■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

人との距離の取り方
ご訪問ありがとうございます。

人間関係に悩んだり、息苦しさを感じた頃にあれこれ読み漁った本の中で、
共通してよく話題にされていたのが、「境界線」の問題です。
外の世界と自分の世界との間に、上手く境界線を引けるかどうか。
踏み込みすぎたり、離れすぎたりすると、関係が上手く機能しない。
周りの人との距離・・・について、考えさせられます。

息子は、ご自身もアスペルガーっぽい?高齢者の方を師と仰いで、もう何年か・・・、
その方からの言葉が、人生訓のように彼の肥やしになっているので感謝です。

10代や20代では、人との距離の取り方なんて分からないもんだよ、と、
コツはね、相手との間に、ある意味「緩衝地帯」に当たるような距離を開けておくこと、
そこを出たり入ったりしながら、「適度」に付き合っていくこと、
そういうのがそこそこ上手くやれるようになるのは、40も50もなってからの話だ、
とか。
お話してくださった先生が70代なので重みのあるお言葉です・・・ 

でもわたし、もう、55なのに、まだ全然うまくやれてません。
今年度、社会福祉協議会の役員を引き受けてしまい(ただの幹事は長年やってましたが)、
今から今年の新年会が心配です(春の歓迎会はスル―出来たんですが)。

近すぎず、遠すぎず・・・

親子関係でも難しいですね。
明日から息子を連れて一泊帰省しますが、
母と私の関係を見直しながら、良い看取りに向けて準備していかなくちゃ、
というのは以前にも書いた通り。
息詰まらない程度に、母の相手をして、孫の顔を見せて、
親子二人で無事に自宅に戻ってこなくては。
今回ナカリは夫と留守番。
でも帰ってきた日には休みも終わって、もう当たり前の日常が戻っているだろうから、
実質、家族4人でのお正月は今日でおしまいです。
一日二日のことではあるけど、ちょっと寂しいかな・・・

小さな一日の積み重ねが1週間になり1か月になり、また来年につながっていく。
今年一年、人との関係も、上手く、紡いでいけますように。



隣の豊中市出身の西村由紀江さんのピアノ。
何度も癒されてきました。
年の初めは、この曲をアップ。「あなたに最高のしあわせを」






未分類 | 18:29:03 | コメント(10)
コメント
ナカリははさんへ!!
新年おめでとうございます。!
本年も宜しくお願いいたします。☆!
仰るとおりですねー。
余り深入りして煩わしく思われたり、遠慮して離れすぎても、寂しさを与えて信頼を失う恐れがありますよねー。
ただ真心で付き合えば、心が自然に通じるものと思います。
千田6段は頑張っています。☆!
2017-01-03 火 21:03:54 | URL | 荒野鷹虎 [編集]
荒野鷹虎さんへ
新年おめでとうございます。
いつもコメントありがとうございます、千田6段、引き続き大応援団で応援します!

「真心で付き合えば、心が自然に通じる」・・・いい言葉ですね。
気持ちが明るくなりました。
今年もよろしくお願いします^^

2017-01-03 火 23:59:58 | URL | ナカリママ [編集]
大事なテーマ
>コツはね、相手との間に、ある意味「緩衝地帯」に当たるような距離を開けておくこと、
そこを出たり入ったりしながら、「適度」に付き合っていくこと

なかなか味わい深い言葉ですね。こういう言葉を読むとなんだか嬉しくなります。人との距離感を真剣に考えている人がいるんだなあとあらためて
実感して。

私もアスペっぽいのですが、人生のテーマの一つに「人との距離感」というのが、昔からずっとあります。これは自分にとって最重要課題です。
2017-01-04 水 07:18:03 | URL | 鶏ささみ [編集]
鶏ささみさんへ
コメントありがとうございます。
そうですよね、この助言、私にもよく効きました。
さすが年の功~って。
以来、少しだけど、意識するようにしています。
私は基本、距離を詰めすぎるというかベッタリ型なので、
こういう「あそび」伸びビンを作っておくように気をつけないと、
相手に負担感を与えたり、共倒れになる可能性が高いので・・・^^;
日々勉強です。

2017-01-04 水 09:34:57 | URL | ナカリママ [編集]
緩衝かぁ。。。
俺も出来てないなぁ
けっこどっぷり嵌っていくタイプかなw
2017-01-05 木 00:38:15 | URL | K's [編集]
中々難しいですね?
お早うございます。
コツはね、相手との間に、ある意味「緩衝地帯」に当たるような距離を開けておくこと・・・
それが出来たら一番いいんですけどね?
いまだにそれがうまくできないので悩んでしまう事があります。
まあ・・・気長にやっていこうかなと思っています。
2017-01-05 木 07:35:40 | URL | さーや [編集]
K'sさんへ
私も、どっぷり型です!
失敗も多々・・・
でもこの話を息子から聞いて以来、ちょっと意識するようになりました。
老いて子から学ぶ、です(笑)

2017-01-05 木 21:27:18 | URL | ナカリママ [編集]
さーやさんへ
こんばんはです、いつもコメントありがとうございます。
ほんと、この「コツ」がなかなか難しいんですよねー。
私も、意識してはいるけど、まだまだです。
そう、その通り!お互い、気長にいきましょうね。
自分自身であんまり煮詰まりすぎないこと、もコツかなと思います。


2017-01-05 木 21:29:36 | URL | ナカリママ [編集]
他人との距離の取り方は本当に難しいですよねー。
自分の場合はいつも相手が手の届かない距離にいて、こちらが手を伸ばしても相手が後退りして、いつまでたっても自分だけ誰ともなかよくしてもらえないです。
こちらが手の届く距離まで近づこうとしても、相手が後退りするのがわかってしまうと、最初から近づこうという気にはならなくなってしまいました。

自分と他人の関係は温かいとか涼しいといった適温がなく、凍傷か火傷のどちらかしかないように思います。
2017-01-05 木 22:13:20 | URL | ponch [編集]
ponchさんへ
ほんとにおっしゃる通りだと思います。
コミュニケーションをキャッチボールに例えた本がありましたが、
上手く受け止められなかったり、強く投げ返しすぎたり、
投げられているのに気がつかなかったり、いろんな形で「すれちがい」が起こりますよね。
ハリネズミの距離と言うか、近づこうとすると傷つけあってしまったり・・・

「適温」がなくて「凍傷か火傷のどちらかしかない」というのは、辛いだろうなと思います。
何とか上手く距離を取れたらいいですね・・・

皆さん、それぞれにいろいろ悩んだり考えたりされてらっしゃるのが、
コメントから伝わってきて、一人じゃないなと思えたので、
私自身は今、ちょっとホッとしています。


2017-01-05 木 23:38:12 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad