■プロフィール

ナカリ母

Author:ナカリ母
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

EMDR簡易版 不安に打ち勝つために
ご訪問ありがとうございます。

今日は、ナカリのカウンセリングの日でした。
このところ、特に問題なさそうだったので、先生に作品を見てもらって楽しくおしゃべり、
だけでいいのかな、と思ってましたが、駅を降りてから、念のために
「今、悩みとかないよね?」と聞いたところ、
「舌打ちが聞こえる」

! え? また?! まだ?

「じゃあ、イラストの表情とかも変わるの?」
「うん」

ええええ~~ 

がっくり。「じゃあ、相談しなきゃダメじゃん」

また、同じことの繰り返しか、と、ついつい苛立ちが声に出てしまい、
「何で怒るのよ」と、ナカリの方も声のトーンが上がって、
これはやばい、と思いながら先生のオフィスをピンポーン。

先生にどう伝えようか…迷いながら、切り出す私。
「今、悩みはないか聞いたら、まだ舌打ちが聞こえるし、表情が変わる、って言うんです」
(私の方が、先生に泣きつきたい気分~~)

ここからが、さすがカウンセラーさん!


「そうなのー」と、まず共感してから、「舌打ちした人は、知ってる人?」
「知らない人、ね、その人は舌打ちが癖なのかもよ。人には誰でも癖があるでしょ」
「その人が舌打ちすること、って、誰の問題?その人?ナカリちゃん?」
「そうよね、舌打ちするのはその人の問題で、ナカリちゃんの問題じゃないよね」
「で、その人が舌打ちしたことと、ナカリちゃんとなんか関係がある?」
「ないよね、関係ない。そう、な~んにも関係ないこと。なのに、気になるのよね」
「じゃあ今から、そこ、確認しようか。」


舌打ちする人は、自分とは関係ない。
嫌な気持ちになったときは、それを吐き出そう。
深呼吸して~。ふううー!そうそう。
で、自分が気持ちよくなることを考えよう。
感じるところはどこかな?胸。そう、両手をそこに当てて。
その気持ち、どんな色かな? 形は? 温度はどうかな?
うん、ピンク、ハート型、あったかい、うん、なるほど。そのイメージ。
しっかり感じて、大事に抱きしめて。
その気持ちに名前を付けるとしたら何がいい?
「大丈夫」「安心」うん、その名前ね。
それ、しっかり忘れないで、嫌なことがあった時に、思い出して。
練習して、強化しておこう。
あったかくて、ピンクでハートの形をした「大丈夫」という気持ちを、しっかり味わっておこう。

→EMDR(両膝への交互の刺激、母が手でトントン)


嫌な気持ちのゲージ(嫌な度合い、1から10)はどう?
最初と今と、変わった、減った、うん!それが大事。

イラストの方はねー。パラレル世界で一番人気なのは誰?
ナカリ姫、うん、そう、だから、パラレルの他の子が嫉妬してるのかもね。
だから表情が変わって見えるのかな。


・・・ここまでくると、もうリラックス、笑顔も出るようになり、気持ちが切り替わって、納得の表情。
わずか10分、20分で、気持ちが回復していく様子が魔法のようでした。

後は任せて大丈夫、となり、私はナカリを残して、銀行へ。
迎えに行った時にも落ち着いていて、終わるのが残念、次が待ち遠しい様子。


一人で応対していたら、きっとぶつかっていただろう・・・カウンセラーさんのおかげです。
この方法、しっかり私も覚えておこう。
「気持ちをしっかり味わう」って、大事なことだなあ。




子どもの日常 | 18:20:40 | コメント(4)
コメント
さすがプロの技ですね~!人間は暗示の生き物ですね!
2017-02-13 月 20:10:27 | URL | 鶏ささみ [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-02-13 月 21:04:25 | | [編集]
鶏ささみさんへ
ほんと!さすがプロ、と思いました。
素人でも心がけるだけで違うから、これからの場面で意識していこうと思ってます^^

2017-02-13 月 21:51:33 | URL | ナカリママ [編集]
鍵コメントさんへ
私もそんなに詳しくは知らないのですが・・・
左右の脳への「刺激の手段」として、
ナカリの場合は、実際試してみて、音や視線移動よりも、
私(母)が膝をトントン叩いて刺激するのが一番安心で適している、という判断から、
通常のEMDR(1時間しっかり準備して録画しながら行うもの)でも、
ずっと膝トントンでした。
今回は、突然の相談だったので、
意識定着、強化のために同じ手法を簡単に行い、数十分のプログラムになりました。
先生がナカリに話しかける一方で、先生の指示で、私がトントンしたりやめたり・・・。
(胸に両手を当ててしっかり感じるのは、一人でできた方がいいから、と、
私がナカリに手を添えるのはストップがかかりました。)
こんな形で、応用?することもできるんだなあ、と感心した次第です。
上手く説明できなくてすみません^^;

2017-02-13 月 22:00:07 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad