■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

気がついたら、後ろよりも前を見ていた!
ご訪問ありがとうございます。


昨日は、ナカリのカウンセリングの日でした。

数日前、ショートステイを使ってみようという話から、
以前ガイドヘルパーも使っていたので、カウンセリングの片道とかどうかな、
と、なにげに私が思っていたら、
ナカリの方から、まさかの発言!
「片道だったら私一人で行けるかもしれない・・・あ、でも焦らないで」
うんうん、もちろん焦りませんとも!!
いきなりそんな無茶な、と、こちらが思うほどの言葉に驚いた、
という報告も、先生に聞いていただきました。

カウンセラーさん。
ニコニコしながら、
「この前、伝え忘れてたけど、
ナカリちゃんの悩み、過去の問題から未来の問題に移ってきたね
私、一瞬「?」
「今までは、昔の出来事に苦しんでたけど、今は、これから先の不安が問題になってるね」
言われてみると、なるほど!ほんとだ!
目の前がパーッと開ける感じがしました。

過去のトラウマ(勿論まだゼロになってない)に苦しめられ、
何でこうなっちゃったんだろう、と泣いていたナカリ。
だけど、確実に、視線の向かう先は過去より未来に移りつつある

ただただそう気づいただけで、問題は半分以上解決したような気持ちになって、
先生ありがとう~と、胸一杯になった母でした。

目の前に、超えないといけない壁はまだまだあるけど、
「前」にある、ということは、向かって行ってる、ということだから、
すごいことだ!
そう思うと、いろいろある不安も、半分期待が混ざってきた気がして・・・
あ、でも、
こうやって私が調子に乗るとナカリが沈む、というパターンも繰り返してきたので、要注意!、
はしゃがない、平常心平常心、と自分に言い聞かせながら帰途につきました。


一方、田舎の母も、病院から老健施設に移り、
少しだけれど、携帯電話の操作もできるようになってきた様子で、一安心。
でも、環境が変わったこともあって「寂しい」を連発しているらしく、
付き添いの叔父が、なかなかそばを離れられなくて困っているようなので、
年内にまた私だけ様子を見に帰る予定です。

母にも、過去じゃなく未来を見ていてほしい。
(でも、実際には、楽しかった過去を思い出すのが一番のエネルギー源みたい)
母の未来にも楽しいことがありますように。
それはつまり、孫達の未来に楽しいことがありますように、という願いと重なる。

年内にやらないといけないことはまだ山積みだけど、
何とか乗り越えて、
母の顔を見て、それから家族揃って無事に新年を迎えられるよう、がんばろう。





子どもの日常 | 17:37:17 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad