■プロフィール

ナカリ母

Author:ナカリ母
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「私の中に誰か違う人がいる!?」と感じる不安
ご訪問ありがとうございます。

お薬のおかげか?親子とも、夜は割とスムーズに眠りにつけるようですが、
早朝覚醒が続いていて、今朝ナカリは5時ごろに目覚めてしまったそうです。

で、
想像しようとしてもうまくいかない、自分じゃない誰かがいて邪魔する、
想像の中で自分が拒絶されているようで辛い、
私の中に違う人がいるみたい、それは誰?
私は多重人格なの?統合失調症なの?また入院しないといけない?
・・・と、どんどん頭が過活動。

寝言じゃなく、「そんなこと言わないで!」と、布団の中で何度も叫ぶので、
大丈夫、大丈夫、と、話しているうちに私も目が覚めて、少し不穏な感じにドキドキ。
でも、頓服を飲まないでも、話しているうちに何とか落ち着いて、
そのまままたウトウトしてくれました。

小中学校の頃、集合写真を撮るとき隣に立つのを嫌がられた場面が浮かんでくるみたいです。
「近づかないで」と意思表示されるトラウマ。

EMDRで、だいぶやっつけたはずなんですが、
カウンセラーさんも「0にはならない。嫌な気持ちを減らすことが出来るだけ」
とおっしゃっていたように、
「自分は避けられている」という辛い記憶が強く刷り込まれているようで、
この悩みは、やっぱり、継続的に心の専門家の助けを得ないと、解決軽減しなさそうです。

集団で動くことから外れて、一人で歩くことを選んできたナカリ。
ひとつ前の記事のコメントで紹介した過去記事に、成人当事者の方が共感してくださったので、
再度、掲載してみます。
不登校CCI20150406_0000

こんな風に、小さな幸せ、を見つけて、傷ついた心を癒して、
前に向かっていく元気を出してくれたらいいな。

心の中で、想像したキャラが自分を拒絶する、なんて、ありえないよ、と話すのですが、
パラレルワールドのキャラクターたちに過度な「人格」を与えてしまうみたいで、
自分が生み出したキャラ達なのに、思うように動かない、とか、思ってもいないことを言う、とか、
心の中が、ぐるぐる不安な状態になるみたいです。
想像の世界に浸って、独り言を言っている様子は、
起きている間も、ずっと「白昼夢」を見ているみたいな感じに見えて、
リアルに引き戻そう、と、今日も散歩に連れ出しました。

日中、太陽の光を浴びて、
少し汗ばむくらいに運動して体が疲れて休息を求めたら、
夜もしっかり眠れるかなあ。

週末のジョギングコースを散歩したら、池で亀がゆったりと泳いでいました。
しかも、親亀の後ろに子亀がくっついて!
可愛い~と、二人で携帯カメラを向けたら、潜って消えてしまいました。残念。
池 image1

昨日の雨から一転、いいお天気になり、風が気持ちよくて、
歩いているうちに笑顔が戻ったナカリ。

そう、そう、大丈夫、大丈夫。
まずは、自分で自分を好きになろうね。
嫌なことを思い出しても、蹴っ飛ばせるくらいに、自分に自信を持てたらいいね。

今朝は、入院の頃のドキドキが思いだされ、
改めて、「現状維持」がどんなにありがたいことか実感しました。

昔、
「何したらいいか分からない」と言うナカリに
「お母さんは、することいっぱいあるのに時間が無い!
ナカリは時間はいっぱいあるのにすることが無いの?!」
と、苛立った自分が思い出され、反省中。
今は、そんなひどい言葉、とても投げつけられない。
「何したらいいか分からない」くらいに、心が疲れてしまって辛かったのに
共感してあげられなかったこと、ごめんなさい。

一緒に考えて、一緒に「不安」に立ち向かっていこうね。
心地よい風に吹かれながら、散歩できる幸せを噛み締めた一日でした。
明日はまた留守番だけど、がんばって一人の時間をゆっくり過ごせますように。







子どもの日常 | 16:53:30 | コメント(4)
コメント
>今朝は、入院の頃のドキドキが思いだされ、改めて、「現状維持」がどんなにありがたいことか実感しました。

うちの娘も生まれつきすごく過敏で、ちょっとした条件の変化で具合が悪くなりやすいから、神経使います。入院の頃のドキドキって私も今でもはっきり覚えています。
ナカリさんも今回、入院とかにならずに安定なさると良いですね。お大事に。
2017-04-27 木 19:33:01 | URL | 鶏ささみ [編集]
こんばんは。

わたしもよく、時間があるのに何をしたらいいのか
何ならできるのかわからなくて、パニックになるのですが
それをナカリ母さんが
「「何したらいいか分からない」くらいに、心が疲れてしまって辛かった」
というふうに解釈してくださっているのを読んで
わたしまで救われた気持ちになりました。ありがとうございます。

ナカリさんは、こんなふうにご自身を認めてくださるお母さんがいて
きっと少しずつ安心したり、落ちついて過ごしていかれるように
なるのではないかなと、勝手ながら思っています。
ナカリ母さんもご無理はなさらず、ナカリさんとともに穏やかな生活をお送りください。
2017-04-27 木 20:08:38 | URL | k.s. [編集]
鶏ささみさんへ
ああ・・・分かります。
一緒に居て神経つかうのは、ほんとにハラハラしますよね。
今も、入院時のドキドキを思い出すだけで苦しくなります。
同じ経験をされてらっしゃったんですね! じーん。

今回、朝の間はちょっとどうなるか心配しましたが、
散歩の後、落ち着いているので、何とかやり過ごせそうです。
お気遣いありがとうございます、感謝です。

2017-04-27 木 20:50:07 | URL | ナカリママ [編集]
k.s.さんへ
こちらこそ、ありがとうございます、です。
救われた気持ちになった、というお言葉を聞いただけで、
私自身もまた救われた気持ちになりました。

過去を振り返ると、なんてひどい言葉を投げつけてきたんだろう、
と、ナカリに対して申し訳なくなることがいっぱいあって・・・
母が「ナカリをいっぱいほめてあげるんよ」と言ったのが遺言になって以来、
私自身もなにか憑き物が取れたみたいにナカリへの苛立ちがなくなりました。

自分自身も労わりながら、ナカリと一緒に穏やかに過ごしたいと思います。
あたたかいコメント、嬉しかったです、ありがとうございました。

2017-04-27 木 20:55:23 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad