■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

母の想い
スマホから連続投稿です。
スマホは、やはり、指がつりそうになります(^^;;
短い記事しか書けそうになくてすみません。
ご訪問に感謝です。


私の年齢には、母はもう、おばあちゃん、になっていました。かつ、姑の介護を、長男の嫁として取り仕切りながら、孫育ての応援に来てくれていたのです。姑が逝ったあと、数ヶ月で小姑が戻ってきて、半同居。その小姑(父の妹なので私からみたら叔母)は、早くから統合失調症を患っていて、連続介護に、よく母の身体が耐えられた、と思います。

その母の大量の日記を、チラ見してしまいました。

「親族の理不尽の態度に、責める気にもなれず、悲しみを覚える。お姑は、真実を知られない方が幸せなり、私ども夫婦二人が悪人で通るのであれば我慢せねばと思う。私の体が悪いのが一番不幸の源なのだから考えるすべとてなし。」



何冊もあるノート…置いて帰ります。まだ、やっぱり読めないな。
自分の体が弱いことを歯がゆく悔しく哀しく、いつも我慢の連続の人生の中で、孫育てだけが喜びだった母。祈りなしには過ごせない日々だったのが、よく分かります。

母は母の人生を生き、今、私は私の人生を生きている。孫たちが、その間を繋いでくれている。
母は私のことを、手のかからない良い子だったと言ってくれたけど、育つ過程では多々心配をかけたと思う。
今は親の恩を子に返している最中…。
病と闘いながら、名もなき人として、人生全うした母の想いに応えられる自分でありたい。
ペイフォワード
良くしてもらったことを、他の誰かに返すこと。
片付け着手して途中で中断なのは、辛いものがあるけど、自宅に戻ったら、切り替えて日常を取り戻さないと!

来週は、またナカリのショートステイが控えています。親子でファイト!

映画 ペイフォワード ダイジェスト版





未分類 | 22:51:28 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
こんばんは。

お母様の日記…なんだか遣る瀬無く切ないですね…。
うちの母はまだピンピンしてますが、胸の内では何を思ってるのかと考えちゃいました。
僕は独身で来ましたが、本当なら自分の子を親に見せたかったなと思いますね。
姉は割に遅くに結婚しましたが幸い2人の子供を儲けたので、一応両親には孫が居る事にはなりますが…。
それでも400年以上続いた我が家の家系は僕の代で途絶えますね。ご先祖には申し訳ないと思っていますが…。

良くしてもらった事を他の人に返す、密かに実践してます。
昔海外を独りで放浪してた頃、多くの現地の方々の御恩を受けましたので、
今は自宅近くの某有名世界遺産の観光地を訪れる海外の方が、何か困ってる様子だったら声を掛けてお手伝いとか普通にやります。
「○○まで行きたいが行き方が判らない」という方を車に乗せて(もちろん無償)送った事も…。
大体の方が「あ!英語話せますか?!」と喜んで下さいます(笑)
2017-06-24 土 00:34:24 | URL | いぬふりゃ☆ [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-06-24 土 05:43:30 | | [編集]
いぬふりゃ☆さんへ
誰かに良くしてもらったことを、他の誰かに返す、ペイフォワードを、実践されておられてスゴイです。外国の方、きっと忘れないでしょうね^_^
そして、またその方たちが、誰かに声をかけておられる姿を想像するだけで、あたたかい気持ちになります。
親子関係だけじゃない、誰かに繋がっていく、って、素晴らしいと思います。
長く続いた家系というプレッシャーもおありかと思いますが、ご先祖さまたちも、頼もしく見守っておられる気がします。
私も尊敬します。
母の想いにも心寄せてくださってありがとうございました。
繋がりに支えられる気持ちです、前向きに日々積み重ねていきます!
2017-06-24 土 07:21:57 | URL | ナカリママ [編集]
鍵コメントさんへ
ありがとうございます。
母の時代には、まだ介護保険もなく、家族内でやりくりするのが大変だったと思います。田舎なので親族が固まって住んでいるし、長男の嫁、としての苦労は、父が亡くなるまで続きました。
今はもう苦労や苦痛から解放されて、自由に漂っている?かと思います。
私はまだまだがんばらないとなあ。母の苦労を考えたら、弱音を吐いてはいけないなと感じた帰省でした。
片付け、途中なので、こちらも引き続きがんばります(^^;;
あたたかいお声かけ、嬉しいです。重ねてありがとうございました。
2017-06-24 土 07:30:58 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad