■プロフィール

ナカリ母

Author:ナカリ母
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

発達障がいの人を、どう『悪意』から守るか
ご訪問ありがとうございます。


残念なことですが、相続をめぐってトラブルが発生しました。
それも、母方ではなく、先に亡くなっている父方の親族との間で、です。
私が大嫌い!だった父方の親族。
思いだしても父方の親族に対しては腹立たしい事しか出てきません。
父が母よりも先に亡くなったので、これで縁が切れた、と思ってせいせいしていましたが、
母が父から相続した債権をめぐって、それを更に相続した私との間でバトルになりそうです。

今後の詳しい展開はまだわかりませんが。

世の中には、はっきりした『悪意』を持つ人がいる、ということを、私は父方の親族から学びました。
こまごました出来事を挙げればキリがなく、
昔ベストセラーになった「平気で嘘をつく人たち」という本を思い出すくらい、
平気で嘘をついて、平気で人を傷つけて、平気で知らん顔する人たちです。
自分さえよければいい、ということを絵にかいたような人たちです。

まあ、その人がそうなった背景もあるのでしょうが、とてもそこまで思いやることはできません。
私の立場からは、憎しみと憤りと嫌悪しか出てきません。
両親とも亡くなって、闘う主体は自分しかいないので、負けるものか!と思っています。

長男の嫁、として苦労した母。
お姑さんとの同居を余儀なくされ、介護を重ねてやっと自由になったと思ったら、
今度は小姑さんが戻ってきて半同居の生活。
夫婦二人だけの生活は数か月にしか満たないものでした。

振り返れば、私が子どもの頃から、
私の家は、親族が四六時中集まる場で、「家族が憩う場」では全くありませんでした。
両親が大阪に来ている間は、親族が留守宅に勝手に入って、勝手に何でも持ち出したりもしていました。
家族3人の暮らしを夢見続けた母が、
私の大阪の自宅に強くこだわった(もう1度だけでいいから行きたいと言い続けた)のも、
自分自身の世代で実現できなかった夢を私の世代に重ねていたからなんだろうなと思います。


母が亡くなる時、枕もとで流れていた息子のピアノは、私が両親に買ってもらったものですが、
昔自宅に置いてあった頃、父の親族たちは「うちの(ピアノ)は財産だから、ここで弾け」と、
飴でべちゃべちゃの手の我が子たちに、私のピアノを弾かせていました。
父方の祖母は、鉢植えをピアノの鍵盤の蓋の上に土が付いたままドンと置いてヘイチャラでした。
悔しくて泣いた母。
認知症が進んだ際に、繰り返し、悔しかったこととして口にし続けていました。
今、その親族のピアノがどのくらい愛されているのか(弾ける人がいるのか、も)知りませんが、
「苦難」を経てきた私のピアノは、息子の指を通じて美しい調べを奏でてくれています。


こんな風な、明確な『悪意』を持った人が世の中にいる以上、その人たちから子どもを守らねばなりません。
今は、リアルの誰もが信頼できなくて引きこもりがちなナカリですが、
一方で、騙されやすい、のめり込みやすい、という危険性もあります。

良い生涯の伴侶と出会えればいいけれど、逆に騙されて傷つく可能性だってあります。
そのあたり、親としてどこまで手を出したらいいのか。


・・・いや、まずは自分のトラブルの解決が先決。
日本の裁判制度に正義はあるのか?
亡くなった両親のためにも、私は自分が信じる方法で、父方の親族と正面対決するつもりです。
死んだもん損、にさせないためにも。
(悔しいけど、その親族は、両親の死を待っていたとしか思えません)


愚痴と文句の記事になってしまいました。

この親族から、ナカリを遠く離しておくこと。
身近な『悪意』から遠ざけること。少なくともそれはできる。
そして、本人に教える。
世の中には「悪い人」がいる、ということを。
よく「騙される方も悪い」と言われるけれど、
それは、「いじめられる方にも原因がある」のと一緒。
騙す奴、いじめる奴が悪いに決まってる!

くそー、怒ってるぞ、私!!
ナカリは「まあまあ・・・」と言いそうだけど、お母さんは許さないからなっ!
徹底抗戦だ。

荒れた記事ですみません。
平常心、平常心。




未分類 | 22:00:29 | コメント(14)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-03-25 土 01:02:45 | | [編集]
ウワッ!大変な親族がいるのですね。これはしんどい事です。極力距離を置きたい人達ですよね。しっかりした弁護士さんに相談してくださいね。
2017-03-25 土 05:37:22 | URL | 鶏ささみ [編集]
鍵コメントさんへ
そうですね、そういう人って案外多いかも・・・
とすれば、ますます、そういう人を嗅ぎ分けて、距離を取る必要が出てきます。
空気が読めない娘は、人の裏表も読めないと思う・・・
成人はしたけれど、後見人として親が見守るべき部分は大きいです。

うちも、父方の祖母は財産、全部見事に使い切ってスッカラカンでした~
そういう生き方もあるんだなあ、と、ある意味、考えさせられました。

2017-03-25 土 10:23:12 | URL | ナカリママ [編集]
鶏ささみさんへ
そうです!そうなんです!
これまでどれだけこの親族たちに苦労させられてきたか。
父は長男だったので、距離を置くことも出来ず、母はそのとばっちり。
父母の無念を思うと、仇を討ちたい気持ちです。

法律の世界も裏表があって、
向こうはあまり筋の良くない人たちをバックにつけているので、
こちらは正攻法で行きます。
がんばります。


2017-03-25 土 10:26:16 | URL | ナカリママ [編集]
用意周到!
∵ゞ(´ε`●) ブハッ!! ……ごめんねぇ。
辛い、憎たらしい話なのに、
>くそー、怒ってるぞ、私!!
これに笑ってしまったぁ。

(´ー`*)ウン  怒りは強烈なエネルギー……。
思いっきり、怒るといいです。
喧嘩……やるからには負けられません。
勝てない喧嘩なら、しない方がまし。
だから、よ~く、よく策を練って、用意周到にネ。
2017-03-25 土 11:19:13 | URL | 風子 [編集]
ナカリママさん、こんにちは^^

変な人たちが親戚にいると、嫌ですね。
私もこうした事には疎いし、ボ~っとしているほうなので分かりませんが、
既にお母様が相続されている債権をナカリママさんが相続されて、
お父様の方の親戚が何か言ってくる余地があるものなのですか!?
どうぞ、頑張って戦ってください!

それから、「騙される方が悪い」とか
「いじめられる方にも原因がある」といった考えは、
私も大っ嫌いです。
騙す人やいじめる人が悪いに決まっていますよね!
そういう当たり前の常識がストレートに通用しない人たちというのは
何かが歪んでいると思います。
2017-03-25 土 13:46:36 | URL | Ariane [編集]
風子さんへ
肩の力を抜ける、ナイスなコメント、ありがとうございました。
私も自分で一緒に笑っちゃいました^-^
自分で言うのもなんだけど、家族以外に対してそうそう怒る人ではないはずなのに、今回キレまくり、独り言でも罵声が出てきて、マジ怒ってるぞ-!モードなんです、ぷんぷん!!
客観的に見たらちょっと笑っちゃうシーンだろうなあ~

勝てない喧嘩はしない方がまし、その通り!
やるなら絶対勝たなくちゃ。
準備は抜かりなく、グゥの音も出ないくらいにやっつけてやるから、首洗って待っとけ、このヤロー!

あ~書いてスッキリした!
ありがとうございます。

ところで、風子さんも愛媛県生まれなんですね。私は松山です。親近感v-22
過去記事もちょっとずつ読ませていただいています^^



2017-03-25 土 14:49:58 | URL | ナカリママ [編集]
Arianeさんへ
共感してくださってありがとうございます。

ほんとに、世の中には、信じられないくらい、平気で知らん顔する人がいるものだと、あきれて開いた口がふさがりません。

母が父から相続し、さらに私が相続した債権というのは、イチャモン付けてきている親族自身が債務者である「借金」なのです。
要するに、借りっぱなしで有耶無耶にしたい、返す気なんてさらさら無かった、騙された!ことに、両親とも亡くなる数年前から気づいて後悔していたので、このままで済ませるものか、私が絶対回収してやるから、と二人に誓ってきたものなんです。

「借りた金は返すな」とかいう本も昔、出てましたが、
人としてどうよ。
借りたものはきちんと返す、嘘はつかない、それ、当たり前の道義じゃないですか?誠実さのかけらもない対応をされて、頭に来ております・・・

でもまあ、こういうときほど、冷静に。
相手のペースに乗せられないように、こちらが主導権を持って喧嘩しなくちゃ!

プンプンしている私を見て、ナカリも「世の中には悪い人がいる」というのを、よーく感じ取ってくれてるみたいです。
社会学習です。その意味では、反面教師として役立ってくれてるかな。

心がささくれ立っている時には、Arianeさんのところみたいに、素敵な写真や音楽に溢れたブログを訪問して癒されるのが良いです。
いつもありがとうございますv-353


2017-03-25 土 15:05:07 | URL | ナカリママ [編集]
こんにちは
ママさんの怒りがものすご~くよく伝わってきました。
なんだか字がメラメラした炎に見えてきます。

我が家はおじいちゃんの遺してくれたものは行政書士さんに
お願いしていろいろと手続きをしていただいたのです。
素人にはよくわかりません。
簡単な手続きさえも何が必要なのかわからず・・・
役所で確認したり・・・よくわからないこともいっぱいありました。

ちょっと勘違いをされてる親族がおいでになると大変かもしれませんが
どうぞ冷静に対処なさってくださいね。
遺産を相続するのであれば借金も相続しないといけないので
なんとかうまく事が運びますことをと願っております。
(賢く喧嘩をなさってください なんていうとあおってるみたいですが・・・)
2017-03-25 土 17:18:54 | URL | 花梨 [編集]
花梨さんへ
こんばんは^^
メラメラ怒りの炎に包まれた文章をお見せしてお恥ずかしい限りです、
が、今回は皆さんに共感していただき、油を注いでいただいて(笑)、
勇気りんりん、負ける気がしません。
天知る地知る、嘘やごまかしが通ると思うな、このヤロー。
・・・と、熱くなりながら、でも、冷静に冷静に、と、心がけて対処しますね。

花梨さんのような穏やかな方にコメントをいただけると、
私の心にも少し穏やかさが戻ってくる気がします。
この喧嘩、長丁場になるかもしれませんが、賢く立ち回るぞ、と、
改めて闘志を燃やしております。
いつもありがとうございますv-343

2017-03-25 土 18:49:52 | URL | ナカリママ [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-03-26 日 09:29:18 | | [編集]
鍵コメントさんへ
ほんと、誰かが亡くなった途端に揉め事を持ち出す人っているのですよね。

今回の出来事。
亡くなってしまっている両親に伝えたくて、私の頭は爆発しそうでした。
お父さん、お母さん、あいつら今更こんなこと言うて来てるで!予想通りやったよ!
お父さん、お母さんが死んだ途端、これやねんから、ほんま、あきれるわ!
私は許さんからな、仇うったるから任しとき!
・・・ぶつぶつと独り言を言いながら作戦を練ってます。

残念だけど、こういう揉め事は、金銭関係、異性関係が中心ですね。
高校を卒業するときに、担任から卒業生に送られた言葉が
「皆さん、お金と異性には気をつけましょう。人生が変わる原因はこの二つです」
だったのが、いまだに残っています。
この言葉、我が子たちにも送りたいです。

鍵コメントさんもご自愛くださいね。
お気遣い、ありがとうございました。


2017-03-26 日 14:32:39 | URL | ナカリママ [編集]
とんだ親戚がいたものですね。ナカリママさんも苦労が絶えないですね。
ナカリママさんのお母さんの話聞いてると、明治生まれの祖母を思い出します。
明治生まれの祖母も喜寿で亡くなるまで苦労の絶えない人生でした。
世間では定型発達者が正しくて発達障害者がおかしいみたいなこといわれますが、定型発達者にもナカリママさんのお母さんの親戚みたいな人いますよね。
発達障害者の自分の目から見ると、定型発達者は排他的で発達障害者よりもよほど悪意に満ちてるように思います。
2017-03-26 日 20:36:43 | URL | ponch [編集]
ponchさんへ
コメントありがとうございます。

世の中が、発達障がいの人ばかりだったら、きっともっと平和な社会になるのに、
と思ったりします。
明確な『悪意』を持つ定型発達者ほど始末におえないものはないですね。
この悪意に対抗しようと思う時、同じ定型発達者同士でさえ苦労するのだから、
発達障がいを抱える人は大きなハンディを負っていると思わざるを得ません。
もっと言うと、そこにつけ込む悪意の定型発達者だっていると思うのです。
だから、自己防衛しきれない場合は、後見人なり、信頼できる第三者に見守ってもらうしかないかな、と・・・我が子の将来も含めて不安は大です。

ponchさんのおばあさまも明治生まれなのですね、うちも同じです。
昔の女性は、女性であるというだけで苦難の人生を強いられていたと思います。
母が残した言葉で、祖母(母の実母)は辛いことがあっても愚痴を言わず、ひたすら鶴を折っていたと・・・思いだすだけで胸が痛みます。
今は昔に比べて女性が生きやすくなったとはいえ、同じ女性という立場で娘の将来を考えたとき、息子以上に適切な庇護が必要だと思ってしまいます。

「定型発達者が正しくて発達障害者がおかしい」なんて、言う人の方がおかしいです。
少なくとも、私はその意見の真逆のことを思っています。
定型発達者の方が、どこか歪んでいるし、誠実でない気がします。
むしろ発達障がいを抱える人から学ぶべきことがたくさんあると思っています。

ponchさん、これからも、いっぱい発信してください。大きな意味があると思います。
私も励まされています、なかなかコメントできなくてすみません。
この場を借りてお礼を言わせてください。ありがとうございます。





2017-03-26 日 22:10:40 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad