■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

当事者会に参加・・・ピアサポートっていいな
ご訪問ありがとうございます。
昨日(6月1日深夜)の記事に、たくさんのコメントをありがとうございました。
弱音を吐いたときに声をかけてくださる方々のあたたかさに、しみじみしました。
最後のコメントにうまくお返事できなかったのが気になっているので、
この記事の終わりに貼りつけますね。変な形になってすみません。


さて・・・
前回、ナカリが風邪をひいて参加できなかった当事者会。
今日は、親子で初参加してきました。
ナカリの感想は、リンク先の「ナカリのブログ」にありますが、
穏やかで、何かしら不思議な空気が流れる空間でした。
誰に聞かれたわけでもなく、嫌だったこと、を誰かが語ると、
続けて他の人も自分の体験を語る・・・
話の途中「トイレに行ってきます」と、誰かがすっと出て行っても違和感なく、
しきりに「ごめんなさい」と手を合わせる男の人の姿に、心の中で、いいのよ、いいのに、とつぶやきながら、
最初だけのぞいて途中で失礼するつもりが、1時間半近く、最後まで参加しました。
さようなら、と、ナカリが部屋を出る時に、にっこり笑顔が出て、嬉しかった!

一人じゃない、という事を実感してくれたのかな。

帰り道は、バスじゃなく、散歩がてら1時間近く歩いて、途中でお昼ご飯も食べて、
帰宅後は疲れて横になったけど、そのあとの留守番も問題なく、
昨日よりぐっと落ち着いたナカリ。良かった・・・

散歩の途中、樹のトンネルを通り抜けた公園
公園の木のトンネル


夜、感想かいてみたら?と、声をかけたら一人で黙々とパソコンに向かい・・・
書かれた内容を読んで、改めて、ピア(同じ立場の人同士)サポートっていいな、
と思った私でした。



で、
あとの方に、「おかあさんになってみたい」という文章があるのを見て、
数日前の会話で初めて言葉として聞いた時以上の衝撃!
娘が「おかあさんになりたい」気持ちを表明したことを、
母親としてどう受け止めたらいいのか動揺中です。
ずっとずっと、孫は諦めてね、と、子ども二人ともに言われ続けてきたから、
考えの外に追い出していた問題だったので、これは不意打ち!

10代からずっと飲んでいるメンタルのお薬。
婦人科で一時診てもらったこともあるけれど、まだまだ生理不順が続いていて・・・
考えたら、不安もいっぱい。
いつか機会に恵まれるとして、ナカリは、おかあさんになれるんだろうか。
あたまぐるぐる。

先の記事にいただいたコメントへのお返事で、
「子をもって知る親の恩」という言葉を書いたばかりだけど、
親になる大変さを思うと、我が子がいつかそんな体験をするのかと思うと、
嬉しさや期待よりも、不安が先立ってしまう・・・
でも、自分が先立つことを考えたら、子どもに家族がいてくれた方が安心には違いない。

ふう~
ちょっと深呼吸して、ゆっくり落ち着いて、先走らないで、
まずはナカリの「気持ち」だけを受け止めよう。
あれこれ考えなくていいから。
そうなんだね、そうなんだ、と、やさしくあたたかく見守っていこう・・・
ほんとに、心も体も大人になったね。
じーん。





追記)前の記事へのコメントのお返事です。

節約ドットコムさんへ

心にしみるコメントをありがとうございました。

自分のせいにしてしまう、とか、感情を飲み込んでしまう、とか、
性格的な部分は、大人になってしまってからは修正がききにくいです。
父の我慢強さに比べたら、私なんか足元にも及びませんが、
己の感情を押し殺す傾向は、親の姿を通して刷り込まれた気がします。

ナカリは今回、声を荒げることなく、ただただ涙にくれながら
自己否定し、上手く生きられている人を羨ましいと言い、
出来ない自分を哀しみ、生まれたことを残念がり続けたのでした。
それを見聞きしている間に、私自身の感情が限界を超えて爆発、
あとから後悔した次第です。

「子どもに対する苛立ちや破壊衝動が消えてきたことに気づく」という
4月21日の過去記事を読み返して恥ずかしい思いをしています。
やっぱり、人生、そんなにすんなりはいかないものですね。
行きつ戻りつ、迷いながら、悩みながら、紆余曲折しながら、生きていくしかないです。

私も自分に言い聞かせるようなお返事になってしまいました。
上手く言葉にならなかった気持ちを表現してくださって
重ねてありがとうございました。



子どもの日常 | 23:35:12 | トラックバック(0) | コメント(12)
コメント
当事者会に親子で無事に参加できて良かったですね!!

ところで、これはあくまで我が家での話ですが。

娘が20才の頃、「私も結婚して子供が欲しいかなあ」と言った事があります。
私の返答・・・「無理よ。自分の面倒を見るのにも苦労しているんだから。それは考えない方がいいよ。」と一刀両断。

結婚したり、子育てをするという事には大きな責任が伴うと思います。家族を持つにはある一定以上の精神的な安定感が必須だと個人的には考えています。

この考えは人には押し付けません。あくまでも我が家の場合です。
2017-06-02 金 04:19:47 | URL | 鶏ささみ [編集]
ナカリママさんへ!!
おはようございます。!
これから息子と孫の会いに行きますので11時ころ帰宅となりますので応援だけにて失礼いたします。ではまた。☆☆
2017-06-02 金 11:12:28 | URL | tigers147(荒野鷹虎) [編集]
鶏ささみさんへ
はい、初めてだったのでドキドキでしたが、
やっぱり、当事者同士通じ合えるものがあったみたいで良かったです。

ナカリも、結婚への憧れはあっても、子どもは無理、と、内心思ってるようではあります。
ダウン症のお友達が、小学校の頃から、成りたいものは「おかあさん」と言い続けていて、
その影響もあるかもしれません。
鶏ささみさんのようにはっきり言い切ってあげる方が、本人も吹っ切れる場合もあるかもしれませんね。
いろんなパターンがあるんだと、教えていただけて助かります。

>家族を持つにはある一定以上の精神的な安定感が必須だ

全く同感です。ナカリに何度も言っているのは、
結婚はゴールじゃない、結婚したから幸せになれるわけではない、という事で、
長い人生、一時の感情に流されず、しっかり考えて行動しないといけない、
出来るだけリスクは避けてほしい、穏やかに過ごしてほしい、という気持ちです。
これは、どの親御さんにも通じる気持ちでしょうけれど。

親が子を思う気持ちに終わりはないですね(^-^;)
2017-06-02 金 12:17:42 | URL | ナカリママ [編集]
tigers147さんへ
おはようございます(^-^)
お忙しい中、気にかけてくださってありがとうございます。

この間、「当事者からの話を聞きたい」という後輩ママの話から、
周辺の保護者同士でもいろいろ話をする中で、
上手く適応できたからと言ってみんながカミングアウトできるものではない、
むしろ、何とか上手く生き延びることができているからこそ慎重になり、
相手との関係を対等に保つためにも、
障がいのことや支援を受けていたことについては触れたくない、
という当事者さんの気持ちがあることも知りました。
・・・そんなこんなで、頭の中はぐるぐる状態ですが、
とりあえず、毎日何とかやれています。

息子さん、お孫さんと、楽しい時を過ごされますように!
2017-06-02 金 12:30:45 | URL | ナカリママ [編集]
当事者会お疲れ様でした(^∇^)
こんにちは!(^∇^)
今日は隠れないでコメントをしてみようと思います!
私のブログにも遊びに来て下さってありがとうございます。私のブログはふざけたことも沢山書いているのでこんな私のブログでナカリママさんのお役にたてることがあるのかは自信ないのですが、私がしんどい時に『おもしろ画像』をネット検索した時に
その瞬間だけだけど爆笑したんですね。
だから私のシュールな笑いで
しんどい時に誰かがくすっとしてくれたとしたら、自分もまだ生きてる意味あるかなってそう思ってます。

ナカリちやんのblog読ませて頂きました!
なんか、ダイレクトに胸に響くわぁ~!
歌が好きなんですね?!
私も歌大好きなんで、又はまってる歌とかアニメもblogで書いていきたいと思ってます!
あと、私も話し方とかめちゃ気になるタイプで(-_-#)キツい物言いの人苦手です。
今、歌番組見てたら、『一人一人は色とりどり、同じじゃないからおもしろい』って歌詞が聞こえてきましたよ!
長々とすみません。今日もナカリママさんにとって素敵な1日でありますようにo(*⌒―⌒*)o
2017-06-02 金 16:39:22 | URL | まいった主婦 まじか [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-06-02 金 17:44:40 | | [編集]
まいった主婦 まじかさんへ
コメントありがとうございます。
「おもしろ画像」、面白そうですね。
以前、私がへこんでた時に、
リンク先の花梨さんが「いいまつがい」という本を教えてくださり、
古本でゲットして、読んで爆笑でした。
気持ちが沈んでるときに、笑いは救いになりますね。
まじかさんのお名前、マジ?って感じで、
魔法少女・・・を思いだして、やっぱりクスッとなりますよ(笑)

今日は、午後仕事に出てましたが、ナカリは無事に留守番できていて、
昨日今日で、随分落ち着きました。
ブログを読んだ友人がメールをくれて、「幸せになる」のは難しいけど、
「幸せに過ごす」のは割と簡単にできるよ、と、リラックス法を教えてくれました。
今もコーヒー片手に、ホッコリタイムです。
明日も一日無事でありますように!
2017-06-02 金 19:46:54 | URL | ナカリママ [編集]
鍵コメントさんへ
いろいろお気遣いいただいてすみません。
私は大丈夫ですよ!
ナカリも、そう(おかあさんになりたい)は言ったものの、やっぱ、大変そう、と、
自分から前言撤回して、想像の世界で満足する、と言ってます(^-^;)
冷静に考えたら・・・そうですよね~。ちょっとホッとしました。
(まあこればかりは、いつなにがどうなるやら分かりませんが)
これからも、ぜひ、いろいろやりとりさせてください。
いろんな意見があって構わないと思うので、どうか気になさらないでくださいね。
なんか変なお返事になって要領を得なくてごめんなさい~
2017-06-02 金 19:54:30 | URL | ナカリママ [編集]
鍵コメントでナカリママさんには先ほどご連絡しましたが、この記事の私の最初のコメント、ドライ&クール過ぎて、ナカリママさんはじめ読者の皆様のお気持ちを傷つけてしまったのではないかと反省しております。悪気は全くなかったのですが、何しろ今までの長い生活でドライ&クールに慣れ過ぎて麻痺しているところがあります。今後気をつけたいと思います。皆様、申し訳ございませんでした。
2017-06-02 金 20:57:15 | URL | 鶏ささみ [編集]
鶏ささみさんへ
ご丁寧にありがとうございます。
>我が家の場合、
と限定してお話しくださったので、
なるほど~そういう場合(手)もあるのか、フムフム、と読ませていただきました。
私も、キレた時にはひどい言葉遣いでナカリを傷つけて、あとから反省すること多々・・・
なので、読み手の受け止め方が気になられたこと、分かる気がします。
お気持ちはよく伝わったと思うので、安心なさってくださいね。
また、コメントお待ちしています^^


2017-06-02 金 21:45:33 | URL | ナカリママ [編集]
中学生が妊娠すると、
大抵、

「生みたい」と言います。

でも今の教養のある成熟した女性なら、

「自分のしたい事もしておきたいし、
 結婚してすぐ妊娠するより、
 二人の暮らしが安定してから、
 妊娠を考えたい。
 教育費も高いしなあ」

そう思います。

だから先進国では晩婚で少子化なのです。

発達障害や心の病の方が結婚すると、
相手が非常な負担を強いられ、
実際に子供が生まれると、
子育てのストレスに耐えられず、
虐待したり育児放棄する事が多く、
結局離婚になり、
祖父母が育児する事が多いですよ。

その孫も発達障害だった場合、
祖父母はまた同じ苦しみを味わいます。

見ているだけでも辛いです。
2017-06-02 金 22:38:11 | URL | motomasaong [編集]
motomasaongさんへ
実際、娘が「もしも」母親になることがあったら、子育ては困難を極め、
実際には私が孫育てをすることになる、のは目に見えています。
なので、これまではありえない選択肢だっただけに、
本人の気持ち(子どもっぽい夢)を知って衝撃だったのですが・・・。

いただいたコメントがきっかけになって、
さらにずっと考えて続けてきました。
書きだすと長くなりそうなので、
改めて記事の形でお返事とさせていただきたく思います。
よろしくお願いします。
2017-06-04 日 02:16:14 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad