■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「なってみないと分からない!」と言われる側の気持ち その2
ご訪問ありがとうございます。

日常が少しずつ戻ってきました^^
週の中日に帰宅した夫と、昨夜、久しぶりに再会。
今朝早く彼を仕事に送り出して、ごみを出し、洗濯機を回して、コーヒーを一杯。
パソコンをつけてコメント返信をして、記事を書きたくなりました。
(ナカリはいったん起きたけど、体重だけ測って「減ってない」と嘆いてまた二度寝中。)

先週の今日は、雨の中、告別式を終えて斎場に向かったんだなあ。
よく言われる、「涙雨」でした。


母の声を最後に聴いたのは、カウンセリングに向かう途中にかかってきた電話ではなく、
その後に叔父の携帯を耳に当てて細々した声で「うんうん、ありがとう」と言ってくれたのだったと、
自分で自分のブログを見直して改めて分かりました。

なんでもっと優しく対応できなかったのか、自分を責めたけれど、
最期は母らしく、「ありがとう」と言ってくれたし、
看取りの病床で、亡くなる前日、少し声が出たときに私には「ナカリちゃん」と言ったように聞こえたので、
ナカリにそう伝えると「感動・・・」と言っていました。
いろいろあったけど、遺される私たちに救いを与えてくれてありがとう。


ふりかえれば、
元気に喧嘩していた頃に、私がカチンと来たのが、母から感謝の言葉が消えて愚痴だらけだったことなのですが、
併せて
「あんたも、こんな立場(老人ホームに入れられて出入り口に鍵をかけられる)になってみないと分からない!」
と言われたのもショックでした。
そのことは以前の記事に書いたのですが、
今回、納骨を終えた後、叔父と一緒に、ホームや病人にあいさつ回りに行った際、
母が入所していたホームの3階をみて、「ここが指定席だったんだよ」と、食事の場所を教えてもらい、
ああ、3階に移ってからはわずかの間だったけれど、少しでも落ち着いて過ごせたのかな、と感じました。
(長い間1階に居て、その間に2回ほど見舞っているのですが、確かに閉塞感があり、カギがかけられて辛かったろう、
と、やっと、当時の母の気持ちを思いやることが出来ました。
興奮して電話がかかった時には、
もう一時もここには居たくない、入り口のガラスを消火器で割って、タクシーに乗って帰る!
と、無茶なことを言って困らせたこともありました)

3階には鍵もなく、開放的で、窓から外の景色も見えて、1階の雰囲気とはずいぶん違いました。

ホームからの風景170306_111115

この席に座って、この風景を見ながら食事して、一人で毎日どんな気持ちで過ごしていたのだろうな。
やっぱり、「その立場になってみないと分からない」気持ち、だったんだ。

寂しくて、電話して、話すことは繰り返しになっても、それでもやっぱり話したくて・・・
もう二度と電話がかかってくることは無いと思うと、
あの時に一緒に共感してあげればよかった、
そんな後悔が胸を締め付けます。


しばらくは、こんなことの繰り返しだろうけれど、
前を向いて、乗り越える。それが一番の恩返しになるはず。

寒いけど、いい天気! よし、洗濯物干しにGO!



思い出 | 09:31:19 | コメント(4)
コメント
ナカリママさん、こんにちは。

今日の記事は、読んでいて胸が締め付けられるようで、思わず泣いてしまいました。
お母様から最後にお聴きになった言葉が、「ありがとう」で、良かった!
きっとそれが全てですよ。
人間なんてみんな不完全だから、真摯な気持ちで向かい合うということしか出来ないし、ナカリママさんは、そうされてきたんだと思います。
2017-03-09 木 11:14:12 | URL | Ariane [編集]
コメントを出来ずにいて申し訳ありませんでした。

お母様が 神様のもとに向かわれて
苦しみから解放されていることを 信じています。

私も ナカリままさんの様に いまだに何十年経っても毎日思い出しては あれでよかったのだろうか?と、考えてきました。

今、自分が健康体でなくなったり、親が亡くなった年齢に近づいてきて その時の親の気持ちが 少しだけわかってきた部分もあります。

その時は 自分なりに精一杯やって来たのですが、今、悔いが残っていることもあります。。


ナカリままさんも 息子さん、ナカリちゃんも
頑張っていたと思いますよ。

2017-03-09 木 11:26:18 | URL | おこちゃん [編集]
Arianeさんへ
一緒に涙してくださって本当にありがとうございます。
私自身も、一度も母を見舞うことが出来なかったホームの3階を訪れて、
食堂からの風景を見て、胸が苦しいような何とも言えない気持ちになりました。
お母さんごめんなさい、を心の中で繰り返しながら、
それでも最期の言葉が「ありがとう」で、本当に良かったです。
救われました。Arianeさんのコメントにも救われました。
重ねてありがとうございました。

2017-03-09 木 18:05:12 | URL | ナカリママ [編集]
おこちゃんさんへ
そんな、とんでもない!
こうして、今コメントいただけただけでも、とても嬉しいしありがたいです。

おこちゃんさんの娘さんを亡くされたときのお気持ちを考えると、
私の胸も張り裂けそうです。
「肉親」を亡くすということはこういうことなんだな、と・・・。

これから先は、どんどん母の年齢に近づいて行くばかりです。
年を重ねなければわからない気持ちもあるだろうし、
後になってから、あの時の母の気持ちはどうだったか、と、
きっとまた振り返ると思います・・・何度も何度も。

でも、悔いていても、前に進むことはできないですものね。
生きるってこういうことの積み重ねなんだな、と、
この先長い?人生を歩むだろう子どもたちの将来が平安であるよう、祈るばかりです。

おこちゃんさんのブログでは、ホッとさせていただいたり、笑わせていただいたり、
ホロリとさせられたり、私もいろいろ支えられているのに、
なかなかコメントできなくてごめんなさい。

これからも楽しみに訪問させていただきますね。
(いろんなテンプレートの変化も楽しみです)
重ねてありがとうございました。


2017-03-09 木 18:12:04 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad