■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

娘が誤解され、決めつけられて辛かった経験
ご訪問ありがとうございます。

今は落ち着いているナカリですが、
本当に紆余曲折、ここに至るまでに苦しい時期を乗り越えてきました。

小学校高学年で、「甘えている」との決めつけから、
支援学級の介助員さんに冷たく対応されたことも忘れらません。

・・・が、それよりも深く傷ついた事件の一つ。
中学で、自閉症の後輩が、自分と同じクラブに入ろうとした際に、
「いじめ」を危惧して、
その子のお母さんへのメールで「止めといたほうがいいんじゃない?」と書いたことを、
その母経由で顧問(支援学級担任でもある)に悪意に伝えられたこと。

学校で、保護者会の後で先生に呼び止められ、何かな?と思って聞くと、
「お母さん、ナカリちゃんがメールしてることは知ってますよね?
○○ちゃんのお母さんに、こんな(ひどい)メールを送ってることもご存知ですか?」
という言葉。
そりゃもちろん彼女が送るメールは全部私が目を通してOK出したものだけなので、
(彼女一人に任せていたら、とんでもない文章を書いたりするので、必ず私がチェックしていました)
知ってますけど?
先生は何を怒ってるんですか??
何が問題あるメールなんですか???
よく聞くと、先方の母(他でもいろいろトラブルを起こしている難しい方)が、
ナカリを「悪者」として学校に伝えていることが初めて分かりました。
あきれて、「うちの娘は何も悪い事を言ってません」と言い切って帰宅しましたが、
帰宅途中から悔しくて涙があふれて、思わず他の友人に電話して聞いてもらったのでした。

のちにナカリの危惧の通り、ひどい「いじめ」が起こり、それを目にしたナカリの方が退部する、
という結果になり、さらにその後輩自身もトラブル続きで退部してしまったので、
あの先生の追及は何だったの?という結果になったわけですが、
その時に感じた絶望感=ああ、この子は学校の先生に良く思われていないんだな
という気持ちは忘れられません。
「あなたのお子さんは、母親の知らないところでこんなひどいことをしている」と、
鬼の首を取ったかのように、一方的に決めつけて言われた屈辱。
今でも思い出すと胸を刺します。

もうひとつ。
中3の時、専門学校の高等部受験の際、判定会議の場で、
娘の態度が「他の子を見下している、上から目線」と評価された、と、あとからお聞きしたこと。
伝えてくださった学科長さんは、
「緊張のあまり固い表情だったということだと思う」と、その場で意見を述べてくださったそうですが、
この「上から目線」評価に、親子とも、深く傷つきました。

一番思われたくないような評価→人を見下す、を、先生たちのうちうちで行われていた、
かつ、それに基づいた対応をされていた、と知った時の絶望感。


結局この専門学校を1年でやめて通信制高校に転校したのですが、
辞めるまで常に言われ続けたのは
「いくら絵が上手くても、実際に言葉のやり取りができなければ意味がない」
というようなことで、「現状の貴女ではダメだ」というメッセージでした。

こんな風に「苦手なことが出来るようにならないとだめ」ということを伝えられ続けた結果、
自信を無くし、幻聴もひどくなり、強迫観念に苦しめられるようになったのではと思っています。
なのに、そこのカウンセラーさんからは
「幻聴はリスパダールを幼い時から飲まされ続けた副作用ではないか」
と、親の責任だとばかりに言われ、激しく落ち込んでドクターの意見を聞くに至った、
・・・ことは過去記事でも書いたことがあったと思います。

すでにある学校の体制に生徒の方を合わせようとする、ところに無理があるとつくづく感じ、
この子に合う学校を探す、という方向に転換して、学校を変えたことは正解でした。

基本的に、「社会一般の物差し」で測られると、「合わない、はみだしている」子どもたちです。
それを「悪」と決めつけて評価するのか、
何等かの意味があってのことではないかと、「深読み」して認める、まずは受け入れるか。
大きな分かれ目です。


上の息子も、小学校の下校時に、男の子集団の中に入ってはしゃいでいた様子を
「下級生をいじめている」と、見ていた女子たちに決めつけられ、先生に言いつけられて、
朝礼で「立ちなさい」と言われ、全校生徒の前でひどく叱責され、傷つきました。
そのことを私が知ったのは、ずっと後のことでしたが、
彼の、学校不信、先生不信、ひいては大人不信、につながるポイントになった事件です。

今もまだ、同じような「決めつけ」「誤解」に苦しんでいる後輩たちがいるかと思うと胸が苦しいです。


ああ、気持ちがささくれだった記事をごめんなさい。
リンク先のSumiさんのブログで紹介されていた、心温まる映像で締めますね。
誰もが、愛情のこもった目で子どもたち(赤ちゃんじゃなくなっても)を見てくれたら、
という願いを込めて。









思い出 | 15:25:07 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad