■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

先生は旅人、教師は黒子、教育は種を蒔く仕事、「ともに希望を語ること」
ご訪問ありがとうございます(^-^)


月曜日に、社協の地区福祉会役員会に出席してきました。
毎月はじめの月曜に小学校のすぐ前のコミセンで行われる定例会議。
断り切れずに役員を引き受けたので昨年から出ていますが、
一応任期2年で改選があるので、次年度は誰かに交代してもらおうと画策?中です。

・・・それはさておき、
この会議の資料として、毎回、校区の小中学校の学校便り、が配布されます。
今回は4月号、だったので、新年度の教職員体制(新任、転任)のお知らせが載っていました。
こういう会議にでも出なければ、目にする機会もなかったでしょう。


下の娘が小学校を卒業してもうすぐ10年。
当時の先生はほとんど残っていません。
中学も然り。
知らない先生の名前ばかりが、ずらりと並んだ学校便り、を見ながら、
なんだか気の抜けたサイダーを飲んだ後みたいな、ちょっと空しいような、不思議な気持ちがしました。


「学校の先生には異動がある」、というのは、当たり前のことだけれど、
ナカリの不登校のきっかけの一つが、一番頼りにしていた先生二人が同時に居なくなったこと、
だったのが思い出され、改めて 「先生は旅人」という言葉が浮かびました。
これは、私たち支援の必要な子どもの保護者の集まりで、よく言われていた言葉です。

「親はその子の一生を見続ける、先生はある時期だけの関わりで、旅人のようなもの」

そのくらいの距離感で、先生という存在に過度に期待しない、依存しない、と親たち自身を戒める言葉でした。
同時に

「親は自分の子どもしか見えない、先生は集団の中の子どもを見ることができる」

という意味で、親には親、先生には先生、にしかできない関わり方があるので、
子どもを真ん中に、それぞれの立場から協力し合うことが必要、という話もしていました。


私自身、公立中学校で10年以上教師をつとめた経験から、
「親の言い分」と「学校の立場」が必ずしも一致しないことはよく分かります。

教える側の立場について、先輩教師から学んだことは、

教師は黒子。表立ったことをしなくていい、子どもが前に出ていることが大事」
教育は種を蒔くような仕事。いつ芽が出るかは分からない、すぐに答えを求めるやり方では教育はできない」

こんな言葉でした。

「旅人」である先生方と別れた後、
たとえ二度と会うことはなくても、学んだことが何かにつながっていく、
10年20年の長い期間を経ても、何かの拍子に思い出されて力を得られる、
そんな、心に残る存在、としての「先生」と出会えたら、人生の大きな宝になる、
そう実感します。

それで、思い出されたのは、ルイ・アラゴンの

「学ぶとは心に誠実を刻むこと。教えるとはともに希望を語ること

という言葉。

「学校」という場所には、子ども達二人とも、馴染めなかったけれど、
何人かの「先生」(スクールカウンセラーさんや、学校以外の大人も含む)に出会えたことが、
生きる希望につながった、という気持ちはあります。

いのちの危機を、(現在までのところ)無事に乗り越えて、
子ども達二人とも、今を誠実に生きていてくれて、ほんとにありがとう。

それは、私一人の力では為し得なかったこと。
反面教師もふくめて、いろいろな人との関わりの中で、子ども達(って、もう二人とも成人してるけど)が、
それぞれに「学んできた」結果だと思い、しみじみとしてしまいました。

いくつになっても、親子で、ともに希望を語り合える関係でありたいな。
学びに終わりはないのだから。

希望、って大事だなあ。
人生の、春から夏を生きる子ども達と共に、
秋から冬に近づきつつある自分も、心だけは若くありたい、と、
社協の役員をやってるのも、まあ、ちょっとは自分の為になったかなあ、と、自分で自分を納得させる私でした(^-^;)












思い出 | 22:18:01 | コメント(8)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-05-04 木 03:43:10 | | [編集]
>私自身、公立中学校で10年以上教師をつとめた経験から

ナカリママさん、学校の先生でいらしたんですね。リスペクト~!
だって大変な職業ですものね。

娘が学校に行っていた時も、必要以上に親子が先生に依存しないように心がけていました。適切な距離感って大事ですよね。
2017-05-04 木 04:24:32 | URL | 鶏ささみ [編集]
鍵コメントさんへ
「忘れられない先生」というのは、誰にも一人はいるような気がします・・・
人生の先輩であると同時に、同じ目線でこちらの存在を尊重してくれる大人、
そういう人と巡り会えた幸せは、人生の中にしっかりと根付く体験ですよね。
鍵コメントさんの学生時代って、どんなだったんだろうなー(^-^)
思いだしたら、気持ちも若返る気がしますね。

コメント、ありがとうございました。

2017-05-04 木 11:33:18 | URL | ナカリママ [編集]
鶏ささみさんへ
おほめいただいて恐縮です・・・
二人目が生まれて、とても共働きを継続できる気がせず、退職してしまいました。
その時は、ナカリの障がいを知りもしなかったのですが、結果オーライでした。
ただ、家庭でも、ついつい昔の職業体験が邪魔して、
「お母さん」というより「先生」みたいな関わりになってしまっている、と、
カウンセラーさんから指摘を受けたことがあります。

純粋にお母さんになり切ることが出来たら、ナカリも、もう少し違ったかもしれないなあ。
反省を込めつつ、思い出話を記事にしました。

鶏ささみさんも、距離感を大事にされてらっしゃったんですね。さすが!
いつもコメントありがとうございます。


2017-05-04 木 11:42:04 | URL | ナカリママ [編集]
息子の発達障害を確認した2年ほど前より、こっそり覗かせていただいてます。
中学2年になった息子が、月曜日に大きな失敗をしてしまいました。
入学当初より、学校には息子の特性を伝え、細かなフォローをしていただいたのですが、今回の失敗は避けられませんでした。そもそも、先生方にそれを防ぐことは無理でした、排泄に関することなので。
先生方は今後イジメに繋がらないよう対策を充分に考えてくださっています。
私も今出来る対応をすべて行い、あとは成り行きを見守るしかないな、と思っています。
今回のことで率直な気持ちとしては、息子の中で最大のピンチをこの先生方に支えて貰えて良かったなと思っています。先生方には負担ですが(^_^;)
アウトプットが困難な特性上、学校生活を切り抜けたとしても社会人としては必ず大きな失敗に繋がるだろうと思っていました。なので、親元にいる間に、失敗したらこうやってリカバリーする、まわりの人に助けを求める、信頼出来る大人は必ずいる、というケーススタディーを積ませたいと思っていたのです。今回の失敗は、希望する想定よりも大きかったですが(^_^;)
担任の先生が、息子の特性を理解しようという姿勢が伝わってきて、妙な忖度などせずに率直に話ができています。
今回のことが息子の中で消化されるのは5年後かもしれないし、10年後かもしれない。その時は担任の先生に感謝できる心であってもらいたいな、と記事を読んで願っていました。
混乱気味の気持ちの中、でも先生方の配慮に感謝しかない思いを誰かに伝えたくて、乱文を置かせて貰いました。

2017-05-04 木 16:07:29 | URL | samy [編集]
samyさんへ
大切なお話を聞かせていただいてありがとうございました。
子どもの成長過程で、失敗はつきものなので、先回りして防ぐことが良いとも限りません・・・が、親の気持ちとして、傷は可能な限り最小限にとどめたい、と思って当然ですよね。想定外の状況に混乱なさるのも当たり前だと思います。
それでも、
>失敗したらこうやってリカバリーする、まわりの人に助けを求める、信頼出来る大人は必ずいる、というケーススタディを積ませたい
・・・というお気持ちでいらっしゃること、何より素晴らしいと思いました。
我が家でも中2の時期に大きな波がありましたが、その時は、親である自分自身も傷ついて不信感が先立ってしまい、ここまでの覚悟ができていなかったように思います。
samyさんと先生方との信頼関係が伝わってきて、私の方こそ励まされました。
先生方への感謝の気持ちを、こうして言葉にされておられる親御さんの姿勢は、子どもさんにもきっと伝わると思うので、この先いつか、ご本人の心にも先生方への感謝が生まれることと信じます。
コメント、重ねて、ありがとうございました。
2017-05-04 木 18:09:19 | URL | ナカリママ [編集]
お返事ありがとうございました。
不安と、これからに向き合う緊張に気持ちはザワザワしていますが、少し涙することができました。泣くことができなかったので。
種をまくっていい言葉ですね。心の中で何度も繰り返しています。
私と息子の時間も種をまく時間でしょう。いろいろな種類のたねを息子にも私にもまきながら、乗りこえていこう、がんばれ私。
ありがとうございました。
2017-05-05 金 09:19:02 | URL | samy [編集]
samyさんへ
いえいえ、こちらこそ、ご丁寧にありがとうございます。
「涙する」って大事ですよね。
「泣けないくらい辛い」ということもあると思いますが、
やっぱり、
あふれ出る涙を止めないで、いろんな気持ちを洗い流す作業は不可欠と思います。

「種をまく」
私も、この言葉を聞いたとき、
人生をながーい目で見ることが出来る年長者だからこそのお言葉、と、
先輩からのアドバイスとして心に刻んだのが忘れられません。
違う角度から、ですが、「木を植える人」という絵本もありますよね。
自分の死後のことも視野に入れて、黙々と、今できることをする、
生きてる間に答えが出なくても、大きな意味での命は繋がっていて、続いて行く、
そんなことを考えさせられて、勇気をもらった本です。

>がんばれ私
そうです!応援してます。
人生いろいろありますが、
マイペースで、長い目で見て、ゆっくりと、進んでいきましょうね^^
これからもよろしくお願いします。

2017-05-05 金 13:41:45 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad