■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

二度と会えないだろう人たちに、ごめんなさいを伝えたい
ご訪問ありがとうございます。

昨日の試験問題、我が子の子育てを通じて強く実感した思い、
「人の心」の繊細さ、壊れやすさに思い至っての支援が必要だということ、
について、熱を込めて答案用紙に書いたのでしたが、
一日経って、いろいろと振り返って、自分自身も、いかに「人の心」を知らなかったか、
ということに想いを致して、恥じ入っています…

死ぬまでに、可能ならもう一度会ってあやまりたい、そういう人が何人もいる。
とりわけ、子育てを始める前の自分。
まだ社会に出る前、学生だった頃の自分。
自分の抱える「家庭の不幸」にしか目が向いていなかった、
隣の子たちのことを「何の苦労もない学生」だと決めつけていた、
自分では大人びていたつもりだけれど、心は子どもで、狭い世界しか見えていなかった。

ああ恥ずかしい。

大学に入ってすぐのころに仲良くなった友達の一人は、多分、メンタルに課題を抱えた人だった。
当時にも、薄々そう感じながら、近い友達として、一緒に出かけたり、話したり、仲良かった・・・。
なのに、私の人間関係が広がるのと並行して、彼女との関係は徐々に離れていった。
卒業後もしばらくは年賀状のやり取りをしていたけど、いつの間にかそれも途絶えて、
今はいったいどこで何をしているのか分からない。
今になって、彼女にもう一度会いたい、会って何を話す、というわけでもないけれど、
なんだかとても申し訳ないことをしてしまった気持ちがいっぱいで…
ごめんなさい、昔の私を許してね、と、そう伝えたい気持ちが湧き出てくる。

加えて、
思春期真っ只中、恋する乙女(対象は現実の人間でないけれど)、健康的な恋煩いに悩むナカリを見ていると、
昔、自分に対して真面目に恋してくれた人たちが思い浮かび、
これもまた、申し訳ないことをしたという気持ちでいっぱい。
恋?!なんてユルイこと言ってる人は大嫌い、と、突っ張っていた、昔の自分。
相手の気持ちを思いやることも出来ず、全面拒絶した、ひどいことをした、傷つけた、
さらに悪いことに、相手を傷つけたという自覚すらなかった。
人として恥ずかしい。
「同窓会」の類には、ほぼ一度も出たことがないし、これからも多分出ないと思うけど、
自分が傷つけた人たちに、何らかの形で、謝罪の気持ちを伝えたい…
(とか、そんなこといって、相手はもう何とも思ってないかもしれないけれど、ね)。


あやまりたいと思ったときに、相手がもう居ない、とか、会えない、とかいう状況になって、
後悔が押し寄せて潰されそうになる。
でも、「過去と他人は変えられない」
それでも、自己満足だとしても、どうか、
この想い、風に乗って飛んで行け、なんとか届け!・・・「ごめんなさい」


昔、ナカリが描いたポスターを思い出す。
いじめについて、チャップリンの「愛されない人が憎むのだ」という言葉を添えて、
当時読んでいた漫画のセリフ「悪い事したらごめんなさい、でしょ!」と言う女の子の絵。
はい
そうよね、ごめんなさい。
ナカリを傷つけた昔の生徒たち、大人たち。
いつか、同じような気持ちで、ナカリのことを思い出してくれることがあるだろうか。
ナカリという子がいた記憶が、誰かのもとに残っているだろうか・・・
どこか遠い空の下で、ナカリに対して「ごめんなさい」と思っている子がいるだろうか。



ちょっと感傷的になりながら、
ナカリの好きなゲーム音楽FF(ファイナルファンタジー)13のなかの1曲
「君がいるから」






思い出 | 20:54:20 | コメント(10)
コメント
タイムリーというか、さっき娘から電話があって、
親友のお祖父ちゃんが亡くなった、という話でした。
色々と娘が言う中、私は偉そうに、
「いつ相手が死んでもいい、と思えるくらいに
常に人相手と接しなさい。」と説いてしまいました・・・。
そうしないと、相手が死んだ時に後悔しきれないよ、と。
私、そう思いながら、いつも出来てないくせに・・・。
偉そうな事はいつでも何処でも言えるものですね。
言っている所ではなく、そう生きている所を見せたい
と思いました。
して後悔する事と、しないで後悔することがあるのを思うと、
どう考えたらいいのかと、悩ましいです。
2017-01-30 月 21:31:25 | URL | Sumi [編集]
Sumiさんへ
早速のコメントありがとうございます。
タイムリー、ほんと、そうですね。
亡くなってしまってからでは、いくら伝えたくても伝えることが出来ないから・・・。
私自身、後悔ばっかりです。
記事に書いた、大学時代の友人が、とにかく元気で生きていてくれることを祈るばかり。
(昔を思い出しても、自傷傾向があったように思うし、とても繊細な人だったので、最悪な事態は考えたくない…)

何かの記事で、
若い人は「して後悔する」傾向が強く、
年齢が上がるとともに、「しないで後悔する」ことが増えていく、
みたいなことを読んだ気がします。

上の息子が通っていた「適応指導教室」のカウンセラーさんは、
「迷ったら、しない」方を選択する=静観する、と言われてました。
下手なことをしない方がいい、というのは、保守的かもしれないけど、
ある意味、無難ですよね。
私の今の後悔も、
若かったときに、考えたらずにしてしまったことに対する後悔、
なんだろうなあ・・・。

ほんと、悩ましいですね。
(と、共感しあえる人がいることに感謝です)

2017-01-30 月 21:54:12 | URL | ナカリママ [編集]
ナカリママさんは本当に良心的な方なんですね。

私は過去、ダメダメ人間で、本来は後悔、反省ばかりの人生なんでしょうけど、最近はドライで割り切った考え方が強まっていて、過去の事は「なかったことに」とか「もう時効」とかいう感じで現在と切り分けてしまっています。

犯罪を犯したりしたんだったら、また話は別なんだろうけど。

という感じで超ドライ&クール人間で申し訳ありません。
2017-01-31 火 04:03:46 | URL | 鶏ささみ [編集]
初めまして
コメント失礼いたします。

こちらの記事を読んでいて
私の過去を振り返っておりました。

もう一度お会いして謝りたい人が
私にもいました。

大切なことを気付かせてくださって
ありがとうございます。
2017-01-31 火 08:04:41 | URL | iomama [編集]
鶏ささみさんへ
過去にとらわれないことは大事ですよね。
見るべきは「今、ここ」だと思いながら、なかなかふっきれないで、
時々ものすごく感傷的になってしまうことがあるのです。
めっちゃウェットですね・・・。その分、ドライ&クールになれる方に憧れたりもします。
本当、人それぞれだなあ~と思いながら、だからこそ人生面白いんだろうな、とも。
私も、前向きに過ごしていくことを心がけます^^
もし、願いが叶って、あやまりたい人に会えたら、相手に気まずい思いをさせない形で、
上手く気持ちを伝えられますように~(=前向きな希望・・・欲張りかな~)


2017-01-31 火 18:14:59 | URL | ナカリママ [編集]
iomamaさんへ
はじめまして!
ご訪問&コメント、こちらこそ、ありがとうございました。
実は・・・特急電車を止めた記事にクスッとさせていただいて、勇気を出してコメントしようかと思いながら、読み逃げしてしまっていました^^;
ご自身に重ねて記事を読んでいただいたこと、感謝です。
また、伺いますね。

2017-01-31 火 18:19:17 | URL | ナカリママ [編集]
分かります
私のも会いたいけど今はあえなくなってしまった人が2人います。
父方の祖父と母方の祖母です。
父方の祖父は小学生の時に、母方の祖母は昨年亡くなってしまいました。
2人ともとてもかわいがってくれたので大好きでした。
お礼も出来ないまま、2人ともなくなってしまいましたから・・・
とても悲しかったです。
会えなくなってからお礼を言えなかったまま、謝れないままと言うのに気づくと言うのはこういう事だなとこの記事を読んで実感しました。
2017-02-01 水 08:07:09 | URL | さーや [編集]
こんにちは^^

ナカリママさんのお気持ち、分かります。
私も若い頃、精神的に難しかった友人が多かったし、
特に親しかった男性とは、結婚後に付き合うわけにもいかず
(そういう意味では、一人の男性以外には「すみません」ということになっても、仕方ないし、
ナカリママさんみたいに、きっぱりした態度を取られるのは、
悪いことでもなかったような気がしますが・・・)、
生きているのか死んでいるのかも、分からない人が結構います。
若い頃よりも歳をとってからの方が、そういう思い出が重くのしかかってきますね。
私も、悔やむことがたくさんあります。
2017-02-01 水 11:06:06 | URL | Ariane [編集]
さーやさんへ
さーやさんのブログで、おばあさまへの思いを綴られた記事を読んで、
じーんときました。
読み逃げでごめんなさい。
いつも丁寧なコメントをいただきながら申し訳ないです。
亡くなられたおじいさま、おばあさまが、さーやさんを可愛がってらっしゃったご様子が思われて、心があたたかくなります。
大切な人のことをいつまでも忘れない、と言うことはとても大事ですよね。
こちらこそ、ありがとうございました。


2017-02-01 水 17:57:13 | URL | ナカリママ [編集]
Arianeさんへ
共感していただいて嬉しいです。
ただ、私のは「きっぱりした態度」ではなくて、傲慢な生意気娘の取る態度・・・だったので、ほんとに恥ずかしい限りです。
娘の恋煩いの様子を見ていて、カウンセラーさんが、いつもにこにこと、
「健康的な悩み」と言って下さるのが救いで、それを思うと、
昔の自分がひねくれていたのが突きつけられるようでもあり、
「やな奴だったなー」と、自分で自分が許せなくなります。
おっしゃるとおり、こういう後悔は、年を重ねるごとに増えていくみたい・・・重たいです^^;
でも、前向きにいかねば、ですね。できるだけ笑顔で。


2017-02-01 水 18:02:22 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad