■プロフィール

ナカリ母

Author:ナカリ母
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

親が子どもの世界を理解しようとすること
ご訪問ありがとうございます。


今日2回目の更新です。
夜になると、(というか昼間でも)、ふとした瞬間に寂しさがこみ上げます。
二度と通じることが無い携帯電話。
日曜日には解約のためにショップに行きます。
ほんとに・・・油断してた、慢心してた、あれほどずっと気にかけ続けていたはずなのに。
ごめんなさいお母さん。
こんな私を赦してね、見守っていてね。


親というものは、幾つになっても子どもを理解しようと努めるものだということを、
私は親から学びました。
私が足を突っ込んだ世界を、親なりに、理解しようと努力してくれた、
そのことへの感謝が今さらですが、あふれてきます。


その一つは音楽。
クラシック専門だった母が、私が聴いているビリー・ジョエルを一緒に聴いてくれた。
そして、年を重ねた後も、懐かしがって、「今日はFMで特集をやっていたよ」と携帯で伝えてくれたりもしました。

ビリーも年を取ってすっかりおじさんになったけれど、
日本の片隅で私が好きだったビリーの曲をラジオで聞いているおばあさんがいたこと、伝わるかなあ…。


特に母が好きだったのは「オネスティ」
私は、おじさんになってからのビリーの方が好きなので、そちらを先にアップ。



一応、若い時のビリーも。




で、私が好きになったきっかけは、やっぱり「ストレンジャー」

高校生の頃でした。

お小遣いを手にレコード屋に走って、新譜が出る度に楽しみに買っていた・・・
古いレコードの曲で、自分でもピアノで弾けたのは「ピアノマン」



お母さん、聴こえてる?あの、ビリーだよ。
一緒に聴いてくれてありがとうね。

明日はお母さんもよく知っていた高校時代の友人と、神戸で会ってくるね。






読んだ本・文章、見た映画・ドラマ、聴いた音楽 | 23:05:46 | コメント(2)
コメント
親 特に母親ってのはありがたいもので
いくつになっても子供でいさせてくれる
海のような存在だよね

ビリージョエルまったく世代ですw
懐かしいなぁ^^
2017-03-11 土 02:20:02 | URL | K's [編集]
K'sさんへ
そうですね、ほんと、海のような存在でした。
母の口から、ビリー・ジョエルという言葉が出たときは最初。ビックリしましたが、
なんだか馴染んでました。

世代、一緒ですね^^ 懐かしい!

2017-03-11 土 08:26:54 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad