■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

知的な遅れの有無が、人間関係の困難の問題を上回ると思う
ご訪問ありがとうございます。

いろいろありながら、昨夜のバトルは収束し、ごめんなさいモードのナカリです。
ナカリの今後は、彼女の夢である「イラストレーター」ではなく、
作業所で働ける障害年金受給者、という方向を目指す、ということも、
私自身、やっと吹っ切れた思いです。

それにしても

知的な遅れがあるかどうか、ということは、本人の自己肯定感に大きく影響する。
上の息子が、紆余曲折を経ながらも、4月から一定収入を得る研究者予備軍になれたのも、
卓越した語学力のおかげです。

知的な遅れが全くなかったので、学校時代には診断もつかず、支援もなく、
結果不登校(不適応)で、マイペースを貫き通したわけですが、
それはそれで彼の人生において、プラスの経験だったと思います。


中学時代からドイツ語を独習し、高校途中で独検3級まで達し、
大学でも特例的に(彼は高卒認定試験合格資格で入学したので、高校の単位はありません)既修者コースに入れてもらい、
そこで、先生から「君は授業に出なくても(単位をあげるから)いい」とまで言われ、
第2外国語として選択したフランス語も、あれよあれよという間に習得して、仏検3級を取得、
ラテン語ギリシャ語も、いつのまにか上級者レベルに達し、
大学院は国立(旧帝国)大に2つ受かって、最後までどちらに進むか迷うという「ぜいたくな悩み」の末、
結論、今、京都で、イタリア語も学んでいます。
手を出した外国語は、
エストニア語、フィンランド語、中国語、ロシア語、サンスクリット語、オランダ語、と多岐にわたり、
いったいどこまでこの人の語学能力は高まっていくのだろう、と、親ながら驚かされるばかりです。

加えて、趣味として楽器(ピアノ、バイオリン、トランペット)に親しんだのも、ほぼ独学。
何の教室にも通わないで、ピアノでバッハを弾きこなすようになれたのも、
天賦の音楽的センスと技術に恵まれたていたから、としか言えません。

数学やコンピューターへの興味関心も中学時期から強くあり、
情報処理技術者の資格をめざしたことも。

そうした、兄の「活躍」を横目で見て、
ナカリはいつも「兄ばっかり・・・」と自分と比較して怒っていました。


ナカリは3歳の時から療育手帳を取得して、ずっと更新し続けて、今も「軽度知的障がい者」です。
数の概念は、特に苦手で、「足して10」の組み合わせが未だあやふやで、おつりの計算ができません。
英語が好きで、国語も好きで、文章も書けるし、メールも打てるけれど、
「理解力」「読解力」には課題が多く残ります。
字を読むのが得意ではなく、気に入った軽いエッセイなら、ササッと目は通すけれど、
自宅に山ほどある書籍には目を向けません。図書館は緊張で息詰まるからか、好きではありません。

そんなナカリのことを、私は、愛しているけれども、心のどこかで、いつも残念に思ってきました。
その、「親の失望」を、彼女は、小さい時から、ずっと身に受けて実感し続けてきたのだと思うと、
申し訳ない、としか言えなくて・・・。

二次障がい、として、精神疾患が疑われ、保護入院に至った時にも、本当に辛かった。
自分に自信がなく、自己否定の塗り重ねの上に、被害妄想が重なって、社会適応が出来なくなった・・・
なぜ、そこまで自分に自信が無いのか?ありのままでいい、と思えないのか?
それは、何をしても、どうしても、「人並み」な知的能力を持てない、
という自己否定、自己嫌悪、が根っこにある
ように思うのです。
それが、「人間関係の困難さ」にもつながってくる


中途半端に自己認識出来る力があるだけに、
自分のことを「知的障害者」だと分かるがゆえに、余計に苦しい。


似たような経過で、幼い時期を共に過ごした友達の今現在の様子を見ても、
知的遅れのない子は社会適応もいいし、進路選択の幅も広い、
一方、
もっと重い知的障害を抱えていても、メタ(自己)認知の弱い子は、その子なりのペースで社会適応している。


ナカリは実に中途半端に、自己認識も出来る知的障がい者だから、生きにくい。

昨夜の久々のパニックも、孤独感=自信の無さ~他者からの評価を過剰に意識する、の表れだったと思います。


この数年、
知的な遅れの無い発達障がい者の生きにくさ、が社会的にも認められ、話題にされるようになったけれど、
境界線レベルの知的障がい者の生きにくさ、にも、
もっと焦点が当たってもいいように思う。

近い内容の記事を、リンク先の「なきむしでいいじゃん」で、むーにさんが記事にされています。
「障害者枠か、健常者枠か、どちらも見込める場合」

知的能力といっても、いろいろな分野があり、一律に数字では測れない、
という、多重知能理論が一般化しつつあるようですが、
どんなに芸術分野で能力があろうとも、それが「突出したレベル」に達していなければ、
無いのに等しい・・・
ナカリには「突出したレベル」といえる能力が、はっきり言って、無い。
「普通の知的障がい者」だ、という事実。

それを、私が認めなければいけない、受け入れなければいけない。
ハンディを背負いながら生きるナカリと、この社会で一緒に生きていかなければならない。
そのナカリに、昨夜私はキレてしまった・・・。

ごめんなさい、お母さん。ナカリと喧嘩しない、と、約束したのに守れなかった。


複雑な思いに胸が押しつぶされそうになりながら、でも前を向いていくしかないよね。
息子が良く弾いていたバッハ。
息子の好きなグールドの演奏で。




息子よ、妹を頼む・・・









子どもの日常 | 23:20:35 | コメント(6)
コメント
ふ~~む……。
よくぞ聞かせてくれました。
ナカリ母の思い、想い、葛藤、憂い、反省、希望、展望……。
全てが、よ~く解りました。
息子さん、天才肌ですよね。
で、どうしてもナカりちゃんとのギャップを意識してしまう。

あのぉ……そこに焦点を合わせるのではなく、
極端に違う二人の子供を育ててる、ナカリ母自身に気づきましょう。
これは、知的障害者だけを育てているケースとは違い、
スゴイことです。魂レベルで、ハードルの高い選択だと思います。

ナカリちゃんにとっても、大きな々、課題を選択したと、私は思います。
常に比較される優秀な兄を持つ、境界線レベルの自分。
いっそ、それを意識する能力が欠落していたら、どんなに楽だろうと、
本人も感じていることでしょう。

少~し、高い位置から、自分たち親子を見つめ、
今生、母娘の関係性の中で学ぼうとしたことは何なのかを、
意識してみるといいかも………。
その『何なのか』の答えを、
ナカリ母さんは、すでにブログで発信している。
それも、素晴らしい答えばかり……o(;_;)o

たまにキレようが、泣こうが、ぜ~んぜん、OKだと思います。
感情を抑え込まず、互いに見せ合うことで、
人は大切なことを学んでいくのですから‥‥。
大丈夫!……あなたも、ナカリちゃんも、超素晴らしい!

ナカリちゃん、今はイラストだけど(それが生業でなくても)、
近未来的には、めっちゃくちゃ個性的な画風を確立すると思います。
まだ、大好きなことが発見できていないだけ。
研かれていない原石のようなもの。
大丈夫!……ナカリちゃんの遠い未来を案じるより、
その大好きなことを発見できる日まで、彼女に寄り添うと
約束した、魂のナカリ母でしょうから。……(´ー`*)

2017-04-01 土 07:26:03 | URL | 風子 [編集]
どんな人であろうと、幸せか不幸かの分かれ道は「その人が比較の世界に生きているか、完全に足を洗っているか」じゃないかなと思っています。
2017-04-01 土 08:44:05 | URL | 鶏ささみ [編集]
風子さんへ
心のこもったコメントをありがとうございます。
亡くなった母が、同じ感じで
「ナカリにはナカリの良さ、秘められた宝がある、それがいつか花開く時が来る」と、
何かにつけて話してくれていました。
でも、私もナカリもそれに反発したところがあって、
「いつか輝く、ってことは、今は輝いてない、ってことじゃん」と、文句を言ったものでした。

>研がれていない原石のようなもの
そう、・・・そう思いながら、ナカリに寄り添うと約束したんでしたよね。

大丈夫、と思いながらも、
彼女がキレたときに、何の関係もない兄の話が常々引っ張り出されてくるので、
彼女自身、いつもいつも頭の中に兄の存在が引っかかって、自由になれていない、
・・・ってことは、私が無意識のうちに彼女にそう思わせるような態度をとっている?
と、逡巡、葛藤、があります。
こんな記事を書くこと自体が、結局「息子の自慢」になってしまっているのかも。

まだ整理できない思いを抱えながら、
ナカリはナカリのままで幸せをつかめるように、
私も自分を問いながら、ナカリと一緒に悩んだり苦しんだりしないとなー、
と思っています。

まとまらなくてすみません。

2017-04-01 土 12:37:48 | URL | ナカリママ [編集]
鶏ささみさんへ
いつもコメントありがとうございます。
「足を洗えていない」自分を自覚したところです。
なかなか、これでは、ナカリも苦しいままですね。
もいちど、いちから出直したい、と思います・・・

2017-04-01 土 12:39:23 | URL | ナカリママ [編集]
自分もいつも他人と比較してしまうのでナカリさんの気持ちもわかりますよ。
自分の障害がわかるまでは、上の姉ふたりは社交的で友達もたくさんいるのに自分だけ友達がいないのをいつも引け目に感じていたし、発達障害が判明した後も、父親はIQ138もあって海外で仕事してる技術者なのに、自分はIQ100しかなくて日本語しか話せず一般就労もままならない状態なので、常に父親に対しては引け目を感じています。
自分にできて父親にできないパソコン操作といえば、デジタルソフトで絵を描くくらいです。
2017-04-01 土 19:58:56 | URL | ponch [編集]
ponchさんへ
コメントありがとうございます。

ナカリと、いつも「比べるのは過去の自分とだけ」と、話していますが、
どうしても、兄の存在を意識してしまうようです。
私は一人っ子なので、きょうだいの間の複雑な感情が分からないけれど、
夫の話では、きょうだいはどうしても競争相手的な存在になるとか。
何となく、そうだろうな、と、見ていて思い当たることもあります。

親子の間でも、引け目を感じることがあるんですね。
ほんと、人間の感情って難しい・・・

ナカリはきっとずっと兄の存在を意識し続けるだろうけれど、
それはある面では、「頼りにできる存在」でもあるはずです(自分にきょうだいがいてくれたら、と思ったのは、母が亡くなって、ひとりぼっちを強く意識した時だったので)。

父方のきょうだい(おじおば)は、助け合いの関係ではなく一方的依存関係だったので、
娘として、とても嫌だったし、人間不信の原因になりましたが、
我が子達は二人きりの兄妹として、お互い助け合って生きていってほしいです。


2017-04-01 土 22:03:05 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad