■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「レ・ミゼラブル」と「ああ無情」
ご訪問ありがとうございます。

昨夜はBSで、映画「レ・ミゼラブル」を放映していました。
地上波の「アニー」の方が、こどもの日らしいかな、と思いながら、
以前、借りて観たときの感動を思い出したくて、チャンネルを合わせました。




封切りは2012年・・・もう5年も前のことなんですね。
当時私は、「フランス革命」に、すっかりハマって?いて、
佐藤賢一氏の「小説フランス革命」の新刊が出る度、読みふけっていたのでした。

映画の解説は、リンク先のノラネコさんの記事を紹介することにして、

「レ・ミゼラブル」
(ノラネコさん、まだトラックバック慣れてなくて、こんな形で勝手に紹介させていただき、すみません)


原作の方の話・・・です。

当時、息子が黒岩涙香・訳の「巌窟王」を古本で読んでいて、私も読み返して感動し、
その延長で「噫無情」も読み返して、この感動をナカリと分かち合いたい、と、
自分が子どもの頃に親が買ってくれた、子ども向け名作文学を引っ張り出して、少しずつ音読していました。
(父が本好きだったので、孫にも読んでやるように、と、昔の本を実家から何冊か送ってくれていたのです。)

今も、子ども向けの新書が出ていますが、
昔のものは、すべてのページに挿絵があり、字も大きくて、ナカリと一緒に読むのには最適。
読み聞かせをしながら、こちらが泣いてしまう、という場面も何度かありました。

ああ無情 表紙 CIMG0780

裏表紙に、260円、とありますね。
ハードカバーのしっかりした装丁で、紙も黄ばんではいるものの、さほど劣化していなくて、
送ってくれた父に感謝でした。

目次です。
ああ無情 目次 CIMG0781

あの長い物語を、これだけコンパクトに詰め込んで、要所を外さない、というのはすごいことです。
最終章が「すべてをゆるして」となっているのに、胸が詰まります。
執拗なジャベル警部の追跡について、母が話してくれたのも思いだされ、懐かしいです。

最初にカラーの挿絵が数枚あって、登場人物紹介のページにも挿絵がついています。
ああ無情 登場人物 CIMG0782

視覚優位のナカリにとって、挿絵はとても興味深い、特に、人物!
一人でも読める状態だったのですが、私も読み返したくて、一緒に読み進んだのも、いい思い出です。
(感動、というところでは、ナカリを置いてきぼりにして自分が先走ったのも否めませんが・・・^^;)

お話の後に、解説がついていて、子ども向けにしては、かなり熱い文章が並んでいます。
ああ無情 解説 CIMG0783

解説の中で紹介されている、ユーゴーによる原作の序文です。

「法律や習俗によって、文明のただなかに人為的に地獄をつくりだし、
 神の定めた運命を人間社会の宿命によってかきみだす、
 社会的処罰というものが存在するかぎり―、
 この世紀の三つの問題、すなわちプロレタリア的境遇による人間の品位喪失、
 飢えによる女性の堕落、夜の闇を恐れて子供がやせほそること、
 この三つの問題が解決されぬかぎり―、
 いくつかの地方で社会的窒息がおこりうるかぎり―、
 いっそう広い見地に立って換言すれば、
 地上に無知と貧困というものの存するかぎり、
 本書のような性格の書物も無用ではありえないだろう」


私が生まれる100年くらい前に書かれた本。
現在から数えたら150年以上になりますね。
長い人類の歴史も、地球の歴史や宇宙の歴史から考えたら一瞬の出来事だけれど、
その中に、これほど凝縮された、書物という文化が存在し続けていることに心震える思いです。

「過ちは繰り返さない」と誓いながら、なかなか世界平和が実現しないことや、
飢えや貧困の問題が今の日本においても無視できない状況であることや、
広い視点から自分の周りを見返してみると、
日々の暮らしの平穏に対する感謝の気持ちが改めて湧いてきます。
そして、文学の力、を感じます。


「実利」ばかり重んじるのでなく、生活に潤いを与える文学や芸術を大事にできる社会であってほしい。
戦争が始まった時に、真っ先に戦場に送られた学徒たちの多くが、音楽や美術や文学を学んでいたことを、
忘れてはならない。

自分とは違うもの、を排除しない、共存の道を探る、地道な小さな努力が世の中を動かしていくと信じたい。

最後に、リンク先の「最果ての図書館」の記事を貼りつけておきます。
未知との対峙 -『自分とは違った人たちとどう向き合うか』ジグムント・バウマン
(ふむふむよだかさん、勝手に紹介すみません)


ペンは剣より強し!
「こどもの日」に感じたこと、第2弾でした。






読んだ本・文章、見た映画・ドラマ、聴いた音楽 | 14:55:09 | コメント(12)
コメント
小学校の時に読みました。「とことんかわいそうな物語だ」と思いました。

神父さんが「銀の燭台は私があげたんですよ。」と言う場面に当時は感動し、神父さんてなんて心が広い人なんだろう!と思いました。

現在の私が神父さんの立場だったら、「ここで、私が燭台をあげたなどと言ったら、この人は余計に甘えて次の犯罪を犯すだろうから、盗まれたものは盗まれたとシンプルに言おう」なんて考えそうです。

私って本当にドライ&クールだわ~。
2017-05-06 土 17:25:36 | URL | 鶏ささみ [編集]
 共感しながら記事を読んでいたところ、最後に私のブログの記事を紹介いただいていました。ご紹介、どうもありがとうございます。

 ナカリママさんの力強いことばに、特に「文学の力」「ペンは剣よりも強し」ということばに奮い立たされ、勇気をもらいました。いつも考えさせる、素晴らしい記事を提供してくださり、ありがとうございます。

 歴史が同じ過ちを繰り返している、というのは本当にそうだと思います。過去に大きな過ちを繰り返しながら、まさに今また過ちをおかそうとしている世界がやってきていて、本当に心苦しく思います。だからこそ、文学などの芸術作品を見つめ直す時なのではないか、と思っています。

 これからもよろしくお願いいたします。
2017-05-06 土 19:43:34 | URL | ふみよむよだか [編集]
鶏ささみさんへ
小学校・・・そうですよね、確か教科書にも載っていたような気がします。
公文の教材にもありました。

鶏ささみさんは子どもの頃に素直に感動されたのがすごいなあ、と思います。
私はひねくれていて、最初読んだときに、こういう感動もの(名作シリーズ)は苦手だと思ってしまいました。
自分でも、ドライで大人ぶった生意気な子どもだったと思います。

・・・なのに、大人になって読んでみると、
「銀の燭台」のお話のあと、親子(血がつながっていなくても)の愛、男女の愛(報われない愛も)、社会全体のうねりや革命運動、信仰、などなどがドラマチックに描かれ、怒涛のようにラストに繋がっていく展開に、涙してしまいました。
それで、つい、熱くなって記事を書いた次第で(^-^;) ちょっと気恥ずかしいです。

いつもコメントをありがとうございます^^

2017-05-06 土 20:01:31 | URL | ナカリママ [編集]
ふむふむよだかさんへ
わあ!早速発見していただけて、コメントもいただけて、嬉しいです。

息子は、不登校の間、図書館に通って一人で本を読んでいる子でした。
図書館好き、古本好き、基本的に書物が好き、は、その後もずっと、で、
「巌窟王」もわざわざ黒岩訳から読み始めたあたりがマニアック・・・。
ナカリも、数の理解や操作に困難がありますが、絵や文章を書くのが好きです。

そんな子供たちの未来を考えたとき、
戦没画学生慰霊美術館「無言館」から出展された作品を、京都の国際平和ミュージアムで観て、魂が込められた数々の絵に胸が締め付けられた経験が思い出されます。
次の世代のためにも、私たち、がんばらなくちゃ!

「最果ての図書館」のネーミングがとても好きです。
いろんな発信、いつもありがとうございます。
こちらこそ、これからもよろしくお願いします。

2017-05-06 土 20:19:34 | URL | ナカリママ [編集]
ああ無情は自分も小学生のとき読みましたね。
改めて見ると、これって性善説で成り立ってる話だなと思いました。
神父の情もジャンバルジャンだから成立してるわけですし、
実際には他人の善意も平気で踏みにじる悪党もいますしね。

自分とちがうものを排除しないとはいいますが難しいですよね。
ナカリママさんも世の中の人間が皆発達障害者ならよかったのにといってましたが、
その言葉も裏を返せば定型発達者を排除しようとしてるようにも見て取れますしね。
何かもう自分とちがうものを排除するって、動物の防衛本能みたいなものですよね。
本能だから抑えたり自制はしても絶対に消せない本能ですよね。
発達障害というだけで社会から排除されたら差別になりますが、他人に危害を
加える人間が犯罪者として社会から排除されるのは、区別になると思います。
友人関係でも友達とトラブルばかり起こしてる人は排除されてしまいますし、
されても仕方ないと思います。
2017-05-06 土 23:17:52 | URL | ponch [編集]
ponchさんへ
コメントありがとうございます。

コゼットを預かる宿屋の夫婦は、最後まで悪党のままでした。どうしようもない悪、という存在も描かれてましたが、一方で救いも示されているから、希望がもてるラストだったと思います。正直、泣けましたから(T-T)
ちょっとロマンチスト過ぎますかね…

世の中が自閉スペクトラムの人ばかりなら戦争もないのではと思う、というようなことを書いた記憶もありますが、だからといって定型発達者を排除するつもりではなかったです…が、これも見方により、かもしれないですね。
難しいなあ。
差別と区別、人の本能、どれもうまく答えられない課題で、すみません。

異なる感性を排除しない、認めたい、という気持ちだけは、あるのですが…
宿題をいただいた感じで、考えてみたいと思います。
率直な感想をありがとうございました。

2017-05-06 土 23:58:24 | URL | ナカリママ [編集]
こんばんは!(^o^)/
「レ・ミゼラブル」は映画館で観ましたよ。「夢やぶれて」を歌い上げる場面は
書いてる人もいましたが、聴き応えがありました。
少年少女世界の名作全集は、私もよく子供に読んできかせましたよ。
ほか世界の童話集も次男が特に好きで、毎晩読んでいた記憶があります。
でも最後の解説までどれも読んだ記憶がありませんでした。^^;
しっかりした解説が付いていたのですね。
ナカリママさんの話しは、しっかり捉えられていて分かりやすいです。(^o^)v

↓コデマリがもう咲いているのですね!我が家はまだ先のようです。^^;
2017-05-07 日 01:58:58 | URL | プリティ・カフェ・チューリップ [編集]
はじめまして。いつも拝見させていただき、考えさせられることばかりです。ああ無情、懐かしい!映画も観ましたよ。人間は凄いですね…。
これからも読ませてもらいたいブログです。どうぞよろしくお願いします。
2017-05-07 日 08:30:47 | URL | 馬場亜紀 [編集]
プリティ・カフェ・チューリップさんへ
映画館で観られたのですか!それは大迫力だったでしょうね。
「夢破れて」を歌い上げるシーンでは、私も涙がこみ上げました。

少年少女の世界名作全集!プリティさんも読み聞かせなさっていたんですね。
私も、子どもが小さい頃から、絵本の読み聞かせを結構がんばりましたが、
名作の類にはなかなか手を出せずにいて(天邪鬼だったので)、
子どもたちがずいぶん成長してから、今さら、という感じで一緒に読み直し、
名作と言われる所以を実感する、という状態でした・・・
お誉めいただいて恐縮です(^-^;)

コデマリ、ユキヤナギよりは満開の時期が長持ちしてます。
小さな花ですが、一生懸命咲いている姿に癒されます。

コメントありがとうございました。

2017-05-07 日 09:23:40 | URL | ナカリママ [編集]
馬場亜紀さんへ
はじめまして。
亜紀さんも映画、観られたのですね!
>人間は凄い
同感です!いろんな意味で、深い映画(原作)だなあー、と思い返させられます。

私も亜紀さんのブログを読んで、あたたかい気持ちにさせられたり考えさせられたリで、
リンクさせていただきたいな、と思っていたのでした。
この機会に繋がらせていただきますね、こちらこそ、よろしくお願いします^^

2017-05-07 日 09:26:51 | URL | ナカリママ [編集]
こんばんは
おそらく 私もママさんご紹介の本を読んでいたのではないかと思います。
母が読ませたいと思って本を買ってくれてました。
読み聞かせもしてくれていました。
妹は本が大好きだったのですが、私はそんなに好きではなくて・・・
でも小学校3~4年くらいだったかな
本を読んで読書感想文を書くということを担任の先生が上手に進めてくださったおかげで いろいろと読んだことがあります。
この名作シリーズはいくつか読んだなぁと懐かしく思い出しています。

2017-05-07 日 21:59:44 | URL | 花梨 [編集]
花梨さんへ
こめんと、ありがとうございます!
私たち、世代がほぼ同じですものね^^
昔の子どもたちは、こういう「世界名作シリーズ」を読んでいたんだ多あ、と、
装丁も挿絵も字体もレトロで、懐かしく思いだしました。
親子で同じ本を読めたのも、父が送ってくれたおかげ、と、
今になって改めて感謝でした。
・・・という事情もあって、実家の片づけは、なかなか進みそうにありません(^^;)
親が残した大量の本・・・どうしようかなあ。

2017-05-07 日 23:25:09 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad