないのが普通の心の持ち主です。だからこそ私は死ねませんでした。死んだ後もなぜ死んだのか分からずに苦痛だけを残すのは本望ではなかったという多少の理性が勝っていました。

なので、ナカリさんにはナカリママさんという理解者がいることは、状況は違えどとても大きな支えなのではないでしょうか。だからこそナカリママさんの苦しみは計り知れないものだと思いますし、実は、ナカリさんはその辺のことをちゃんと理解しているような気がします。

全て私の想像ですが・・・
コメント読み返すと・・・おぉっと長くなり過ぎました(笑)

「死ぬ」というネガティブなワードが多いので鍵コメにしておきますネ!
鍵コメにすると、私自身も読み返せないのが玉にキズですが・・・

文章おかしかったら言ってくださいね。
2017-07-05 水 22:41:27 | URL | 節約ドットコム [編集]
何回も読み返しています。もう一度読まさせてください。心深くまではりこんできます。コメントというものにも なっていなくてすみません。でも なんだか何かが心にはいりこんできてしまっています。
2017-07-05 水 23:06:50 | URL | クリボー [編集]
ponchさんへ
ありがとうございます。
さっき、こちらから伺って、お友達募集に手を挙げたところでした(すっかり、お出遅れてしまって、今更感なのですが、お許しください)。

ponchさんや、いぬふりゃ☆さんは、最初のページで、自分のプロフィールと意見を明文化されてらして、すごいなーと思っています。大事なことですよね。
私も、今回の記事を書くにあたって、先に一言書いておかないと、と思って、初めて、お願い文章を書きました。
そしたら、少し心が軽くなった気がします。
相手が云々ではなく、自分の感じたことを正直に伝えることは、心の安定につながりますね。
・・・ってことは、ナカリもそうなんだろうなあ。
ちょっと自分を振り返ることができました。
ありがとうございました。
2017-07-05 水 23:13:15 | URL | ナカリママ [編集]
鍵コメントさんへ
ああっ!分かります。
この前、私も何度も同じ状況になって、何でコメントできないのー??と、
コピーして貼り付けたら「同じコメントだからダメ」とかで、チャレンジすること数回・・・
最終的にあきらめて、別の記事で鍵コメさんへの返信コメントを書きました。
何か通信の不具合があるんでしょうか?
こちらでも状況が分からなくて、ごめんなさい。
鍵コメントとしては届いていますので。
何かコメントしてくださろうとして、汗だく?になっていただいたご様子は伝わってます、恐縮です。
こちらからも、とりあえず返信しますね。
パソコンがうまく受け付けてくれたらいいですが。

2017-07-05 水 23:19:14 | URL | ナカリママ [編集]
共感
私も対人不安を抱えています、、
そして、それが自分の他の人への認知に影響していると思います。

自分に自信が持てず、標準的な人よりも劣っているという自己認識のせいです。
(何かマズいことを言ってしまったかも?
こんな時このふるまいでおかしくなかったか?)
そう常にビクビクしている為、実際何かあったわけではないのに、
「あの人は言葉に出さないけど、私にイラッときているのではないか」
「実は怒っているのではないか」
そう勘ぐって勝手に疲れてしまいます。

ナカリさんが、私と同じ様な心境を経て、舌打ちや被害妄想に似た気持ちを抱いているのかは分からないけれど、、

私がブログから受けた印象では、単に不信感から「舌打ちされたかも」と認知してるのではなく、、

自己卑下が、「こんな私ではイライラされて当然だ」
「好かれるわけがない」というような心理状態を生み出し、プレッシャーから舌打ちを感じるのでないかと

私は、自分が調子のいい時は、周りの人や世の中も優しく寛容に感じます。
逆に自分が不調だと、世界全てがトゲトゲしく険しい場所に思えて怖くなります。

思ったのは、「イライラしているのも、舌打ちするような不満も、自分が自分に対して感じることを周りに投影してるのだ」ということです。
(頭で分かったつもりでも、やはりビクビクはしますが)

ナカリさんは、ご家族や叔母様が実際自分に舌打ちをする可能性があると思って確かめているのではないと感じます。
うまく文章にまとめられず、的外れでしたらすみません。
2017-07-05 水 23:26:28 | URL | みなみ [編集]
クリボーさんへ
何回も読んでいただいたとのこと、
どうしましょう、こんな文章で、お時間をとらせてしまってすみません。
自分自身の心の整理のために書いてみた文章なので、
まとまってなくて申し訳ない限りです。
何か少しでも心に届いたものがあるとしたら、
クリボーさんのアンテナのおかげだと思います。
ありがとうございました。
2017-07-05 水 23:29:58 | URL | ナカリママ [編集]
みなみさんへ
はじめまして(ですよね?違ってたらすみません)
コメントありがとうございます。
的外れどころか、私の心にストンと落ちました。

そうなんですよね!
ドクターにもカウンセラーにも
「ナカリの言葉を、言葉通り受け取ってはいけない」
と、何度も何度も釘を刺され、
真正面から受け止めてしまう私の生真面目な対応が、
逆にナカリを追い詰めることになるから、「聞き流すように」
と、助言されていたのに・・・。

夫が言うように「自分の不安」の表現だったんだ、と納得できました。

「舌打ちしないですか?」という疑問形で「聞いて」きたけれど、
そうではないよという回答を聞いて安心したい、というよりも、
こんな私に対して、苛立ったり嫌がったりしてないか、不安な気持ちになっている、
というSOSのサインだったんですね。

本人のブログで、
「ショートステイに居る時には舌打ちは聞こえなかったのに」
という文章があったのですが、
それは、「ショートで頑張っている自分」を自分自身が自覚して、
そんな自分に対してまわりが悪く思ったりしない、
と、ある程度自信がもてていたからじゃないのかな、と思えました。

こう、気づかせていただけたのも、みなみさんのコメントのおかげです。
重ねてありがとうございました。
少しでも、ナカリの不安を軽減して、自信を持てるようにサポートしたいと思います。
2017-07-05 水 23:44:46 | URL | ナカリママ [編集]
やはり・・・
わざわざの返信ありがとうございます。

なんとなく感じ取っておりましたが、やはり、例のフレーズが良くありませんでしたか(笑)

多分支離滅裂な文章で、ちょっと恥ずかしい思いをするだろうとは思いますが、ナカリママさんにそう言ってもらえるのであれば、「承認」ボタンを1クリックしていただきましょう~

FC2の機能的なところのお試しを兼ねて・・・

それにしても紳士協定、ほんとにいろいろ書いたのです。
ナカリママさんには共感していただけるだろう記事だったと勝手に自負していますが、何を書いたか・・・多分書き始めれば同じような記事になるのでしょうが、あの時の満足感を超えられるのが書けないような気がしています。

いつかチャレンジしますよ。紳士協定に限らず、古典モノはナカリママさんに喜んでもらえるかもしれませんから。

それより、深夜遅くまで煩わせてしまってごめんなさい_(._.)_
それも迷惑コメント5通とは・・・失礼しました。
1通以外は削除して下さいませ。
2017-07-06 木 01:25:52 | URL | 節約ドットコム [編集]
節約ドットコムさんへ
承認したら、無事に表示されました!

これで、予想していたFC2コメントのチェック機能が確認できた感じですね。
数字の4の別読み、が、チェック機能に引っかかって、自動的に迷惑コメントに振り分けられるようです。
管理画面の「コメントの管理」から、まず迷惑コメントの解除をして、さらに承認すれば、無事表示される、という事も分かりました。

確かに、チェック機能なしだと、承認システムを取っていないブログに、オオッとびっくり、みたいなコメントが入ってくる可能性があるということでしょう・・・
今回、普段は見ない「迷惑コメント」のタグをクリックしたおかげで、他にも気づいていなかったコメントを発見できて、同じ形で解除、承認して、今さらですが返信したところです。助かりました、ありがとうございます。

・・・ついでに、以前、節約ドットコムさんにお世話になった「迷惑コメント(チェック機能でひっからなかったもの)」の、最初のコメント(これはきっちり迷惑コメントに振り分けられていました)も発見してしまいました。
読んでみると、禁止ワードを含むばかりか、公開されていたものと比べ物にならないくらい長文で、さらに理解しがたいものだったので、ビックリを通り越して呆れ果てた次第です(もちろんこれは解除も承認もしません。90日後には自動的に削除されるそうですが、きわめて不快な内容でした、記憶から消去したい~)。

脱線しましたが、古典モノの記事は大歓迎です、また盛り上がりますので、ご期待に沿えるかと・・・(笑)
なんだかFC2に振り回されて深夜までパソコンとにらめっこになりましたが、気持ちは晴れやかです。良かったです! いろいろありがとうございました。
では、おやすみさい。(ああ、もう寝ぼけてる)
2017-07-06 木 01:56:26 | URL | ナカリママ [編集]
おはようございます
ご自身を否定しないでくださいね。
心の浮き沈みも、イラッとしてしまうことも・・・
そうやって向き合ってらっしゃることが、すべてだと思います。
(すみません、偉そうに)

私は心が絶不調の記事を書いて傷つくのが怖くて、書けずにいます。
もうヤダ~!とか、消えてしまえたらどんなに楽だろう・・・とか。
だから、素直に掲載されたナカリママさんの勇気に拍手!です。
2017-07-06 木 06:36:45 | URL | かな [編集]
おはようございます。
ダンナの知り合いの、重度自閉症の息子さん(30歳過ぎ)も今ちょっと大変みたいで(アレルギー症状、自傷行為、結膜炎などなど)、重なるときは重なるんだな・・・、その子のお母さんもまずは全て受け入れるってことで精一杯の様子でした。
私がダンナに「なんかイヤなことがあるから自傷までするんやろな~」って言ったら、ダンナが「そりゃ、いろいろ面白くないだろ」といってましたね。面白くないことをズレずに言葉にできればいいんだろうけど、それが出来ないから苦しいんですよね。
症状に対するか、その気持ちに対するか、でもまずは「不快なんだ」という気持ちを拒否しないことが一番先にすることなのかもしれませんね。「分かってくれない!」という悲しみは持たせたくないなと感じました。
思ったことをすぐ口にするというのも、その奥にまだ本心が(本人にも気づかない)あるんだろうと思います。そこまで読んであげれればな・・・手探りでいくしかないでしょうけれど、また晴れやかな日がきます。
こんなことしか言えなくて・・・ごめんなさい。そっと応援しています。
2017-07-06 木 06:46:11 | URL | 馬場亜紀 [編集]
かなさんへ
コメントありがとうございます。
不調の時も、好調の時も、まるごと自分を受け入れられたらいいですね。いろいろ翻弄されますが、柳のようにしなやかに受け流していけたらなと思います。

禁止ワードは昨夜発見した、と思ったのとは違うようです(それを使ってもオッケーなコメントもあったので)。ちょっとよくわからないけど、コメントチェックの時に、迷惑コメントに何か振り分けられてないかは確認するようにしますね。

いつも優しい言葉をかけてくださり、支えられます。
ともに無理せずがんばりましょうね。
2017-07-06 木 08:06:50 | URL | ナカリママ [編集]
馬場亜紀さんへ
おはようございます。
いつも中身の濃い記事を書かれた上に、コメント返信、さらにコメント、と、すごいなあと思っています。
私の心の愚痴記事にも丁寧なコメントをありがとうございます。

自閉っ子は、正直なので、内心ダダ漏れなんですが、それを表現する言葉が、こちらの受け止める意味と違う場合も多いので、書いていただいたように、内心のさらに奥、まで思いやらなければ、と考えさせられました。
応援嬉しいです、がんばります。
2017-07-06 木 08:15:09 | URL | ナカリママ [編集]
参考になれば・・・
こんにちは(*^_^)/

大変ですね……。

私には統合失調症の友人がいました。
病院に10年以上入院を続けている重症だと思われる女性でした。

彼女も幻聴が聞こえたそうですが、
私は現実の音と幻聴を一緒にいて区別して、
幻聴と会話をしてみたらどうかと言いました。
悪口を言われたら、そっちの方こそと言い返したらとアドバイスしたのです。

今回のナカリちゃんの舌打ちが聞こえる場合なら、
なんで舌打ちするの? 幻聴さん、ひどいな~みたいな具合です。

数か月で友人は幻聴が聞こえなくなりました。
幻聴の正体は被害妄想による不安なので心が落ち着いたのでしょう。
そして、10年以上ぶりに退院しました。
今は結婚もして、少し薬を飲んでいれば普通に生活ができています。

この経験から思ったのは、大切なのは不安を他者と共有すること、
それから笑い飛ばしたりして気持ちを落ち着けることなのだと思います。

幻覚があれば絶対統合失調症ということではありません。
例えば解離性障害(ノイローゼ)でも幻覚症状が起きます。
解離性障害は、現実がつらくて意識がはっきりとしない病気です。

と、偉そうに書いてしまいましたが、参考にしていただけると幸いです。

ナカリママさん、ナカリちゃん、障害に勝たなくてもいいから、負けないで!
ナカリママさんご家族を心より応援しております。
2017-07-06 木 08:19:50 | URL | 在嶺結為 [編集]
在嶺結為さんへ
こんにちは。

北海道のべてるの家の取り組みでも、幻聴さんと話しをする、というのがあったのを思い出しました。一度試してみたいです。

まずは共感! これですね。
今回、私が正面から受け止め過ぎて、勝手に傷ついたので、冷静になって、本人に寄り添わなきゃ、と思えるようになりました。
解離のことは、あまり詳しくないのですが、心の底の深さを考えさせられます。
不安の現れ、ということが、やっと腑に落ちた感じなので、何とか乗り越えられそうです。

お気遣い、嬉しかったです、ありがとうございました。

2017-07-06 木 08:49:22 | URL | ナカリママ [編集]
いろいろと大変ですね
私も都会から来たよそ者ですから陰口叩かれたり考え出すときりがないです
それに、山の中に入るとそこらじゅうで舌打ちの音が聞こえますよ。ピーチクパーチク、カラスだけは面と向かってはっきりと『アホー』って言われますけどw
2017-07-06 木 09:48:14 | URL | sukunahikona [編集]
sukunahikonaさんへ
コメントありがとうございます。
自然ね中でも、いろんな音、声が聞こえますよね。聞こえ方によっては、いろいろな形に受け止められます…。ナカリが入院前には、自然音のCDもダメでした。
考え出すとキリがない、その通りだなあと思います。
なるべく落ち着いて、心にゆとりを持って…ですね^_^

2017-07-06 木 13:30:44 | URL | ナカリママ [編集]
母もつらいよ・・・
ナカリママさんへ
勇気をもって記事を掲載してくれてありがとうございます。
今、私も娘の気持ちと自分の気持ちの狭間で心が揺さぶられてる日々です。
一歩進んで三歩下がり、二歩進んで五歩下がり、あるときは十歩以上
下がり、一日一日どういう日になるのか予想のつかない日々です。
娘の気持ちわかってるのに・・でも私だって母だってつらいよ・・・
どんなことがあっても、でーんと構えてられる母でありたいけど、
現実はなかなか難しいです・・・
自分の器の小ささに落ち込んだり・・・
ナカリママさんの素直な気持ちに共感します。
記事読ませていただいて、ほっとしている自分がいます。
まだまだこれから先は長いので、自分の気持ちと向き合いながら、娘の気持ちとも根気よく向き合う日々ですね・・
2017-07-10 月 06:33:21 | URL | チョコバナナ [編集]
チョコバナナさんへ
こんにちは、コメントありがとうございます。
ご自身のお話を聞かせていただいて、重なる思いです。
母もつらいですよね、分かります・・・

私が傷ついたコメントの中では、
「肝っ玉母さんにならないと」というような叱咤もありましたが、
それは性格的には無理だし、なりたいとも思わないので、
日々、行ったり来たり、進んだり戻ったりの繰り返しを重ねるしかないです。
その過程で、ちょっとずつでも前に進んでれば十分かな、
まずは、生きていてくれるだけでも感謝、と思いながら、
チョコバナナさんも、書いてくださったように、
根気良く向き合う、これしかない気がします。
ともに、がんばりすぎないで、がんばりましょうね。
迷いながらでも、書いてよかったです。励まされました。
重ねてありがとうございました。
2017-07-10 月 12:27:28 | URL | ナカリママ [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-07-10 月 22:22:08 | | [編集]
鍵コメントさんへ
すっかりお返事が遅くなり、すみません。
いただいたコメントは、ちゃんと目を通したのに、この記事のコメントが偶数だったので、何となくお返事したつもりになっていました(汗)
ご心配おかけして、重ねてごめんなさい。
内容に何かあったわけではないのです、むしろ、とても励まされたし、嬉しく思いました。
鍵コメントだと読み返せないから気になって当然ですよね、失礼をお許しください。
以前の記事についた他の方のコメント内容まで覚えていてくださって、お気持ちを伝えてくださって、ありがとうございました。その分野に詳しい方からのご意見として、改めて力づけられました。感謝です!

2017-07-13 木 00:50:10 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad