■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

息子と一緒にグールド(変わった人!)の練習曲を聴く
ご訪問ありがとうございます。

この2日ほど、少しだけ息子が帰宅していました。
視力が落ちたので自宅近くの眼鏡屋さんで新調したメガネを引き取りにきたのです。
小さい字ばかりにらめっこしているからか、昔は2.0で遠視用のメガネをもっていたのに、
今や0.1となり、裸眼での生活には無理があるみたい。
本人もあきらめて、メガネ生活に突入です。

そこまではよかったのですが、日曜の夜、このところ身体に斑点があると言い、
見ると、背中一面まっかっか、首も腕も赤くなってる、これ、じんましんじゃないの!?
学会のストレス?が遅れて出てきたのか、何か他に原因があってのものなのか、
とりあえず、かゆみ止めを塗って一晩明けたら少しましに・・・
でも念のため、朝いちばんで皮膚科に行かせました。
皮膚を精研してもらった結果、アレルギー性湿疹のようだとのこと、
塗り薬と飲み薬をもらってから、午後、下宿に戻っていきました。
体調管理だけはしっかりしてね、と祈りつつ。

今回帰宅してくれている間、いつものようにピアノに向かっていましたが、
面白い動画を見つけたよ、とグールドの自宅での練習の様子を録音したものを一緒に聴きました。



「歌ってる」「弾いてないじゃん」と、笑いながら、相変わらずの「変わった人」ぶりに、落ち着くというか、
さすがグールド、というか、面白がってくれて、和みました。
「変わってる、って楽しいよね」

で、変わった人、と言うと、やっぱり、大学には多いみたいで、
自分も変わってる、ということが苦にならない環境というのは、過ごしやすいと言えば過ごしやすい。
少し見通しがついて良かったね。

「大学生時代」に彼の人生、明るい方に舵を切れたことに改めて感謝でした。
大学で、とても良くしてくださった楽しい先生が、次週は休講、という事を、
「来週は、透明な私が来て、透明な皆さんに授業をします」と表現されたことを懐かしそうに話してくれました。
面白いなあ~。

いつか、ナカリにもそういうターニングポイントが訪れたらいいな。
今まだパラレルとリアルの狭間で悩み尽きずの彼女にとって、
兄の存在は、ちょっとうらやましい、でも、前みたいに「対抗」したりしないでいてくれるのはありがたい。

さあ今週、来週は、ナカリと二人。
日にち間違いだった病院の受診と、カウンセリングと、ふたつのイベントが控えています。
がんばろう~。まわりの評価はスル―しよう。
カゲウラさんマスコットも復活。楽しくパラレルキャラとのやり取りを共有できますように。





子どもの日常 | 23:39:11 | トラックバック(0) | コメント(8)
コメント
おはようございます
息子さんが「明るい方に舵を切れた」という表現、素敵ですね。
水の合う場所なら、自由自在にすいすい泳げるんだな~と。
私も自分が楽に存在できる場所にいるときは、「水を得た魚だね~」と言われてました。(その後挫折しちゃいましたが)
そして今、私は新たな居心地のいい水場を得ました。
人生、何回目だろう??
何度でも、チャンスはあると思うのです。
ナカリさんにも、そんな場所が見つかりますように。
2017-06-13 火 06:13:34 | URL | かな [編集]
かなさんへ
こんにちは^^
素敵、と誉めていただいて嬉しいです。
息子の過去は、くら~い時代が長かったので、
一人暮らしを始めて不安があった一方、一人でのびのび、マイペースの生活に、
大学側のさりげないサポートや、新しい先生たちや学びの場との出会いがあって、
ぐぐぐっと「明るい方へ」切り替わって行った気がします。
本人の個性は変わらないままなので、「環境」って大事だなーと思います。
かなさんも、「新たな居心地のいい水場」を得たとのこと、なんだかとっても嬉しいです。
ほんと、人生、何度でもチャンスはありますよね!
そう前向きに考えて、ナカリの今後も、気を楽に長い目で見てやりたいと思います。
応援、ありがとうございます(^-^)
2017-06-13 火 11:54:13 | URL | ナカリママ [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-06-13 火 18:30:28 | | [編集]
鍵コメントさんへ
こんばんは。

変わっていることを、その人の個性として周りが自然に受け止めてくれると、とても助かりますよね。
息子がいつも言っているのが、
ワーグナーの「ベートーベン詣で」の中の一節で、
ご近所さんが「あの人は変わったお方です、ですが、私たちは、それを、よし、としなければなりません」と言う場面がいいなあ~、そんな風に受け止めてもらえたらいいな~、
という事です。
「それを良しとしなければならない」 このスタンスが好きだと言います。
相手のありのままを尊重する姿勢ですよね。
「もう~、あの人はかなわんなあ~」と言われながらも周りから愛される人・・・私のイメージでは、海外ドラマ「ボーンズ」の主人公がそうなんですが、かなり強いアスペルガー個性全開の人でも、環境によっては強みを生かすことができる、という一例か、と。
ああ、長々とすみません。
とにかく、その人の変わった部分を包み込んでくれる世界はいいなー、という話でした。
(汗)

息子の暗黒時代は保育所時代にまで遡りますが(とにかく、集団が苦手な子だったので)、今は鍵コメさんと同じく、楽しい時間が増えていると思うので、それが何よりです。

ナカリのこともお気遣いいただいてありがとうございます。
なんとなく、ですが、こうやって一日一日を積み重ねて行けば、いつか、そういうターニングポイントが訪れるような気がしています(希望的観測!)。
なので、前向きに、明るい方に向かっていきたいと思います(^-^)
2017-06-13 火 20:23:47 | URL | ナカリママ [編集]
グルードがリヒャルトシュトラウスを弾いてる!
好きになれずにずっと聴いていない曲でしたが、これを聴いるととてもいい曲のように聞こえてまた聴いてみようと思いました。
ちょっとずれたようなコメントになっちゃているかもしれませんが、ありがとうございました。
2017-06-15 木 21:28:09 | URL | unagi [編集]
unagiさんへ
わあ~、この曲がリヒャルトシュトラウスだって、すぐわかったんですか!?
すごいいいー。
私は、ただ、グールドの鼻歌?が楽しいなーと思って聴いてただけなのに。

早速検索して、見つけましたよ!練習の結果の「本番」。

https://www.youtube.com/watch?v=-daKfwKah0E

ピアノと管弦楽のためのブルレスケ(Burleske) ニ短調、
カナダ建国100年記念のテレビ番組で放送された映像だそうです。
1967年のカラー映像は珍しいそうです。ついでにアドレスを貼りつけてみました。
うまく見ることができるかなあ。
ずれてるどころか、大当たりのコメントをありがとうございました!
2017-06-15 木 22:45:36 | URL | ナカリママ [編集]
ワーこれすごいですね。
衝撃的です。
椅子は相変わらずですけど、ちゃんと弾いてる・・あたりまえか・・
この曲まで好きになっちゃいそうです。
グールドをグルードと書いてしまう癖があって恥ずかしいです。
ありがとうございました。
2017-06-16 金 07:33:13 | URL | unagi [編集]
良かった〜、ちゃんと繋がりましたね。
椅子はかなり低いですが、ちゃんと弾いてはります!鼻歌はさすがに控え目?
とにかくすごい人ですよね、一緒に楽しんでいただけて嬉しいです、ご丁寧にありがとうございました、^_^
2017-06-16 金 09:00:51 | URL | unagiさんへ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad