■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

息子からのメッセージ
ご訪問ありがとうございます。

昨日の記事がかなり重かったのですが、
書くことで、自分自身はスッキリすることができました。
コメントによる意見交換についても考えさせられ、
良い経験になりました。

スッキリ・・・とか言いながら、
いろいろ考えて眠れないので、起きてきてしまいました(^-^;)


重い記事のまま終っておくのが何となく落ち着かなくて・・・



息子は今、泊りがけで学会に行っていますが、
無事に着いてる?とメールしたら、タイトルなしで返ってきたメールは
「スカイツリーだよ」と一言。そして写真が1枚。
スカイツリー

ああ! この、夕暮れ時の空の色は大好きな色です。
他に何の文章もないのは、向こうでの様子に触れたくないから?
・・・まあ、いい大人なんですから、干渉するのは止めにします。

娘の記事が続いたので、今回は、彼が昔、作曲したフーガをもう1曲。


オルガンの音色に癒されて、眠れるかな?
明日(今朝)は笑顔で目覚めたいです。

あと、息子が好きなグールドの超・個性的な映像。


ピアノの椅子の高さにこだわったり、握手を嫌がって手袋をしたり、マイペースの「変人」ピアニスト。
神業的な演奏技術に、突出した才能に恵まれた、発達障がい当事者・・・ですよね。
彼も独身を通しました。それだけで、なんとなく、心強いです。

今日は息子の話題で、明るく締めて、
前向き前向き。口角上げて「ステイヘルシー」でいきましょう。

読んでくださってありがとうございます。
感謝を込めて。



子どもの日常 | 02:56:23 | トラックバック(0) | コメント(12)
コメント
グレン・グールド
今朝は、朝食を摂りながら、彼の演奏によるヒンデミットのピアノソナタをCDラジオに結んだMP-3で聴いておりました。
ピアノの音、我嫁にとっては、騒音らしく白い目で見られたので途中でプッツン。
グレングールド大好きですよ。
モーツァルトのK.331なんか第一楽章で度胆を抜かれますもん。
彼に共感できるのは、私もチョット・・・・。
2017-06-04 日 12:15:26 | URL | MK [編集]
MKさんへ
コメントありがとうございます!
クラシック、お詳しいですね。グールドは、演奏も好きですが、強烈な個性にノックアウトされました。
鼻歌がまた楽しくて、いい感じです♪
この映像、気にいってて、何度も見てしまいます。アップして良かったです。
これからもよろしくお願いします(#^.^#)
2017-06-04 日 17:41:22 | URL | ナカリママ [編集]
こんにちは
グレン・グールドはものすごい美少年だったらしいですね。
人ってみんな何か持ってるのかもしれないですが、それを自覚して育てられたらいいですね。
うまく言えません。
彼のバッハはどれをどう聞いても彼のバッハですね。
とりあえず聴き入ってしまいますね。
2017-06-04 日 18:11:08 | URL | unagi [編集]
こんばんは。

過去に何度もお邪魔させて頂いておりましたが、恥ずかしながら初めてコメントさせて頂きます。
グレン・グールド…僕にとっては懐かしい(?)音楽家です。
というのもかなり昔、心身ともに疲れ果てて重い心の病気になった時、
今も親交のある精神科医の先生がいくつも下さったCDがグレン・グールドだったのです。
流行のものやメジャーなものを見聴きしても何にもならない、君に必要なのは変化のあるものだ。
先生はそう仰って、その一環としてグールドの曲を下さいました。今でも大切にしています。

先記事のお話…ふうむふうむとうなりながら読ませて頂きました。
自分とは全く立場も環境も何もかも違う事ですので、何も的確な事は言えないのですが考えさせられました。
僕は所謂結婚適齢期なるものをちょいと過ぎた歳ですが、過去に女性関係で癒えない傷を負ってしまったせいか…今でも女性は少し怖いです。
でも心のどこかには父親になりたいという気持ち、誰かをまた愛したいという気持ちは有って。
でも過去を思い出すと怖いんですよね…。
今の僕は、これからずっとどうやって独りで生きていくか…そればかり考えています。

駄文失礼致しました。

2017-06-04 日 19:03:28 | URL | いぬふりゃ☆ [編集]
ナカリママさん、こんばんは^^
今頃、息子さんは学会にいらしているんだろうなと、思い出していました^^
息子さんの作曲したフーガも、本格的で、さすがですね!
小・中学生の頃、パイプオルガンには無茶苦茶憧れました。
バロック音楽が好きだったので、実はその頃グールドは大分抵抗があったんです。
バロック音楽らしくないと思ったので・・・。
でも、近年聴き直してみて、すごく良いと思うようになりました。
グールドも発達障がい当事者なのですか~。
勇気づけられますね。

昨日の記事を読ませて頂いて、私、この前ナカリママさんから頂いたコメントの返信に、ちょっと無神経な事を書いてしまったのではないかと後悔しています。
理解不足のことが多いと思いました。
もしお気にされていたら、どうぞお赦しください。
2017-06-04 日 21:44:58 | URL | Ariane [編集]
音楽に対する反応凄いですね(笑)
皆さん造詣が深くて驚きました。
最近ゆっくりとクラシックを堪能する余裕がないことを反省しています。
今宵は何か聞きながら眠りにつくとしましょうかね(笑)

ん~、プレヴィンかバレンボイムあたりを引っ張り出してみましょう。
2017-06-04 日 21:59:51 | URL | 節約ドットコム [編集]
unagiさんへ
そうですよね、写真を見てもかなりの美少年という感じがします・・・が、
個人的には、中年以降の髪が薄くなったグールドの渋い雰囲気の方が好きです。

息子にグールドを教えてくれたのは、不登校時代に出会った先生でした。
聴衆を待たせたまま、何度もピアノの椅子の高さを調整し続けた話を聞いて、
なんて変なピアニスト!と思ったのが第一印象です。
息子は特にバッハが好きです。私もです。嬉しいです。
コメント、ありがとうございました(^-^)
2017-06-04 日 23:10:28 | URL | ナカリママ [編集]
いぬふりゃ☆ さんへ
初コメントありがとうございます、嬉しいです。
ponchさんのところで、お名前はよく拝見していて、
皆さんのコメントのやりとりを、楽しそう~、と思いながら読ませていただいていました。

グールドのピアノには、特別に、人を惹きつける何かがある気がします。
息子がメンタル面で一番苦しんでいた頃にグールドに出会えたことが、
その後の彼の音楽(や、周囲の人)との付き合い方・・・を方向づけたみたいで、
グールドというピアニストの存在を教えてくださった先生に感謝しています。
なんとなく、 いぬふりゃ☆ さんが書いてくださった、グールドとの出会い、に重なるものを感じました。

前の記事についてもコメントいただいて恐縮です。
ほとんど独白のような感じで書きなぐったので、自分で読み返して汗が出そうなのに・・・
いぬふりゃ☆ さんのコメントは、駄文どころか、私の心にじーんと響きました。
ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。
2017-06-04 日 23:20:14 | URL | ナカリママ [編集]
Arianeさんへ
学会の様子はまだ耳に入ってきません(^-^;)
直前の準備段階で、
同じ研究室の人と、持ちものの分担で、ちょっと微妙な空気が流れた、
と言っていたので、樹にはなっているのですが。
何とか上手くやり過ごせたかなあ・・・

高卒認定資格を取ったあと通信制高校を退学し、在宅生活を続けていた間、
作曲ソフトでたくさんフーガを作っていました。
彼の独学によるものなので、知識のない私には全然わかりませんが、
一応「フーガ」・・・になっているみたいです。
誉めてくださってありがとうございました。

グールドが発達障がい当事者(アスペルガー症候群)、ということについては、
ネット上で、いろんな方が記事に書かれていますが、
私たち親子にとってのグールドは、「変な人、こだわりの強い人でも、好きなことで力を発揮すればこの世の中を生き抜いていける」という希望の人でした(^-^)!

Arianeさんのコメント返信の件は、全然気になさらないでくださいね。
心が通じているというか、言わずとも了解、というか、Arianeさんのあたたかいお気持ちが私にはしっかり伝わってきているので、安心できます。大丈夫です。
お気を遣わせてしまってすみません、でも嬉しかったです、ありがとうございました。


2017-06-04 日 23:52:33 | URL | ナカリママ [編集]
節約ドットコムさんへ
私も、皆さんクラシックにお詳しくて、すごいなあ~、と感心させられています。
それと、グールドという人の魅力を改めて感じました。
何だか、心強い気持ちがします。

節約ドットコムさんの過去記事で、聖書の話(インドア遍歴)を読んだ時にも思いましたが、「古典」と言われるものには、やっぱり、大きな力がありますね。
読み切れない、聴ききれないほどのたくさんの古典がある、と思うと、気が遠くなりそうですが、欲を出し過ぎないで、手の届くところから、楽しんでいけたらと思います。

娘の件のコメントに心乱されながら一気に書いた記事が、気になって眠れなくて、続けて音楽をアップしてよかった、と、今は気持ちも落ち着いています。
いろいろありがとうございました。


2017-06-05 月 00:06:13 | URL | ナカリママ [編集]
ナカリママさんへ
おはようございます!

息子さんに「無事に着いたの?」の
ナカリママさんへのご返事が
「スカイツリーだよ‥」
と素敵な写真を一枚‥

男の子はきっとこれが
普通のような気がします。

うちの息子に「無事に着いたの?」と
聞くと必ずこう返して来ます。

「へい」(^◇^;)写真無し

もしも長い文章なら
私は嬉しいのですが
反対に、別に話があるのでは‥
寂しいのでは‥と
思ってしまうかもしれません(^_^;)

でもこの一枚の写真に多くの言葉は
無くても、愛を感じますよ。

それでも
母としてはもうちょっと
長くして欲しいですよね!
2017-06-06 火 06:44:54 | URL | iomama [編集]
iomamaさんへ
コメントありがとうございます。
写真は嬉しかったのですが、で、スカイツリーはさておきそっちの様子はどうなの?と突っ込み返したいところを、グッと我慢、でした^^;
愛を感じる、と言っていただいて癒されました。
普段のメールも短文で要件だけ、という感じなので、元気と分かればそれでいいんですけど。iomamaさんの息子さんも、言葉少なめなんですね。同じ母としてのお気持ち、よく分かります〜

iomamaさんの愛のこもったインテリアに囲まれて、息子さん、きっと笑顔で過ごされてらっしゃるでしょうね!また伺います、ありがとうございました。
2017-06-06 火 13:46:37 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad