■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

おばあさんの味
ご訪問ありがとうございます。

早いもので、昨日が母の初めての月命日でした。
夜には、叔父からも電話。
「早いねえ~まだ寂しいねえ~」と、二人して思い出話。
「お相撲千秋楽、あんな展開になるとは、息子が喜んだんじゃない?」と叔父。
「そうそう、息子から電話がかかってきて聞いたんだけど、昔、母がまだ元気だったころ、
千秋楽の放送直後に母が息子に電話して、相撲の話で盛り上がったことがあったんだって」と私。
新聞もよく読んでいた母。
気になる記事は切り抜いたり線を引いたりして送ってくれたこともあり、
新聞記事をネタに、息子に電話したこともよくあったみたいです。
「電話が出来なくなってからが、急速に弱ったねー」と、今となっては愚痴電話も懐かしい。

一緒に思い出話ができる相手がいて癒されました。

さらにそのあと、息子からも電話。
月曜日は「肉体労働」の日だったそうで、
先生の指示待ちで、学生がウロウロ、資料を袋詰めしたり箱詰めしたり、
あっちからこっちへ運んだり、半日以上、体を使う仕事ばかりで疲れた様子でした。
最後のダメ押しは、夕方引き上げる前に段ボール捨ててきてと頼まれて、えっちらおっちら運んだら、
ゴミ収集倉庫がもう閉まってたので、同じ道をまたえっちらおっちら戻って研究室に置いて帰った・・・
という、お疲れ様な一日だったようです。

母の月命日だね~と言うと、
「そうか、火曜だったのは覚えてたけど、2月は28日しかないから3月と同じカレンダーだもんなー」と息子。
続けて、「おばあさん、と言えば、私は食べ物の味が思い出される」と。
「ほうれん草の胡麻和えとか、かきたま汁とか・・・」
小さい頃に食べたものの記憶は、しっかり残っているようでした。
息子が生まれてから娘が生まれるまで、私は仕事中心の生活で、ほぼ毎日残業、休日出勤、だったので、
なかなか食事作りまで手が回らず、母にずいぶん助けてもらいました。
恥ずかしながら、息子は保育所と両親に育ててもらったという感じです・・・
(育休の間は、離乳食がんばって作ったけどなあ~)

私自身も、母の記憶の中に、食べさせてもらった料理の味が強く残っています。
春雨を油で揚げて、白菜と一緒に煮込んだ料理。もう一回食べたかったなあ~。
母が亡くなったというメールを送った従妹からも、「おばちゃんが作ってくれたお菓子、
パンの耳を揚げて砂糖でまぶしたやつ、あれ、美味しかったなー」と返事がありました。
母と言えば、エプロン。
料理だけでなく、ミシンで縫ったり、編み物したり、典型的な「おかあさん」でした。
お母さん イラスト



ちなみに、私はほとんどエプロンをしなかったから、
保育所の行事でエプロンをして参加した際に、「いつもと違うことが極端に苦手」なナカリが
「おかあさんじゃないー!」とパニックになり、
仕方なくエプロンを外した苦い記憶があります~家での様子がモロバレで恥ずかしかったです・・・。

それと、
ナカリが、少し外食に慣れた、というのは、
いろんな新しい味にもチャレンジできるようになった、ということで、これが嬉しい。
小さい頃から、味覚に敏感で、大丈夫と安心したら一つのメニューにこだわり続け、
他の物を作っても口にしない、食べたことのないものには箸をつけない、という状況に、
いろんな料理を試してみる気力も萎えて、
ひたすらハンバーグ、ひたすらウインナーという、ファーストフード系の食事で、
家族とは一人だけ別メニュー、という場合が多かったのです。
そんな彼女と、今、やっと、一緒に買い物に出て、一緒にご飯を作る、ということも可能になり、
昨日はピーマンとパプリカと鶏ミンチで「カラフルオムライス」を作って美味しく食べました。
ありがたいし、嬉しいです。

以前にも記事にしましたが、食べることって、ほんと大事だなあ。
衣食住の、まず基本ですね。

何かしら、食べることに関わる仕事ができたらいいなー、と、
改めて、娘が今身近に感じている作業所(ケーキ屋さん)に、行けるようになる日を夢見ています。

ちなみに、昔、息子が大きな影響を受けた(お世話になった)大学の先生は、
「みんな、資格を持つって大事だぞ、先生はそのことに気づいて調理師免許を取った!」
と、専門分野と全く関係ない資格を持っていることを話してくれた、と聞きました。

調理師免許、いいなー。

お料理ブログ(に限らず、食べ物が載っているブログ)を回るのも楽しいです。
スローフード、で、薄味で、体に優しいご飯・・・
体重を気にしているナカリに、
ドクターが、薬ではなく食事療法で対処を、とおっしゃってたのを思い出します。
料理、がんばらなくちゃ(楽しまなくちゃ)!

あ、それと、運動、も。
とにかく、健康を心がけること、自然を大事にすること、穏やかな気持ちでいること。

「おふくろの味:」ならぬ「おばあさんの味」に教えられたことがいっぱい、な一日でした。




思い出 | 11:12:03 | コメント(2)
コメント
一般的には幼児の段階で味覚が決まるとか
おふくろの味って大事だよね
俺の母親はけっこ料理うまくて 好き嫌い何ひとつなく育ててくれたことに感謝しています
2017-03-30 木 01:27:39 | URL | K's [編集]
K'sさんへ
すばらしいお母さまですね!
「おふくろの味」憧れてしまいます・・・

私は、食べ物を残さない、ということを小さい時から躾けてもらったおかげで、
修学旅行でも、出張でも、出てきた料理を全部きれいに食べる、というのが自慢?でした。
(あ、でも、苦手料理もあります。分量の問題もありますし。
食べきれない時には「ごめんなさい」も、もちろん、あり、だと思います。)
そういう自分の「常識」が通用しないナカリの子育ては、なかなかにハードでしたが、
母の支えもあって乗り越えられたと思います。

母の存在感って大きいので、居なくなると、なかなか喪失感から復帰が難しいです。
K’sさんも、どうかどうか、お母さまを、お大事になさってくださいね。

2017-03-30 木 18:51:34 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad