■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

昨日から不調 「明るく笑顔で働ける人に、なんで成れなかったん?」
ご訪問ありがとうございます。

息子が下宿に戻っていき、私も用事で出かけて、一人で留守番していた昨日から、
ナカリの調子が激しく崩れてしまいました。
今日は午前中、私が親の集まりに出かけていたので、
午後から、久しぶりに散歩しよう、可能なら空いてる喫茶店で外食しよう、と誘って出ましたが、
5分ほど歩いたところで「やっぱり駄目、帰る」と、踵を返してスタスタ戻っていきます。
一刻も早く自宅に帰り着きたい、という感じでした。
・・・あとをついて歩きながら、これはヤバい、私の頭の中で警報が鳴り始めました。
帰宅して、まずは頓服を飲んで、それから、ゆっくりお話。


周りの人から責められているように感じる⇒でも、一番責めているのは心の中の自分。
昔の(小学校ごろの)自分が、今の自分を見たらきっとがっかりする、
こんな大人になるはずじゃなかった、自分が大嫌い。


うーん、こんな大人って?

働かないでダラダラしている、みんな忙しくしてるのに自分だけ暇してる。
もっと、明るく笑顔で働ける人に、なんで私は成れなかったん?
全然ダメダメじゃん。
年金とかダサい。働けない人はだめだ。自分が悲しい。
先にいいこと、なにもなさそう。きっとずっと一人だと思う。
体がだるい、なにもしたくない、力が出ない。
何で私なんかが生きてるの?もう死にたい。


うーん。ちょっと鬱傾向かも?お薬の調整がいるかなあ。

病院嫌い、また入院とか絶対いや!

入院なんかしないよ。
・・・


巻き込まれ不安で私も気分が下降気味。
「明るく笑顔で働けてる人」なんて、ごく少数なんだ、といくら話しても通じません。

amazarashi 『ナモナキヒト』


歌詞の中の

>傷つける為の言葉は 空しくなるだけ 
 それでも 心に穴が空いて そこに流れ込んだ泥水は 
 全部吐き出さなきゃ 苦しくても吐き出さなきゃ

>上手くいかないときは 何をやっても駄目で
  駄目だ駄目だって思ってりゃ 上手くいくもんもいかないよな

・・・

>誰かが君の事を 悪く言っていたとしても 大丈夫 
 人の生き方は 良い悪いではないのだ
 目の前の分かれ道の 選択に悩みこそすれど 
 それを不正解と言ってしまう選択こそ 最も不正解なのだ

>上手く行かない時は 人のせいにしそうなもんで
 それを自分のせいにしてる 君は優しすぎるから

・・・というところが、胸に沁みすぎて、今日は辛いです。
この不穏な空気がなんとかなりますように。


ナカリに歌詞を伝えたら、うんうん、と、頷いて、日記を書き始めました。
泥水を全部、吐き出しちゃえ!




子どもの日常 | 18:28:28 | トラックバック(0) | コメント(10)
コメント
睡眠が浅いとかありますか?
ちょっと心配ですね。
鬱気分って理屈よりも「睡眠の質」が関わっていることがすごく多いですよね。よく眠れていればいいのですが。
お大事になさってくださいね。
2017-05-30 火 19:19:05 | URL | 鶏ささみ [編集]
鶏ささみさんへ
ありがとうございます。
寝るのは寝れているので、睡眠は大丈夫みたいです。
気分の変調は、急に暑くなったのに長袖のまま、とかいう、体感の鈍感さ(痛みにも鈍感なんです)から、軽い脱水を起こしてフラフラしたのも一因みたいです。
側にいて話してると落ち着いてくるので、何とか乗り切れるかなぁ。

蒸し蒸しして体が疲れやすい時期なので、鶏ささみさんもご自愛くださいね。
2017-05-30 火 20:03:19 | URL | ナカリママ [編集]
働きの定義を考えさせられます。
一般的多数として、仕事をして自分自身で自分の営みができる程度の報酬、お金を得ることだと認知されていますが、私はその点賛同しかねます。
働き方は様々でお金を得ることが第一にあってそれが出来るか出来ないかで判断されてる社会を当人も感じているところが辛く思います。
今ある才能を伸ばしお金にならずともルーティン化することができればそれはもう立派な働き方ではないでしょうか。
小説家なんて一生、書いたものが売らなくても本さえ書いていれば小説家なんですからね。
ゴッホなんて典型的では?
家の掃除も仕事です。当然生きるためのお金があることは理想ですが、理想をわかっているからこそ自分自身を責めてしまう気持ちが分かります。
ネット上で活かせるスキルがあれば1番いいのでしょうがあまり勝手なことは言えません…
難しい課題です、私も考え続けていきますね。
2017-05-30 火 22:51:33 | URL | 節約ドットコム [編集]
本人も家族も辛い状態ですね、きっと。
でもすごいなって思うんですよ。
国からの援助で生きていくのが当然、もっとくれ!とか。
子どもの障がい年金をあてにしてる親がごろごろいるなか、「働きたい!」と痛切に感じていらっしゃるんですよね。立派だと思います。もっとやれるのにやらずに甘える人だっていっぱいいますよ!だから、卑下することなんてない・・・って、ココが今は伝わらないんですよね~。
気候の変化でも感情を揺さぶられるでしょうし、うまくやり過ごせるといいですね(いい意味で)。
2017-05-31 水 07:09:36 | URL | 馬場亜紀 [編集]
節約ドットコムさんへ
コメントありがとうございます。
働く、の定義として、昔、「はた(周囲)を楽にする」と、何かの本で見たことがあります。
必ずしも、お金という対価が支払われなくても、
周りの誰かが楽になれるようにすること(極論すれば、そこに居る、だけでも)・・・に意味を見出す、あたたかい文章でした。
たとえ在宅でも、家事手伝いや留守番は立派なお仕事、と説明しているんですが・・・。
私の育て方の問題?(ルーツは母の育て方にありますが)として、
何かあった時にその原因を人に求めないで自分自身を見つめ直すように、とラインを引いてきたので、
つい、自分を責めてしまう方向に向かいがちです。

「ネット上で活かせるスキル」・・・!
これ、課題なんです、なにか身につけて在宅でも自信をもって自分の得意を生かせたらいいのになあ~と願っているんですけど。
一緒に考えていただけて、本当に感謝です。いつもありがとうございます。
2017-05-31 水 11:22:31 | URL | ナカリママ [編集]
馬場亜紀さんへ
コメントありがとうございます。
書いていただいた内容を、少しかみ砕いてナカリにも話しました。
「年金をもらうこと」に対して、何かしら申し訳ない気持ちをもちながら、
自分にできることはやらなければ、と考える、というのは、立派なことだ、と。
もちろん、無理は禁物だし、働ける状態にない、からこそ、年金が支給されているんだから、堂々としていて構わないんだよ、とも。

おかげさまで、今朝は少し持ち上がり、
一緒に近くのパン屋さんまで出かけて、そこで軽く食事をとることもできました。
「外に出られなくなる」というのが、一つのポイントなので、ちょっとホッとしています。
お気遣いいただいて感謝です。
これから蒸し暑くなって、過ごしにくい時期を迎えるので、亜紀さんもご自愛くださいね。
ありがとうございました。
2017-05-31 水 11:28:03 | URL | ナカリママ [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-05-31 水 23:53:40 | | [編集]
鍵コメントさんへ
こちらこそ、早速コメントいただけるとは思ってなかったので嬉しかったです。
ありがとうございました。

「部屋の壁に大穴」というところに思わず反応してしまったのです。
こちらで蹴り破ったのは娘の方ですが、私もかなり、いろんなものを壊しました。
二人して暴れ放題でした・・・。
精神的に限界に近づき、娘が自傷に近い状態になって初めて、
落ち着こう、とお互い泣きながら抱き合い、お薬を飲んで何とか立ち直る・・・
そんな繰り返しでした。

次の記事も、今まさにそれに近い状態、という内容で、お恥ずかしいです。
本人の気持ちに寄り添う、一緒にいる側と気持ちを重ね合わせる・・・
これ、ほんとに難しい課題だ、と、しみじみ感じています。
私も鍵コメさんのところで勉強させてほしいです。
これからよろしくお願いします。
2017-06-01 木 00:33:02 | URL | ナカリママ [編集]
明るく笑顔で働けてないのはナカリさんだけじゃないですよ。
自分もまともに仕事してないですし、自分もなれるものならナカリさんのいうような「明るく笑顔で働ける人」になりたいです。
ひとりでお祭りみたいなイベント行くと、周りの人は友達と楽しそうにしてるので、いつもひとりの自分は孤独な気分になります。
2017-06-02 金 09:48:12 | URL | ponch [編集]
ponchさんへ
ご自身のことを伝えてくださって、本当にありがとうございます。
昨日ナカリが参加した当事者会でも、他の人も自分と似た悩みを持っている、と知り、
一人じゃない、と、感じたことで、すごく気持ちが楽になった様子でした。
作業所で働くことができている人でも、最初は午後の1時間から始めた、とか、
今でも週に数日通うので精いっぱい、とか、お聞きして、
働いている人も出来る範囲でやっている、無理しなくていいんだ、
マイペースでいいんだ、と思えたようです。
ponchさんからもピアサポートを受けた気持ちです。
ありがとうございました。
2017-06-02 金 12:25:19 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad