■プロフィール

ナカリ母

Author:ナカリ母
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

成人してもなお「思春期」
ご訪問ありがとうございます。

ひとつ前の記事にたくさんの拍手を頂いて、
「発達障がい児育児」のジャンルで注目記事の10以内に初めてランクインしました。
お子さんが小さい方にしてみたら、成人後の話はまだまだ遠い未来のこと・・・でしょうに。
ありがたいことです。

とにかく
長ーい思春期が今もまだ続いている、という感じの我が家です。
自分とは何か?愛とは何か?迷い、悩み、苦しい時期です。
横で見ていてハラハラしながら、伴走するしかない。
リンク先の「なきむしでいいじゃん」のむーにさんの記事に共感するのも、
年齢は全然違うけれど、似たような状況にある気がするからです。

「自立したい」「まだ甘えていたい」その狭間で、「人恋しさ」も実感している。
イマジナリ―フレンド(ラバー)だけでは満足がいかない、
どうしたらいいのかな。
一つの解決策として、人型の抱き枕を買ってみました。
これは正解でした。
毎晩一緒に寝ています^^;

でも、愛の何たるかは、人類みんなの難題だから、まだまだ答えにはたどり着けません。
「大好きな人に触れることが出来ない、見ることが出来ない」苦しさ、というのは、
ある意味、片思いの苦しさ、恋煩い、でしょう・・・
ぽろぽろ涙を流しながら、苦しさを訴えます。
でも私にはどうしてあげることも出来なくて。

この長い思春期の終わりが来るのはいつのことなのかなあ。

「独り」に耐えられるかどうか。

このところ頭の中で鳴っている歌をアップします。


歌詞の和訳はこちら
Alone Again(Naturally)

ブログをはじめてもうすぐ2年。
その間に、父を送り、義父を送り、年末を控えて明日母が病院からホームに移ります。
この歌詞が胸に沁みるのはそういうこともあるからかな。
やっぱり、音楽っていいな。






子どもの日常 | 23:45:50 | コメント(4)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-12-19 月 05:51:37 | | [編集]
鍵コメントさんへ
そうですね、
恋愛感情に関したら、何歳で卒業なんてものはないでしょうから、
いつまでも「思春期」は続く?かな。
年末年始、ただでさえ大忙しの時期なのに、お察しします。
お体に気を付けて。
いつもありがとうございます。
しばしのお休みの後の再開を楽しみにしています~^^


2016-12-19 月 11:32:51 | URL | ナカリママ [編集]
そうなんですね。
そういう悩みも ついてくるのですね。
人恋しさ、ぬくもり。。
せつないです。
大人になって、この年になっても
ぬくもりは欲しいです。(更年期のこの8年間は 卒業していますが。。)
ときめく気持ちは ワクワクでもあり、とてもつらくもあります。


アローンアゲインは 好きでしたよ。
ただリズムとかメロディだけで、歌詞の意味はしりませんでした。。

恋の唄だと思っていましたが、内容はくらかったのですね。。

2016-12-19 月 14:07:59 | URL | おこちゃん [編集]
おこちゃんさんへ
コメントありがとうございます。
「人恋しさ」って、寒い季節になると募ってきます~
「人肌のぬくもり」に勝るものはないですよねー
(猫ちゃんワンちゃんが居るご家庭はちがうかな?)
私も、更年期のずーっと前から卒業しちゃってますが、
海外ドラマとか見ると、ときめきが戻ってきます♡
若いゆえに、娘の感情の波はもっとずっと大きいだろうな辛いだろうな、
と、ハラハラ見守ることしかできませんが・・・

アローンアゲイン、お好きで良かったです!
私も、歌詞の和訳を見てビックリでした。
切ないというか、悲しいというか、確かに、暗くなる内容ですね。
でも、耳に残るメロディーで、いったん耳虫になるとなかなか消えてくれないんですよ。
記事を書いたとき、ちょうどそうだったので、載せちゃいましたが、
聴いてくださる方がいて嬉しいです。ありがとうございました^^


2016-12-19 月 16:01:17 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad